もう買い替えか!

c0019089_20114041.jpg

スポーツスターは飽きたので、ダイナに乗り換えました。やっぱりハーレーはビッグツインじゃないと。嘘ですが。

本日はXR1200の初回点検の日。ちゃんと予約をして行います。>初回点検
走行距離はおよそ1000kmでした。点検のメニューは各部のチェックとオイル関連の交換。まあ新車で二輪車を買えば良くあるメニューだと思うでしょ?全体としてはそうですが、細かいところに違いがありました。
ひとつは整備手帳、いわゆるメンテナンスノートってのがない。コンピューター上で管理しているのでメンテナンスノートはないのだそうな。点検項目に車載のデータロガーのようなものからの情報もあり、主にエンジンの状態に関するもののデータで、正常か異常かの履歴を見せてくれました。その中に気筒温度157度ってのがあってちょっと驚きましたが、上限は210度だそうなのでまだまだいけそうです。(違
あとはオイル関連ですかね。日本車の多くはエンジンオイルとミッションオイルが同じだと思いますが、ハーレーは別になってます。スポーツスターのオイルはエンジンとミッションの二種類ですが、ビッグツインのダイナとかソフテイル、ツーリングはエンジン・ミッションに加えてプライマリーと三種類(3カ所)のオイルを交換します。初回の点検費用は無料ですが、オイル代は有償。ディーラーですので定価。(汗
前述のとおりスポスタはエンジンとミッションのオイルを交換。あとオイルフィルターも。およそ13,000円の出費になります。オイル交換は3000-5000kmおきに必要との事。こんな調子じゃたまらんな、と思っていたら、初回点検の時だけはオイルは有償ですが、6ヶ月ごとの点検とオイル交換費用はサービスだそうで。なんだか釈然としませんが、そういうサービスなんだそうで、まあ助かりますね。

点検の結果は全て異常なし。ガソリンエンジンで走る車や二輪車ごときの枯れ果てたテクノロジーに関しては、輸入車だからどこかおかしくなるなんて無いと思ってましたので、全く予想通りの結果でございました。未だに輸入車は壊れるとか言う人が居ますが、一体いつの時代の話かと。あなたが国産だと思って乗っているそのトヨタだってケンタッキーとかで作ってたりするんですよ?
もっともドイツ産だと思って隣に並んだカムリを見下しているBMWも実は南アフリカ産だったりすることがありますので、パネェパネェ経済のグローバル化マジパネェ>意味不明

写真のダイナはFXDFダイナ・ファットボブです。点検には2時間ぐらいかかるので、その間、お好きなモデルに試乗されては?と勧められましたので、ありがたくXR1200の購入時に対抗馬だったファットボブに試乗させていただきました。こういうところが、ハーレーが強調する「ファミリー」を演出する手法のひとつなんでしょうねぇ、などとは思いませんよ。ビーチサンダルも貰ったしな。

ダイナはもちろんビッグツインですが成り立ちがスポーツスターと繋がりの強いモデルと聞いてました。比較的軽量だし・・・320kgもあるの?乗った感じとてもそんなにあるようには感じませんでしたけどね。(汗
とりあえず乗ってみる。XR1200より足付きが良いですね。70kgも重いなんて信じられないぐらいです。少なくとも跨がった感じでは。

エンジンはTWIN CAM 96と呼ばれる1584ccの空冷V型2気筒です。おなじみのビッグツインですね。これが良いんです。まず第一に振動が少ない。XR1200のエボリューションエンジンの経験から、より排気量の大きいビッグツインだとさぞかしドカドカと・・・と思ったらとても滑らか。振動が無いわけではなくて、角が丸まったまろやかな鼓動とでもいった感じで、XR1200に比べたら無いも同然。振動だけでなくパワーの出方もまろやか。低速からトルクがあって、クラッチワークが楽です。ミッションは6速まであり、60km/hぐらいで6速に入れると、ドロロロ〜とハーレーのイメージ通りの乗り味。

操縦性は見た目よりずっと素直で乗りやすかった。バンクさせるとすぐにどこかを擦るかと思ったんですが、そんなこともなく、素直に曲がって素直に立ち上がりました。意外に速い。ここでも低速トルクのあるエンジンの性格が良い方向に働いているのかも。直進性も優秀で、よそ見をしていても変な方に向かって行ったりしません。しっかりと真っすぐ走ります。サスペンションはXR1200と比べるとものすごく柔らかい。XR1200がスポーツカーならファットボブはサルーンのよう。小さめの風よけをつけたらツーリング楽だろうなぁ、と思いました。

エンジンは熱くない。ビッグツインのハーレーは熱くなかったです。>&さま
XR1200だと太ももの内側が低温火傷しかねない熱さ(特に信号待ちで右足を地面に付いていると)なんですが、ファットボブは全然熱くない。しいて言うなら、左足を地面に付いているとプライマリーケースが臑の内側に触って熱い。スポスタだと左足を地面に付くのが正解でビッグツインだと右足を地面に付くのが正解という事でしょうか。

欠点がないわけでもない。エンジンがまろやかなのは良いんですが、ちょっとおとなしいかなぁ、と。もちろん全開で本気出せばそれなりの加速はしますが、やっぱり重たい感じはのこります。レスポンスも物足りない。XR1200のエンジンはハーレーのイメージとはほど遠い切れ味鋭い吹け上がりで、発進の時などブリッピングしながらの方がスムーズなぐらいですが、ファットボブはアイドリングちょっとでクラッチを繋いで走り出す感じ。そういう発進をすると、町中で良く聞くあのハーレー独特のエキゾーストノートが聞けます。
加えてブレーキがイマイチ。フロントはちゃんとダブルディスクですが、XR1200とは大違い。かなり強く握り込まないと思ったように減速Gが立ち上がらない・・・やっぱり車重のせいでしょうかねぇ。

ファットボブに乗って、スポーツスターのなんたるかが分かったような気がします。ビッグツインの中でも硬派なはずのダイナに比べても段違いにスポーティ。>スポスタ
どちらが良いかはもちろん人によるでしょうけど、スポスタとダイナでは全然キャラクターが違う。たぶんソフテイルやツーリングもそれぞれ違うんでしょうね。今度暇だったら試乗してみよう。

点検が終わって自分のXR1200に乗ってみると・・・振動がでかくて左足が熱いけど、このスパルタンな感じ(あくまで感じ)がたまりません。慣し運転がおわったこともあり、実に爽快な乗り味。もしファットボブに乗るなら、買い替えじゃなくて買い増しだな。w
by namatee_namatee | 2009-07-05 21:27 | motorcycle | Comments(3)
Commented by aohige_the_great at 2009-07-05 22:33
誤字の多さが楽しさをあらわしていますねw
べ、べつにうらやましくなんか(ry
Commented by ケビン at 2009-07-06 06:46 x
ファットボブいいですよね。私はXRの次にこれが好きですよ。奇遇ですね!

たしかにフロントブレーキ頼りないですね。ビッグツインは、リアブレーキを強めに踏んだほうがよいと丸富オートのかたが言ってました。
Commented by namatee_namatee at 2009-07-06 08:41
>&さま
もう眠くて。(汗
訂正しておきました。証拠隠滅。
排気量の制限なくいろんな二輪車に乗れるというのは、試乗しまくりができるということでして。w

>ケビンさま
いわゆるハーレーハーレーしてないモデルが性にあうようですね。奇遇ですね。w
ブレーキペダルが前のほうにありまして、アメリカンスタイルに慣れていないと強く踏めません。フロントブレーキはブレーキラインとかパッドとかで効くようにならないんですかね・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Aktoを試し張り まこまこりーん >>