ニヤニヤ

特にネタは(ry
図は先日のサバゲで某チームのリーダーのK氏からいただいたもの。海外出張のお土産ですって。ありがとうございました。
見ての通り、一見「ゴルゴ13」の単行本っぽいんですけど、中身は「中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」であります。そのテーマにそった書き下ろしと思われるゴルゴ13のマンガと詳細な記事・・・マンガの部分だけしか読んでないので、記事が詳細なのか、どういった内容なのかわかりません。w
マンガはいつものゴルゴ13の雰囲気。テーマは全然違うのにゴルゴそのもの。大したもんだ。いやまあ、さすがに狙撃は控えめです。w
面白いのはゴルゴがちょっとお茶目なところ。外務省に依頼されて海外でのトラブル対策を広めるという役割なので、基本的に良い人になっちゃう。いつものように無口で愛想がないのは変わらないけど、どうしたって世話を焼く立場になっちゃうのが楽しい。成り行きとはいえ、女性を食事にさそってふられてたりする。これはもっと真面目に読んでみよう、そうしよう。

他に何か・・・特にないなぁ。最近ツボにはいったのはこちら
「もっとゲンブンぽく」で吹いて、「19XX年(ry」で吹いて、「馬鹿者 桃太郎だ 警報!」で吹いて・・・ずっと吹きっぱなし。で、最後の「鬼視点かよ」で仕事中なのに声出して笑っちゃう。小林源文先生が好きなわたくしにはたまりません。そういえば以前、「#小林源文力高いガルパン」とか「小林源文力高い童話」で大笑いしましたなぁ。「死んでから休めばいい」とかセリフが童話にマッチ・・・しねーよ。w

by namatee_namatee | 2019-03-20 23:17 | book | Comments(2)
Commented by B型平次 at 2019-03-21 10:01 x
こんにちは。その後前歯の具合はいかがでしょうか?お大事になさってくださいね。
ゴルゴと外務省のコラボ本は話にはきいてましたが、お話を聞くとなかなか面白そうですね、機会があれば読んでみたいです。
年がバレますが小林源文先生といえば、中学生の頃に読んだ「バトルオーバー北海道」のリアルな描写に衝撃を受けた記憶がありますw
まあなんにしても戦争は漫画の中だけにしたいものですねw
Commented by namatee_namatee at 2019-03-21 21:59
>B型平次さま
ご心配いただきありがとうございます。
前歯はそのままになっております。今までは接着が剥がれないように慎重にかぶりついておりましたけど、取れてしまった以上、もう気にする必要はないので思いっきりかじりつけます。さらに折れた歯の先端は鋭く尖っているので、硬いものも簡単に噛み切れるという。w

「バトルオーバー北海道」は良いですなぁ。特にラストシーンが好きです。あと74式が活躍するのも良いです。さすがゲンブン先生と。
同じテーマの「レイド・オン・トーキョー」も好きですね。こちらはソ連軍がさらにしたたかで、さらに政府が敵という展開がたまりません。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 怪現象 椎名さん以前 >>