豆を投げる

本日は仕事。暇でした。
先日から騒いでいる風邪?インフル?はそんなに調子悪いというほどではないけどなんとなくだるい。これはインフルなのか、それとも普通の風邪なのか・・・このまま好転しないようなら医者へ行こう。orz

図は昨日のもの。豆が20個貯まったので忘れないうちに賞品と交換。「さんま祭り」の時はうっかり忘れてメンテになっちゃって、あんなに苦労していっぱい集めたサンマが全てなかったことになってしまいましたからね。w

賞品は「銀河」ですか。これはありがたい。「なまーずフリート」には一式陸攻が11セット、同じく一式陸攻の二二型甲が3セット、三四型が1セット在籍しておりますけど「野中隊」とかはいない。そういう強力な陸攻がもらえるイベントの時に「丙」でクリアとかだったので。orz
なのでいまさらながら強力な陸攻がやってくるのはありがたい。いやなに一式陸攻でも数に物を言わせて(制空なしで突撃しても取っ替え引っ替えすれば練度を保ったまま攻撃を続行できる。)なんとかならんことはないんですけど、ここ一番という時に打撃力がかせげますからね。>高位の陸攻

実機の「銀河」については・・・Wikipediaでも見ていただくとして、なんていうか日本人のロマンが詰まった機体という感じ。同じくいかにもイギリスらしいデハビランド・モスキートと比べると、モスキートが木製でコンパクトな機体という必殺技で高性能なのに対して、銀河はよりまっとうな金属製の機体で高性能(航続距離と搭載量の両立かな。)を目指したという印象。
いやしかし余裕がないといわれる銀河ですけど、モスキートのコンパクトぶりの方が異常ですよ。たぶん機体がコンパクトでエンジンも水冷で、各部の抵抗が少ないのが高性能の秘密なんでしょう。>モスキート

しかし、いまさら陸攻が賞品になるということは、もしかして近いうちに基地航空隊の力量が試されるイベントでもあるんでしょうか。基地航空隊の運用は意外に資源を食うし、なにかと面倒なのでできればそういうイベントは(ry

by namatee_namatee | 2019-02-02 20:45 | diary? | Comments(2)
Commented by B型平次 at 2019-02-02 22:29 x
おばんでございます。
私は艦これはおろか、ゲームはほとんどやらないんですけども、こういう話は大好きでして、誉エンジンの不調に泣いたあの「国滅びて銀河あり」ですか。
余談ですが、ワタシの父方の祖父は海軍のパイロットになりたかったそうなんですが、視力が悪くてなれず結局、鹿屋基地で整備員として終戦を迎えたそうです。ある意味視力が悪くて命拾いをしたとも言えますな。特攻機を毎日見送るのが、辛かったと申しておりました。
そういえば、遺伝なのか父も私も視力が悪いです。
長文失礼しました。
Commented by namatee_namatee at 2019-02-03 20:04
>B型平次さま
エンジンの誉からして、日本らしいつきつめた仕様ですよね。発展途上の日本のエンジン製造・運用技術が戦時下の困窮のために誉が思うように活躍できなかった下地なのだろうと思うわけですけど、では戦争がもっと遅れたり起こらなかったらと考えると・・・この銀河も含めなかなか良い線いったと思うんですよね。

祖父殿が整備員をされていたんですか。レシプロ航空エンジンに身近に触れた(それどころか仕事)のは羨ましく思わないこともありませんけど、どんどん人が死んでいくのは想像するだけでも辛いです。軍用のメカや鉄砲は好きですけど、戦争そのものは嫌ですねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 中間 復活の日 >>