2008年 07月 14日 ( 1 )

酸っぱい会社

c0019089_20112035.jpg

銀座にレモン社というカメラ屋さん(売っているのはカメラだけじゃないけど)がありまして。

その昔、わたくしも景気が良かったころがあったんでございますよ。仕事がうまくいったようないかないような、とにかくお金が沢山稼げた時期がありまして、前々から欲しかったM型ライカを買いにいきました、そのレモン社に。で、5、60万出して当時出たばかりのM6TTLとズミクロンM 50mm/f2.0と同じく35mm/f2.0を買ったと。今では信じられない金の使い方ですな。(汗
当時はクラシックカメラバブルの終わり頃でしたからね。なんか舞い上がっていたんでしょう。

そのレモン社、お店がむやみに格調高いんですよ。もう覚えてないけど、エレベーターで登る何階かのフロアにはバルナックやM型ライカ、ハッセルブラッドとかALPAとか、南東北ではお目にかかれないカメラが整然と並んでました。当時のわたくしはヘロヘロの若造でして(今でも若くなくなっただけでヘロヘロなのは変わってませんが)どう見ても、格調高い雰囲気になじまない。w

それでも勇気を振り絞って、お店の人に声をかけたんですな。「M6TTLとレンズ一式が欲しい。」と。すると、カウンターで接客しているしぶいおっさんのところへ連れて行かれて、ちょっと待たされた。わたしの前にM3だかM2だかを買ったお客さんがいて、説明をしていたんですね。確かM3(もちろん中古)に現行のエルマーM50mm/f2.8の組合せだったかと。

いやしかし、その組合せはないだろうと。率直に言って貧乏臭い。M3に合わせるなら同時代のズミクロンあたりが妥当だろうよJK。おまけにフィルムの詰め方なんて聞いてやがる。そんなものは事前に勉強して完全に把握してから店にくるもんだ。ライカ様を舐めてるのか(ry

そのうち自分の番になりまして、しぶいおっさんの店員はわたしのようなヘロヘロの若造でもちゃんとお客さんとして扱ってくれました。欲しいのは新品のM6TTLの黒、広角を中心に使いたいのでファインダーは0.72、とりあえず最初のレンズはズミクロンMの35mmと50mmということを伝えて、選択の是非を聞いてみた。妥当だと誉められましたね。まあ、貶すわけは無いですよねぇ。w

写真はその時にサービスでもらったレモン社のストラップ。サービスですからね、たいしたものではありません。レモン社のオンラインストアでは1800円で売られてますね。あとケースも貰ったような気がします。

どうも事情がよく把握できてないんですが、わたしがM6を買ったその日はレモン社が日本シイベルヘグナー(当時のライカ代理店)扱いのライカを販売した最後の日だったようです。ライカって代理店を通した正規品とそうじゃない平行品がありまして、結構価格差があったんですよ。どう違うかというと正規品は日本でサービスが受けられるけど、平行品はドイツへ送らないと修理できない・・・じゃなかったかなぁ。もっともM型ライカなんてカメラ屋さんで修理できてしまいますけどね。関東カメラサービスとかに頼むと言う手もありますし。

その日まではレモン社のオンラインショップには正規品と平行品が並んでいたんでんすが、次の日には平行品だけになってました。ということは、わたしの買ったM6はもしかするとレモン社で最後に売れた正規品のM型ライカだった可能性が。どうでも良いけど。いやむしろ、無駄に高い買い物をしたんじゃないかと。w

数年後、わたしの景気が悪くなったのでM6一式を売りに行きました。レモン社じゃなくて、地元のお店ですけどね。そしたら、正規品でも平行でも買い取り価格に違いは無いって。なんてこった。orz
by namatee_namatee | 2008-07-14 20:11 | camera | Comments(4)