6分の3


本日は歯医者の日。歯医者といっても虫歯ではなく、歯石をとっているわけですけど、これが前に書いた通り、口の中を6分割して1回に1/6ずつ徹底的に処置していこうというもの。今回はその3回目であります。ちょうど半分というところですな。
左右と前側の3分割、それが上下で6分割なわけですけど、どちらかというと上の方がつらい。つらいと言っても麻酔するので治療そのものは痛いわけじゃありません。つらいのはその麻酔の注射。
なんていうんですかね、歯肉の厚いところに注射される分にはまだしも、すぐ後ろが歯の薄いところに針を刺されると痛い。orz
治療そのもの痛くはないけど、針金みたいなので思いっきり歯を引っ掻かれるわけで、もう歯が抜けるんじゃないかってぐらい。思わず身体中に力が入ります。処置の時間は10分ぐらいですけど、終わるとぐったりしてますもん。w
下側はそこまで大変じゃないですね。歯周ポケットの深さの差なんですかね。

で、先生が右側、助手の方が左側に立って間にいるわたくしの口に前述の針金みたいなのとか掃除機のノズルみたいなのを突っ込んでいるわけですけど、わたくしのちょうど耳のあたりに先生と助手の方のお腹がある。なのでお腹が鳴るのがよく聞こえます。
わたくしの予約は18:30なんですけど、やっぱりそろそろ晩御飯の時間だからですかね。左右からステレオで聞こえました。w
治療されて必死なんですけど、思わず笑いそうになり、そこで我にかえるというのを繰り返してました。

というわけで、帰ってきて酒も飲まずに(別に飲むなとは言われてませんけど)AAC T10のスコープマウントを交換する。AAC T10のオリジナルのマウントはVSR純正のマウントより薄い。わたくしのポリシーとして、スコープはできるだけ低くマウントすべきというのがあるんですけど、T10のストック形状と薄いマウントに今まで使っていた低いマウントリングの組み合わせだとスコープがちょっと低くなりすぎます。おかげでチークピースは一番低い位置に固定で、これだと可動式の意味がない。w
なのでちょっと高さのあるスコープマウントに交換であります。もっといっぱいレールのついているMARSってのも考えましたけど、4年ぐらい前はそちこちで売っていたのに今はあまり見かけない。まあ4年前は買ったんですけど、使わなかったんでアキュコンの景品にしちゃったんですけどね。w
いずれにせよ、ウチではレシーバー上部・側面にマウント以外のレールなんて必要ないので、MARSレールシステムは重くなるだけでメリットがありません。なのでお手軽なこのマウントに。ブランドはなんだか知らないけど中華メーカーなのにめったやたらにVSRのパーツを出しているメイプルリーフという会社のもの。本当に心配になるほどいろいろとVSRのパーツ出しているんですよね。>メイプルイーフ
もっとも探してみると他にもVSR互換パーツを作っている中華メーカーはかなりあります。もしかしてVSRって日本以外でもエアコキボルトアクションライフルのスタンダードになってる?

それはそれ。さすがに社外パーツ、イマイチぱっとしないオリジナルのスコープマウントよりずっとしっかりしています。オリジナルは塗装みたいですけど、こちらはアルマイトですし、エッジもくっきりと立っていて格好よろしい。後端に水平器があるは便利・・・でも、わたしゃ老眼なので近すぎて気泡が見えず、水平なのかどうかわかりません。orz
まあスコープもほどほどに高くなって、これでチークピースの調整幅ができました。w

by namatee_namatee | 2018-05-16 21:40 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< OPはこれで決まり。w どんどん増える。>エアコキ >>