タグ:艦これ ( 157 ) タグの人気記事

冬の1日


本日はお休み。特にすることも無いので、いつものようにダラダラと過ごす。朝ごはん食べた後、大変寒かったので、うっかり布団に入ったらそのまま(ry
目が覚めたのが12時でございました。orz
なので大したことしてないです。いつものようにひととおり「艦これ」やって、買い物をしに近所の巨大ショッピングモールへPX125 Euro3で行って、帰りに友人のボニー氏の家によってお茶をよばれてきたという感じ。

まもなくイベントも終わりなので、なにか珍しい艦娘でも落ちてこないかとE1のHマスに行ったら落ちてきたのが図の「大淀」。これまたイベントで手に入った艦娘ですけど、例によってわたくしはその頃のイベントはお休み(ry
のちに多大な労力をはらって手に入れました。が、それ以降、ことあるごとにドロップしてまいりまして、これで4人目です。w

大淀が重要なのは「艦隊司令部施設」と記憶があやふやですけど任務を通常の5つから+1して6つ同時に遂行できるようになるアイテムを手にいれるのに必要だからです。それを手に入れてしまえば軽巡の「大淀」そのものにはさほど必要性は・・・4スロなので対潜装備を満載すると威力が出るというのはあるかな。もっとも先制爆雷攻撃ができるようになったので、対潜の威力は重要度が下がってしまいました。
というわけで、もういらないんですよ。w>大淀
大体が「艦隊司令部施設」使って大破艦を撤退させるようじゃギリギリの戦力での戦いでは勝ち目がなくなります。ウチではそういうときはダメコン積んで突撃ですよ。
他にも「瑞穂」が落ちてまいりました。これも3隻目で(ry
捨てるに捨てられず、母港の保有枠を圧迫するからやめてほしいです。w

というわけで「艦これ」は切り上げて、先日購入した冬用のグローブの使い心地をテストするために近所の巨大ショッピングモールへ出かけます。ちょっとばかりドリルの類を買う用事がありまして。
グローブだけじゃなく、これから厳しくなる一方の寒さ対策としてダウンの上下にオーバーパンツと防水・防風のコートも着込んでどのぐらい寒いかをテスト。わたくしの記憶によれば、この服装は-5度から-10度ぐらいの南会津の山の中でキャンプツーリングしたときのものと同じです。w
これだけ着込むとさすがに寒くない。っていうか、ショッピングモールの中で買うものを探して歩き回っているときに暑いのなんのって、外は寒いのに汗だくになってましたよ。w
そのあと、なにげなく友人のボニー氏の家の前までいくと、偶然にも外出先から白いプジョーで帰ってきたところ。なにやかにやととりとめの無い話をしながらお茶をよばれて、日が陰ってきたので辞去。昼間よりかなり気温は下がってましたけど、それでも全然寒くありませんでした。グローブもややこしいハンドシフトの操作性に影響はなく、十分な性能でした。

寒かったけど平穏無事な1日であったなぁ、と。

by namatee_namatee | 2017-12-09 21:08 | diary? | Comments(0)

回線の限界?

YOGABOOK(Android版)のセットアップで手間取ったせいで寝不足であります。それでなくても睡眠障害っぽいのに寝不足ときたら、もう眠いのなんのって、仕事なんて(ry

というわけで、手っ取り早く「艦これ」日記。
我が艦隊はすでに最終海域まで終わらせてしまいましたけど、イベント自体は12/11までやってます。この最終海域を突破後にイベントならではの豪華なドロップを目当てにして、いわゆる「堀り」をする行為、これを最終海域に1つプラスして、例えば今回の場合は最終海域がE4でしたから「堀り」のことを「E5」などと言ったりますなぁ。
わたくしはあまり珍しい艦娘にこだわらないタチなので、イベントを突破しちゃうとさっさと資源回復などの戦後処理を始めてしまうんですけれども、今回はちょっと粘ってE5にチャレンジしてみました。
というのも比較的やさしいマスで「雲龍」がドロップするという。しかもそれなりの確率だそうで。

