工具フェチ

c0019089_1938588.jpg

これはKTCのトルクレンチ、GWE3-060、通称デジラチェ。本当はもう一つ下のGEWEC3-030の方がよかったんですが、南東北の田舎では(ry

トルクレンチは以前に近所のホームセンターで買った3000円ぐらいのがありましたが、どうも信用できないんですよね。特に測定・設定トルクの下限あたりではイマイチ信用しきれない。というわけで、ちゃんとしたトルクレンチを購入。

自転車をいじる場合でも本当はネジ類のトルク管理って重要なんですが、まあ勘でやってもなんとかなっちゃってました。必要なトルクが比較的小さいということで、ねじ切らないように締めておけば、とりあえずは緩んだり液体が漏れたりはしませんでしたね。
しかしながら、エンジンの場合はそうもいかない。どのくらいのトルクで締めたら良いか分からない場合は前述のように緩めに締めます。ねじ切るよりましですから。で、どうなるかというと振動で緩むorオイルが漏ってくる。w
プロの方々は長年の経験から、力の入れ具合が身についているのでさほど問題にならないのでしょうが、シロウトの場合はそうもいかないんですよね。自転車の整備のつもりで締めるとたいがいはトルク不足で、緩むor漏ってくる。w

という具合でトルクレンチは必須でございます。
いや、トルクレンチに限らず、シロウトほど工具はきちんとしたものを使うべきだと悟りました。適当な工具で代用すると時間かかるわ、パーツ壊すわでロクなことはありません。

わたくしにモノヲタの気があるのは確かですが、工具については特にブランドなどにこだわりはありません。意外、と言われたなぁ。
SnapOnとかMAC TOOLSとか、美しい工具に特に惹かれるものはありませんねぇ。高くて手が出ないというのもありますが。ラチェットレンチ関連はKTCを選ぶことが多いです。スパナもそうかな。いや、今使っているスパナはホムセンの工具セットの奴だ。(汗
ドライバーはPBが好きですね。ちゃんとしてるもんなぁ。+ドライバー一本しか持ってないけど。w
六角のレンチ、アーレンキーとも言いますが、これはTIOGAの奴です。自転車いじりが長かったせいですね。本当はこれもPBのにしたいんですが、アレのセットは高いので6mmのだけPBで他はTIOGA。TIOGAっていったって、ホルダーのとこのプリントがそうなっているだけで、同じ形・デザインで違うブランドの奴をイロイロ見かけます。

といった具合に、わたしは見かけほどヲタ度は高くないというお話でした。
by namatee_namatee | 2008-01-26 20:22 | motorcycle | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 眼福 ネタが無い・・・ >>