手袋と操作系

c0019089_20103362.jpg

わたくしのジープのインパネというかメーターパネルなど。
ううむ、こうやってみると20年超の歳月を感じさせるヤレぐあいです。細かい傷や錆が目立ちます。まあそれも味があって気に入っているところなんですけど。

ジープはセンターメーターなんですね。
ダッシュボード中央に計器類を配置するのをセンターメーターと呼んで一般に認知されるようになったのは、トヨタの初代プリウスやビッツ、ファンカーゴあたりからじゃないかと思うんですが、もっと前から普通にありました。有名どころではミニがそうですし、ルノー・カトルもそうだったはず。もっと古い車にも普通にあったんですが、ジープもそのひとつであるということで。そうはいっても見やすさを追求した近代的なセンターメーターと違って視線の移動が大きくてお世辞にも見やすいとはいえませんが。

そのメーター類の配置はというと。
中央に一番大きな速度計があり、見てのとおり左上には燃料計、その下に油圧計があります。速度計を挟んで反対側の右上には電流計、その下に水温計となっております。最近の車は油圧はもちろん、水温さえインジケーターで済ましてしまっているものが多いですが、ジープではしっかりとアナログ式のメーターでエンジンの様子を確認することが出来るようになっております。実際のところ、この計器類になにか変化が現れても有効な対処が出来るとは限りませんけどね。燃料や水温は何が起こったのかすぐに分かりますが、アンメーターや油圧はどうだろ?・・・以前、アンメーターが動かないなと思っていたら、数日後にバッテリーが上がりました。(汗

写真の左下に写っている2つのノブは何かというと。
これは空調のコントロールでございます。手前の引き出してあるのは空気の吹出し口のウインドウの曇り取りと足下の切り替え。この状態ではウインドウに風が当たるようになってます。ジープの空調は吹出し口の選択については足下かウインドウか、この2つしかありません。左の引っ込んだノブは内気循環と外気導入の切り替え。あちこちすきま風だらけなのでこんなものいらないような気もするんですが一応ついてます。写真には写ってませんが、ずっと上の方にも同じようなノブが2つならんでおり、左側がハザードランプで右側が空調のファンスピードのHi/Lo切り替えとなっております。ちなみに温風と冷風の切り替えもありまして、それはずっと下の方、ちょうど内気循環と外気導入の切り替えノブに隠れるあたりにあるレバーで行います。これも熱いか冷たいかのどちらかしかありません。w

ジープの空調に関して整理してみると。
まず吹出し口の切り替えはウインドウと足下。内気循環と外気循環の切り替え。ファンスピードのHiかLo。温風と冷風の切り替え。どのノブ/レバーもON/OFFの切り替えしかできないようになっております。しかも照明なんてありませんから、暗闇で手探りでノブやレバーを探して操作しなければならないという。・・・実際は慣れちゃうと手探りで全く問題なく操作できますけどね。っていうか、いちいち目で見て確認しなくて済むのでかえって便利。間違うとヤバそうなハザードとファンスピードの切り替えノブは隣りあわせなんですが、これも右がファンスピードと覚えてしまえばまず誤操作はないです。そのハザードランプのスイッチの位置、昔の車はステアリングコラムの上にあるのが多く、運転者以外が操作しようと思っても難しかったため、それは問題ということで次第にダッシュボードの真ん中に移ってきましたが、ジープのハザードはそれより前からちゃんとダッシュボードの真ん中にあります。不満な点を言えば、どのノブ・レバーもちょっと前に屈んで操作しなければならないので、急いで操作しようとしたとき、シートベルトをしているとベルトがロックされて鬱陶しいぐらいですか。

ちょっと不思議なこと。
それはファンスピードの切り替えが一段引いた状態でHiでそこからもう一段引き出すとLoなこと。これ、常識的にはなんとなく逆な気がするんですが。なんとなくAK47のセレクターを思い出します。Safeから一段おろすとフルオートでそこからさらに下に押し下げるとセミオートってやつ。いやしかし、じつはこれも案外使いやすかったりして。ジープのヒーターは無闇に強力で、ファンスピードは大抵はLoで事足りります。何も考えずに一杯に引けばLoで、ちょっと足りないかなというときは一段戻す、と。

で、タイトルの件。
こういったノブやレバーの類、すべて大振りでストロークも大きめ。最近の朝方は寒いので手袋をして走り出すことが多いんですが、実に操作しやすい。ちっこいスイッチをチマチマ押したり回したりするのとは違って、手袋をしたままでも確実に操作できます。さすが元軍用車。北欧の車の売りで、車内のスイッチが手袋したままでも操作しやすい、それは寒い国の車だからという。ジープだってまったく遜色ありませんよ。これだから北欧は(ry
まあボルボもサーブも売却と消滅の危機に瀕していますから、いじめるのはこのくらいにしておいてやろう。w

操作しやすいからといって、思ったとおりの効き具合にヒーターをコントロールできるかというと話は別ですが。なんといっても熱いか冷たいかしかありませんからね。渋滞のときなど、ヒーターが効きすぎてこの時期でも窓をあけたりします。
by namatee_namatee | 2010-02-03 21:12 | car | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 30000って語呂悪い。 期待はずれ >>