「雲龍」は文字通り、雲龍型(横綱の土俵入りの型ではない)航空母艦のネームシップ。史実における艦歴はWikipediaでも見てもらうとして、「艦これ」では2014年の夏のイベントのE5報酬だったそうです。当時の我が艦隊はイベントをお休みして資材の備蓄に努めていた時期に当たり、当然ながら「雲龍」は在籍していないのであります。
これが駆逐艦とかなら普通は珍しいだけで居なくてもどうってことないんですけど(秋月型は別。あれは特別。)「雲龍」は事情が違います。ひとつは上の図のとおり、一番上の任務があること。これが「雲龍」がいないと金輪際終わらない。いつまでも任務欄の一番上に居座っていて目障りなことこの上ない。w
もう一つは別の任務で「「第六〇一航空隊」出撃せよ!」というのがありまして、これも「雲龍」(正確には「雲龍改」)でないとクリアできない任務です。その任務の報酬が「熟練艦載機整備員」なんですよ。これも2014年の夏イベントでもらえた装備なんですけど、わたくしは(ry
「熟練艦載機整備員」は射程が「長」になるのと火力が+10なのがミソ。名前からして空母用に見えますけど、実際は航空巡洋艦に相性が良いと言います。20.3cm(3号砲)×2に加えて強力な夜戦火力を発揮することができます。雷装の高い「鈴谷」にこれと「Late 298B」と合わせて載せると強烈な夜戦火力になるのだそうで。なので、ぜひとも手に入れたい装備なワケですけれども、元ネタの「雲龍」が手に入りづらいのではなぁ、と困っていたのでした。
ちなみにウチでは「熟練艦載機整備員」の代わりに射程を伸ばすためにイタリア重巡の主砲「203mm/53連装砲」を使ってました。そのまま使うと命中が-2なので、身を削る思いで改修MAXにしてます。3号砲と組み合わせて夜戦火力upと射程延長に使ってます。射程延長の得失はおいておいて、やっぱり射程は長い方が強そうじゃないですか。w

というわけで、E2のJマスへ「雲龍」を掘りにいっていたんですけど、これが敵が潜水艦でなかなか難しい。いや言うほど難しくはないんですけど対潜対策をがっちりしないと敵の旗艦を沈めきれない。レアな艦娘は「S勝利」じゃないとドロップしないことが多いので、なんとしても敵の潜水艦を落とさなければならないのでした。途中には空襲マスや通常の水雷戦隊との対戦もあって、対潜装備満載の駆逐艦では心もとない。その敵の水上艦には重巡洋艦になんとかしてもらいますけど、重巡×2、ルートの関係で必要な水上機母艦を入れるとなると、駆逐艦は3隻しかいれられない。しかも我が艦隊では先制爆雷攻撃のできる駆逐艦は限られているという悪条件。なので支援艦隊を「対潜支援哨戒」にして、基地航空隊もこのE2でもらった「試製東海」を入れて対潜能力を高める。
これらの対策は思いの外有効で、Jマスの潜水艦3隻のうち、旗艦以外の2隻は支援艦隊と基地航空隊の攻撃で排除できるようになり、残った旗艦は爆雷とソナー満載の駆逐艦×3隻に始末してもらって、ほぼ毎回「S勝利」がとれるようになりました。
4回/日ぐらいのペースでのんびりと掘っていたんですけど、12回目ぐらいにポロっとやってまいりましたよ。>雲龍

あー、せっかくやってきてくれたのに肝心の絵がないんですけど。w
回線のスピードの関係ですかねぇ。残念ですなぁ。

by namatee_namatee | 2017-12-06 21:40 | diary? | Comments(0)

これで終了。


まだ「艦これ」日記は続きます。w

やってまいりました!
伊号400型潜水艦の「伊400」、「しおん」ちゃんですって。E4を終わらせましたけど、まだイベント期間は続いております。終了後から今まで何をしていたのかというと今回のイベントの新規艦娘を中心に珍しい艦娘を掘っておりました。今回のイベントの新規の艦娘は海防艦の「佐渡」「対馬」、駆逐艦の「涼月」、潜水艦の「伊400」だそうです。このうち、海防艦の「佐渡」と駆逐艦の「涼月」はE2とE4の海域突破報酬で、「対馬」と「伊400」はドロップ艦娘。
今回のイベントでは我が艦隊には珍しく新規艦娘の就役が順調で、E4終了時点で手に入ってなかったのはこの「伊400」のみ。まあ全部揃わないのはいつものことなので、ムキになって「堀り」をすることもなく、のんびりとE3で探しておりました。で、今朝一番、E3のボス戦20回目ぐらいの完全勝利でポロっとやってまいりましたよ。こんなに簡単に落ちてくるとは思わなかったので、ちょっとびっくり。仕事中でしたけど思わずガッツポーズを(ry
海防艦や駆逐艦は代わりがおりますけど、潜水艦、とくに伊400型はとれるときにとっておかないと次がいつになるかわかりませんので。先に実装されていた伊401、「しおい」ちゃんはイベント(あのアルペジオのイベント)でもらえたんですけど、なかなかドロップや建造できるようになりませんで、9ヶ月近くのちになってやっとドロップと建造できるようになったものの、場所が6-1とか大型艦建造とか、ハードル高くて大変だったんですよね。しかも「試製晴嵐」も持ってくるので珍しいだけじゃなく戦力としても大変貴重な艦娘なのであります。>伊401
幸いにしてウチではイベントでgetできました。なので「伊400」はgetできなくてもどうということは・・・いやいや「しおい」がいるなら「しおん」も欲しいでしょう。せっかくの姉妹なんですから。
というわけで、ムキになるほどではないものの、それなりに真面目に掘っていたわけで、ガッツポーズもむべなるかな。w
これで今回のイベントの目的は達成ですなぁ。他にもイベントならではの珍しい艦娘もドロップするんですけど、もう良いかと。w

