中低速重視

c0019089_20524242.jpg

休み明けはネタ不足だなぁ。(汗

Vespa LX125ieのインプレ
初ツーリングでそれなりに距離を走ったLX125の印象はというと・・・中低速では文句無し、高速では微妙ってところ。高速と言ったって4st125ccスクーターの高速ですから。流れの速い大きな国道を常識的な速度で走る四輪車に混ざった時、ぐらいの意味です。

加速は問題ありませんね。スロットル開度が全開の2/3程度で、まあ普通に加速する四輪車に追いつかれることはありませんでした。スロットルのつきが良いとでも言うんでしょうか、グリップをひねるのに比例してリニアに加速する。けっして速くはありませんが、思った通りに加速するのでとても快適&楽しい。
LX125のメーターはどういうわけか、針のストッパーが10km/hぐらいのところにありましてね。0-10km/hまでのところには針が下がらないという変なメーターなんです。レーシーなタコメーターには4,000rpm以下が無いとかそういうのがありましたが、LX125のスピードメーターはそういうもんでもない。ただ単に10km/h以下は表示しないだけのもの。
で、ハンディGPSの速度と比べてみると、メーター読み60km/h時でGPSでは52km/hとか。動かない分の10km/hそのまま上にずれてるんじゃん。意外にスピードが出るなと思ったら、ハッピーメーターか。w
まあそういったわけで、メーター読み70km/hぐらいで法定速度の上限ということです。

そのぐらいの速度域ではエンジンにはまだまだ余裕があります。乗り心地や直進性も不満は無い。だがしかし、そこから上の速度域になるとエンジンはとにかく、乗り心地が極端に悪くなるのが気になりました。なんていうか、路面の凸凹に追従できなくなってくるんですよね。舗装の継ぎ目で跳ねたりする。
ユニットスイングの限界ですかねぇ。リアからの突き上げがきつい。いや、フロントも跳ねるんですが。(汗
LX150というのがありまして、そいつは車体はLX125とほとんど同じでエンジンだけ25ccほど大きいモデルです。これは150ccですので高速道路を走れる。125ccだと高速道路やある種の有料道路を通れないので不便な場合があるんですが、LX150ならその点は安心・・・だけど、あの直進性で高速道路はどうだろ。かなりおっかないと思いますよ。(汗
そういえば千葉のR16を走っているとき、なんといっても土地勘がありませんから、高速と平行している区間ではいつの間にか高速に入っちゃうんじゃないかと緊張して走ってましたよ。料金所で怒られるのは嫌ですからね。

操縦安定性についても同様な印象。中低速では機敏で無理が利く。ギューッと倒し込んで電光石火の勢いでコーナーを抜ける感じ。そのくらいの速度ではパワーの余裕もあるので、立ち上がりも安定していてすごく面白いし速い。そのうち転ぶんじゃないかと予感するほど飛ばせます。調子にのってると右コーナーではあっという間にスタンドを擦りますが。
前にも書いたけど、良く切れるスキー板でこれまた良く整備された斜面を切っていくのににた感じ。
スピードが出てくると、前述の路面の凸凹に追従する余力の無さが目立ってきまして、安定性が損なわれ始めます。油断できない。やはり60km/h以下で真価を発揮する乗り物なんでしょう。

そういったわけで、狭くてアップダウンの多い三浦半島の道にはよく適合していたと思います。反対に九十九里浜のあたりとか鹿島灘沿いの力技で走る道は苦手。
そういえば三浦半島はスクーターの天下といった感じで、スクーターが沢山居ましたね。50ccから125ccあたりまでがうじゃうじゃ居ました。大げさに言うと台湾並み。いやあそこまで膨大な数ではありませんけど。
南東北(本当は北関東)ではスクーター(特に2種原付の)はそんなにいませんで、H-Dのような大型二輪が目立ちますから、やはり環境の差なんでしょうか。

写真はアルファさん曰く「山ってほど高くないけどここらじゃ一番高いし」という岩堂山。「ヨコハマ買い出し紀行」単行本第9巻、84話「海抜70」でアルファさんとココネがスクーターで行くところ。アルファさんが「・・・・・・知ってるよー」って寝ちゃうところです。
現在は手前側から畑が続いてまして、実はLX125の左側には農作業をしている人の軽トラが停まっていたりするんですが、「ヨコハマ買い出し紀行」では海まで野っ原が続いています。でも雰囲気はそっくりで、行って見ればああなるほどと感動すること間違い無し。見晴らしも良いですしね。天気のよい時にまた行きたいところですなぁ。
by namatee_namatee | 2013-03-25 21:50 | motorcycle | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 世界の中心 現地考察 >>