タグ:艦これ ( 111 ) タグの人気記事

姐さん!




「伊14」通称イヨちゃんの図。
前回のイベントでやってきて、その後はスクスクと育ち、現在はわが潜水艦隊(事実上の主力艦隊)の一翼を担う重要な艦娘になっております。なんといっても、この胸を強調したコスチュームなのに無駄にでかくない(ry

それはそれ。w
このイヨちゃん、どうも既視感があると思っていたら、ちょっと前の話ですけどTwitterに「潜水艦のバイトをするペパロニ」というネタがあって、「それだ!」と。w
実はドゥーチェの次に好きなキャラだったりする。>ペパロニ

・・・「ガルパン」のキャラと「艦これ」の艦娘でどっちがお金になるのかなどと。「艦これ」の潜水艦娘は図の通り、「オリョクル」で酷使されるので割りに合うかどうかは疑問です。ウチは損傷したらどんなに軽くても必ず入渠するし、疲労がたまらないように運用してますので(だから数多くの潜水艦娘が在籍している)、かなりのホワイト鎮守府だと思いますけど、それでも「オリョクル」はのべつまくなしに出撃してますし、場合によっては「6-1」にダメコン積んで臨むこともあります。「艦これ」運営からいくら貰っているのかわかりませんけど・・・まあペパロニはあんな感じなので割りに合うとかそういうことは気にしないのかもしれませんねぇ。少しでもP40の修理代の足しになると良いですね。w

その他「艦これ」世界の出来事としては、最近追加された任務で「二式水戦」の強化ってのがありまして、それに加えて「鈴谷」の改二が来るという話もあります。これはもしかして、次のイベントは「最上型」を始めとした航空巡洋艦が主役の戦いなんでしょうか。だとしたらウチはやばいです。航空巡洋艦は「利根」と「筑摩」に集約されており、「最上型」はLvが低い。せいぜいLv60ぐらいしかありません。水上戦闘機もより取得の容易な「Ro.44」の方を重用してしておりまして・・・っていうか水上戦闘機とか使ったことないです。ウチは脳筋艦隊なのでそういうややこしいことは苦手なんですよね。なにかあったら装甲空母で押し切るとかそういう戦い方ですからねぇ。w

まあ、そういうことなら仕方がない。とりあえず、育成中だった「Pola」にはちょっと待ってもらうことにして「鈴谷」を演習艦隊に組み込みじわじわとLvUpしてまいります。現在はLv73。Lv80ぐらいまで上げとけば大丈夫かな。
「二式水戦」はどうしたもんかな。練度は大丈夫ですけど、改修はしてないのでネジを買ってこないとなぁ。また物入りか。orz

by namatee_namatee | 2017-03-21 20:33 | diary? | Comments(3)

ハイローミックス

c0019089_19215977.jpg
またしても「艦これ」日記。まあ、特にネタがありませんし。

我が艦隊は実にのんびりと作戦を展開中で、月が変わってからExtra Operation海域の1-5、1-6、2-5と攻略を進め、本日は「北方AL海域」、いわゆる3-5にattackしておりました。この攻略の順番は人によって違うみたいで、1-6は一番後回しという方もいるんですけど、わたくしはいつもこの順番ですね。別にこだわりはありませんけど、なんとなく楽な方から攻めていく感じ。
今回の3-5は水雷戦隊の下ルートで削って、最後は空母と戦艦をいれた力技の上ルートという「ハイローミックス」でゲージを割ろうと思いました。いつもだったら最初から力技でさっさと終わりにするんですけど、今回はイベント後で資源の回復期ですし、たまにはウチの水雷戦隊の威力を目に物見せてやろうかと。
・・・これが大破撤退が多いんですよ。朝から始めて7戦し初戦で大破撤退が3回。雷撃戦が鬼門ですな。で、4回はボスに到達して3回はS勝利、1回はT字不利かなんかでボスを沈めきれずにA勝利でした。
今回は意識的にカットインを避け連撃でどんな感じになるのかを観察しておりました。「時雨」も「綾波」も主砲×2に電探の連撃装備です。結果的にはなんだかんだ言って結構余裕がある勝ち方なので、このままゲージ割ってもよかったんですけど、まあたまには大戦力で圧倒して締めるのも良いかということで、図のような艦隊で最終戦。
見ての通り装甲空母2隻という実に大人気ない編成で、戦艦は我が艦隊の主力の1つ「Italia」。ルートの関係で戦艦は1隻までなので、代わりに重巡を2隻。イタリアつながりで「Zara due」と「Pola」でまいります。「Zara due」は高い火力と装甲で小型の戦艦みたいなキャラなので、この場面には向いているかもしれません。「霞改二乙」は特に意味は・・・絶賛育成中なので秋月砲×2とFuMO25レーダーで秋月型の下位互換的な防空駆逐艦として参加。最終戦で大破してしまいましたけど、その前に対空CIはしっかり出して防空駆逐艦の役目は果たしました。対空の値では「秋月」にはかないませんけど、夜戦火力はかなり上回るので、これはこれで使い勝手のよい艦娘なんですよ。

