2009年 11月 18日 ( 1 )

チタンでノンスティック

というわけで、例によってアマゾンで買いましたよ。>エバニュー・チタンノンスティッククッカー2
型番はECA422。Clikstandの公式お勧めクッカーでございます。高いんだ、これが。600cc程度の中ぐらいのクッカーのくせに定価5250円もする。ノンスティック加工とかしてあるからなぁ。
ナチュラムでは20%off。ポイントが溜まっているので、そちらで買いたかったんですがナチュラムには在庫が無い。1と2のセットならあるんですが、9000円ぐらいしまして、それはさすがにちょっと。仕方なく10%offのアマゾンで買いましたよ。

ずいぶん前に近所のスポーツオーソリティでセットの奴が箱無しで5000円でワゴンセールされていたんですが、見送ったことがあります。あのときに買っておけば良かった・・・

ちなみにノンスティック加工のしてないチタンウルトラライトクッカー2もサイズは同じですので、Clikstandのお勧めになってますし、ナチュラムでは3400円で買えるのですが、これまた在庫切れで、1と2のセットしかないときたもんだ。(汗

c0019089_20264645.jpg

気を取り直して。分解したClikstandを収納してみる。
こんな感じでトランギアのアルコールストーブTR-B25・Clikstand純正ウインドスクリーン・ODBOXのチタンゴトク・着火用の100円ライターと一式が余裕をもって収まります。このままだとがたつくし、せっかくのノンスティック加工に傷がついて剥がれそうなので、適当なスタッフサックにストーブと100円ライターをいれてしまいます。全体を収納したスタッフサック込みで重量460g。はたして軽量なのかどうか・・・ストームクッカーSのULが740gだそうですから、それなりに軽量なのかも。ストームクッカーに比べるとこちらはフライパンとクッカーが一個すくないですけどね。山登りだとクッカーは一個で済むしフライパンは使いませんから、Clikstandのセットの方がよろしいかと。普通のキャンプだとクッカー一個だとせわしない&焼き物ができなくてわびしいのでストームクッカーの方が向くということでしょう。

c0019089_2026525.jpg

クッカーとウインドスクリーンのクリアランスの図。
さすが推奨品。ぎりぎりでクッカーのトッテがウインドスクリーンをクリアしてます。モノによってはトッテがひっかかってウインドスクリーンが使えなかったりするんですが、このクッカーでは問題ありません。このウインドスクリーンのおかげでもともと風に強いClikstandがさらに風に対する抵抗力が上がって、ストームクッカーに負けないほどの性能になるんですが、このトッテとの干渉問題がネックになっていたんです。これで一安心といったところですな。

Clikstandはクッカーからの輻射熱で燃焼が加速する度合いが大きいと感じます。なので燃費を良くするコツは必要最低限の燃料をいれて、用が足りたらすぐに火を消す。ダラダラと火をつけておくとあっという間に燃料が無くなってしまいます。アルコールストーブはそののんびりしたイメージより、ずっとメリハリをつけた運用が必要なんですよ。
by namatee_namatee | 2009-11-18 21:11 | outdoor | Comments(2)