これだからイタリアは

c0019089_1443835.jpg

本日はお休み。なのでVespa LX125ieを点検に出す。

オイル漏れ発生
いや結構前から漏ってたんですけどね。シリンダとクランクケースの継ぎ目あたりからじわっと。ポタポタと滴るほどではなく、2週間放置で地面に数滴のオイル染みが出来る程度でした。でもクランクケース下側のあたりは漏れたオイルでウエットな感じ。これはいかにも空冷エンジンという感じで好ましいですなぁ。w

先日の聖地巡礼ツーリングの時に、もしかしてオイル漏れでオイルが足りなくなってエンジンが焼き付いたりしたら嫌だな、とツーリング中はそれなりにオイルの量を気にしてチェックしてたりしましたが、まったく減る気配がありませんでした。なので放置でも良いんですが、一応1年間の保証があるということなので診てもらってプロの見解でどうするか決めることに。
結果、ワランティの対象になりそうということで、保証の申請をしてもらうことになりました。輸入車なのでパーツがどうのとか言ってましたが、前述の通り、普段使いには問題がないので気長に待てば良いですし。
と、簡単に言いますが、シリンダの下側なのでシリンダヘッドとシリンダを外さなければならないんですよね。スクーターのあの辺は入り組んでますから車体からエンジン外すんでしょうねぇ。面倒くさそう。
ベスパなんてそうそう触ることもないでしょうし、仕事とはいえメカニックは大変だ。

ついでにまだ早いけど6ヶ月点検もしてもらいました。こちらは特に問題無し。実際に乗っていて問題も感じませんし。強いて言うならスロットルワイヤーが伸びたらしく、スロットルの遊びが増えていたので調整しました、とのこと。これ、前回の初回点検(1ヶ月目)の時にも調整してもらってますし、実は自分でも詰めているんですよ。なんですかね、ベスパのスロットルワイヤーって伸びやすいんですかね。w

そんなことより、今日は天気が悪くてまいりましたよ。弱いながら雨はふるし気温も低いし。雨の日のスクーターって滑るんですよね。大型車のFXDFファットボブは320kgもある車重のせいか、低速で走っている限りはグレーチングの上なんかでも案外滑りませんが、LX125はすぐにツルっと行きます。まあコーナーリングでは予測しておけばどうということはありませんが、ブレーキングの時に片持ちサスペンションの癖なのか、右に偏向して滑るのはおっかない。雨なのに無茶する自分が悪いと言えばそうなんですが・・・
by namatee_namatee | 2013-03-27 15:07 | motorcycle | Comments(2)
Commented by 保菌者のひと at 2013-03-27 18:22 x
次はイタリア抜きでやろうぜ(ウチのはドイツ仕様)
Commented by namatee_namatee at 2013-03-27 18:48
>保菌者のひとさま
カワサキに言われたくないと怒っております。>LX125
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 久々に 世界の中心 >>