強力な艦娘のおかげでつつがなくS勝利。昼戦で決着がつきました。まあ3-5のボスは弱いですからね。付随した多数の各種任務も終了。あとは惰性で資源と相談しながら4-5以降をやるかどうか・・・面倒臭いからやらないと思います。w
といった感じでgdgdの「艦これ」日記でした。

by namatee_namatee | 2017-03-08 21:40 | diary? | Comments(0)

完全に「艦これ」日記。w

さて本日は「艦これ」日記。w
イベントが終わったばかりなのに、これまたイロイロとイベントがございました。
まず、先日もネタにしたイラストレーターのじじさんが描いた「Aquila」、アクィラ姉さんと結婚。
「Aquila」はイタリアの航空母艦です。元は商船なので改造空母で、「艦これ」世界では軽空母になりそうなもんなんですけど、正規空母なんだな、これが。w
正直、性能は軽空母並みです。使い所が難しい。わたくしは演習の時の航空戦力のかさ上げとか、練度が下がってしまった艦攻とか艦爆、艦戦のトレーナーとして1-1で使ったりしてます。その用途には「鳳翔」さんが最適なんですけど、「Aquila」は一応は正規空母、スロットが4つあるので一度に大量の艦上機をトレーニングでき、その割には燃費が良いという利点がありま・・・まあ、なんだかんだ言って、この見た目とキャラクターが好きなんですよ。時報のセリフとかもう最高。w
c0019089_19023432.jpg
返す刀で「伊8」はっちゃんとも結婚。
こちらはLv99までの道のりが長かった。潜水艦はウチの艦隊の実質的な主力艦ですけど、いかんせんロクでもない海域にしか行かない(ほぼ90%は2-3「オリョクル」)、その上、伊8、伊19、伊58、伊168は複数在籍していて出撃がローテーションされて経験値が分散して溜まっていくのでなかなかLvUpしません。
その中ではっちゃんは最も古い部類で運も高めということで、一番早くLv99に到達したのでしょう。
我が艦隊の水上艦はLv100を超えると半分引退みたいになるんですけど、潜水艦はそういうことはなく、今後もこき使われます。装甲空母とかは確かに強大な戦力ではありますけれども、コストの面から滅多に出番が無いのと対照的。
c0019089_19024498.jpg
他にはなんだか見慣れない単発任務があったので、次から次へとこなしてまいります。6-1をB勝利以上しろってのがありまして、潜水艦6隻で突撃したんですけど、道中で大破が頻発。おまけに索敵不足で逸れたり。orz
禿げ上がりそうになりながら、カットインの出やすい順番に編成を変えたりして、なんとか達成。
それで出てきた任務で、「瑞雲(六三一空)」を
c0019089_19025216.jpg
「晴嵐(六三一空)」にアップグレード。
「瑞雲(六三一空)」は先日のイベントでやってきたばかりで、まだほとんど実戦で使ってないのに。(汗
c0019089_19030319.jpg
次はこれまた先日、改二になったばかりの「Zara due」を旗艦にして5-3でA勝利以上という任務があったので、それにチャレンジって、5-3っていったらあの「アイアンボトムサウンド」のマップじゃないですか、やだー。w
いやぁマジで嫌いなんですよ、ここ。3戦連続で夜戦、特に2戦目で「戦艦タ級flagship」×2を引くと辛い。いや、夜戦なのでなんでも辛いんですけど。
正直、わたくしはどうやってここを突破したのか覚えてません。先に進んでいるのでなんとかして突破したんでしょうけどね。w

