2006年 02月 28日 ( 1 )

気合を入れてみる

ウチにはシュラフがいくつかあるのは以前にも書きました。

内訳は
1.コールマンの封筒型シュラフ(超安物)×2
2.イスカのアルファライト900
3.同じくイスカのアルファライト1300
4.またまた同じくイスカのタトパニ
5セットもあるのか・・・

それはとにかく、上記のうち、コールマンの安物は大きさと性能のバランスが極悪なので、夏のどうでも良い時ぐらいしか出番がなさそう。アルファライト1300はこれからの季節には暑くて使えなくなります。適用温度+2度のタトパニの出番はもうちょっと後。

で、これからしばらくの間主力になりそうなのがアルファライト900なんですが、これが10年近く前に買ったきり、付属のきつい袋に入れっぱなしで方って置かれたせいか、妙に湿気っぽいというかふわふわ感が希薄なのでした。おまけに少しかび臭い。
それでも去年の10月あたりから使う機会が何回かあったので、使用後はもちろん、普段も袋から出して風通しの良いところに陰干ししておいたんですが、やっぱり状態に大きな変化は無いのでした。
一昨日のキャンプでもあまり良い寝心地じゃなかったので、気合を入れるつもりでコインランドリーの乾燥機にかけてみました。乾燥については陰干しでも十分だと思うんですが、綿をほぐすのにグルグル回転させてみるのはどうかと思いまして。
強力なガスの温風+ドラムでグルングルン回すわけで、当然ふわふわにはなるんですが、これがどのくらい持続するのかは使ってみないとなんともいえません。
c0019089_20441362.jpg

by namatee_namatee | 2006-02-28 20:44 | outdoor | Comments(5)