作戦失敗。orz

懸案のMP7A1のレストアの件。
パーツが揃い、やっと時間も取れたので早速とりかかります。メカボを開けて見ると・・・MP7ってメカボにアクセスするまでが面倒ですなぁ。イロイロとネジとかパーツを外さなければならず、元に戻すことを考えると気が重くなります。orz
まあ、それでもメカボを取り出し分解する。開けてみるとギアとかピストンとか結構な汚れだったので、完全にバラバラにしてパーツクリーナーで洗浄します。うっかりするとシムの位置がわからなくなるので、完全に分解するのは避けてきましたけど(コン電のシム調整とかどうやってやるのか想像もできぬ。)今回は仕方ない。せっかくグリスの汚れを落としたんですから、ギアやタペットプレート、ピストンなど消耗の激しい部分を念入りにチェック。全体に使った感じはあるものの、摩耗しているとは言えないぐらいの状態で、このままいけそうなので継続使用。

今回はスプリングをマルイ純正に戻します。他に組み込むパーツはピストンヘッドはPDI製の8ホールピストンヘッド、シリンダーもPDIのパルソナイトシリンダー、スプリングガイドもPDI製。スコーピオンで実績がありますからね。>PDI
先日ネタにした通り、バレルはライラクス製の全長215mm内径6.03mmのもの。ついでにHOPパッキンもマルイ純正品に交換であります。タペットプレートのリターンスプリングのテンションupのために購入したケイ・ホビーさんの「からあげ棒」も投入。

G.A.W.さんのグリスを塗りながら組み上げてまいりますけど、「からあげ棒」を入れると思いの外、スプリングのテンションがあがってタペットプレートが浮き上がりやすくなって他のギアや逆転防止ラッチなどの組み込みに苦労する。これはメカボを閉じる寸前までタペットプレートをはんだ付け用のアルミ製クリップで挟んでおくことで対処。
メカボを閉じる時のベベルとか逆転防止ラッチとか、なかなかの難物でこれだからコン電はとか愚痴をこぼしながらあれこれやっているとカチッとはまる。これ、いつもそうなんですよね。フルサイズ電動ガンのメカボって、特にVer.2は電気の配線を挟まないようにとか、ギアや逆転防止ラッチはもちろん、トリガーとかタペットプレート、ピストン、スプリングガイドなどいろんなパーツが所定の位置にあるように何度も確認してメカボの上側を乗せるのに、それでもなにかが挟まったりするんですけど、コン電のメカボってトリガーはないし、シリンダーやピストンは収まりが良いしで、一番気を使うのが逆転防止ラッチぐらいで、隙間から棒でつついたりして微妙に位置を合わせてあげるといきなりカチッと閉まっちゃう。開発が後なだけあって組み立てもしやすくできているんでしょう。>コン電のメカボ

で、組み上がったメカボを眺めていて発見したのが図。w
見事なクラックでございます。本当に(ry
こんなクラック、メカボを取り出した時にあったかなぁ。組み上げてから1回だけ、何かスティックしたりしてないか確認のためにバッテリー直結で動作させたんですけど、その時に入ったのかなぁ。>このクラック
いずれにせよ、これでは使えません。端から端まで綺麗に入っちゃって、この部分はピストンやタペットプレートが動作した時の衝撃を受け止めなくなったため、その分のストレスが他に回っていずれは別の箇所にもクラックが入ると思われます。
残念ながらMP7のレストア作戦は失敗ということに。orz

仕方がないのでバレルをスコーピオンMod.Mの方に移植。182mmの01バレルを215mmの03バレルにするとどのぐらい初速upするのか気になりますからね。
MP7に比べてメカボやチャンバーにアクセスするのが簡単で好き。>スコーピオン

さくっと交換して計測の結果はHOPオフで86m/s(0.2gBB弾)、適正HOPでも86m/sと出ました。スコーピオンMod.Mは182mmの01バレルにしたときにHOPオフで84-85m/sは出ていたと記憶しておりますので、思ったほどには上がらなかったですね。>初速
その他の変化としてはマズルからの発射音は静かになりました。今まではかなり激しい炸裂音だったのが普通の音に。集弾性能などはよくわからず。有効射程は35mから頑張って40m程度でしょうか。飛ぶだけなら50mぐらいまでは飛びますけど実用とは言えないですね。フルサイズの電動ガンやボルトアクションライフルに比べて10%ぐらい有効な射程が短い印象。これは弾が0.2gというのも関係していると思われます。個人的にコン電は0.2gBB弾が適正と思うので、まあこれがコン電の限界という奴なんでしょう。とはいえ、有効射程内ならちゃんと当てられるし(むしろ集弾性能はフルサイズより優秀かも)サバゲでは一発でも当たればヒットだし、射程が短いといっても見通しの良いところでサバゲするわけじゃないわけですから、実は射程が短いデメリットはあまりない。使ってみると意外なほど活躍するのは、射程内なら優秀な性能を発揮し、その射程がサバゲでは必要にして十分ということが理由なのではないかと思います。

by namatee_namatee | 2019-02-17 21:04 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 伝説(続き) 伝説 >>