試し張り

ペンターイーズの試し張りであります。
テントは実戦に投入する前に一度はテストしてみないとね。

張るのに必要な手間や時間はほとんど予想通りでした。
まずタープのペンタをきちんと張らないといけないので、普通のテントの時のようにイージーにペグを打つわけにはいきません。仮にペグ打っておいて、あちこち張り具合を調整してまた打ち直しってのが何回か。ただし、これはそのうち慣れると思います。

タープさえちゃんと張ってしまえば、テントのインナーにあたる部分のイーズの設置は簡単。ペンタのペグにあらかじめ一緒に取り付けておいたバックルと接続してテープにテンションをかければイーズは勝手に立ち上がります。イーズのために追加で必要なペグは2本です。トータルで必要なのは8本。ランドブリーズ・ソロをラージフライ仕様で完全に張ろうとすると13本必要ですから、ペンタを立てるのに手間がかかってもペグ打ちの手間は節約できるようです。
そのかわり、ペグが打てるところじゃないとちゃんとタープが立ち上がりませんので苦戦するかも。

普通のテントのように構造的に雨や風に対抗するのではないせいか、素材そのものが分厚くできています。なので、ちょっと重い。モーターサイクルのツーキャンでの使用が前提なのかも。天井がメッシュなのが気になりますが、一応雨避けもありますので極悪な天候でなければなんとかなる・・・これで雪中はいやだよ、わたしは。

これは要するにタープを張っておいて下でご飯を食べたりして、さて寝るか、というときにささっと立ち上げるモノ、という風に理解しました。雨が降っていても設置・撤収が楽ですし、なかなか面白いもののようですよ。
c0019089_17325489.jpg

by namatee_namatee | 2006-04-02 17:32 | outdoor | Comments(2)
Commented by ぎんなん at 2006-04-03 13:26 x
これなんてキャンプ場?

いやいや、なかなかいいじゃありませんか。
実物を見るのが楽しみです。
これで雪中は無理でしょう。
吹雪いたら雪まみれだろうし(笑)
Commented by namatee_namatee at 2006-04-03 19:58
>ぎんなんさま
近所の公園だっていってるのに。
でもここは良いところですよ。一面芝生だし、キャンプ禁止って書いてないし。トイレが無いのと近くに国道があってしーんとするほど静かじゃないのがが惜しいところ。

この写真のイーズのセット位置はちょっと後ろ過ぎますね。これだと時間がたってペンタが緩んでくると、天井のメッシュ部分にフライが触っちゃう。もっとポールぎりぎりまでイーズを出した方が安全です。ポールに取り付けるバックルとテープを最初に締めちゃえば良いんでしょうね。

この後、イーズを取っ払ってペンタの下で嫁さんとストームクッカーで作ったお昼を食べました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 椅子を買う 春夏コレクション >>