因縁の地

本日は仕事。すごく暇。この時期は毎度のことではありますけど、ほとんどやることがないというのはなんだかなぁ、と。こんな事ならお休みにして欲しかったなぁ。orz
Vespa PX125 Euro3で出勤しましたけど、本日は昨日と違ってちょっと涼しかったです。Tシャツにミリタリーっぽいソフトシェルを羽織って行きましたけど、快適とは言いかねる涼しさ。海から冷たい風が吹いてくる。この時期のなっとーちほーはこれがあるから油断できない。

で、ウチへ帰ってきて食事をしながらTVをつけると「ブラタモリ」やってまして、今回は山口県の萩市がネタのようです。それを観ながら「そういえば高校の修学旅行で萩に行ったなぁ。」と思い出しまして、その時の様子が載っている卒業アルバムを引っ張り出しに半ば崩壊した本棚を発掘しておりました。卒業アルバムは無事に見つかりましたけど、探索の過程で大学の卒業証書が出てまいりまして「やっぱり卒業したんだ。」と。w
これは遥か前にネタにしたことがあるんですけど、わたくしは大学を卒業したという実感が薄いんですよね。今でも単位が足りなくて卒業できない夢を見ます。掲示板に「単位不足のため留年とする」と貼り出されている紙に自分の名前があるという。実際に卒業に必要な単位に対して2単位しか余裕が無かったですから、なにかヘマをすれば留年しちゃう可能性が高かったし、ほとんど同じ状況だった友人は留年しましたからね。(汗
3年のころには必要な単位は取り終わって、4年生は学校にはほとんど行かないってのが普通のはずなんですけど、わたしゃ1年2年3年と遊び呆け、4年になっても必修科目の第二外国語(スペイン語)・・・どころか英語も終わってなかったし、商学部だったので簿記も履修しなければならず、もちろんそれも(ry
それが就職したら経理課に配属されて、30年経っても同じことやっている羽目になるとはなぁ。orz

それはそれ。4年間の大学生活の中で一番真面目に学校に通ったのが4年生の時だったんですよ。もう毎日朝から晩まで授業受けてましたからね。当時は4年生になると出席をとるような授業は避ける傾向があったんですけど、わたくしはむしろ出席をとってくれてテストは適当(教科書持ち込み可とか毎年同じところからしか出題されないとか。)という授業を重点的に受けてました。あと、出席さえすればO.K.というのもありまして、外部から講師がやってきて毎回違うテーマで講演するみたいな奴。仏教の研究でチベットへ行ってきたとかなにかの発明で成功したとか、そういう人が講師になって体験なんかを話す講演。出席すればO.K.なかわりに出席の取り方が厳しく(講演の最初と最後と2回出席を取ったりする。)すでに単位が足りている4年生には人気がなかったですけど、わたくしは積極的にそういう授業を履修してました。要するに確実に単位を取ることが最優先というわけで。でも、そういう講演は面白い時は面白かったですよ。チベットの寺院や即身仏の様子とか、なかなか生々しくて興味が湧いたのを覚えています。
というかんじで、単位集めに奔走していたためか、あるいはその反動か、自分が本当に卒業できたのかどうか心の底からは確信が持てない。なので夢に見るんですよ。目が覚めてから「今こうやって仕事しているんだから卒業したに決まっているだろ!」と無理やり言い聞かせてことなきを得ているわけでございます。w
それがぽろっと出てきた卒業証書を見て、すーっと解消されたという。単純なもんですな。
この卒業できない夢については尊敬するあびゅうきょ先生がとある作品のあとがきで語っておられます。それを読んだ時には「それだ!」と叫びましたよ。w
ちなみにそのエントリーはこちらにあります。

話を「ブラタモリ」と萩市に戻しますと、確かレンタルの自転車で市内をぐるぐると走り回った記憶があり、そのレンタルの自転車で友人が海に落ちた(自転車だけ)記憶があるんですよ。そしてその時の写真が卒業アルバムに載っていた記憶もある。その写真を見たくなったので、瓦礫の山をかき分けて卒業アルバムを引っ張り出したわけでして。
で、該当の章を確認して見ると・・・そういう写真はありませんでした。載っていたのは友人のボニー氏が突堤の先端で自転車でウィリー決めている写真でした。w
当時、わたくしは写真部と新聞部に所属しておりましたので、修学旅行の写真もわたくしが撮ったものがある。卒業アルバム自体の制作はそっちの委員会かなにかがやったはずなので、そちらがわたくしが提供した写真からネタになりそうなのを選んだんでしょう。ボニー氏のウィリーシーンもそうやって選ばれたんですな。w