とりあえず適当な艦隊を編成してチャレンジ。いきなり初戦で旗艦の「Zara due」ちゃんが大破。もちろん撤退。これだから夜戦は。orz
二回目、夜戦はなんとか切り抜けボスへ到達するも、水上機の積載ミスで航空優勢がとれない上に潜水艦対策で複列陣、さらにT字不利を引いたらしい。おまけに敵の編成に潜水艦がいないという空振り。w
この悪条件では残念ながら「戦術的敗北」でありました。三度目の正直、今度は潜水艦を無視してボス艦隊の水上艦のみをねらうように編成を変える。前回までは潜水艦対策で軽巡の「阿武隈」をいれていたんですけど、これを航空巡洋艦の筑摩に替えました。ちなみに初回〜2回目の構成は「Zara due」「Italia」「利根改二」「阿武隈改二」「朝潮改二丁」「秋月」、3回目は「Zara due」「Italia」「利根改二」「筑摩改二」「荒潮改二」「秋月」です。「Zara due」「Italia」「利根改二」「筑摩改二」には水上戦闘機や水上爆撃機、加えて夜戦対策の夜偵と「荒潮改二」に照明弾を搭載して、道中の安定とボス戦での航空優勢を狙います。
そして3度目のチャレンジ。なんとか夜戦を切り抜けボスに到達。今度は潜水艦は無視ですから単縦陣。ボスは潜水艦×1の編成で航空優勢は取った。ここで計算違いが発覚。航空巡洋艦に水上爆撃機を積んだもんだから潜水艦を攻撃しちゃう。味方艦隊6隻のうち、4隻が敵艦隊のたった1隻の潜水艦に向かって行ってしまいました。水上艦を相手にするのは「Zara due」「Italia」のみという。(汗
やばい、また戦術的敗北か、思いましたけど、「Zara due」「Italia」の奮戦(あと「秋月」の対空CIも讃えられるべき。本当に最強のディフェンス要員で頼りになります。>秋月)でなんとか被害を受けずに夜戦に持ち込むことに成功。夜戦になれば航空巡洋艦も水上艦を攻撃するようになるんですよ。そして潜水艦以外を綺麗に吹き飛ばして無事にA勝利でございました。綱渡り同然でしたけど、結果オーライ。よかったよかった。イベントのラスダン並みに手に汗を握りましたよ。本当に嫌。>5-3

そしてもらったのがこちら。「艦本新設計 増設バルジ(中型艦)」ですって。「攻撃は最大の防御」を地でいく脳筋の我が艦隊ではあまり使わない装備なんですけど、防御力が脆弱な水上機母艦・潜水母艦とかで役にたつかも。
c0019089_21274317.jpg
次は「潜水艦武装の強化」だそうで、装備のいくつかと引き換えにこれをget。
c0019089_19382438.jpg
前述の通り、潜水艦が事実上の主力艦である我が艦隊にこれはありがたいですよ。オーパーツと言われる「53cm艦首魚雷」と比べて雷装値で同等、命中で1上回るという逸品。さっそく絶賛錬成中の「伊13」ヒトミちゃんに「潜水艦53cm艦首魚雷(8門)」と一緒に装備してあげました。他の潜水艦に雷装値で劣ると言われる「伊13」ですけど、これだけ強力な魚雷を装備すると雷装値は103とかで、まあ遜色無いレベルになります。3スロットなので、もう1つのスロットには「潜水艦搭載電探&逆探(E27)」が装備されており、まだLv62なのに回避も一人前。エロい見た目やエロい言動だけでなく、性能の面でもたいへん好ましく頼りになります。>伊13「ヒトミ」ちゃん

といった感じで、なかなか忙しい「艦これ」日記でした。これでもちゃんと仕事はしているんですよ。w

by namatee_namatee | 2017-03-02 21:40 | diary? | Comments(2)

楽しかったイベントも終了。

c0019089_19203499.jpg
「艦これ」の冬イベント「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」が終わりましたなぁ。
先に書いた通り、ウチの艦隊は特に事故もなく、かといって華々しく難易度「甲」で突破ということもなく、本当に地味に普通に「乙」で終了でございました。横須賀鎮守府最底辺の司令部らしく妥当な結果かと。w

現在は戦後処理、つまり資源の回復につとめております。実はイベントをさっさと突破した上に、新しい潜水艦娘が2隻もやってきたので、演習から作戦から全て潜水艦で回しておりました。おかげで弾薬とボーキに関しては戦前を超える水準まで回復、バケツもカンスト、燃料のみちょっと回復が遅れておりますけれども元々カンストだったのでどうということはないという、なかなかよろしい状態となっております。このまま順調に回復すれば今度こそ弾薬・ボーキもカンストできるかも。

今回のイベントはドロップは少なめでした。完全新規は「伊13」のみ、あと「瑞穂」と「天津風」ぐらいですか。いずれも貴重な装備を持ってきてくれるので大変ありがたい。なかでも「伊13」は本人そのものが貴重な潜水艦娘であると同時に「潜水艦搭載電探&逆探(E27)」という、装備のバリエーションに乏しい潜水艦には嬉しいアイテムを持ってきてくれます。回避が大幅にupするので、厳しい海域へ潜水艦で出撃しなければならないときに重宝します。我が艦隊の潜水艦への依存度がますます高まります。w

