一夜明けて

今回は大変充実したキャンプでした。なので写真も大盛りで2枚であります。
c0019089_16583869.jpg

まずは一夜明けた朝の様子。
昨夜は氷点下11度まで下がったそうですが、特に寒いということもなく熟睡。珍しく宴の最後近くまで起きていたせいかも知れませんが。
今回もイスカ・アルファライト1300+モンベルの古いシュラフカバー、使い捨てカイロを足元に一個、Zippoのハンドウォーマーを腹のあたりに適当にいれておきました。これで汗かくぐらい暖か。

どうもこの場所は自殺の名所らしくて、今までに8人ほどお亡くなりになっているそうです。最寄の桜の木で2人ほどお吊りになっているようですが、特になにもなく、ヘタするとウチにいるときよりも熟睡できました。きっと成仏されたのでしょう。念のためご冥福をお祈りしておきました。冥府は残されたものの心の中にある、という又市(巷説百物語:京極夏彦)の言葉を聞いてから、そういうものは怖くなくなってしまったのでした。

7:30ごろ起きだしてとりあえずコーヒーを飲もうとお湯を沸かしながら一枚。コールマンのストーブ(442フェザーストーブ)は操作に慣れてしまうと妙に使いやすく、気温のことをあまり気にしなくて済むので使い心地もよかったです。
c0019089_16591367.jpg

液燃vsガスの図。ランタン同士が向かい合って対決しております。
手前はウチのコールマン・フェザーランタン。奥はぎんなんさん所有のイワタニのジュニアランタン。ジュニアランタンはスノーピークの-10度対応のギガパワーガスでドーピングしております。←EPIのP+だそうです。
442ストーブが仲裁に入っておりますが、所詮液燃。立ち位置からもフェザーランタンの味方なのは明らか。w

明るさはどちらも良い勝負。瞬間的な明るさならフェザーランタンですが、フェザーランタンはうわさどおり2~3時間で燃料が無くなり、頻繁にポンピングしないと暗くなっちゃいます。それに比べてジュニアランタンはまったく手がかからず灯りを点し続けてました。
まあ手のかかる分、風情とか可愛さとかでフェザーランタンの圧勝、ということにしておきましょう。w

というわけで、みなさまお疲れ様でした。またよろしくお願いします。
by namatee_namatee | 2006-02-05 17:20 | outdoor | Comments(3)
Commented by ぎんなん at 2006-02-05 19:39 x
お疲れ様でした。
不思議とあそこは熟睡できるんだよね。

ドーピングはエピのP+です。
俄然明るさが違うのには驚きでした。
いやまあ予想通りなんですけど。

夕方から2時間程うたたねをしてしまいました。
風呂に入って帰ったので疲れたのかもしらん。

またよろしく〜
Commented by namatee_namatee at 2006-02-05 20:35
おつかれさまでした。
パッキングをなんとかしないと・・・夏頃にはなんとかなっているのではないかと。

ウチに近づいてからの方が寒かったです。たまらず、家に帰ってからもう一回お風呂に入ってしまいました。で余って持ち帰ったビール飲んだら眠くなってしまい、わたくしも2時間ほど昼寝してしまいました。
Commented by ぼうず at 2006-02-05 21:07 x
お疲れ様でしたー。何とか午前中に帰宅いたしました。

もう春ですな。野焼きの煙で道が渋滞するほどでした。立春過ぎたんだもんなぁ(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 風除け ついに出撃 >>