いつもの資源の消費状況はというとこんな感じ。
開始時点では
燃料:245,368
弾薬:275,628
鋼材:300,000
ボーキサイト:242,763
バケツ:3,000

それが終了時(E4終了時)は
燃料:189,369
弾薬:225,043
鋼材:282,282
ボーキサイト:201,700
バケツ:2,845

なので使用したのは
燃料:55,999
弾薬:50,585
鋼材:17,718
ボーキサイト:41,063
バケツ:155

E4のあまりに長く厳しい印象が強くて、「これで中規模イベントとは笑わせる」なんて思っていたんですけど、ボーキサイトとバケツを除く主要な資源は夏のイベントのほぼ半分の消費量で、確かに中規模ではあったんだなぁ、と。今回は史実にそくしたイベントのせいで空母の活躍する余地があまりなかったはずなのに、夏のイベントに比べてボーキサイトの消費が多いのが解せません。E4で基地航空隊が全滅とかしていたからかなぁ。
バケツに関してはこれも中規模イベントということで期間が短いので積極的に使ったからです。バケツなんて放っておけばあっという間にたまりますから、イベントのときは大盤振る舞いで良いんですよ。w

艦これwikiとかで現在最終局面にチャレンジしている方の書き込みを見ていると、資源が厳しい人がちらほら。戦力はあっても資源が心細いと焦ってしまうし、ミスも増えますからなぁ。と2013年の「アイアンボトムサウンド」で資源が尽きて完走を断念したわたくしが申しております。w
by namatee_namatee | 2017-12-01 21:12 | diary? | Comments(2)

やっと終わった。orz



というわけで「なまーずフリート」はE4「スリガオ海峡沖」を難易度「乙」でクリアいたしました。これにて「艦これ」秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」終了であります。いや、まだ伊400を掘ったりはしますけど。
上の図はクリア報酬の「涼月」(CV:藤田咲)、秋月型駆逐艦の三番艦ですな。以前にも何度か書きましたけど、わたくしはこの「涼月」の「坊ノ岬沖海戦」のエピソードが好きなんですよ。詳しくはここら辺を読んでいただくとして、艦首切断で後進で帰ってきてドック内で着底とか、こうやって書いているだけで泣きそう。この「涼月」やユトランド沖海戦の「ザイドリッツ」とか、沈みそうになりながら帰投に成功した話は心を打ちます。もちろん沈んでしまった艦が生き残った艦に劣るというようなことはありませんけどね。生き残った艦の方が詳細な記録が残っている場合が多く、エピソードになりやすいということもありますし。
今回のイベントのラスボスは秋月型駆逐艦のこの「涼月」か「冬月」がモチーフとされる「防空埋護姫」で、「スリガオ海峡沖」突破戦ということと合わせて、まあイロイロと感慨深いものであります。もっとも敵としては対空が半端なく強力で、基地航空隊が全滅させられたりして、かなりやっかいでしたけど。

