2011年 10月 26日 ( 1 )

また買っ(ry

c0019089_21452877.jpg

いつものLCTのAKM・・・じゃないんですよ。AK47Sでございます。

神は細部に宿る。
LCTのラインナップのなかでAK47とAK47Sは別格で、価格が1.5倍ぐらいは高い。その理由はレシーバーが削り出しだからだそうで、AK47Sはあの特徴的な折り畳みストックも削り出しだったりします。削り出しの美しさは写真のシリアルナンバー?の上のあたり、斜めになっているあたりに現れています。ここだけでなく各部のエッジの立ち方は異常。ストックがつくグリップの上のレシーバーのお尻の部分なんてほれぼれするほどの角の立ちっぷり。こんなに美しいAKのレシーバーは見たこと無い。RSのType56-2もすごいんですが、あれはプレスなので角は丸くダルですからね。
ストックは恐るべき剛性感で、これまたRSのType56-2に負けず劣らずです。

もっともわたくしはAK47はあまり好まなかったりします。AKMやAKMSに比べてちょっとクラシック過ぎるんですよね。AK47に比べるとAKMの方がストックが真っすぐで格好よいし、下のハンドガードやグリップもAKMの方が好き。それでもこの削り出しレシーバーの美しさには勝てなかったという・・・

本格的流速チューン
例によって名古屋の方のAK専門店から購入しました。調整はお店におまかせ。今回はFETも装着して貰いました。届いてさっそく試射と思ってそこら辺に転がっていたNi-MHのAKバッテリーをつないでみたところ、ウィといったきり。(汗
他のバッテリーでも試してみましたが変わりなし。そんな状態ではFETが発熱して怖いので、お店に問い合わせてみましたら「7.4Vのリポバッテリー以上を使うことを想定している。」との返事。うわ敷居高いな、と思いましたよ。(汗
わたくしが適当にやっているような流速もどきと違って、かなり本格的な流速チューンのようで、強いスプリングを使っているため、モーターのトルクが必要なのだそうです。仕方が無いのでストアモードで保管してあったET1のスティックタイプのリポバッテリーを充電して繋いでみましたらば、今度は無事に動きました。初速はHopオフで84-85m/s(0.25gbBB弾)と強力。流速らしくHopをかけても初速はさがらず、これはなかなの高性能。
ですが、バッテリーに関しては事実上リポ専用でこれはちょっと不便ですかね。FETとリポバッテリーじゃ、バッテリー繋いだままで置いておくわけには行きませんし。
とりあえず、明日の朝にでも明るいところで試射して流速特有の良く飛ぶ弾道を見せてもらおうじゃないかと。w

いやしかし、AK47Sってネーミングは気になりますなぁ。AKS47の方がしっくり来るんですよね・・・
by namatee_namatee | 2011-10-26 22:51 | survival game | Comments(2)