秋のような夕空

Panasonic DMC-GM5にキットレンズ(キットレンズとしてウチに来たわけではないけど)のLUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.で撮った夕日の図。
これ、12-32mmとなんとも煮え切らない焦点距離、F3.5-5.6とこれまたどうってことないF値、見た目は意外なほど良いものの、手で触れて見るとプラなのが丸わかりな微妙に安っぽい外装など、とりたてて良いものとも思えぬレンズなのですけれども、写りはこの通り。これまた意外なほどちゃんと写るんですよね。これだけ強い光があるとさすがにゴーストが出ますけど、それも気分のうちですよ。
このレンズ、元々はDMC-GM1sのレンズキットのレンズでした。GM1sを西の友人の&氏に送りつけた時に一緒にあげちゃったんですけど、DMC-GM5を買ったので、コンパクトなズームレンズがあったら良いな、と思い直して、無理やり気味に買い戻しました。新品で買うと28,000円ほどします。褒めておいてナンですけど、今更これに28,000円を投じるつもりはないなぁ。w

特徴としては、沈胴式でコンパクトなことでしょう。小柄なGM1sやGM5に組み合わせるとほぼコンデジ感覚で扱えます。それでいてこれだけ写れば文句のつけようがない。煮え切らないとはいえ、35mm換算で24mmから64mmのズームレンズですので、標準ズームとしての使いどころはちゃんとあるという感じ。捨てがたいです。

ここはみんな大好き大洗の某所であります。Twitterのタイムラインよりサバゲの友人の某氏がお忍びでソロキャンしているという情報をつかみまして、それでは教育してやろう・・・じゃなくて、ご挨拶させてもらおうと訪れた由。実はここはわたくしの通勤路(帰り道)沿いなんですよ。思いっきり前の道を通るわけで、いくらソロキャンは一人で楽しむのがキモとはいえ、素通りは無礼。w
ちょろっとお話しさせていただいて、すぐに退散しました。過ごしやすい夕べをお楽しみください。>某氏

# by namatee_namatee | 2018-08-17 21:00 | camera | Comments(0)

ライバル

いきなり二丁購入。>エアガン
しかもよりによってこの組み合わせ。w
長い方は言わずと知れた三八式歩兵銃、またはArisaka type38 rifleでございます。三八式っていうと、本とか漫画とか、いろいろと複雑な描かれ方をしていると感じます。で、それがどちらかというと日本人によくある自虐的な歴史観とでもいうのか、実際以上に粗末なもの、ダメなものとして、なんていうのか揶揄を含んだ印象で語られているような気がするんですよね。個人的には松本零士先生の戦場漫画シリーズなどで、ボルトアクションの不利な点が強調されたりしていたのがトラウマになって残っているような・・・

ネットから仕入れた知識では、三八式歩兵銃は当時の主力ライフルとしては平均的な仕様で、小口径でやや威力不足とされているものの、その反面、反動が小さく低伸弾道で精度の高いライフルであったそうな。材質についても末期を除けば一流だったそうです。
正面切って戦った米軍の主力小銃が画期的なセミオートライフルのM1ガーランドだったので、それと比較するとボルトアクションの三八式が旧式に見えるのかもしれませんけど、米国以外の各国の主力小銃はみんなボルトアクションですからねぇ。強いていうなら、各国の小銃が次第に短くなっていったのに対して、三八式歩兵銃はずっと長いままであったので、その点において時流に遅れがちだったのかな、ぐらいに思います。

そんなわけで、なんとなく三八式歩兵銃というよりはArisaka type38 rifleと呼びたくなるんですけど、そんなんじゃ一般人には通じるわけないので結局「さんはちしき(あるいはさんぱちしき)」と言うことになります。w

これはS&T製です。この手のエアガンとしてはとても安い。発注したのをすっかり忘れるぐらいに安い。w
たしか7月の初めにYouTubeで「ハクソー・リッジ」かなにかを見ていたら無性に欲しくなって、ネットで調べたらフォースターさんで第4次ロットが予約受付中だったので、ついうっかり(ry
ケロッと忘れておりまして一昨日、入荷と発送のメールがきて驚くという。

もう一丁は、これも言わずと知れたトンプソンM1A1短機関銃であります。こちらはSNOW WOLF製。これも安い。なんと9,800円(税抜)。フォースターさんのセールのメールが来たので、ついうっかり。w
これは電動です。コネクターをT字の奴に交換して試射してみると、0.25gBB弾の適正HOPで82m/s程度の性能。指切りのフルオートで撃つと微妙に給弾が怪しい気配があります。でもどうせパッキンあたりは交換するので、それで給弾も直りそう。
こちらはストックがフェイクウッド(つまりプラ)ですけど、意外なほど気になりません。本物の木製に変えようかとも思ったんですけど、フェイクウッドの方が軽いし傷も気にならないのでこのままにしようかな。

