2011年 10月 06日 ( 1 )

当番兵!シャンパンを持って来い!!

c0019089_2062686.jpg

いやいや、嘘ですって。>タイトル
惜しい人を亡くしました。個人的にイロイロ思うところはあるけど、本当に惜しい人を亡くしました。
スティーブ・ジョブズといっても会社のオッサン共にはピンと来ないようで、仕方ないので実に陳腐でセンスのない例えですが、松下幸之助とか本田宗一郎と同じぐらい、下手するとダ・ビンチとかニュートンに並ぶぐらいの人ですよ、というとほほーとなる感じ?

互換機の呪い
写真は昔のものを使い回し。Macintosh互換機のPioneer MPC-GX1でございます。その昔、AppleはMacOSをライセンス供給していた時代がありまして、このMPC-GX1もその一つ。AppleのCEOがギル・アメリオからジョブズに変わった頃、ライセンス供給は打ち切られ、 MPC-GX1の後継機となるはずだったMPC-GX2は幻となりました。その頃の経緯をまだ根に持っているので話半分ですが「当番兵!シャンパンを持って来い!!」となるわけで。w

互換機路線は失敗だったと言いますが、市場はそれなりに賑わってはいましたね。あのままMac互換機路線が続いていたら、今のApple製品にみられる窮屈さや押し付けがましさは無かったかもしれません。もっともAppleそのものが無くなっていた可能性も十分ありますけど。
まあ実際のところ、現在のAppleの隆盛を見ると、ジョブズ氏の判断は正しかったのでしょう。

複雑な心境ですが、同じジャンルでAppleの製品とそれ以外、例えばSONYとか、があればわたくしは迷わずAppleの方を取るぐらいには好きです。>Apple

麗しのMPC-GX1は今でも動きます。
by namatee_namatee | 2011-10-06 20:38 | pc | Comments(7)