というわけで、わたくしとしてはこの「涼月」を手に入れるために、なにがあっても今回のイベントは完走しなければならないのでした。


そのE4のマップがこちらです。出典は艦これwikiから。
もう目眩がしそうな・・・マスの符号がアルファベットだけじゃたりなくてZ9とかまであるし。さらにZZ1とかZZ3とか、何事かと。w
でも実際は先日もネタにしたように、見た目ほど複雑というわけでもなかったですね。
最初はUから先とYから先のルートが見えないんですよ。さまざまな条件のギミックの塊が2群ありまして、ひとつめのギミック群をクリアするとUから先が、ふたつめをクリアするとYから先のルート&ボスが現れるという仕組み。
そのギミッククリアの条件がどこそこのマスでS勝利とか航空優勢確保とか空襲で損害なしとかと、多岐にわたっていてなかなか面倒くさいという。一筆書きみたいに一気にクリアできれば良いんですけど、一度に複数のギミックをクリアしようとしても、基地航空隊や艦隊の編成の関係でうまくいかなかったりします。まとめられるものはできるだけまとめますけど、どうしても単独で処理しなければならないものもある。ひとつひとつのギミックはさほど難しくないものの、数が多いので大変というわけです。
とはいうものの、1-3のスタート地点を1から順にスタートしてギミック解除を狙っていけば良いようになっていて、こうやって文字で書くほど複雑では無かったです。
その中でちょっと苦労したのが一昨日にネタにした「Z8でA勝利」というギミック。通常艦隊だとスタート地点は3で、そこからQTVXYと進み、YマスでZ7の方へ分岐してZ8に至ります。これが真っ当なルート。ところが通常艦隊だとウチの場合、Z8でPT相手に手数不足になってしまい、取りこぼしが大量に発生してB勝利しかできません。あと1隻駆逐艦が欲しいところだったので、基本2スタートの第3艦隊(第3艦隊は7隻編成)を使いたい。だがしかし、スタート地点が2の場合、IMNSWと進み、Yで索敵値が十分だとZ9の方に分岐してしまいます。索敵値を落とせば良いんですけど、あげるのはいつものことで慣れているんですけど、落とすのはどうやったらよいかイマイチよくわかりません。w
なので「志摩艦隊」の札がついている艦娘で第3艦隊を編成するとスタート地点が3になるという裏技を利用してZ7に行くことに成功。今度は手数も十分で、きっちりS勝利してギミック解除。無事、Z8から先のZZ1、ZZ2、そしてボス出現となったわけでございます。
この頃になると、潜水艦マスでは新しく追加された陣形「警戒陣」をとると開幕雷撃の被害が極限できることがわかりまして、対潜要員や装備を省いても先に進めるようになってきました。この状態で1つめのボスにチャレンジ。あ、このマップはこれだけ手間をかけさせて出現させたボスが2人いるんですよ。大変ですよ。w
今度は「西村艦隊」所属艦を中心にした真正第3艦隊ですので、スタート地点は2で、そこからI→M→N→S→W→Y→Z9→ZZ1→ZZ2→ボスと進みます。正念場はSマス、あとYから先は夜戦ばっかりでどれも厳しい。潜水艦デコイ作戦を知る前は、ボス到達率は25%以下という感じでした。ボスに到達できても、被害の蓄積のせいで打撃力が不足していて、ちょっと削るぐらいが関の山。返り討ちにあって大破続出という有様でしたよ。orz
この状況がかわるのが前述の潜水艦をデコイにする戦法を知ってから。潜水艦が駆逐艦やPTの攻撃を吸収してくれて、ボス到達がすごく楽になりました。潜水艦マスは前述の通り「警戒陣」で被害を抑えることができるようになって、対潜装備を下ろして主砲や熟練見張員を載せることができて、さらにPTや敵駆逐艦の殲滅が容易になってましたので、ボス到達時は潜水艦を除いてはほぼ無傷。潜水艦もボス戦まで無傷のことも多かった。
これでゴリゴリ削って1本目のボス戦のラスダン。今回のイベントの最大の山場はこの1本目のラスダンだそうですけど、ウチはさほど苦労せずに3回ほどのチャレンジでクリアできました。削り段階では旗艦の「最上」に装備していた「遊撃部隊 艦隊司令部」を使った単艦退避も活用してましたけど、ラスダンではそんなものは使わず、そのスロットは主砲に変え、増設装備にダメコン積んで大破でも突撃ですよ。w
もっとも例のデコイ潜水艦のおかげで道中で大破なんてないわけですけど。
より辛かったのは2本目のボス。さすが秋月型の成れの果て、対空が強くて基地航空隊が全滅してしまい、練度がどんどんさがる。削り切ってから、あとほんのわずかというところで撃破できずにいました。これが昨夜の話。
一夜明けて本日、頭を冷やして基地航空隊の練度を回復させるためにE1へ出撃し、ある程度の練度に達したところで再度ラスダンにチャレンジでございます。昨日から今朝にかけてさらにリサーチを重ねて、艦隊の配列も変更する。それまでは旗艦が「最上」で以下「扶桑」「山城」「時雨」「満潮」「朝潮」「伊13」だったのを旗艦「扶桑」「最上」「夕立」「時雨」「満潮」「伊14」「山城」という並びに。対潜能力を考慮して「朝潮」を使っていましたけど、ラスダンでは火力最優先で「夕立」を投入。思えば「時雨」と「夕立」はかつてはイベント最終海域のラスダンの常連でした。久しぶりのコンビですなぁ。
この編成の配置変更は有効でした。最後まで無傷だった「山城」が弾着観測射撃でボスを撃破。前衛を1隻取りこぼしてしまってA勝利でしたが無事にクリアできました。狙った通り。満足。w

ちなみにどんな感じなのかはこちらの動画をどうぞ。わたくしではなく難易度「甲」で突破された方のものです。この昼戦になってからの展開がたまらない。味方は満身創痍、でも基地航空隊がどんどん削って最後本当にギリギリでクリアですからねぇ。
わたくしの場合は会社でやっていたので、最後の扶桑・山城・時雨の海峡突破ボイスが聞けなかったんですけど(さすがに仕事中は(ry)、この動画を昼休みに観て思わず泣きました。w

なんだかんだ言ってやっぱり「艦これ」のイベントは楽しいですねぇ。始まった当初とは違ってマニアックな方向に向かっているような気がするんですけど、それはそれでわたくしのような人間にはむしろ楽しいわけでして。まだしばらくは楽しめそうです。>艦これ

by namatee_namatee | 2017-11-28 21:34 | diary? | Comments(2)

やっと本番


本日は良い天気でしたけど引きこもって「艦これ」三昧。w
といっても外に出なかったわけでもなく、庭に柚子が大量に生っているのでそれを獲れといわれまして、高枝切り鋏で収穫。これが当然ながら高いところに生っているので、当たり前ですけど上を見続けなければなりません。おかげで首が痛い。高枝切り鋏も一番長い状態で、重たいし自由にならないしで意外に苦労しました。
目をつけた柚子の実の枝のところを高枝切り鋏で切る。と、鋏が実と枝を保持してくれるので、そのまま手元に引き寄せ・・・そうは問屋がおろさないってもんですよ。w
実の重さなのか、保持しきれずにそのまま落ちてくる。で、柚子の枝には棘はありまして、真下にいるとその棘の付いた枝が実の重さという位置エネルギーを消費しながら顔とか頭に(ry
直撃はシャレになりません。フルフェイスのヘルメットが必要ですよ。(汗

