花粉?

今日は暖かでしたね。風が強かったですけど。おかげで大量の埃か花粉が飛び散ったようで、くしゃみと鼻水がとまりません。最初は先日来の風邪のせいかと思っていたんですけど、そっちの方はもうほとんど治っているので、このくしゃみと鼻水は花粉のせいじゃないかと疑っております。これから3月いっぱいぐらいまで、またあの鬱陶しい花粉症の季節かと思うと、もうげんなりですよ。orz

ネタは相変わらず(ry
なにかあったかといえば、図の通り「ネルソン」とケッコンカッコカリぐらいでしょうか。ちょうど60隻目の結婚艦でございます。ウチの場合、主力艦は大体Lv120ぐらいまで育てたら同種の別の艦娘を育成し始める感じです。LvUpはLv120あたりから遅くなるので、そこら辺を目標に重巡以上の主力艦は全てLv120にする運動をしております。
実際のところ、練度は70もあれば大体はなんとかなると思うので、それ以上は無駄といえば無駄かも。全ての艦娘をLv80以上にした方が戦力としては充実するような気がしますね。
無駄といえば、節分イベントで演習任務があるせいか、演習の相手が練度が高い艦娘が単艦で放置されていることが多いのですけど、さらに楽に演習で勝てるように配慮してくれているのか、あまり戦闘向きでない艦娘がいることがあります。その中で特に印象に残ったのがLv172だったかの「大鯨」。w
「大鯨」とか全く戦闘力ない艦娘をよくそこまで・・・と、思わず見とれてしまいましたよ。
ちなみにウチでその手の艦娘でもっとも練度が高いのは「鹿島」でLv152です。これは演習にはほぼ必ず出席するので練度が高いのは当たり前。それに対して「大鯨」は全くと言って良いほど使い道がない。それでLv172って。>絶句

それはそれ。「ネルソン」といえば思い出すのが「マスター・アンド・コマンダー」とか。ホーンブロワーシリーズも英国海軍の物語ですけど、実はホーンブロワーが活躍したのはネルソン卿がトラファルガー海戦で亡くなってからなんですよね。ホーンブロワーが勅任艦長になって最初の仕事がネルソン卿の遺体を国葬会場まで水上をパレードして運ぶ任務の指揮だったはず。
作者のC.S.フォレスター氏が出版社にトラファルガー海戦後の英国海軍士官の小説を書きたいと言ったら、馬鹿なことはやめておけと言われたというエピソードを読んだことがあります。そのぐらい「ネルソン卿」は英国海軍にとって重要な人物であり、同時にホーンブロワーシリーズは異色な設定であるということになりますなぁ。
「マスター・アンド・コマンダー」では時期がちょっと前なのでネルソン卿はまだギリギリ存命なようで、艦内の食事で話題になっているシーンがあって英国の期待を一身に背負った存在に描かれておりますね。

戦艦としての「ネルソン」はなんていうか、日本が「陸奥」に固執したおかげで生まれたような、なんともいえない生い立ち。ユトランド沖海戦などのWW.Iの戦訓を最初から織り込めたという恵まれた点と条約型戦艦の足枷の両方を抱え込んだ艦という印象。あの変な主砲配置は、まあ英国だからというのと設計したのがダインコート卿で、「あー」と納得しちゃう感じ?w
ダインコート卿は近代的な戦艦の始まりの弩級戦艦からこの「ネルソン」まで、英国の戦艦には欠かせない人物。わたくしはネットでちょっと知っただけですけど、天才というか、かなり大胆な設計をする方と感じました。まあ「エジンコート」を作ったのがダインコート卿と知ったからですけど。w
「エジンコート」はWW.I期の弩級戦艦ですけど、戦艦史上最多の砲塔を持つという変な戦艦。その数、実に連装砲塔7つ。14門の30.5cmの斉射はより口径の大きな主砲の超弩級戦艦よりも投射量では上回ると言われたそうな。戦艦の主砲の斉射は普通の戦艦?でもかなりのスペクタクルですけど、「エジンコート」のそれはわたくし的に最も見てみたい斉射ですよ。7つの砲塔、14門の斉射ですから艦全体が爆炎に包まれるでしょうからね。w

話を「ネルソン」に戻すと、ワシントン軍縮条約で日本が「陸奥」にこだわったおかげで、英国は棚ぼた的に16インチ級の新型戦艦2隻の建造ができるようになったわけですけど、なんていうのか、それでできたのがこの「ネルソン」ってのが・・・英国面というかなんというか。w
もう少しこう、穏やかな設計にできなかったのかと思います。次級のキングジョージ5世級が、まあ変なところは残ってますけど、かなりオーソドックスで手堅い戦艦なのが対照的。やっぱり「ネルソン」はやりすぎたと思ったのかなぁ。w

艦娘の「ネルソン」はネルソン卿の生まれ変わりみたいな。自分のことを「余」とか言ってるし、時報のセリフはなんだかんだ言ってずっと酒飲んでるし。w
セリフは女性というよりおっさん。実戦経験のガチさでは上を行く「ウォースパイト」はお姫様みたいなのに。

by namatee_namatee | 2019-02-04 22:13 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< そんな馬鹿な。w 中間 >>