恥ずかしながら・・・

c0019089_19331361.jpg

・・・帰ってまいり(ry

続き
よっぱらってひっくり返ったせいか、眠りは浅かったようで、ウトウトしては目を覚ますというのを繰り返す。自分の鼾で目が覚めちゃうような感じ。
このキャンプ場、海が近いんですが、波の音はあまり聞こえない。動物や鳥の気配もあんまりない。キャンプ場の利用者はわたくし一人でしたので静かなもんです。そんな中、起きているような寝ているような曖昧な気分でいると、現か幻か、いろんな音が聞こえてまいります。はっきり覚えているのは子供の足音。タタタっと走り込んで来て、何かを広げるガサガサという音がしてそれっきり。朝になって見渡しても、なにもありませんでした。
気温はもちろん暑くはありませんが、度外れて寒いという事も無い。長袖Tシャツとパンツ一丁で寝袋(ISUKAのポカラ。-6度対応)に入りましたが、暑くて脚は外に出し、上も締め切らずに適当に広げておいてちょうど良いぐらい。快適。

そのうち本格的に寝込んでしまい、もう夢も観ずに朝まで熟睡。朝早く出発するつもりが起きたのは6:50という。(汗
予想通り天気は良くない。どんよりと曇っております。幸いにしてまだ雨は降ってない。朝ご飯は用意してないのでコーヒーでも・・・コーヒー持って来るの忘れたよ。仕方ないので昨夜買っておいたペットボトルのお茶を飲む。今回のキャンプ、完全にストーブの出番がありません。w
雨が降り出す前にさっさと撤収する。テントを畳みゴミをまとめて出発。通りがかりのコンビニでゴミを捨てさせてもらう。申し訳ないのでサンドイッチとコーヒーを買って朝ご飯とします。以前は朝ご飯もテントで食べたんですが、最近はこういうスタイルが多くなりましたね。より単純になったというか手抜きというか。
帰り道、来たときのコースをそのまま取って返すのも芸がないので、高速を使わずに新潟まで南下して、そこから磐越で帰る事にする。海沿いの道が風情がありそうだし、どうせ雨に降られるんだったら高速よりも下道の方がマシってなもんですよ。
R7をひたすら下って行きます。もっと海よりにいけば良かったんですが、地図もってなかったもんで。(汗
あつみ温泉のあたりはとても良い風情でしたね。R7は村上市の勝木というところで内陸に向かって曲がってしまうんで、R345で引き続き海沿いを南下。この道も片側車線だけ隧道のあるところとか、なかなか面白い。ただ、北の方のような荒涼とした風景ではないのでちょっと物足りないか。
新発田のあたりでついに雨が降り出しました。コンビニの軒先でカッパ着てブーツカバーもする。雨用の手袋に変えましたが、妙にきつくてすぐに元にもどす。この手袋はできそこないだ。
軒先を借りただけでは申し訳ないので、コロッケーバーガーを買って昼食とする。朝飲んだお茶の残りもね。
豊栄新潟東港I.C.から高速に乗り、磐越道でいわきを目指す。と簡単に言いますが、雨が激しくなって来て気温もダダ下がりとなかなかの難航。長いトンネルは中の気温が高く、突入すると温度差でスクリーンが曇るんですよね。一瞬で。場合によってはヘルメットのシールドまで曇りやがりまして、おっかないのなんのて。短いトンネルだとそういう事はないので、トンネルに入る前に長さを確認して対応できるように備えることにしました。
びしょ濡れだわ寒いわと辛い思いはしましたが、道としては単純なので特に書く事がない。(汗
燃料補給に一回停まった他はダラダラと走りつづけて16:00ちょっと前に帰着。転びもせず、無事に帰ってまいりました。

写真はキャンプ場のトイレ。ここはこの後ろに見えるような風景がたまらないんですよね。来年のGWあたりにまた行けるかな?
by namatee_namatee | 2012-10-28 20:24 | outdoor | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 必要十分 旅に・・・ >>