広げてみる

先日購入したWILD-1オリジナルのテント、ツアードーム2、やっと広げる事が出来たので(近所の公園で)細かな部分をレポ。

fig.1収納状態。
大きさの比較に使えるものが携帯電話しかなかったので、この写真ではわかり辛いかと思いますが。(汗
収納サイズは結構大きめです。ダンロップのR224より少し大きい。R224より大きなテントですから当然と言えば当然。R224の収納袋はカバンのように上面が開くんですが、ツアードーム・2のものはスタッフバッグ形式で横に口が(写真だと左側)開いてます。入り口が広くて適当に押し込めるので、これはR224の方式が良いと思いますね。ツアードーム・2の方も袋の大きさには余裕がありますが、R224のものに比べると相対的に入り口がちいさいので、それなりに気を使って小さく畳む努力が必要です。コンプレッションベルトが備わってますが、入り口を通るようにテントを畳んで入れると、その太さはベルトは一番絞った状態になってしまうので、これは形を整えるだけで、コンプレッションという意味ではあんまり意味が無いような。
重さもかなりありますね。3.7kgだったかな。ポールが長くて3本ありますからね。ツーリング用の前室付きテントだとこの程度は仕方ないか。
c0019089_1830354.jpg

fig.2中身。
中はこんな感じ。細いひもでポールを中心にしてフライとインナーが束ねてあります。実際に使ったらこんな風にしまうかどうかはわかりませんけどね。
c0019089_18302026.jpg

fig.3取説。
取扱説明書。このテントの組立は取説がないとちょっとわかり辛いかも。なんていったって、フライの方にポールを通して立ち上げてからインナーを取り付けるという、ちょっと変則的な構造なもんで。取説そのものは普通の紙みたいですが、ビニールの袋に入った状態で二つ折りになった表裏をちゃんと読めるようになってます。アウトドアで広げて確認しても湿ったり汚れたりし辛い配慮。やるな、WILD-1。
c0019089_18303457.jpg

fig4ポール。
赤いのと黄色いのがあります。一応アルミです。
c0019089_18304817.jpg

fig5ポールの拡大図。
同じような色のモンベルのポールと比べると、なんとなく安っぽい気がする。まあ値段相応なのかもしれませんね。ポールの端っことテントの固定方法は、ムーンライトシリーズなどと同じようなポールに金具を差し込む形式。なのでポールの端はこんな風になってます。
c0019089_1831086.jpg

fig6とfig7フライのスリーブにポールを差し込んだ図。
黄色いポールは黄色のスリーブの入り口へ。赤いポールは赤色のスリーブの入り口へ。黄色のポールは前室を形作るためのもの。赤いポールは魚座型にクロスして、テントの主構造となります。
c0019089_18311051.jpg
c0019089_18312739.jpg

fig8とfig9とfig10フライを立てた状態。
幅230cm×奥行き330×高さ120cmとかなり大きな設置面積。
こういうポールワークのテントに不慣れなせいか、ここまで組み立てるのに案外時間と手間がかかりました。それでなくてもスリーブ式のテントはポールを曲げて立ち上げるのにコツがいるのに、始めての魚座型ですからね。オーソドックスなドームテント、しかもつり下げ式のダンロップR224だと迷う部分もコツもいらないんだがなぁ。

まだインナーを装備してませんが、これでもシェルターとして使えるそうです。ここまでやるならインナーを取り付けても大した手間にはならないと思いますけどね。
見ての通り、前後対称です。いやしかし、どこかで見たような形状と色使い・・・mossとか*とか。w
c0019089_18314496.jpg
c0019089_18315568.jpg
c0019089_18322268.jpg

fig11とfig12フライを裏側からみたところ。
この三角形の部分は開閉できるようになってます。後述。
c0019089_18323765.jpg

c0019089_1833267.jpg

fig13とfig14フライへのインナーの取り付け方法。
このようにフライ側のリングにインナーのトグル?を差し込みます。fig13を見ると縫製にちと不安が。(汗
c0019089_18332326.jpg
c0019089_18335070.jpg

fig15インナーを装備して完成。
インナーの取り付けは簡単です。前述の通り、数カ所のリングとトグルを接続するだけ。フライとインナーの間隔も十分取ってあるので作業しやすい。ただ、インナーの四隅はフライとは別にペグで固定してやらないといけません。これはちょっと腑に落ちない構造ですね。さすがに隅っこの方は狭くてペグが打ち辛いし、ペグだけではテンションもかけ辛い・・・インナーとフライのポールを引っ掛けてつなぐフックとゴムとかをつかうと良いかも。ペグが4本節約できますしね。そうすると大きい図体のわりにペグは最低6本で済んじゃうんですよ。
c0019089_1834173.jpg

fig16インナーのドア。
インナーのドアはいわゆるD型。外側にメッシュ。メッシュは内側のパネルに取り付けてあるので、ドアの開け閉め&出入りは簡単。反対側にも同じものがあって面積も大きいので風通しは良いのではないかと。
c0019089_18341292.jpg

fig17インナーの壁面。
fig11のフライの三角の部分、インナーの側はこんな風になっていています。ベシカピシス風?w
c0019089_18342270.jpg

fig18でもって、fig10の外側。
見辛いけどここはつっかえ棒みたいなので開けておく事が出来ます。必要ない時はベルクロ(黒い横長の)で閉めておく事も出来ます。
c0019089_18343373.jpg

fig19インナーの隅っこ。
一応、シームテープで防水処理がしてあります。これはフライも同様。ちゃんとしてます。
c0019089_18344411.jpg

fig20全体図。
ポールの端に差し込む金具の部分には当然ですがベルトとバックルがあって、ポールとフライにテンションをかけられるようになっています。そのベルトとバックルを締め上げて一番テンションをかけた図。うーむ、やっぱりmossみたいに美しくはないなぁ。でも15000円ですからね。w
*のランドブリーズ3には負けないかも。
インナーのサイズは幅210cm×奥行き145cm×高さ110cmで、前室が2つあって荷物を室内に置かなくても済むので、これなら2人でも余裕を持って使えますね。
c0019089_18345319.jpg

一部の縫製などにちょっと不安がありますが、いろいろな工夫が見られて面白いテントだと思います。これ、WILD-1が独自に企画したんですかねぇ。ちょっと見直しました。w
by namatee_namatee | 2008-12-20 18:35 | outdoor | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< T2cでPMC 忘年会 >>