半年ぶり

c0019089_201129.jpg

本日はCL50改のオイル交換を実施。
前回交換したのは8月だったので、半年ぶりでございます。何の役にも立たないこのブログですが、オイル交換のタイミングを調べることは出来ます。w

オイルは前回と同じMOTULの300V(10W-40)。
前回の残りが350ccほどありますからね。新しいボトルを一本買ってまいりました。新しいボトルは700ccほどのこりましたので、次の交換のときはオイルを買う必要はありません。約3700円/Lもする高級オイルなんて原付ごときには勿体ないんですが、幸いにして使用量は少ないので助かります。

で、半年間使ったオイルを抜いてみると。
なんかまだ交換したてのときの粘度と色合いが残ってるんですが。(汗
全体に黒ずんではいますが、プレデターの血液みたいなこのオイル特有の蛍光の黄色も残ってます。走行距離は500kmもないので汚れる暇もないんでしょうね。勿体ないなぁ。もっとも目に見えない劣化は進んでいるはずなので、やはり定期的に交換すべきなんでしょうけれども。

さっそく近所の山の上に試乗しに出かけたのが写真の図。
このオイル、なんとなく他の廉価なオイルとは違うエンジンの回り方をするような・・・気分のせいかも知れないので断言はできませんが、滑らかなだけじゃなく粘るような、微振動が減ってまろやかになるような感じになります。他のオイルでも交換シタテは滑らかで静かになるんですが、それとはちょっと違って湿っぽいというか厚い幕に覆われるような・・・なんとも表現がし辛いんですが、明らかに他のオイルとはエンジンのフィールが変わります。で、それが結構長続きする。今回も交換前でもまだまだ滑らかで粘りのある回転フィールはありましたからね。まあこれなら他のオイルの倍しても良いかな、と納得いくだけの違いは感じられますね。

写真の場所は見てのとおりの海の近くの山の上。
結構長い坂を登らなければなりません。きつくはないんですが長い坂で、CL50改では3速だと失速、2速だと8000rpmで回しっぱなしと、なかなか過酷な条件。ノーマルだったら容赦なく回せるんですが、なんといってもへっぽこなわたくしが改造したエンジンですからね。高回転で回しっぱなしにするのは怖いのなんのって。オイルクーラーとかオイルポンプ強化と性能の割に過剰な冷却性能を与えているのは、腕前の自信の無さの現れでございます。w
写真の公園は頂上から少し下ったところですが、頂上には平坦な芝生のスペースがあり、キャンプするのにちょうど良い(ry
ドコモとNHKの巨大なアンテナがあって風情もへったくれも無いんですが。

というわけで、オイル交換のインターバルを1000kmから2000kmへ延ばそうかと・・・その前に半年経っちまうけどな。
by namatee_namatee | 2010-01-31 20:27 | motorcycle | Comments(2)
Commented by かぶくろす at 2010-02-01 01:57 x
もしかして、ここがあの噂の
『なんとなくキャンプしに行ったら雪が深くて遭難しそうになった山』
ですかっ?
Commented by namatee_namatee at 2010-02-01 12:37
>かぶくろすさま
あー。それはもうちょっと北側の山です。あっちよりも風情はないけど、地面は平らだし広いですよ。ただし、人が結構いるので通報されるおそれあり。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あーもう ネタが無い >>