2011年 11月 24日 ( 1 )

問題点洗い出し

c0019089_20311642.jpg

本日はマジメに仕事に行ってきましたよっと。仕事で久しぶりに理屈の通らないバカと話す機会がありまして、この先何年も思い出すと腹が立つであろうネタになりました。(汗

さっそくネタ切れなわけですが。
それはそうと、ウチのSPR Mod1(VFC)は昨日書いた通り、電動狙撃銃として有能で弾を撃つ性能については文句無しです。ただマジメに真剣にゲームに投入してみた結果、もうすこしモデファイを加えた方が良いと思われる部分がありまして。それはスコープのマウントが低いこと。それなりの高さのマウントを使っているんですが、サバゲの実戦ではちょっと低すぎます。ストックに頬を押し付けないと覗けないため、ゴーグルと顔に変な力が加わって像が歪む。w
加えてそれに搭載されているスコープのSURE HIT 1420IRの特性も問題。アイレリーフは適切な長さですが、その範囲が狭いのが困り者。ちょっとでも前後にずれると視野がけられてしまいます。なので、頭の位置はいつも同じところに保たねばならないのだ。
そういった要素が組み合わさって、ゲーム中の無理な姿勢で撃とうとすると狙い辛い場面が多くありました。頭の位置については慣れでなんとかなっているし構造上いかんともしがたい部分でもありますが、高さについてはマウントを交換するなどで対応しておきたいところ。射撃会などの精密射撃だとスコープマウントは低い方がバレルとの軸のズレが少なくて有利なんですが。双方の折り合いを付けないとならないので、無闇に高くするのも考えもの。難しいですなぁ。

意外に使えた。
その他細かい部分で、意外に使えたのが写真のサイレンサー。VFCのSPRには標準装備。ある意味、SPRのSPRたる所以といってもよいパーツですが、精密射撃ではお呼びじゃないですからね。w
これ、ちゃんとSPR専用品であの特有のハイダーの上から装着します。ぱっと見、中が空洞みたいで消音効果なんてなさそうでしたが、よく見ると吸音材が入っている。試しに取り付けてみると意外に消音効果がありました。モノがモノだけに障害物の陰からこっそり狙撃することが多いのでこれは助かります。知っての通り、M4やM16の類はフレームとメカボの間に隙間がほとんどなく、メカボの動作音はだだ漏れですが、それでも前方に向かって出る発射音が低減できるのはありがたい。
実際に先日のゲームでも明らかにこちらの居所がバレずに連続してヒットを取ることができた場合がありまして、サイレンサーの効果を実感いたしました。

問題は見た目がますますSR25みたいになってしまうことで、実際そういう指摘を受けました。w
by namatee_namatee | 2011-11-24 21:05 | survival game | Comments(4)