2006年 03月 10日 ( 1 )

飯盒といっても

なんとなくトランギア・メスティンを購入。定価の1150円でしたが、たまっていたポイントを使って-500円の650円でした。

これ飯盒の仲間となってますが、スウェーデン製。なのでもともとご飯を炊く用ではないと思われます。しかしうわさによると大変うまくご飯が炊けるそうです。そもそも普通の飯盒(いわゆる兵式飯盒って奴)、これもオリジナルはドイツのものらしくて、ご飯を炊くのにたまたま使えるというだけでご飯を炊くという用途はオリジナルでは想定外のようです。密閉性とか手ごろな大きさとか、ちょうど炊飯に適当なサイズなんでしょうねぇ。

ウチにはスノーピークの「焚」というコッフェルがあり、これは内側がスミフロン加工(いわゆるテフロンコーティング?)されているので、キャンプに出かけたときは主にこれでご飯を炊いてます。ご飯がくっつかないので後片付けが楽なんですよね。なのでこのメスティンでご飯を炊くことはあまり無いとは思いますが、スプーンとか箸とか、小物を入れるのに使えそうです。長さや深さがちょうど良いんです。

しかしこれ、端っこのバリがひどくて手を切りそう。トランギアの人はこれで平気なんでしょうか。お客さんに怒られないのかなぁ。幸いにして材質がやわらかいアルミなので、ヤスリで簡単にバリは取れますが。
c0019089_22275018.jpg

by namatee_namatee | 2006-03-10 22:27 | outdoor | Comments(2)