三八式のいかにもな部分。菊の御紋の花びらは15枚です。w
ちょっとストックが綺麗すぎるような気がしますね。ボルトを操作した時の遊底被(ダストカバー)の音がたまりません。マウザーKar98k(マルシンとマルイVSRのハイブリッド)、S&T M1903、G&G M1ガーランド、K.T.W. モシン・ナガンと各国の主力小銃(のエアガン)を所有したことがありますけど、動作の格好よさはダストカバーがある三八式が一番ですよ。図の照尺も横から見るとレシーバーやストックに対して真っ平らに収まっていてとても格好良い。
ちなみに性能は0.25gBB弾・HOPオフで83-84m/sとでました。HOPオフだと弾ポロするので、HOPをかけた時にどのぐらい抵抗になって、どのいう風に初速が変化するのか見当つきません。精度は・・・どうなんでしょうねぇ。当たると良いなぁ。(汗

# by namatee_namatee | 2018-08-16 22:20 | survival game | Comments(0)

多機能

夏休み最終日。少しは暑さも和らいだか。気温は32度ぐらいで、強めの南風が吹き、あまり湿っぽくない感じで過ごしやすい。だがしかし油断していると日差し自体は強烈で、スクーターを乗り回していたら手の甲がチリチリする。(汗

何かすることもありませんでした。「艦これ」はメンテだし。「艦これ」の第1期はこのメンテで終了し、第2期へ移行するのだそうです。正直、まだやるのか!という気持ちがなくもないんですけど、まあ続いてくれる分には文句はないし、イロイロ使いやすくなるのは助かります。
というわけで、図はなぜか「霞改二」。w
いや、「霞」はどうでもよいんですよ。お気に入りですけど。この写真はDC-G9の「フォーカス合成」を使ってみたもの。「フォーカスセレクト」同様、一種の動画みたいに連写した写真を利用する機能。「フォーカスセレクト」はピント位置を変化させながら記録した多数の画像の中から目的のピント位置の画像を選ぶんですけど、「フォーカス合成」はその多数の画像を全部合成して、手前から遠くまでピントがあっている画像を生成するもの。擬似的なパンフォーカスですな。
この図だと20cmも離れていない「霞」の顔から3mほど離れたPX125、さらにその奥の方までピントがあってます。普通に撮ったんではどんなに絞ってもこんな風には写りません。テクノロジーは進化してますなぁ。
よく見ると「霞」が右手に持っている12.7cm連装砲の砲身のあたりと長く伸びた髪の中間の部分が不自然にボケてます。うまく合成できなかったのかな。

「フォーカスセレクト」にせよ「フォーカス合成」にせよ、初めからそういうモードで撮影しなければ使えない機能でして、これらがあるからピンボケは無くなるというものではありません。なにか特殊な撮影の時に使えるかな、というようなものですなぁ。「フォーカス合成」で思いつくのは模型のジオラマの撮影とかですかね。手前から奥までピントが合うので、それなりにリアルな写真が撮れるかも。風景をジオラマ風に撮影するアプリなどがありますけど、その反対ですな。>フォーカス合成

他にもPnasonicお得意の6K/4Kフォトも当然あります。>DC-G9
6K/4Kフォトは動画を撮ってその中から気に入った画像を写真として選ぶというもの。最初に聞いた時はその発想に驚きましたよ。写真としてはちょっと邪道な気もしないではないですけどね。w
さらに複数の画像を合成して8,000万画素相当の画像にする「ハイレゾモード」なんてのもあって、これなんかFOVEONに対抗する気満々って感じ。でも、これも三脚が必要とか、撮影前に設定する必要があるとか、そんなに気軽に使えるわけじゃないんですよね。なので、こういう暇な時にでも試しておかないと下手すると一回も使わないとかありそう。現に先代のDMC-GX8の4Kフォトは一回も使いませんでした。w

# by namatee_namatee | 2018-08-15 22:00 | camera | Comments(0)

暑い。orz

夏休みも残りはあと2日。
本日は嫁さんの方の祖母の初盆ということで、ちょっと南の方面へ行ってまいりました。スクーター(PX125 Euro3)で行ったんですけど、これが暑いの暑くないのって。orz
走っていても暑い。空冷じゃぜんぜん冷えぬ。R51では何台かツアラーっぽい人とすれ違いましたけど、こんな暑いのにキャンプとかツーリングとかお疲れ様としか言えません。(汗

それにしても大洗のあたりはいくつかある町の入り口がことごとく詰まってましたなぁ。あれは海水浴に行くんですかね。これまたお疲れ様としか(ry
大洗は北も南も川に囲まれているので、どうしても町への入り口が限られるんですよね。実は水戸南I.C.や水戸大洗I.C.のどちらからでも便利な大洗の入り口があるんですけど、あまり知られていないようで、みなさん正面攻撃で突入して渋滞にはまってらっしゃいます。ちょっと気の毒。

図は嫁さんの母方の実家のすぐ近くで撮ったもの。鹿島灘でございます。母方の実家は砂地の中に建つでっかい和風の家なんですけど、海までは100mぐらいしかありません。津波来たら一発でアウト。w
その100mぐらいを歩いて行ってこの写真を撮ったわけですけど、それだけで熱中症になりかけました。
ちなみにこれはDC-G9+LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.で撮りました。14mm(35mm換算で28mm)で撮影。ズームレンズらしく抜けはイマイチと感じますけれども、なにか独特の味わいがありますな。おそらく周辺減光のせいだと思われます。周辺減光は好しからぬ特性と言われますけど、個人的にはこのぐらいならないよりはあった方が図に味わい深さがあるように感じます。