で「艦これ」日記。
現在の「なまーずフリート」は昨日に引き続きE4を難易度「乙」でチャレンジ中であります。午前中は二つあるギミックの二段階目を解除してました。
情報によると「Z6マスでS勝利」が鬼門ということ。確かに大変でしたけど、ウチの場合は「乙」なのでさほど苦労もなくクリア。一番苦労したのが「Z8マスでA勝利」って奴で、細く説明するのが面倒なんで端折りますけど、スタート地点3からの通常艦隊ではB勝利しかできない。通常艦隊の6隻編成ではPTを始末する駆逐艦の数が足りません。そこで窮余の策として「志摩艦隊の遊撃部隊編成だとスタート地点が3になる」という設定を使うことに。といって、志摩艦隊の札がついた適当な艦娘が1隻たりないので、E1に「初春」をちょっとだけ出撃させて志摩艦隊の札をつけるという姑息な手を使いました。w
これで遊撃部隊編成(7隻)、重巡×2、軽巡×1、駆逐艦×4の艦隊を組んで、熟練見張員満載(といって4人しかいませんけど)でチャレンジ。無事にPTも本体も殲滅してS勝利しました。やっとボスへの道が開けました。
今回のイベントのギミックはすごく複雑そうで、実際に全体を見ると複雑なんですけどひとつひとつはそんなに難しく無い。空襲戦は凌ぐだけですし、夜戦が多いので勝負がつくのは早い。必要な対策を講じて陣形をちゃんとすれば、そんなに苦労は無いし爽快でもあるんですけど、いかんせんギミックの数がちょっと多いような気がしますなぁ。

やっとボスの道が開けたので、本番用の艦隊を組んで突撃であります。このイベントの趣旨は「73年前に行けなかったあの海峡の向こう側へ今度は艦娘に行かせてあげよう」だと思うので、史実の「西村艦隊」所属艦を中心に編成される我が艦隊をを見るのは感無量であります。
ウチでは「扶桑」「山城」「最上」「満潮」「時雨」が西村艦隊所属艦として編成に入りました。「山雲」と「朝雲」も在籍はしてるんですけど、練度が足りない。「山雲」はLv37、「朝雲」なんてLv1ですよ。w
大体が「満潮」にしてから、今回のイベントが始まってからの演習でやっとLv77に達して改二になった始末。というわけで「山雲」と「朝雲」の代わりに「朝潮」がはいりました。もう一隻は・・・デコイ用の「伊14」という。さっきの「西村艦隊の再現で感無量」はどうしたと。w
いやぁ、ボスまでの道のりが長くて、ダメージの蓄積が大きく、ボス戦で火力不足になるんですよ。なので初戦はA勝利でした。「扶桑」「山城」は十分に強力な戦艦ですけど、PTの相手は不得意だし対潜能力も心もとない。駆逐艦に頑張ってもらうしかないわけですけど、防御力の脆弱な駆逐艦に長丁場は厳しいというわけで。
なので潜水艦をデコイにして敵の攻撃を引きつけて味方の損害を減らし、結果的に火力を上げるという作戦。3スロの「伊14」は潜水艦搭載電探×2+水上戦闘機搭載で逃げ回らせておきます。もちろんダメコンも。
おかげで二戦目はS勝利。で、やってきたのが図の「対馬」であります。やっと今回のイベントのドロップ艦にお目にかかれましたよ。
でもS勝利だからって喜んでばかりもいられない。最終編成はより強力になりますし、そもそもゲージが2本あるんですから。w>E4

図の右のほうにあるのは各マスでどうするかを書いた「覚書」。こうやって見えるようにしておかないと次にどうすれば良いのか忘れるんですよ。w
ちなみにMac OS Xって一番手前にあるウィンドウ以外の場所にマウスのカーソルを持っていくと、そのウィンドウをマウスのホイール(あるいはタッチパッド)でスクロールできるんですよ。この図だと「対馬」のいるFirefoxのウィンドウを操作しながら、右側の覚書の上の方をちょっと見たいなんてときにも、マウスカーソルを覚書の上に持って行ってホイールを動かせばスクロールできちゃう。これ、いろいろと複雑な設定がある「艦これ」やるときにあちこち確認するのに地味に便利なんですよ。

by namatee_namatee | 2017-11-26 19:19 | diary? | Comments(0)

