若気の至り

ネタ切れのため、古いものシリーズで。
これはApple社のノートパソコン、PowerBook550cです。
PowerBook5x0シリーズはPowerBook1x0の次世代ノートパソコンとしてコードネームBlackBirdと呼ばれ、1994年に発表されました。その中でも550cは日本でのみ発売され(1995年)ました。同じPowerBook5x0シリーズでも520、520c、540cなどは筐体がグレーなのでBlackBirdの名はあくまでコードネームに過ぎないのですが、この550cだけはBlackBirdの呼び名の通り真っ黒な筐体が特徴です。

トラックパッドと呼ばれるポインティングデバイスを最初に採用したのはこのPowerBookです。こういうパッドタイプのポインティングデバイスというのは一般的に評判が良くないみたいですが、それは後にこのPowerBook5x0をコピーしたWindowsノートパソコンのモノがろくでもなかったせいであり、AppleのPowerBookのトラックパッドに関しては評価の高い他のポインティングデバイス(例えばシンクパッドのトラックポイント)に比較しても決して劣るものではありません。っていうか、このトラックパッドの方がトラックポイントなんかより1000万倍は使いやすいです。あの変なボッチが汚れたりボロボロになったりしないし。今使っているiBookのトラックパッドにも不満はありません。
それはともかくこのPowerBook、非常に高かった・・・モデムやメモリも含めると、70万円ちかくしました。なんでそんな金額をノートパソコンに投じたのか実は今でもよく分かってないです。w

ちなみにこのPowerBookには今となってはレアもののPCMCIAモジュールが装備されています。これは実は密かな自慢だったりします。
c0019089_1925321.jpg

by namatee_namatee | 2005-03-17 19:03 | pc | Comments(2)
Commented by かぶくろす at 2005-04-01 21:07 x
しばらく眺めていましたが、このすんばらすぃPowerBookにコメントが付かないのが不思議ですだ。貼ってあるステッカーの由来とか説明したら、さらにコメントしづらくなること請け合いです(笑)
Commented by namatee_namatee at 2005-04-02 07:19
分かる人だけわかっていただければ。w
NiftyServeの文化というか、なんというかそういうものの名残ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 退屈だ 二度と行けない場所 >>