2008年 01月 18日 ( 1 )

キャブは定番で

c0019089_2134948.jpg

空気を読まずに原付ネタを続けますよ。w

ビッグキャブレターを購入。定番のケイヒンPC20。TAKEGAWAのeステージ/sステージ対応の奴でございます。ノーマルヘッドの細い細いインテークポート用のこれまた細い細い内径のマニホールドが付属です。親指どころか、小指が入るかどうかぐらいの細さ。ノーマルヘッドの限界ですね。ポートを広げれば良いんですが、仮にそうしてもノーマルマフラーのままでは意味があるかどうか。(汗

それはそれとして、なんでこんな写真なのかというと、スロットルバルブの向きを忘れても大丈夫なようにメモ代わりです。いやこれがセッティングで取ったり付けたりしてるうちに、どっち向きだったのか忘れるんですよ。このPC20はスロットルバルブに溝が切ってありまして、変な向きには入らないようになっているんですが、なにせタンクとクランクケースの間の狭いところで(普通のオートバイに比べればスカスカですが。)作業するもんで、よく覚えておかないと。

ナンバーがついたのでちょっと乗ってみたんですが、ボアアップ前に比べて低速トルクはかなり増強されました。慣らし運転を100kmしろということですので、まだ高回転まで回してませんが、上は回らなそうな感じ。もともと最高出力発生回転数が7000rpmという低速型のエンジンで、カムも変えてないので仕方無いですね。

現在のギア比(15/43)だと、7000rpmで大体60km/h出る計算。慣らし運転は40km/hぐらいでトロトロと。回転数にすると4500rpmぐらいですか。この領域だとかなりトルクフル。慣らしが終わったら、ドライブスプロケットの16丁も試してみようかと。16丁だと7000rpmで65km/hぐらいになります。自転車もそうだけど、ギア比を考えるのって面白いなぁ。w
by namatee_namatee | 2008-01-18 21:46 | motorcycle | Comments(0)