図はメンテで実装されたイタリアの重巡洋艦「Zara」の改二、イタリア風に「Zara due 」ですって。かなり高い練度(Lv88?)と改造設計図が必要だそうですけど、ウチの「Zara」ちゃんはとっくに結婚済みなので楽勝。勲章もイベントでもらった分や一生懸命集めたのが14個ほどあったので問題無し。
イタリアの重巡は射程が「長」なのと水上機の搭載能力が充実しているのが特徴なんですけど、雷装はイマイチなんですよね。なので重巡の十八番のはずの夜戦も微妙に苦手・・・なはず。なので練度upでそれを補おうとLvUpに勤しみまして、おかげで他の有力な日本重巡を差し置いて結婚済みとなっているわけでございます。
とか言っているけど、実際は夜戦での能力差を実感できてはいないんですよね。「鳥海」「妙高」あたりは夜戦ではっきりと強力なのがわかりますけど、では「羽黒」「足柄」と「Zara」で差があるのかとなると、差があると言い切れるほどには実感できてません。イベントなどでも効率を優先するとそのちょっとした差に意味があるらしいのですけれども、わたくしの艦隊運営は穴だらけのgdgdですので、このダメさ加減では艦娘のわずかな能力の差など表に出てこないかもしれません。
妹の「Pola」もLv97ぐらいなので、そう遠からず「ケッコンカッコカリ」ということになりそう。

さる折、友人から意外なことを聞きまして。それはこの「Zara」を始めとした「艦これ」のイタリア艦娘の絵師、じじさんはその友人の知り合いだという。人となりをお聞きしまして、詳しくは書けませんけど大変興味深いお話でした。
いやぁ世間は狭いというかなんというか。ネットの繋がりの多様性って奴ですねぇ。

by namatee_namatee | 2017-02-28 21:22 | diary? | Comments(2)

実績

c0019089_19063675.jpg
というわけで、今回のイベントの総括。
イベントはまだ終わってないけど、わたくし的にはE3終わったのと同時に「伊13」ヒトミちゃんが来た時点で「もう良いか。」と。w

イベント開始直前の2/13の資材はこの通り。↓
燃料:299,775
弾薬:160,983
鋼材:299,991
ボーキ:265,931
バケツ:3,000

これがE3を難易度「乙」で突破した時点ではこの通り。↓
燃料:270,777
弾薬:139,319
鋼材:291,472
ボーキ:253,060
バケツ:2,931

よって使用量はこうなりますね。↓
燃料:28,998
弾薬:21,664
鋼材:8,519
ボーキ:12,871
バケツ:69

途中で手が空いた時には遠征に出してますし、デイリーやウィークリーの任務も消化しているので、完全に消費した量とは言えないのですけれど(特にバケツ)、それは誰でも同じようにすることでしょうから、まあ大体は正確な消費量と思って差し支えないかと。
いずれにせよ大した消費量ではありません。理屈の上では少なくともあと5-6回はイベントを完走できる計算になりますね。w

今回のイベントも変なところで引っかかることもなく、ごく当たり前にやることやってその結果が出た感じ。いつものように難易度は「甲」でもいけたような気がしないでもないのですけれども、それは錯覚ということはわかっておりますので。w

図はE3のラスダン終了直後の第二艦隊。損害がほとんどありません。これでS勝利だったんですよね。それまでは一回もS勝利はなかったんですけど。本当に運ゲーだなぁ。>艦これ

by namatee_namatee | 2017-02-22 19:25 | diary? | Comments(6)

けしからん。w

c0019089_19094755.jpg
椎名さんの楽曲に「Graduater」というのがありまして・・・今更何を言っているのかとお思いでしょうけど、このブログは椎名さんのことを知らない方もいらっしゃいますので念のためです。w
「Graduater」は椎名さんの楽曲の中では極めて格式が高く、個人的な意見ではこれと並ぶのは「風が吹く丘」と「抱きしめて」のみ。この3曲の中でも格式は最も上かと。わたくしの好き嫌いで言えば「風が吹く丘」「抱きしめて」の次ではありますけれども、それでも歴史的意義みたいなものを考慮すればやっぱり「Graduater」が「椎名へきる」の代表曲だろうな、と思います。
どんな感じなのかはこちらからどうぞ。



先日のアコースティックライブでちょっと出たネタで、バンマスの斎藤氏によると、この「Graduater」のイントロのギターソロのところが難しいという。河村氏の言によるとキーボードだと簡単らしいのですけれど、ギターだと難しいそうで。そういえば以前にも「believe」のイントロがギターだと弾きづらいとおっしゃってましたので、このようにはっきりと区切るように音が並んでいるとギターでは難しいのでしょうかね。わたしゃ楽器はさっぱりなのでよくわかりませんけどね。

