風除け

前々から欲しいと思っていたもの、それはストーブの風防(ウィンドスクリーンともいう)です。ウチのコールマン・フェザーストーブは全開で強火にしてしまえば、ちょっとやそっとの風の影響なんかありませんが、ご飯を炊くときなどに弱火で使うと風で部分的に消えて白ガス臭くなったりするのです。

風防は屏風みたいにストーブの周りを囲ってしまう奴を良く見かけます。そういうのは何度か買おうかと思ったのですが、イマイチひねりが無いような気がして買いそびれてました。
で、今日買ったのがこれ。コールマン純正のNEW WIND SCREEN。1512円也。

箱の写真で見ると小さくてあまり効果がなさそうなんですが、実際にストーブに装着してみるとかなりでっかいです。特にウチのフェザーストーブは本体が小さいので、風防がより巨大に見えるのでした。これは思っていたよりも効果がありそうです。なんてったってコールマン純正ってのが良いですね。
c0019089_2173154.jpg

by namatee_namatee | 2006-02-06 21:07 | outdoor | Comments(12)
Commented by ぼうず at 2006-02-06 21:45 x
風防がゴトクの面よりも上まであるのは効果ありそうですね。*のガス用のヤツはゴトクより下なので、効果は若干低いです。それでも無いよりはマシ、*の人によるとパワーも上がるとか。熱がこもるからでしょう。
火達磨にしないようお気をつけあそばせ(^^;
Commented by ななしさん at 2006-02-06 22:49 x
これはでかい・・・
ごはんたくなら
もうちょいふうぼうのせがたかければなべのひえもおさえられそう

ふらいぱんでなべやるぶんにはこれでじゅうぶんですな
Commented by namatee_namatee at 2006-02-07 07:45
>ぼうずさま&ななしさま
いやマジで効果ありそうです。たたむとコンパクトだし、なかなか良いものかも知れません。次回のキャンプでご飯を炊いてみましょう。
Commented by ぎんなん at 2006-02-07 10:11 x
回りを囲う風防と違って効果が高そうですね。
これはイイわ。

これはちゃんと中心がとれるんですか?(⌒▽⌒)
Commented by namatee_namatee at 2006-02-07 15:02
>ぎんなんさま
いや、なんか右側にずれているんですよ・・・
Commented by ぎんなん at 2006-02-07 21:19 x
やばいですよ、職場で読んでて吹き出しそうになっちゃったじゃありませんか。
御愁傷様でございます。m(_ _)m
Commented by ななしさん at 2006-02-08 00:24 x
めしたくときはせのひくいふらいぱんみたいなのでたくといいですよ
なべがちたんとかならとーすとやくときのめっしゅをつかうといいかんじなのです

ああ、でも、これでなべやりたいな~
しゃぶしゃぶでもよさそうです
Commented by namatee_namatee at 2006-02-08 13:12
>ななしさま
わたしがご飯炊くのに使っているクッカーはスノピの焚です。このストーブとの組み合わせで最初に炊いてみたときは見事に失敗しました。先日はうまくいきましたが偶然かも。平たいのはないな・・・

ポンピングしながら鍋を囲むってのもななかオツなもんですな。w
Commented by ななしさん at 2006-02-08 22:39 x
あれはおゆわかしせんよう・・・
Commented by namatee_namatee at 2006-02-09 21:18
>ななしさま
え~?せっかくスミフロン加工してあるのに?
わたしは「極」と比べて、スミフロン加工してあってアルミでご飯炊くのに有利そうなので「焚」にしたのに。わたしの場合、お湯は小さなケトルで沸かしてます。そのほうが便利ですもん。
Commented by ななしさん at 2006-02-09 23:27 x
ねつこうりつのかんけいから
ふらいぱんたいぷがいちばんつかいやすいような
おゆわかしてこーひーいれるとかにはむいてないですけどね

かさばりますがそこのひろいやつがいちばんねつこうりついいですね
Commented by namatee_namatee at 2006-02-10 21:20
>ななしさま
もしかしたら「焚」はもっと小さなガスのストーブのことを考えてあるのかもしれませんね。このストーブだとほとんど外周に火が当っている感じ。効率は良くなさそうです。百スキを手に入れたので、あれで炊いてみましょうか。>ご飯
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 海の向こうから 一夜明けて >>