2010年 08月 05日 ( 1 )

暗いと不平を言うよりも・・・

c0019089_2085864.jpg

・・・進んで進んで明かりをつけましょう。いや、そうじゃなくて。

サバゲにおけるライトの使用についての考察。
といっても、わたしゃライトマニアじゃないのでSURE FIREのなんやらかんやらとか全然分かりません。写真のマルイ・CQ FLASHの元ネタのX300ってのは欲しいような気もしますが、4万円弱とすげー高いのでとてもとても。そんな金があるならWA M4のマガジンを買いますよ。
わたくしの参加するTeam2chのゲームでは夜戦も多いんですが、そのレギュレーションにはほぼ必ず

「目眩ましを目的としたフラッシュライトの使用禁止。それ以外の場合においても、光軸は肩より下、水平より下向きになるよう(平地の場合)に気を付けてください。」

という一文があって、強力なライトで敵を照らし出して動きを封じる、という技が使えなくなってます。これは目眩ましされて変なところから転げ落ちて怪我とか、そういう事態を防止するためとして妥当なレギュレーションだと思います。とはいえ最近はナイトビジョンが普及してきておりまして、それを持たざるモノとしてはなんらかの対抗手段が欲しいなぁ、と思うところ。今までは五感を澄まして気配と音で敵を探してましたからね。アンブッシュならなんとかなりますが、こちらから積極的にうって出るような作戦行動は無理。そういったわけで、フラッシュライトの類の運用についてちょっと考えてみようかと。以前(4-6月のことですが)の夜戦で、その筋のプロの方の立ち回りを詳しく観察する機会がありましてね。その時にライトの使い方についても、インスパイアされるところがありました。前述のレギュレーションの範囲でライトを有効に使う方法ってところですか。

その筋のプロのライトの使い方はどんなだったのかというと。
・ライトは体の正面には構えない。手を伸ばして体から離したところから照らす。
・一カ所を連続して照らさない。ライトをサーッと振って広い範囲を素早く索敵してました。
・ライトで索敵したら、すぐに移動する。ほんのちょっとでも必ず移動してましたね。
・ライトは索敵だけでなく「誘い」をかけるのに使う。さっと照らしてそこに撃ち込んでくる敵に反撃。
まあ、当たり前のことなんですが、そつなくスムーズに使いこなしてまして、ちょっと見とれてしまいましたよ。そういった使用方法からいくと、写真のような銃と一体になっているライトの類はあんまり有効じゃありませんね。体から離して使うには不向きですし、目くらましに使えないのなら銃と一体化しておく必要はありませんから。単体の強力なフラッシュライトの方が向いてますな。
レギュレーションとの兼ね合いを見直してみると、最大限ライトを攻撃的&有効に使用するにはライトを振って索敵、敵を見つけたら銃を撃つ直前にライトを消すもしくは光軸を外す、といった感じでしょうか。これなら目眩ましにならないし、自分の居所もバレ辛い。今度の夜戦(いつだろ?)で実践してみたいと思います。

いやしかしナイトウォーリアにこの色のCQ FLASHは無い。色が全然あいません。それよりなにより、CQ FLASHはインドアとか足下を照らすならなんとかなりますが、アウトドアの森の中の迷彩服を探すには力不足。まだパチもののM3タクティカルライトの方がマシです。(汗
by namatee_namatee | 2010-08-05 20:43 | survival game | Comments(3)