2006年 03月 20日 ( 1 )

アルコールに関しての考察

飲む方じゃなくて燃料用ですが。
考察といっても、アルコールにはエタノールとメタノールがあって、前者は飲めるけど後者は猛毒なので飲んではいけないぐらいしか知らないです、わたし。
あと、メタノールといえば水メタノール噴射かな。WW2の頃の主に枢軸側の航空用レシプロエンジンで使われた技術で、高オクタンガソリンが手に入らないため、高ブースト時のノッキングを防止するのに、エンジンに水とメタノールを噴射してシリンダー内の温度を下げて異常燃焼を防止したという。これのおかげで96オクタンのガソリンが100オクタン相当となり、誉も2000馬力が出せたのでした。

そんなことはどうでも良いのですが。
トランギア・アルコールバーナーの燃料は文字通りアルコールです。能書きには燃料のアルコールは薬局で容易に手に入る、というようなことが書いてあります。実際に消毒用として手に入りやすいのは確かです。少なくとも日本の北関東では。ネットで得た情報によると、海外ではそうでもないらしいのですが。

当たり前ですけど薬局で手に入るアルコールは消毒用のエタノールです。で、これが燃料としてはかなり割高。500mlで700~800円はする。1Lあたりに換算すると1400~1600円/Lとなります。コールマン純正の白ガスが高いって言ったって、4Lで2200円で550円/Lですから、比べ物にならないぐらい高いですね。

これはたまらんと、前にぼうずさまに教えてもらった燃料用アルコールを探してみました。ジョイフル本田で売っているとの事でしたが、なぜか近所の薬局で発見。これだと330円/L(←嘘660円/Lでした。)ほど。まあなんとか耐え忍ぶことが出来る価格ではあります。

しかし、これを見つけた薬局、消毒用のアルコールを売ってないんですよ。で、オスバンSとかホウ酸とかの並んでいるところにこの燃料用アルコールもおいてありました。何か勘違いしているような気がして仕方ないんですが、深く考えずに置いてあった2本を買い占めておきました。
在庫や発注の管理はPOS任せでしょうから、これが2本売れたのでまたしばらくすると同じものが入荷するのでしょう。w
c0019089_2114253.jpg

by namatee_namatee | 2006-03-20 21:01 | outdoor | Comments(2)