辛いけど楽しい。>E4


TVでデンマークのネタやってて、なんかやたらに持ち上げてますけど(そういう番組だし)、北欧はなぁ。w
今はスマートで格好良いというイメージが強いですけど、WW2のころとかは大変だったみたいですよ。そりゃ原爆落とされたり首都が焼け野原になった日本の方が大変といえば大変だったわけですけど、ヨーロッパはご近所から脅されたり攻められたりするわけで、敵味方、なにかでちょっと食い違うと真反対になったりしちゃう。鬼畜米英とかいって、明確に敵を規定できた日本とはちょっと事情が異なったように見えます。
基本的に貧乏で大規模な工業化が進んでいなかった北欧の各国は、強大な武力を持つドイツや英国との駆け引きの中で苦労したらしいですなぁ。今の目でその歴史を見てみると、スマートで洗練された北欧の各国という印象よりはなんとか生き延びようと悪戦苦闘した姿が見えます。そのおかげで戦後がなんかうやむやになっちゃった感もあって、はっきりと敗戦国になった日本とは事情が異なるように感じますなぁ。どちらが幸せだったのかは・・・殴り合いの大喧嘩して負けたけどとりあえずはっきりとケリをつけてあーすっきりというのと、なんとか話し合いで収めたけどいつか殴り合いになるんじゃ無いかと、そのときに備えて延々と体を鍛えるはめになったのと、どっちが良かったのか。

それはそれ。本日は仕事。同僚の親戚が結婚式だそうで、出勤日を交代しました。土曜日は暇だし「艦これ」がはかどるぞと思ったら、窓口担当の事務員さんが子供の発熱でお休みとな。おかげでいつもの現金精算以外に窓口もやらなければならず、ろくに「艦これ」もできない・・・と思ったら、タブレットでやると自分のPCの前にいなくて良いのでむしろはかどるという。w
というわけでE3は無事に難易度「乙」で終了。やってきたのが図の四式戦闘機「疾風」でございます。局戦なので使い道は限られますけど、大東亜決戦機は男のロマンですよ。
現在は最終海域のE4のチャレンジしているところ。これがまた巨大なマップでねぇ。もっともスタート地点が多いので複雑に見えますけど、それぞれのスタート地点から行けるところはさほど多く無いので、見た目ほど複雑怪奇というほどではない。まあ、かといって簡単でもないわけですけど。
最初はボスマスが見えないので、複数あるギミックを解除して海域を広げていくわけですけど、これが面倒臭い。午後一番から始めてやっと第一段階のルートを開くことに成功しました。で、今はその広げたルートに出撃して第二段階のギミックを解除しようとしているわけですけど、前述の通り、見た目よりは戦闘回数は少ないものの、そこに居る敵が手強いのなんのって。対空特化のセッティングのときの潜水艦マスとか、もう祈るだけですからね。orz
航空優勢を取らなければならないマスの1個手前で大破撤退×2という。辛い。・・・でも実は楽しい。w
今回のイベントは「艦これ」の歴史に残るものになりそう。中規模イベントと言いながら、実際は夏イベよりも大規模なんじゃないでしょうか。イベントとしていくところまで行った感じ。せっかくですから思う存分、楽しもうと思っております。w

by namatee_namatee | 2017-11-25 22:14 | diary? | Comments(0)

不便


相変わらずネタが(ry

会社のインターネットセキュリティのレベルアップということでUTMを導入したため、仕事用PCで「艦これ」ができなくなりました。w
「艦これ」だけじゃなくて広告もブロックするのでmixiのページとか、あちこち空欄ができちゃう。気持ち悪い。Dlsiteとかも見れなくなっちゃって不便この上無い。

なので「艦これ」は自前のSIMフリータブレットでやっております。w
これはこれでPCの方で艦これwikiを見ながらタブレットでプレイできるので、次のマスはどんな編成の敵だっけ?とかいうときや編成を組むときなどに便利ではあります。ただ老眼のせいでPCのモニタとタブレットを交互に見るのは結構疲れますなぁ。

さきほどE3の輸送ゲージが終了しました。輸送ゲージだと思って油断していたら、かなり厳しかったですね。とにかく大破撤退が多くて、なかなかボスにたどり着けない。やけくそになってダメコン積んで大破進軍で強引に突破。酷い戦いでした。
で、苦労した割に珍しい艦娘は落ちてこないと。伊400も対馬も影も形もありません。orz
今まで在籍してなかった艦娘としてはかろうじて「嵐」ぐらい。あと「春日丸」も落ちてきましたけど、これは「大鷹」にするのが大変で、ありがたいような迷惑なような。図はなぜかボロボロ落ちてきた阿賀野型軽巡洋艦の「矢矧」。凛々しくて好き。w
阿賀野型軽巡洋艦は他に「阿賀野」×2と「能代」が落ちてまいりました。阿賀野型軽巡が持ってくる15.2cm連装砲は我が艦隊の軽巡洋艦の標準砲なので、ありがたいものの所詮は軽巡、そんなにたくさん居ても使い道が無い。その割にもったい無い感が強くてどうしたもんかなぁ、と。>阿賀野型

