2007年 01月 22日 ( 1 )

最低使用温度-20度

c0019089_2014991.jpg

イスカ・アルファライト1300のラベル?の部分。

アルファライトはイスカの化繊シュラフのシリーズであります。イスカではダウンのモデルがイロイロとラインナップされている中で、化繊のこのラインはなんとなく邪道な感じ。
わたしの主な使用目的がモーターサイクルのツーリングや車でのプチオートキャンプですから、このシリーズが一番マッチしているのですが、それでもなんとなく寂しい気もします。

1300は最も低温向きのモデル。最低使用温度-20度ということで、オートキャンプとかならまず性能に不足はしないはず。先日の雪中では下半身はパンツ一丁で全く問題無し。肩・首周りはちゃんと閉め切って顔だけ出すようにしておかないと下着だけではちょっと寒く感じました。窮屈だからといって適当にかぶるだけにしておくと夜中に寒くて目が覚める羽目になります。

おとといのキャンプでジッパーが噛んだのでちょっと強く引っ張りましたらば、そのまま壊れてジッパーが噛まなくなってしまい、シュラフの横を開け放ったまま寝ることに・・・いやこれが寒いのなんのって。w
シュラフカバーやインナーシーツも持っていたので使えば良かったのですが、ちょっとムキになってそれらを使わずに寝てやりました。幸い、キャンプ地はそんなに寒いところではなかったので(おそらく氷点下にはならなかったはず)何度か目が覚めたものの、眠れないほどでは無かったです。さすが最低使用温度-20度だけのことはある。(汗

本日、お店に持っていって壊れたジッパーの修理について相談しましたら、電話で対処方法を聞いてくれました。イスカの担当者の言ではジッパーのスライダーが歪んでいるようなので変形を元に戻せば直るということ。その場でペンチを借りて、言われた通りに広がっていたスライダーを元のようにカタチを整えたら見事ジッパーが噛むようになりました。さすがシュラフ専門メーカー。モノも見ずに電話のやりとりだけで的確な修理方法を教えてくれるとはたいしたもんだ。いやぁ、次もイスカのシュラフを買います。w
by namatee_namatee | 2007-01-22 20:33 | outdoor | Comments(5)