楽器の技術的にどうのということもありますけど、椎名さんのライブでの「Graduater」は特別な意味合いをもつ楽曲なので、そういう意味でもプレッシャーがあるのかなぁと思いました。プロなので弾けて当たり前というプレッシャーもあるのでしょうけれども。
で、DAITA氏つながりで、斎藤氏と木村健氏、あと誰か失念してしまいましたがギタリストの方の4人で「Graduater」を弾いて、誰が一番上手いかを競うライブというネタが。w
「Graduater」を4回だけではアレなので、「抱きしめて」と「RESET」もそれぞれ4人で演ればライブになるんじゃね?みたいなネタでした。
もちろん冗談なわけですけど、わたくしとしてはそれもアリかななどと思いましたよ。椎名さんもそれ面白そうとか言ってましたけど、大楽氏に「お前は歌えよ!」と突っ込まれてました。w

CDではDAITA氏の演奏ですけど、ライブで演るのは斎藤氏と木村氏です。そこら辺を同じギタリストとしてお互いどう思っているのかなぁと思っていたんですけど、この話を聞いてなんとなく雰囲気がわかりました。それぞれ自分が一番と思っているのかもしれませんね。w

話はかわりまして、図は「艦これ」の最終海域のボスマスでドロップしてまいりました「伊13」、「ヒトミ」ちゃんですって。
作戦としては昨日の続きで最終海域のラスダンでした。朝一番で艦隊の編成を見直し、「機動部隊」で突撃。第一艦隊に装甲空母(翔鶴・瑞鶴)×2、正規空母×2(加賀・サラトガ)、高速戦艦×2(Iowa・Italia)、第二艦隊に「神通」「摩耶」「妙高」「初霜」「雪風」「北上」という編成でございます。
装甲空母には噴式攻撃機を始め、最強クラスの艦攻や艦爆を搭載、正規空母の方にはこれまた最強の制空戦闘機を配置して突撃。制空に余裕があるので、基地航空隊は第一・第二ともに戦闘機×1、陸攻×3にして打撃力up。支援艦隊は道中も決戦もフルパワーであります。
結果はどうだったか。・・・確かに航空攻撃の威力はすごいんですけど、遠回りになるためか、ボス戦ではやや精彩にかける感じ。もちろん昼戦では片はつきませんので夜戦で決着をつけることになるわけですけれども、昼戦での攻撃順の関係からなのか、肝心の第二艦隊の被害が大きくなるような感じで結局は夜戦では打撃力不足になってトドメを刺しきれませんでした。トータルでも損害が大きい印象。
これはいかん、ということでさっさと水上打撃編成に戻して、第二艦隊をより夜戦向きに「神通」「摩耶」「初霜」「木曽」「雪風」「北上」に変更。魚雷カットインが発動すればよし、しなければ何もかも失うという極端な構成。ちなみに第一艦隊は「千歳」「Iowa」「Italia」「金剛」「比叡」「千代田」。
昨夜の最後のラスダンチャレンジと前回の「機動部隊」のときの両方とも、どうも基地航空隊の打撃力が通らなくなってきたような印象があり、おそらく原因は損害を受け続けて練度が下がってしまったのだろうと思われます。その点からも基地航空隊の打撃力に依存度が低い(水上打撃部隊の時は第一航空隊は戦闘機のみですし。)「水上打撃部隊」の方が理にかなっているかなぁとも思いました。

で、突撃開始。道中は特に損害を受けることもなく、ほぼ無傷でボスに到達。基地航空隊の攻撃の成果はやはりあまり芳しくない。とりあえず頼りになるのは第一艦隊の戦艦4隻の火力であります。これはそこそこに通じまして、敵の第二艦隊はほぼ全滅。次のこちらの第二艦隊の攻撃で敵第二艦隊は全滅。そして敵第一艦隊も大物(「深海双子棲姫」「空母棲姫」×2)以外は排除。夜戦に突入し「神通」と「摩耶」の攻撃で「空母棲姫」×2も排除。ただし「深海双子棲姫」はまだ無傷でした。
ここからの展開は早かった。「初霜」「木曽」「雪風」がそれぞれカットインを決め、最後は「北上」のカットインで綺麗に吹き飛ばしてお終い。ラスダンの決着はこうでなくっちゃ。w

で、ドロップしてきたのが図の「伊13」です。今回のイベントでの新規ドロップ艦2隻のうちの片方。いやぁ、前の伊26「にむ」のときみたいにぐるぐると50周以上も周回する羽目にならずに本当によかった。w

伊13「ヒトミ」ちゃん、なんていうかすごくエロい。この通り、見た目もエロいんですけど、言動や話し方もエロい。なんか後ろ向きでたどたどしくて、とにかくすごくエロい。w
これまでの潜水艦娘は幼女のスタイルが多くて、そういう意味でのエロさはありましたけど、「伊13」は幼女を装ったもっと大人の女性みたいな感じで、今までにないエロさ。これはやばい。w
そして海域を突破したので、報酬艦の「伊14」イヨちゃんもやってまいりましたけど、そちらは姉妹なので見た目は似ていてやっぱりエロいものの、性格は正反対の健康的なキャラのようで好対照であります。
好対照といえば、敵ボスの「深海双子棲姫」とこの伊13・伊14の姉妹は対になっている存在のようで、見た目も似てますね。

