レストア対象

すっかり忘れられてロッカーの奥に放置されていたマルイの電動MP7A1の図。
購入当初はハンドリングの良さと拡張性でそれなりに活躍していたんですけど(初速チェックのシールでも分かる通り)後発のスコーピオンMod.Mがあまりに使いやすくて高性能なため、最近は出番がなくなってしまいました。
まあ弾上がりが悪いという致命的な欠点があるのも使わなくなった原因なんですけどね。>MP7
わたくしの推測になりますけど、弾上がりが悪い原因はマガジンから弾が押し上げられる力にタペットプレートの動きが阻害されているせいだと思います。マガジンから押し上げられてきたBB弾は装填されるまでずっとノズルに接触しているわけですけど、フルサイズ電動ガンのようにタペットプレートのリターンスプリング?セクターギアで引かれたタペートプレートを元の位置(=装填状態)に戻すスプリングのテンションが高ければ、マガジンからBB弾が押し付けられるぐらいの抵抗なら問題なくBB弾をチャンバーパッキンの奥に押し込める。でもコンパクト電動ガンのように全体が小ぶりなメカボではタペットプレートのリターンスプリングもコンパクトでして、BB弾を押し付けられるとその抵抗に負けてタペットプレートの前進が遅くなったり、閉鎖不良になったりするんじゃないかと思います。そうなるとピストンが前進してエアを送り込むタイミングとBB弾が装填されるタイミングがずれ、盛大にエアも漏れて初速が出ずにしょんべん弾になっちゃう。

対策はリターンスプリングをより強力なものにすること・・・残念ながら世界中のどこからもそういうリプレイス用のスプリングは出ておりませんなぁ。w
モノタロウとかで汎用品のスプリングを探せばなんとかなりそうな気もしますけど、試行を繰り返す必要があってシロウトにはなかなかハードルが高い。そこで思いついたのがスプリングにスペーサーをかましてプリロードを高め、有効ストローク内でのテンションをあげるってのはどうか。これなら適当なプラ棒でも切ってスプリングのスペースに押し込めば良いんだし簡単じゃないかと・・・調べたらすでにケイ・ホビーさんから対策パーツが出ていました。さすがです。

というわけで、懸案の弾上がりの悪さを改善する見込みが出てきたので、ここはひとつMP7を復活させようと思い立ちまして、レストアに着手することにしました。とりあえずは強化したメインスプリングをノーマルに戻し・・・ノーマルのスプリングとかどこ行ったかわからないので、それを手配するところから。w
あとはスコーピオンで培ったノウハウを生かし、シリンダーとピストンヘッドとスプリングガイド、そしてバレルを交換して初速対策と。バレルはライラクスの長いやつ。他はいつものPDI製で。肝心なタペットプレートのリターンスプリングのテンションupは前述のケイ・ホビーさんの「からあげ棒」というもので。バッテリー周りは見ての通り、すでに外装化してあるのでそのまま。これはMP7の良いところですなぁ。
これでうまくいけばよし。ダメならパーツ類はスコーピオンに移植しちゃいましょう。パーツの発注は済んだので、今週末あたりに着手の予定であります。

by namatee_namatee | 2019-02-13 21:13 | survival game | Comments(2)
Commented at 2019-02-14 08:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by namatee_namatee at 2019-02-14 15:39
>上の人
コン電は手を入れる時点で何らかのデメリットは覚悟しておかないとなりませんからなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コン電大好き。w 高圧 >>