良さがわからん。

特にネタは(ry
これは先日やってきたiMacの開梱作業で、キーボードとマウスを取り出しているところ。このキーボードなー。AppleのPCはもうだいぶ前からこのタイプになりましたけど、今だに馴染めませんな。ストロークが浅くてペチペチしていて打ち辛いことこのうえない。これになってから他社も似たようなキーボードで追従しましたけど、これの何が良いのかさっぱりわかりません。

その昔のパソコン通信の時代、Macのキーボードっていったらこだわる人が沢山おりまして、かつてのSEなどのキーボードなどのタッチの良さをさんざんきかされたもんです。当時、わたくしが使っていたのは標準のApple Keyboard IIとかいう奴で、古のApple純正キーボードに比べるとお話にならないとバカにされていたもの。まあそれでも今のこのキーボードに比べればまだマシですけど。(汗
当時は古いキーボードは人気が高く、中古が高値で取引されておりました。試してみると確かにキーのタッチがしっかりしていて、押し間違ったときなど、すぐに分かるんですよね。それでも古いキーボードに大枚をはたくのは抵抗があったので買いませんでしたけど。そのかわり、後にPioneerが作ったMac互換機のMPC-GX1のキーボード(MPC-KB2)でメカニカル&古典的な配列を体験しました。そして、ADBがすっかり廃れたはるか後、すでに幻に近くなっていたADB→USB変換アダプタを探し出して、現行(当時)のiMacにMPC-KB2を繋ぐというプロジェクトが(ry
どうしてそういつもくだらないことをしているのかと、我ながら呆れますな。MPC-KB2は比較的簡単にデッドストックが見つかりました。これは見つからなくてもMPC-GX1のオリジナルのMPC-KB2があったんですけど、さすがに経年変化で黄ばんでいたので新しいものを探したんですね。問題はADBをUSBに変換するアダプタで、市場から消えて久しくどこのお店でも品切れで、Amazonに中古品があったのみ。しかも1万円オーバーのどえらい価格で、さすがに躊躇したんですけど、これがなければ話が始まらないということで、悔し涙を流しながら買いましたよ。>1万数千円のADB→USB変換アダプタ(確かiMateとか言ったはず)
そういった苦労をして、つないでみたMPC-KB2ですけど、JIS配列っていうのか、「変換」「無変換」などのキーがあるキーボードに慣れた身にはUS配列のキーボードは使いづらくてすぐに使わなくなりました。w

ちなみにマウスもかつては昔のマウスの方が良いと言われてましたけど、Performa 520の普通のマウスでもあまり差は感じませんでした。実は現行のMagic Mouseは好きです。これは単純に高機能なわりに余計なボタンがなくてスマートだから。よくできていると思います。>Magic Mouse

by namatee_namatee | 2018-12-10 22:01 | pc | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ハンドル遍歴 見納め。 >>