作法(そんなものは無い)


本日は仕事。明日はサバゲのお誘いをいただいていたものの、疲労の蓄積とこれまた溜まった野暮用を解消するために断念。
というわけで、特にネタは(ry

図は昨日書いた4179*LOVEの会報(の裏表紙)。
今時はナチス式敬礼はやばいので、指でVサインして回避しているところ・・・じゃありません。椎名さんの衣装が白いので417回記念公演ライブ、その6曲目の「ガンバレ」のフリだと思われます。「だいじょうぶ!」のところでこういうフリをするんじゃなかったかな。わたしゃ新参者な上にこういう立体的な機動は苦手とするので、よくわからんのですよ。>フリ
あ、でも「MOTTOスイーツ」のフリは素敵だと思います。椎名さんの楽曲のフリの中では複雑な方だと思うんですけど、だからこそ振り回す手がみんなビシッと揃っているのは見事です。図の通り、椎名さんのライブではサイリウムは使わないのですけれども、椎名さん曰く「振り上げた手が風にそよぐ稲穂のよう」だそうです。w

椎名さんのライブに参加するとなにがどういう風に進行していくのか。ファンなら当然経験していることですし、もとより、わたくしのようなファン歴の浅いものがどうこう書くのもおこがましいのですけれども、いかんせんネタがないので(ry

古のSTARTING LEGENDの時代はわかりませんけど、最近の椎名さんのライブに行くとすると、どんな感じなのか。わたくしの場合、まず電車に乗って会場に行く。当たり前。w
かなり余裕を持って現地に到着するようにしてますね。なにがあるかわかりませんからね。で、まずはグッズを買います。先日の417回記念ライブの時のグッズ販売は当日の12時ごろから始まりました。他のライブではどうだったろ?
最初に行った2013年の新宿BLAZEのときはどうだったかな。おそらく開場時間のちょっと前に行ったので、物販の開始時にはいなかったはず。なんせ初めてなもんで、何をどうしたら良いのか、よくわからなかったんですよね。なので入場後にTシャツかなにかを買ったはず。で、風鈴を買い忘れて名古屋の友人に頼み込んで名古屋のボトムラインまで買いに行ってもらったんでした。w
当時、すでにグッズの代金はクレジットカードで決済できたんですけど、BLAZEのときはリーダーみたいな機械の調子が悪くて、わたくしのクレジットカードがなかなか通らず、係りのお姉さんはリーダーとカードを持って外に行っちゃうという。そんなことしているうちにライブが始まっちゃって、本当にギリギリで入場したのを覚えてます。
話を戻すと、列に並んでグッズを買い終わると開場まではちょっと時間があります。買ったグッズをコインロッカーに預けたり、友人がいるときはそこら辺で話をしたり、喫茶店を探してお茶飲んだりしてますね。一人のときは、やっぱり喫茶店探して「艦これ」やったり本を読んだりして時間調整。そして、入場番号によりますけど、開場のちょっと前に入口近辺へ行って開場を待つ、と。

開場すると番号が呼ばれますので、それに従って中に入ります。もちろん入口でチケットのチェックがあります。電子チケットなのでお財布機能のあるスマホやケイタイはセンサーにタッチ。iPhoneはチケットのQRコードを表示させてリーダーに読ませる。
最近はきっちり列を作ってから番号を呼ぶようになりましたけど、2013年の大阪のAKASOのときは列がなくて(狭いので列が作れなかったのかも?)みんな取り付け騒ぎの時の債権者みたいに入口に殺到していたのを覚えてます。
自由席なので中へ入ったら適当な席を確保。この時、先に入って後から来る友人の席を確保したりしてはいけませんということになってますけど、なんとなく後から来る友人のために席を空けておく感じはありますね。w

オープニングが始まって、まずバンドメンバーがそれぞれのポジションにつく。そして次の瞬間、思いがけないほど唐突に椎名さんが出てきます。大体は走って出てくるかな。いつも思うんですけど、出てきた瞬間の椎名さんは小さく感じます。それが曲が始まると全然小さく感じなくなるのが不思議。存在感ってやつでしょうか。
わたくしが見た感じ、椎名さんのライブではドリンクを飲みながらまったりと観ている人は少数派のようです。わたくしはあるダブルヘッダーのライブの2回目の時に、あまり良い番号じゃなかったので、二階の比較的空いているスペースでドリンク飲みながらまったりとライブを観たことがありますけど、それはそれで贅沢な感じで良かったですね。でも、できれば我を忘れて椎名さんの歌声とバンドの演奏と観客のフリとコールに巻き込まれるのが「作法」だとは思います。

