うーん、微妙

c0019089_19463411.jpg

昨日買ってきたオイルクーラーをCL50に装着。
基本モンキー用なので、ホースの長さが足りないかと思ったんですが、なんとか届きましたね。しかし本体はとにかく、このホースがなぁ。目立つんですよ・・・なんとかならんもんか。

2~3日前から、この土日は天気が悪い悪いと脅かされ続けてきたんですが、昨日は曇りがちだったものの日がさす時もあったし、今日だって朝こそ雨がぱらつきましたが、昼間はずっと曇り、夕方にはやっぱり日がさした。一体全体、天気予報ってのは何をやっているのかと。時間ごとに細かく予報したりしなくて良いから、全体的な天気ぐらいあててくれと。衛星だのレーダーだのハイテク使ってそのザマはなんなのかと。(汗

そういうわけで、思ったより天気が良かったのでオイルクーラーの装着具合をテスト。もっとも熱ダレなんて経験が無いので、イマイチ効果は分かりませんでした。
コンデンサーはものすごく熱くなってましたので、確かに空気中に熱を逃がす働きはあるようです。しかしこの陽気でこんなに熱くなるとは。ボアアップ&社外ヘッドはハンパ無い熱を出すと聞いてましたが、これほどとはねぇ。

取り付けは簡単。キット以外に必要なのは液体ガスケット。KITACO純正だとTB1207B(いや、OEM元のスリーボンドでも同じ品番)をシリンダーヘッドカバーに取り付けるオイル取り出しのニップルに塗ります。モンキーだったら他に必要なものはありません。取り付けのネジもキットにはいってますから。
CL50の場合は、コンデンサーを固定する場所をどこにするか考えなければなりません。幸いにして、CL/CD系のフレームにはレッグシールドを取り付けるための台座がありまして、それを利用してコンデンサーを固定することにしました。台座にはM6のネジが切ってありますので、適当な長さのM6キャップボルト(M6x15)を買ってきてコンデンサーを固定。ホースを適当に切ってシリンダーヘッドカバーのニップルと接続して終了。簡単だなぁ、おい。

ところがどっこい、ちゃんと機能するかどうかが心配だったりする。コレ、確認するのも難しいです。エンジン始動はドキドキもの。何かの障害でオイルが回らなかったりすると焼きつきますからね。変な音とかしたらすぐ止められるように、また始動直後は極力回転を上げないように、そっと始動してみる。始動してすぐはコンデンサーの方にオイルが回っていきますんで、いきなり吹かすとオイルが回るまでのタイムラグでダメージがあるそうで。
まあしばらくアイドリングさせてたらコンデンサーが暖かくなってきましたので、ちゃんとオイルは循環しているということがわかってほっと一息。

これで完成です。>CL50
by namatee_namatee | 2008-05-25 20:22 | motorcycle | Comments(5)
Commented by まろやか軍曹 at 2008-05-25 21:49 x
むう、なんか、普通すぎてアレですな!

ⅢⅢ ⅢⅢ
┃ ⅢⅢ ┃
┃    ┃

こう、オイルクーラーを3つくらい直列配置にしてみてはどうか。
Commented by TRN at 2008-05-26 11:35 x
>これで完成

 そ れ は な い 


もしくは次の獲物が見つかったとか
Commented by namatee_namatee at 2008-05-26 15:06
>軍曹殿
そんなに冷やしてどうしろと。w
いやしかし、エンジンからホースが伸びているのって普通じゃないと思いますけど・・・

>TRNさま
そうきたか。w
5速ミッションは欲しいような気がする・・・外観はこれ以上もとからかけ離れた姿になるのは嫌です。
Commented by わたおに at 2008-05-27 10:06 x
バックステップとかないんすか?
Commented by namatee_namatee at 2008-05-27 15:00
>わたおにさま
バックステップ?CD/CL用はありますが、CL50ってスクランブラーなので、ハンドルは高いしアップマフラーだしで、あんまり似合わないと思うんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夕立ktkr そろそろコレの季節です。 >>