あとは「伊13」と同じくドロップするはずの駆逐艦の「藤波」をE2で探すわけですけど、「伊13」の衝撃があまりに大きかったので、そっちはどうでもよくなりつつあります。w

by namatee_namatee | 2017-02-17 21:27 | music | Comments(8)

性癖がバレる。w

c0019089_21020953.jpg
特にネタが(ry
なので「艦これ」ネタで。
図は今回のイベント「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」の最終海域E3のボス。いわゆるラスボスって奴?
これが「深海棲艦」って奴ですな。これは見ての通り「深海双子棲姫」だそうで、双子なので2人おります。
・・・わたくし、今まで「深海棲艦」に何か感じた事はなかったんですけど、この「深海双子棲姫」は見た瞬間にグッときてしまいました。白黒反転した二人がこういう姿勢で重なり合って、しかもマスクみたいなのしているとか、すごくエロく感じる。やっぱりレズ好きだからかなぁ。w

それはそれ。
現在の戦況はというと、この「深海双子棲姫」をほぼ削り終わりました。つまりラスダン。そしてゲージ破壊可能状態になると出現する任務「敵大規模泊地後方兵站線を分断せよ!」も終了。もう一つの装甲弱体化ギミックもたぶんクリアしているはず。なので、うまくいけばあと1回で海域クリアになります・・・が、そうは問屋がおろさない。w
これまでに7回ほどチャレンジしてまいりましたけど、ボスを撃破できたのが1回しかないという。
この海域は連合艦隊編成で、ウチでは「水上打撃部隊」で攻略しております。つまり第1艦隊に軽空母2隻しか入れられない。そして極めて制空が厳しく、艦攻や艦爆を入れる余裕がありません。つまり軽空母2隻は全て艦戦を搭載しており航空打撃力がありません。これでも制空は不十分で、基地航空隊の第1部隊を全て戦闘機(行動半径の関係で零戦しか使えない)にして、それを制空の補助にしてやっと「優勢」といったありさま。「優勢」とっておかないと戦艦の「弾着観測射撃」が発動せず、ボスを撃破どころか大量に取りこぼしがでてしまいます。
そして第2艦隊は魚雷カットイン装備、つまり運任せの編成で、これがうまくいくときと外したときの差が大きくてですね。orz
そういったわけで、ここまでは比較的安定して削ってきたんですけど決め手に欠けるといういつもの状況になっているわけでございます。あと何回か「水上打撃部隊」で行ってみて、決め手に欠けるようなら「機動部隊」にかえてみるとしましょう。ちょっと遠回りになって燃料とか弾薬のペナルティが増え、道中の安定度も下がると言われておりますけど、ボスをやっつけられないのでは仕方ない。いやまあ、現在は支援艦隊に回っている装甲空母の「翔鶴」「瑞鶴」に噴式攻撃機搭載でぶちかましてみたいですし。

by namatee_namatee | 2017-02-16 21:34 | diary? | Comments(0)

大出血。orz

c0019089_19050405.jpg
先日のエントリーを読み返してみるとわたくしの見解がちょっと軟弱に感じられました。なのでちょっと補足。
それは「keeno song collection -fear: female singer-」における椎名さんの評価についてなんですけれども、Amazonの評価を見た感じでは、評価している人、特に厳しい評価をしている人の視野の狭さみたいなものを感じてしまうんですね。

声や歌い方が嫌いってのはわかります。好き嫌いはどうしようもない。ただし、それを作品の評価に影響させるのはもう少し考えてからの方が良いんじゃないかなぁと思うのですよね。
好きか嫌いか、それをレビューにズバッと書く、それもアリだとは思いますよ。でもそれはその人の主観そのもので、他の人に当てはまるかどうかはわからない。そのレビューを読む人はそのレビューを書いた人のことは知らないわけですからね。そしてわたくしの印象ではそのレビューを書いた人はその内容がその人の好き嫌いの問題に過ぎないということを自覚していないような気がする。

わたくしは椎名さんのファンですから、その椎名さんに対して厳しい評価があるってのは良い気持ちではありません。当然ながらその厳しい評価の根拠みたいなものを追求したくなるわけです。でも、そんなものはないんですよ。良くて好き嫌い、悪くすると誤った情報による偏見とかですね。何かを評価するときにその対象について、なにもかも把握している必要はないのは当たり前のことではありますけれども(「シーザーを理解するためにシーザーである必要はない」って奴ですね。)、その主張が好き嫌いによるものだと自覚していないってのもまた問題ありと思うのですけれども、どうでしょうかねぇ。