E3の第3番目の戦力ゲージ用の編成を練っているところ。それにしてもゲージ3つは多すぎですよ。せめて2つにしてほしいなぁ。今回は中規模イベントと言いながら、前回の夏の大規模イベント並みに資源が減ります。(汗
それはそれ。第3番目の戦力ゲージは「小沢艦隊」縛りなので装甲空母の「瑞鶴」を投入です。あと「日向」「初月」「千歳」「千代田」「五十鈴」で。第一艦隊は正規空母の「加賀」を追加。「加賀」もイベントのときだけ呼び出される艦娘になっちゃいましたなぁ。第二艦隊には引き続きの「鈴谷改二」と定番の「妙高」「木曽」「雪風」「綾波」・・・いよいよ本気出してまいりました。w
「鈴谷改二」は軽空母に改造できるんですけど、航空巡洋艦としてあまりに有能なのでそのままになってます。2隻用意してそれぞれ航巡と軽空母にすれば良いんだ、ということで、もう1隻育てているんですけど、まだLv59で先は長い。

といった感じでgdgdで終わります。

by namatee_namatee | 2017-11-24 21:18 | diary? | Comments(2)

引きこもりの1日


本日は午前中を中心に雨でした。午後になって晴れ間が出てきましたけど、なにかするにはもう手遅れ。
なので、引きこもって「艦これ」やってましたよ。
昨日の続きでE2のラスダン。朝一番で突撃しましたけど、その時は文月が大破で撤退。装備と基地航空隊の編成を見直して二回目でクリア。で、やってきたのが図の「佐渡」であります。なんだろ、この変な口調は。w

そして現在はE3を難易度「乙」で攻略中ですけど、E3はゲージが3本もあるという。もういい加減にしろと。w
1本目のゲージはさほど苦労もなく終わりました。問題は2本目。輸送ゲージなんですけど、道中が手強い。編成が輸送護衛部隊ということで、相対的に敵艦隊が強力です。3回チャレンジして大破撤退2回という戦績。計算ではS勝利4回でゲージ破壊できるんですけど、この調子では先が思いやられますなぁ。おまけに最後のゲージのために基地への空襲を損害なし(あるいはそれに近い状態)で凌がなければなりません。いろいろやらなければならないことが多くて、なにがなんだか。orz
次のE4とか、マップ見ただけで頭痛くなりそうな複雑さ。敷居高いなぁ。w
まあ実際にやってみればなんとかなるもんなんですけどね。やってみようという意欲を削ぐのが問題です。

午後になって雨があがったので、近所のバイク用品屋へ冬用のグローブを買いにいく。PX125 Euro3で行ったんですけど、例によってセルがうんともすんとも言いません。キックで始動して、バイク用品店からの帰りには普通にセルが回る。なんでしょうねぇ。バッテリーが弱っているのかなぁ。まだ新しいはずなんだけど。(汗

by namatee_namatee | 2017-11-23 21:39 | diary? | Comments(6)

落ち度


特にネタは(ry
なので小ネタでまいります。

まずは「艦これ」ネタ。
図の通り「なまーずフリート」はイベント海域のE2を攻略中であります。実はこの編成にはわたくしの落ち度があるんですよ。
昨日も書いた通り、今回のイベントの元ネタはレイテ沖海戦なので、イベント海域のルート制御などに史実の参加艦艇の有無が関係してまいります。E1とE2は志摩艦隊に属した艦娘を使うのが基本。だがしかし、わたくしはうっかりして「瑞鳳」を投入してしまいました。「瑞鳳」は「小沢艦隊」所属。つまり囮の機動部隊となってエンガノ岬沖海戦で壮絶な最後をとげたのでした。次のE3は小沢艦隊の艦娘が主役ということで、ここで使っちゃまずいんですよ。やっちまったなぁ。orz
レイテ沖海戦は日本側の負け戦なわけですけど、この囮の機動部隊を使うという作戦は日本機動部隊の悲惨な最後ということはおいておいて、ハルゼー提督がまんまとひっかかるのがなかなか痛快です。

それはそれ。わが艦隊にはイベントの時にしか使わない艦娘というのが存在しましてね。軽巡洋艦の「神通」とか「夕張」あたり、そして軽空母の「瑞鳳」もその仲間。かつては1-5で活躍してましたけど、今では対潜専門の「大鷹」がいるので、すっかり出番がなくなり、イベントで練度高めの高速軽空母が必要なときに引っ張り出される存在になりました。「千歳」「千代田」も同じような立場で、しかも性能は「瑞鳳」より上なんですけど、そちらは支援艦隊に回ったり、本当に厳しい場面で使われることが多い。そういったわけでまず声がかかるのが「瑞鳳」というわけで。
で、あまり意識せずに艦隊の防空に使おうと思って編成に組み込んだんですけど、E3で必要になるのを忘れてました。orz
まあ使ってしまったのは仕方が無い。小沢艦隊には「千歳」「千代田」もいたので、E3ではそちらに活躍してもらうことにしましょう。

