ツーリング対応?

c0019089_19205386.jpg

またしてもVespaネタ。

eTrexを取り付けてみる。
GPSが必要なようなツーリングに使うかどうかは疑問ですが、とりあえずログを取るのも面白いのでeTrexを取り付けてみることに。FXDFファットボブでも使っている「GARMIN Oregonシリーズ用 バイクマウント ハンドルバーマウントブラケット」(長いな)というものを購入。ファットボブの時も今回もAmazonで買ったんですが、このマウントがAmazonではどうにも不思議な扱いでして、名前だけではeTrexに使えるかどうか分かりづらかったんですよね。レビューにeTrexで使えるとあったのでいいよねっとのページで品番を調べて照合して納得といった感じ。いいよねっとで買えば良いんですが、わずかながらAmazonの方が安いので。w

取り付け場所がない!
スクーターはハンドルバーがカバーされてしまっているので、この手のマウントの取り付け場所では苦労するんですよ。スカイウェイブの時はミラーマウントという、ミラーの付け根にアダプターをかますタイプで対処しましたが、今回は前述の通りシンプルなハンドルバーマウントでなんとかしてみようと。マウントごときに5,000円も6,000円もかけてられますかっての。
とは言うものの、取り付けられそうな場所がありませんなぁ。しばらく悩んだ結果、ミラーのステイに無理矢理付ける事に。斜めになってしまいますが、見えない事はないしログは取れるでしょうし。幸いな事にLX125ieの場合、ミラーが妙に太いんですよ。同じ原付のドリーム50のミラーに比べると直径は倍以上ありそう。
件のバイクマウントはタイラップで締め付けて固定するという単純な構造で、マウント裏側には滑り止め&傷つき防止のゴムが張ってあります。また縦にも横にも取り付け可。自転車の場合だとハンドルバーにもステムにも使えます。
ただ、いかに太目とはいえミラーのステイでは想定より細いようで、おまけにメッキでスベスベなため、固定する力が足りず走っていると振動で下を向いちゃいます。仕方がないのでホームセンターで燃料ホースの太い奴を買って来て、そいつをステイに巻いて太さupと滑り止めにしてみました。まだちょっと不安がありますがなんとかずれないようになったみたいです。本体が斜めだけど。

乗り心地に改善の兆し?
本当はツーリングに行くつもりだったんですが天気が悪くてねぇ。崩れるのは午後からという予報だったはずなんですが、朝一番からご覧の通りの空模様ですよ。しばらく待っていると雨雲が抜けたようで、雲の上に太陽が見えるぐらいにはなりましたので、近距離ツーリングとシャレこみました。LX125については昨日の今日ですから、特に変わった事も無い・・・いや、なんか乗り心地がマシになったような気が。サスペンションがちゃんとストロークするようになった気が。あくまで気がするレベルで。相変わらず大きい段差ではショックを吸収しきれずに強めの衝撃を伝えてきますが、小さな継ぎ目や凸凹はそれなりにいなせるような感じ。車のサスペンションでは慣しが進むと乗り心地が良くなるというのを聞きますが、スクーターでもそういうことがあるんですかね。

そういったわけで昨日と本日でおよそ200km走り、総走行距離は300km弱となりました。慣し終了まであと700kmか。(汗
by namatee_namatee | 2012-11-11 20:19 | motorcycle | Comments(2)
Commented by aohige_the_great at 2012-11-11 21:38
てっきりキャリアとサイドバッグとスクリーンでもつけたのかと(ry
Commented by namatee_namatee at 2012-11-12 08:35
>&さま
キャリアは欲しいんですよね。品切れなんですよ。(汗
スクリーンはいらないです。スクーターの軽快さが失われそう。小さい奴はおしゃれ?かもしれませんが、効果がないでしょうし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< よくあること。 世迷い言 >>