ちょっと見方を変えて、レビューというのはなんのためにするのかを考えてみると。
ボーカロイドの楽曲が好きで「椎名へきる」は嫌いという人がいるとして、「keeno song collection -fear: female singer-」を聴いて、こんなものは認められない、せっかくのkeenoさんとミクの楽曲が台無しじゃないか、ふざけんな!となったとする。
で、Amazonの「商品レビューを書く」ボタンを押し、開いたウィンドウに思ったことを書く。
何を書くか。「ボカロ最強。やっぱり椎名へきるはダメだな。せっかくの名曲を台無しにしやがって。」みたいなことを書きます。だがちょっと待ってほしい。w
それが何をもたらすというのか。文面からはあからさまに好き嫌いが滲み出ている。これは読んでみればわかりますよ。そのレビューはその人の好き嫌いであって、「keeno song collection -fear: female singer-」の価値を「直接」表すものではないんですよ。
もし仮に「椎名へきる」が嫌いで、彼女が関わった楽曲を貶め、売れないようにしたいwとするのならば、むしろこの手は逆効果でしょう。わたくしが椎名さんのファンじゃなかったとして、かといってボカロにも興味がないという、まっさらの状態で、でも「keeno song collection -fear: female singer-」には興味がある者としてレビューを読んだとしたら、この手の評価は評価しませんね。むしろそこまで言われているんならと興味が湧いて買っちゃうかもしれません。少なくとも試聴はしますね。この手のレビューはそのキッカケになっちゃいます。だから目的は達成できないんですよ。

好き嫌いを表明するのはアリです。でも同時に論理的というか根拠のある情報も書いて、好き嫌いとその情報、それと公平な見解を並べ立てて攻めるのが良い手ではないかと思う次第。
要するに好きだ嫌いだと書き立てても結局はその先にその楽曲を聴く人の好き嫌いがまたあるので意味がないよね、と言いたいわけでございます。
「keeno song collection -fear: female singer-」については、「椎名へきる」側には先日のエントリーに書いたように、楽曲の世界観とボカロの歌という特徴を尊重して歌ったという本人の解釈についての情報があるわけです。それが妥当かどうか、成功だったかどうか、好きか嫌いか、などについては人それぞれに意見がありますけど、具体的にあのような歌になった理由は情報として知られている。それに対して「やっぱりへきるは(ry」なんて偏見丸出しのレビュー書いたって、知っている側から見たら鼻で笑われてしまいますよ。w

ネットになにか書くとずっと残りますからね。好き勝手なことを書けるのもネットですけど、その好き勝手に書いたことに対してさらに好き勝手なことを言われることも考えないといけません。某巨大掲示板しかりtwitterしかり、スカッと気持ち良いこと書いちゃって、あとから突っ込まれまくりとか、あるいは逆にだれも突っ込まないとか、どこか辺境のブログでネタにされちゃうとか、特定の歌い手の好き嫌いで腹の虫が収まらずに無駄に辛辣なレビューを書いてしまうようなセンシティブな人には、そういうことは耐え難い苦痛になるかもしれません。
いやまあ、わたくしとしてはこれで1日分のエントリーのネタにできるわけで、ありがたいお話ではあるんですけれども。w

ちょっと前置きが長くなってしまいました。w
図は本日の「艦これ」の戦果。見ての通り神風型駆逐艦の「松風」。E2のクリア報酬です。僕っ娘ですね。
E2は難易度「甲」でクリアできました。けっこう苦労しましたね。
輸送艦隊で攻略していたんですけれども、昨日ネタにしたとおり戦力をセーブしていたこともあり、毎回ギリギリでA勝利という感じ。神風型2隻と「皐月」を入れてあったのでルート固定の点で有利でしたけど、それを含んでもギリギリA勝利でした。それがTPの残りが110を切ると1戦増えるということで、ギリギリだったのが無理になりまして。w
ある戦闘で自艦隊12隻のうち実に6隻が大破しまして、当然ながら撤退の局面であります。まともな状態でもA勝利できなくなっているのに半分が大破状態では勝てるわけがないっていうか、大破で進撃すると沈んじゃうから。(汗
にもかかわらずにうっかり進撃のボタンを押しちゃうというね。w
まあダメコン積んであるんで撃沈されても平気っちゃ平気ですけど、気持ちの良いものじゃありません。っていうか、ダメコン(女神)を一気に5個も使っちゃいましたよ。orz
大破はボス前での話だったのでボス戦で完全復活になり、なんとかA勝利できましたけどね。割に合いませんよ。
次戦からは艦隊を組み直し、金剛型高速戦艦×2と正規空母×2を入れた機動部隊編成に切り替えました。制空権取れると命中率上がってすごく楽。1回あたりの資源輸送量は少なくなりますけど、確実にA勝利できるなら回数でカバーでいける機動部隊の方が良かったかも。まあ定石通り、削りは輸送艦隊でとどめは機動部隊もしくは水上打撃部隊でということなんでしょう。最後には輸送部隊で使った駆逐艦の代わりに航巡×2に替えてS勝利でした。ドロップは山城さん。今回も珍しい艦娘には縁がなさそう・・・