E2は一回の輸送量が62PTぐらいで、たまに旗艦の「瑞鳳」が大破して撤退したりしておりますけど、基本はほどほどのペースで侵攻中。残り33PTなのであと1戦、明日には突破できるでしょう。そして、この海域での重巡の存在感は異常。「那智」「足柄」の打撃力は戦艦の「Roma」のそれを完全に上回っている。志摩艦隊所属ということで特効があるのかもしれませんなぁ。

他には・・・「賭ケグルイ」が実写化との情報が入ってまいりました。
「賭ケグルイ」は嫁さんがアニメを録画したのを消化しているのを横で観ておりまして、わたくしとしては珍しくも声優さんの演技が作品に強い影響を与えていると感じました。「夢子」のあの狂気あふれたキャラは早見沙織さんの演技あってのものと思うので、実写化でビジュアルと演技が一体になった時に、それがどう表現されるのかに興味があります。これは楽しみですよ。

わたくしの考えとしては、実写化・アニメ化について作品を鑑賞せずに端から無条件にネガティブな先入観で語ることについては批判的であります。仮にそういうことを言う人の経験的にそのような例が多かったとしても、それはその人の限られた範囲での例にすぎない。原作があって映像化される作品など星の数ほどあるわけで、原作を知っていて思い入れがあり、それが映像化された作品が失敗した例など、原作があって映像化された作品全体からみればほんのわずかです。成功した例だってすごく多いんですよ。例えば「世界の中心で、愛をさけぶ」とか。漫画にも映画にもなって、特に映画では大成功でしたよね。まあ、わたくしにはこの手の作品は縁がありませんけど。w
そもそも映画やアニメという表現手法がなかった時代の作品、例えば「仮名手本忠臣蔵」とか、原作よりも映画や大河ドラマの方で知っている人の方が多いわけですから、原作から映像化=失敗などという理屈は成り立ちません。

この件について先日来、ネタにしていた「氷菓」については、これは映画化は失敗でした。>キッパリ
それは脚本を書いた人、監督した人、プロデュースした人、あるいは企画した人、その他もろもろの力不足が原因であると考えております。つまり作品ごとの個別の事情によると。
わたくしの場合「氷菓」についてはどうしてもアニメとの比較になってしまうのですけれども、あれは映画界とアニメ界、才能のある人材の多寡が出たのかなぁと思います。知ったようなことを言うほどの見識はありませんけど、ダメだダメだと言われるアニメ界でもまだ邦画界よりは才能に恵まれているのかなぁと思う次第。もちろん個人的な見解ですけどね。

というわけで、余計な先入観を持たずに、出来が良くても悪くても、その作品を楽しんでいきたいと思うのでございます。

by namatee_namatee | 2017-11-22 21:53 | diary? | Comments(2)

チャレンジ開始


さあ「艦これ」のイベントがはじまりましたよ。また資源が見る間に減っていくのをただ見ているだけのイベントが。w
それしにても相変わらずややこしいですなぁ。現在はE1を難易度「乙」で攻略終了したところですけど、先日もネタにした通り、今回のイベントは「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」ということで、史実の艦隊に則した編成が求められるようです。つまりあの志摩・西村・小沢・栗田の各艦隊のことであります。
いやこれ、「艦これ」をそういうゲームとして捉えていている層(わたくしも2/3ぐらいはそうですけど。)にはたまらないかも知れませんけど、ソーシャルゲームだと思っている人にとっては面倒くさいだけじゃないでしょうか。(汗

巷の噂によると「艦これ」のイベントは敷居が高いそうで、まあ確かに自分でやっていても「これ、始めて1ヶ月とかの人じゃ無理だよな」と思いますからねぇ。わが艦隊は戦力的には全然たいしたことはないのですけど、無駄に長くやっているものでイベントも難易度を選べばそんなに苦労せずに完走できるぐらいの実力はあります。それなりの予備兵力と状況に対応できる装備がありますけど、最近始めた人はなかなか厳しいんじゃ無いかと思いますなぁ。そこら辺をなんとかすれば、また新規の人も増えるんじゃ無いかと・・・すでに一時代を築いたって感じだし、もう良いかって感も無きにしも非ずってところですけどね。

で、前述の通り、わが艦隊、通称「なまーずフリート」はE1を難易度「乙」でクリアしたところであります。「甲」と「乙」でもらえるものにあまり差が無いんですよ。目玉の「式水上偵察機11型乙(熟練)」は「甲」でも「乙」でももらえます。差は「間宮」と戦闘糧食の数ぐらい。給糧艦とか戦闘糧食とかは課金すれば(ry
というわけで、後で何かを「掘る」ことも考えてぬるい「乙」にしました。
おかげで全然苦労せずにクリア。ギミックというか、マップの解放がちょっと面倒でしたけど大破撤退など一回もなく、最短の5回で終了であります。いやまあE1の「乙」で苦労してちゃ話になりませんけどね。(汗
現在はE2の編成を練っているところです。まだ情報が少なくて誰かの編成をコピーというわけにはいかず、どうしたもんかと頭をひねっているところ。

なんだかんだ言って楽しいんですよね。>「艦これ」のイベント

by namatee_namatee | 2017-11-21 20:43 | diary? | Comments(2)