現地考察

c0019089_19253474.jpg

というわけで、帰ってまいりました。>聖地巡礼ツーリング

今回のネタがどういうことなのかと申しますと。
簡単に言うと「ヨコハマ買い出し紀行」の舞台となった三浦半島へ行き、さまざまなシーンに描かれた場所を訪れるという企画。いわゆる現地系などといわれる言われているのかな?そういった類のイベントであります。
この手の聖地巡礼モノでわたくしがわずかなりとも知っているのでは「耳をすませば」ですかね。あと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」かな。最近話題のガールズ&パンツァーもそういう方々がいらっしゃるようで。

この聖地巡礼、「ヨコハマ買い出し紀行」の場合は最近のそれを意識した作品と違って、作者の芦奈野先生というフィルターを通して描かれたものであるため、必ずしも実際に存在する場所とは言えないという点が要注意です。というか、わたくしとしてはあくまで架空の場所であり(時代も架空ですし)、それがどこだここだと言っても仕方ないことなんじゃないかな、などと考えておりました。どちらかというと否定的と言っても良いぐらいに。
そうは言っても「ヨコハマ買い出し紀行」フィーバーが高じてきますと、なにか行動を起こしたくなるのが人情。
そもそもVespa LX125ieそのものが「ヨコハマ買い出し紀行」を読んだから買ったんですよ。今だから言いますが。w
というわけでLX125に乗って、愛してやまない「ヨコハマ買い出し紀行」の縁の地を訪れようというツーリングでございます。

で、行ってみて現地系・聖地巡礼についての見解はどうなったか。180度変わりましたね。有り。有りですよ、これは。少なくとも「ヨコハマ買い出し紀行」については。w
個別の場所については、前述の通り架空の場所ですからイロイロと違いがあったりするんですが、それらが存在する環境や雰囲気については十分リアルに味わえます。現在の三浦半島は普通に人も車も沢山おりますが、それでも道のup/down、海岸線、匂い・・・これらは実際に行って見ると相乗効果で作品が実にリアルに感じられます。行って良かったなぁ、と思えるツーリングでした。

写真は「台の原のお社」。第90話と137話に登場。どちらも極めて印象深い。90話では第6話でアルファさんに背中をあっためてもらったタカヒロが今度は逆にアルファさんをあっためる・・・時の経過を感じさせ、じわっと切なくなるお話。137話は浜松に行ってしまったタカヒロとマッキがタカヒロの作った飛行機(T-34メンターかな?)で里帰りする。第114話ではナイの飛行機で里帰りしたタカヒロですが、その時はスタンドのおじさん他一同が居ました。それが137話ではアルファさんひとりだけ。これが強烈に来るんですよ、心に。グサッと。13巻14巻は欝になる話が多いんですが、その中でもわたくしとしては屈指の鬱話。アルファさんは最初は押さえ気味に小さく手を振るんですが、途中から我慢しきれずに?両手を大きく広げて応えるのがこれまた。orz
そういったわけで「台の原のお社」は必ず行かなければならないポイントでした。

今回は残念ながら天候に恵まれず、写真の通り曇り空。天気がよければ富士山も見えるそうですが・・・

ざっとルートなどを記しておきますと。
3/23、AM6:00出発。南東北(本当は北関東)のひらがな五文字市からR51を南下、引き続きR16-R127と南へ下り、金谷からフェリーで久里浜へ。その後は三浦半島の各ポイントをグルグル。で、三崎港の宿に泊まる。
3/24は一カ所、「岩堂山」へ行った後、またしてもフェリーに乗って房総半島へ。そこから九十九里浜経由で「刑部岬」、その後、鹿島灘沿いを北上。総走行距離は627km、使用したハイオクガソリンは16.34L。平均燃費はおよそ38.4km/Lでした。容赦なくスロットルを開け続けた割には燃費良いですね。>LX125
軽くてコンパクトなLX125は狭い路地や坂道で道間違えたとかでUターンなどという無理な機動の時にすごく楽。力技で突っ走るR16とかだとやや力不足を感じますが、全体としては十分な性能で満足です。
いやしかし、北上するにつれどんどん寒くなるのには参りました。大洗のあたりでコンビニに入った時なんて、手がかじかんじゃって財布から小銭が出せませんでしたからね。

他のポイントについてはおいおい・・・

最後になりますが、現在、日本屈指の「ヨコハマ買い出し紀行」現地系サイト、「夕凪を、見て歩く」の管理人、ふき氏には極めて有用なアドバイスをいただきました。このサイトが無かったら、今回のツーリングはかなわなかったでしょう。ありがとうございました。
by namatee_namatee | 2013-03-24 21:02 | motorcycle | Comments(5)
Commented by フラフープ at 2014-07-22 00:37 x
い、一年以上前から、こんなことを。コメントとか完全に度外視で。ただ、やりたいからやった。本物の、ば・・クレイジーですね。wまだ肌寒い季節に、原付で627km。w
とか言いながら、僕も近々行ってみたいです。金谷と三浦には、それぞれ何時ごろ着いたんですか?ほかに、三浦半島に行ったエントリーあったら、教えてください。
Commented by namatee_namatee at 2014-07-22 08:09
>フラフープさま
いやいや。このころはふきさんの掲示板で燃え上がっていたんですよ。w
このツーリングに関するエントリーは
http://namatee.exblog.jp/19720285/
http://namatee.exblog.jp/19733172/
http://namatee.exblog.jp/19739118/
http://namatee.exblog.jp/19772757/
http://namatee.exblog.jp/19783458/
http://namatee.exblog.jp/19826638/
http://namatee.exblog.jp/19836722/
もっとあるかもしれませんけど、とりあえず。
このころは「ヨコハマ買い出し紀行」一本槍でしたから、エントリー数も多いです。w
Commented by namatee_namatee at 2014-07-22 08:13
あ、金谷についたのはAM9:00過ぎだったと思います。フェリーに乗っている時間は40分ぐらいですね。時刻表は東京湾フェリーのサイトでご確認を。
フェリーの類に乗るのは初めてだったので、ちょっと緊張しましたが思っているよりずっと簡単でしたね。
三浦半島の各ポイントについては、ふきさんのページを参考にしていただければと思います。
わたくしはハンディGPSで位置を確認しながら見て回りました。w
Commented by フラフープ at 2014-07-23 20:30 x
平仮名五文字からでも、3時間ほどで金谷ですか。いろいろ差し引いても、僕の家からなら、本気で日帰りもできそう。フェリー、グッジョブ!
Commented by namatee_namatee at 2014-07-23 21:29
>フラフープさま
あ、10時ごろだったかもしれません。(汗
いずれにせよ、そちらからならどこを回るかの段取りさえしておけば、日帰りは十分可能だと思います。対岸ですし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 中低速重視 聖地巡礼の旅 >>