# by namatee_namatee | 2018-08-14 17:29 | camera | Comments(3)

擬似オールドレンズ(その2)

というわけで帰ってまいりました。
とりたててて何もしなかった。飲み会行ってビール呑んだだけ。w
ビールは飲み放題メニューの中からゲストビールを3杯いただきましたけど、どれも美味しかったですね。そのビールの名前は・・・もう覚えてないや。店内の写真を撮ったんで、背景に写り込んでいた黒板に銘柄が書いてあり、それを見ればわかるか?と思いましたけど、暗いので絞り開放で背景はボケちゃってて判読しづらい。おそらく「ブリュードッグ・パンクIPA」と「ソーンブリッジの何か(自信なし)」「サンクトガーレン・湘南ゴールド」のはず。どれも美味しいんですけど、2番目と3番目は似た味わいで、とてもフルーツっぽい。「サンクトガーレン・湘南ゴールド」はフルーツビールだそうで、もろにオレンジの味わいで甘い。「ソーンブリッジの何か」は同じ感じでちょっと香りと甘みが控えめ。味の特徴からソーンブリッジは「ジャイプルIPA」かなぁ。最初は甘いんですけど、あとからじわっと苦味が来る。かなり気に入りました。今度、自分で買ってみよう。

特になにかする予定はなかったので、カメラとレンズのテストしてました。南東北(本当は北関東)だと風景の写真ばっかりになっちゃっうもんで。w
レンズはLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.で。
やっぱりこのレンズはすごいですなぁ。特に絞り開放の時の解像感がすごい。下の図のように適当に撮ってもよい雰囲気になる。w
DC-G9の高性能もありますね。ちょっと前の擬似オールドレンズに最新のボディという組み合わせは実用的だし味わい深くて楽しいということが実感できましたよ。







# by namatee_namatee | 2018-08-13 22:44 | camera | Comments(2)

お呼ばれ

というわけで、本日は殿下にお誘いをいただいて、某チームの打ち上げ。
場所は東京某所のパブ。伏せることが多くてネタにしても意味がわかりませんなぁ。w
まあ、Twitterで石油王などのワードを検索してもらえばなんとなくわかると思います。わたくしは中の人のサバゲ仲間というだけで毎年お呼ばれしておりまして、彼らに何ら貢献していないのがちょっと心苦しいところ。もっとも、石油王の宴会といっても奢りじゃなくて飲み代は自前ですけどね。w

# by namatee_namatee | 2018-08-12 22:33 | diary? | Comments(0)

憧れの極薄被写界深度

夏休み1日目。特にやることはありません。明日は殿下より飲み会のお呼ばれをいただいているので上京しますけど、本日はなにもなし。何もしないのも何なので、朝から部屋にこもって「艦これ」ざんまい・・・いやいや、ちゃんと外にも出ましたよ。カメラ屋へ行ってちょっとした買い物と調べ物をしたついでに、ボニー邸を訪問してドクペをご馳走になって帰ってまいりました。ごちそうさまでした。

あとは寝っ転がってgdgdでした。日が落ちてきた頃に庭でLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の試し撮り。F1.4の絞り開放となるとマイクロフォーサーズ(MFT)でもボケるもんですなぁ。中華製のMFTレンズでZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 25mm F0.95というのがありまして、このSUMMILUXとどちらにするか迷いました。SPEEDMASTERの方はMFなのとやっぱりLEICAの標準レンズは1本欲しいよね、ということで見送ったんですけど、F1.4でこれだとF0.95のボケ具合に興味が出てきますなぁ。もうお金がないので買えませんけど。w

ただ、現在いろんな面でMFTのボディで最強なDC-G9をもってしてもピント合わせが難しい。この図、一見、真ん中の花の中心にピントがあっていて、なかなかの立体感のように見えますけど、実はちょっとピントを外してます。手前側の花びらのあたりにピントが来ちゃってる。まあ、そのおかげで花びらがクッキリして立体感が増しているとも言えるのかもしれませんけど、こういうお花を撮るときのセオリーからは外れてますね。
おかげで久しぶりに薄ーい被写界深度を実感しました。で、LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.は美しいボケもなかなかのものですけど、ピントがあっている部分の解像感が異常に高い。かつてのPlanar T* 85mm F1.2(ヤシコン。もちろん所有してませんでしたので、作例を見ただけ。w)を思い出すような描写です。そこでPlanar T* 85mm F1.2の作例をちょっと検索してみましたけど、背景のボケの整った感じならSUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の方が上かも。ボケの量はとにかく。w
換算50mmと85mmと焦点距離の差があるので(設計年次の差も)単純に比較するのは意味がありませんけど、かつて憧れたレンズに迫る描写ってのはたまらないものがあります。おまけに価格は1/10以下だし。w

# by namatee_namatee | 2018-08-11 20:29 | camera | Comments(4)