ライブは3曲ぐらいずつの「ブロック」で進行していくことが多いようです。ブロックとブロックの間にはMCが入る。例のgdgdなMCやメンバー紹介、お決まりの「ウォンチュー」や「女の子ちゃん元気〜?けだもの(ry」「行くよー!」などもMCの前後にあります。で、その「ブロック」、特に最近のライブでは後半に強烈にハードな楽曲ばっかりのブロックがくる傾向がありまして、これが楽しいんですけど辛い。辛いけど楽しい。w
直近のフルバンドのライブ、417回記念公演ライブのセットリストのアンコールの3曲、「Graduater」「Jumping Slash」「電撃ジャップ」、こういうのはやばい。最強クラスです。w
「Jumping Slash」と「電撃ジャップ」、あと同じかもしくはさらに破壊力のある「WONDER☆RIDER」は夜公演でも演ってまして、正直なところ、記念公演ライブに入れるならもっと他の楽曲、例えば「この世で一番大切なもの」や「246」あたりを入れたら?と思わないこともない。でもそれをしなかったのは、久しぶりのフルバンドのライブで思いっきり騒ぎたいということなんでしょう。これが「椎名へきる」のライブだ!ってのを重視した選曲だったのかな、と。

最後の曲が終わってバンドメンバーと椎名さんがステージからソデに出て行く。スタッフ(なんていうんでしたっけ?サーバーでしたっけ?ギターを替える時に差し出してくれたり、音のチェックをする人。)がステージで白々しくギターのチェックかなにかしている。と、ここで「アンコール!」の声が。w
アコースティックライブではアンコールはありません。なぜだかわかりませんけど、誰もアンコールのコールはしない。なにか取り決めでもあるのか不思議。上記の通り、フルバンドのライブではアンコールは既定です。セットリストもアンコールありきで作られているように見えます。
で、そのアンコールというコール。これがいつも同じ人なんですよ。少なくとも2013年からは同じ方だと思います。あの雰囲気の中で最初にアンコールって大声で言うのって勇気いりますよね。あの方が言い出さないと、バスの「降ります」ボタンを押す時のチキンレースみたいに、誰も言い出せなくなっちゃうかも。w
アンコールが終わると本当に終わりです。先にバンドメンバーが退席して、最後に椎名さんがステージの端から端まで手を振って(すごく丁寧に手を振るのでかなり長い時間がかかります。)最後に会場に向かって深く頭を下げる。と、会場にいる我々も椎名さんに向かって頭を下げて礼をする。これ、今では慣れっこになってしまいましたけど、最初は驚いたのと同時に感動しました。まるで武道の試合みたいんですよ。

これでライブは完全に終わり、と思うじゃろ?w
最後に観客だけで三本締めがあります。これも前述のアンコールのコールの方がやる。毎度のことながらすごいなぁと感心します。実はこういうとり仕切る人がいるのが気に入らないという意見を某巨大掲示板などで読んだことがあります。が、やっぱりそれを公に表明するのはワガママかなと思いますなぁ。嫌ならさっさと帰れば良いわけで、実際に帰る人もいますし。
開演前にグッズを買うタイミングを逸してしまった場合は帰りがけに買うわけですけど、最近はグッズの数があまり多く無いようで、帰りの時点では欠品になっているものも多いですね。なので出来るだけ開演前に買うべきかと思います。あとで通販でも販売されることがありますけど確実では無いので。
これで本当にライブは終了。あとは余韻を楽しみながら一人でさっさと帰るも良し、友人と打ち上げに繰り出すも良し。二次会でカラオケは・・・せっかくの余韻がぶち壊しになるような気がするので、わたくしは行きません。w

椎名さんのライブはこんな感じというネタでございました。

by namatee_namatee | 2018-04-07 22:49 | music | Comments(4)
Commented by colonel-mogy0079 at 2018-04-07 23:14
私が行ってた90年代は、同じ人がアンコールスタートしてるということは無かったはずですが、一度だけアンコールの口火を切ったことがあります。早すぎてもダメでタイミングは難しい。
ついでに当時は三本締めは無くて、いくつもの親衛隊のみなさんが、なんとなく順番であっちこっちで「へきへき!萌え萌え!x3 うーーー、ウォンチュー!」をやるという。それに参加するという感じでした。
へきへき萌え萌えは、いつの間にか無くなったんですね。まあ、バリバリロックサウンドに萌え萌えは似合わないか。
Commented by 古美根 at 2018-04-08 08:13 x
ローマ式敬礼です(キリッ)って怒ったサッカー選手も居ましたが(;^_^A
しかし卍といい面倒くさいです。(とどうでもいい話ですが)
Commented by namatee_namatee at 2018-04-08 16:48
>colonel-mogy0079さま
タイミングは難しいでしょうねぇ。>アンコール
今のあの方は、あの方のタイミングみたいなのがあるので、我々もそこに乗って行きやすいわけですけど、別の方だったらちょっと勝手が違うかもしれません。w
「へきへき萌え萌え」は聞いたことがありません。いつごろからなくなったんでしょうね。そういえば以前「みたいラジオ」で紹介されたバンドの方が椎名さんの昔からのファンで、曲紹介のコメントで「へきへき萌え萌え」を連呼して椎名さんがちょっと呆れ気味になるシーンはありました。w
Commented by namatee_namatee at 2018-04-08 16:49
>古美根さま
「寺好き」と言い張る。w>鉤十字
こっそりしこんだネタに反応していただいてありがとうございます。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 半分ドツボ 特異点 >>