それにしてもわたくしの高校の修学旅行は萩・広島・京都で、なんでこんなセレクトだったのかが疑問。特に萩(というか山口県)は水戸とは因縁のある土地ですし。幕末から明治にかけて、長州藩と水戸藩は倒幕と佐幕で対立していた間柄。ご存知の通り水戸藩は内部分裂とそれに伴うテロ行為で肝心な時に影響力を発揮できずに自滅、薩長が実権を握るわけです。もっと当時は無知でしたのでそういうことは考えていませんでしたけど。あと桜田門外の変の関係(実行犯は元水戸藩士が中心。)で彦根藩とも因縁があるらしいです。>水戸
これは因縁のある場所に行って勉強しろという先生方のメッセージだったのかな、などと今となって思う次第。いやでも広島はどこへ行って何をしたのか、ほとんど記憶にありません。京都は・・・飲酒が過ぎて旅館に壊滅的なダメージを与えてすごく怒られたのは覚えてますけど、どこへ行って何をしたのか(ry
無駄に自由行動が多かった記憶もあり、喫茶店を見つけてずーっとタバコ吸ってコーヒー飲んでいただけだったような気がしますねぇ。もちろん未成年ですから飲酒・喫煙はご法度ですけど、あんまり怒られなかったんですよね。w>ウチの学校
ちなみに我が校は男子校(当時。実質中高一貫校。つまり6年間男子だけという。)だったので、よくある修学旅行でのエロい話はありません。中学の修学旅行の時に宿の女湯を覗いたのがバレて怒られた奴(わたくしじゃない)がいたってのはありましたけど。
私立の男子校だったせいか、かなり自由な校風で、前述の通り、飲酒・喫煙についても今の感覚からは相当におおらかでした。あと生徒会長の選挙の時、候補者の演説で「わたくしが生徒会長になったあかつきには我が校を共学にします!」って公約にする奴が必ず1人はいる。w
・・・生徒会にそんな権限があってたまるか。でも、演説で現実的な公約を述べた候補者は大抵は落選して、歌を歌ったり共学の話をする奴が当選するんですよ。
そういえば当時は私服だったんですよね。現在は共学になり制服もあるそうです。

図はそういうのとは全く全然関係ない。「環境展」に行った時に守谷SAで食べたつけ麺。実はわたくし「つけ麺」は初体験でした。麺がいっぱい食べたいわたくしには向いているかも。>つけ麺

by namatee_namatee | 2018-05-26 22:35 | diary? | Comments(2)
Commented by ボニー at 2018-05-27 01:54 x
何だ何だ、懐かしい話を持ち出して。
医者から余命の宣告でもされたか?

つられて高校の卒アルを引っぱり出したら大学の卒論のコピーが出てきたよ。
あ~そ~だよ、どうせ私ゃ大学に5年通いましたよ。
卒論が通れば1つ2つ単位が足りなくても卒業させてくれるかと思ったが、んな甘くはありませんでした。
ちなみに卒論のテーマは「チェーンソーの現状と今後の見通しについて――重量軽減策の提言――」
燃焼室を栗型にするとか、チャンバーを付けるとか、スーパーチャージャーを付けるとか…
一応4年の時に「優」を貰ったんだがな。

それと、高校の修学旅行で京都の旅館をゲ○まみれにした件
今思えばあれは集団食中毒だったのではないかと…
だって東大組までトイレや廊下でひっくり返ってたんだぜ。
おりこうさん組が大酒飲むとは思えん。
もしかするとあの屋台のラーメン屋か?

ま、死人が出なくて何よりでしたな。
Commented by namatee_namatee at 2018-05-28 21:22
>ボニーさま
忙しいところお呼びだてして(ry

卒論出すの忘れたんだっけ?(汗
わたくしは浪人しているので良い勝負ですな。w
ウチの学校は無理やり卒業させようとするんで、追試だの再試だのって救済措置がいくつもありましたよ。わたくしはそこら辺は真っ当にこなしましたけど。友人は必修科目のスペイン語を落として留年してました。必修は落としちゃいけません。

燃焼室を梨型にするってのがよくわかりません。チェーンソーは2ストでしょ?あまり燃焼室の形状を工夫する余地はないんじゃ?
スーパーチャージングは良いですな。今だったらミラーサイクルとかと組み合わせてハイブリッドか。

>集団食中毒
あの時、わたくしとあなたは無事だったはずなので、集団ってことはないんじゃないかなぁ。しょせん高校生、酒を飲み慣れないのは間違いないし、成績が良いからって無茶しないとは限らないのが我が校の特色でもあるし。でもラーメンは原因としてありかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< セレスさんの中の人 小物 >>