巨大化

久しぶりに日本の経済を回しました。w
唐突にデジカメの更新であります。PanasonicのDMC-GX8からDC-G9へアップグレード。DMC-GX8は史上最高に気に入ったデジカメでして、コンデジ、レンズ交換式、いろいろ使いましたけど、GX8ほど満足したカメラはありませんでした。下手すると銀塩時代を通しても一二をあらそう気に入り具合のカメラ。ちなみに一二のもう片方はNew FM2です。

GX8はなんといってもEVF(電子式ファインダーとでもいうのか)が見やすい。デジカメといえば背面の液晶で構図や各種設定を確認しながら撮るのが普通でしょうけど、なんせわたくしは老眼なので液晶の表示がよく見えない。なにかするたびにいちいちメガネをはずすかずらして確認しなければならず、鬱陶しいことこの上なし。かといって従来のデジカメのEVFではファインダーとしての見え方がイマイチというジレンマとなっておりました。それが最近のデジカメでは次第に改良されてきていると聞き、店頭でGX8のEVFを試したところ、これは使える!ということでGX8を導入したのであります。

ではなぜそこまで気に入っているGX8を1年半ほどで更新することになったのか。G9はGX8よりもさらにEVFの出来が良いと聞いたから。理由として実に真っ当ですなぁ。w
G9はGH5とならぶPanasonicのマイクロフォーサーズ一眼のハイエンドモデルであります。GH5が動画重視なのに対してG9は静止画というか写真にウェイトをおいたモデルだそうです。おかげでスペックは文句なし。ざっと仕様を見ただけで、使いこなせるかどうか不安になるレベルで充実しております。>G9の機能
マイクロフォーサーズ(以下MFT)はシステム全体が軽量&コンパクトなところがポイント。でかいセンサーのデジタル一眼には劣る部分もあるんでしょうけど、カメラとレンズ、トータルで見ればカメラとしてフルサイズ一眼にも勝るとも劣らないというのが良いところ。どんなに高画質なフルサイズ一眼レフでも重たくて持っていけなかったりして、決定的瞬間に立ち会えなければ意味がありませんからね。画質はイマイチでも写真が撮れる方がマシってもんですよ。w
あとPanasonicのモデルは変に光学機器メーカーの尻尾を引きずっていないイメージ(実際はそういうことはなくて、エンジニアは元ミノルタ他からの方が多いそうですけど。)が好ましく、Nikonとかキヤノンとか、そういう歴史的なブランドにない斬新な発想とデザイン(機能面)が好きなんですよ。だってNikonとかキヤノンは今更ライカをリスペクトするわけには行かないでしょ。w
Panasonicのデジカメはそこら辺が自由な気がする。>個人的に

一昨日の夜に発注して本日到着。さっそくバッテリーを充電しながらレンズを装着して・・・今日はサバゲの準備をしなければならないので、あれこれいじっている暇はない。おまけにウチではGX8に合わせて比較的コンパクトなレンズしかないので、ごついG9に似合うでっかいレンズがない。orz
しかもG9は想像以上にボディにメリハリがあり、GX8のコンパクトさとは正反対なカメラであるということがわかりました。だから不見転で買うのは(ry
やっぱりGX8は手元においておこうかな。w

嘘です。すでに梱包してあります。ご安心ください。>西の方を見ながら
とりあえず、EVFの見えぐあいだけ確認しましたけど、GX8と比べて劇的に進化しているというほどでもない印象。少なくとも最初にGX8のEVFをのぞいた時のような感動はありませんでした。
いやしかし、手頃な高性能デジカメがなくなってしまいました。これはG9に合わせてでかいレンズを買ってより一層の巨大化に邁進するか、GRみたいなコンパクトな高画質デジカメを買うかですかね。もうお金ないですけどね。w

by namatee_namatee | 2018-07-12 21:05 | camera | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< お芝居 焦り始める。>週末の準備 >>