大食い

特にネタは(ry
明日から夏休みです。そのせいか暇でした。やることないので、昨日ネタにしたLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の試し撮りをしたりしてました。まあなんていうか、想像以上の写りで、久しぶりに感動しましたよ。>LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
MやRの時代のSUMMILUXって、明るいことは明るいけど、けっこう危うい描写だったと記憶しております。でもデジタル時代のパナライカのSUMMILUXはカッチリクッキリで、F1.4のボケ量はちゃんとあるという感じ。目の覚めるような解像と整ったボケという、まことに近代的なレンズという印象です。その意味ではクセみたいなものはないのでしょうけれども、あまりにクッキリカッチリなので、それが個性みたいに感じられちゃう。名作というのは本当ですなぁ。出費の元を取った感があります。いやマジで。

それはそれ。図は数日前の我が艦隊の状況。4-5攻略中であります。ご覧の通り、かなりの力技で火力にモノを言わせて強引に押し切ろうとしており、おかげで補給の資材が大変なことに。orz
五航戦の2人は噴式攻撃機搭載でして、おかげで鋼材もバンバン減ります。
ウチの場合、4-5はだいたいこうやって強引に攻め込んで一気にカタをつけますね。資材惜しさに手加減すると、大破撤退が続いたりして結局は資材の消費が多かったりしますので。頑丈かつ強力な艦娘で攻略した方が早く終わって資源も少なくて済む・・・ような気がする。w
とはいえ、これは削りの編成です。装甲空母の3人は砲撃戦でボスの港湾棲姫を攻撃しないので、戦艦が2隻大破していたりすると最終決戦時の夜戦では沈めきれないことがあります。なんといってもこの資材消費ですから、無駄な出撃は極力避けたい。出撃したら必ずボスを仕留めたいのであります。なので最終決戦時は装甲空母を1隻へらして航空戦艦をいれる。これで2戦目の潜水艦戦も負けないし、めでたしめでたし。と思いきや、資源消費はさらに増える。弾薬なんてギリギリ4桁いかないぐらいですからね。(汗
この後、この編成でラスダンのボスを取り逃がして、上記の航空戦艦を組んだ編成に変えて次の出撃でゲージを割りました。都合7回の出撃。消費した資源は燃料は約5,000、弾薬は6,000オーバー。イベント海域並みですな。w

by namatee_namatee | 2018-08-10 21:27 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 憧れの極薄被写界深度 文句なしのSUMMILUX >>