次は最終海域のE3でございます。「彩雲」が必要なんだそうで。ウチには「彩雲」は15機ほど在庫があるのでなんとかなるでしょう。問題は難易度。「甲」でいくか「乙」でいくか。E2の経験からいくとやっぱり「甲」はなにかと面倒臭い。いまさら「甲勲章」が2個になっても横鎮では譽れでもなんでもありませんから、楽な「乙」で行こうかなぁと。

by namatee_namatee | 2017-02-14 21:36 | diary? | Comments(6)

チャレンジ開始

c0019089_19082080.jpg
というわけで「艦これ」のイベントであります。「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」だそうです。小規模な作戦ということで、E3までしかないみたいですね。始めたばかりの提督もいらっしゃるので、手頃な規模のイベントってのはよろしいのではないかと思います。そうそういつもいつもE7とかまであって、敵がなんとか棲鬼とかが5隻とかみたいなデロデロのイベントじゃたまりませんよ。主に資源の面で。w

とりあえず、我が艦隊はE1を甲で突破。極めてせこい作戦をとり、潜水艦を使いました。伊58、伊8、伊19、伊168の4隻は5セットぐらい在籍しておりまして、今回はそれの中の上ぐらいのところから2セットを選んでチャレンジ。で、1度だけ伊19が大破して撤退した以外は順調に周回し、思っているよりもあっさりと終わってしまいました。潜水艦だとボスマスではS勝利できませんけど、それはE3まで終わらせてから戻って来ればよいこと。わたくしの場合は海域突破が第一目標なのであります。

次はE2なわけですけど、今回も出撃制限の札がありまして、E1に出撃した艦娘はE2には出られません。そしてE2に出撃した艦娘はE3には出られず、でもE1の札の艦娘は出られるという。これはちょっと意地悪ですよ。w
E2も難易度「甲」でチャレンジしておりますけど、それなりに強力な敵で補欠級の艦娘では突破はおぼつかない感じ。とはいえ、E3のことを考えると主力級は出したくない。例えばウチの場合、夜戦で重要な重巡は「妙高」「鳥海」あたり、あるいは「摩耶」とか「Prinz Eugen」あたり、これらは決戦用にとっておきたい。E2で使ってしまうわけにはいかないのです。おまけにまだE3の情報がはっきりしてないときたもんだ。
そういうわけで、ルート固定を鑑みた上でほどほどの戦力で艦隊を組んで出撃してみた、というのが現在の状態であります。2戦して2回ともA勝利。ウチは司令部レベルが109なので、突破に必要なのは480TPです。司令部レベル110以上は500TPなので、ぎりぎり109ってのはちょっと得かも。艦隊の1回あたりの資源運搬量は88TPのようなので、6回勝てば突破できます。残り4回。だがしかし、けっこうヒヤヒヤしながらの道中なので、あと5-6回は覚悟しておいたほうが良いかもしれません。
いずれにせよ、まだまだ日程は残っているので、ゆっくりと攻めていこうと思っております。

図はイベント開始直前の我が艦隊資源量。これがどこまで減るか、見ものですよ。w

by namatee_namatee | 2017-02-13 20:50 | diary? | Comments(6)

引きこもりの1日

c0019089_20360191.jpg
昨日から右膝が痛くなりまして、もう歩くのが辛いぐらいに痛い。原因は不明です。かつて、山の中で釣りをしていたときに、木の根っこにつまづいて右膝を強打しまして、その時はすごく痛かったんですけど無視して放っておいたら治りました。その後、何年かして交通事故にあって鎖骨を折りまして、病院で全身をレントゲンで調べてもらったら、件の右膝に骨折の跡があると言われました。皿の下のあたりに割れた跡があったそうで。w
今回の膝痛はもしかしてその後遺症?
風呂に入ってあっためると痛くなくなりますけど、冷えるとまた痛くなってくる。明日は出かけなければならないので一晩寝たら治ってくれるとよいんですけど・・・

というわけで本日は家から一歩も出ず。ごろごろと寝てました。「艦これ」もイベント前のメンテだし。
図はメンテ突入直前にLv99になって結婚した「翔鶴」。正確には「翔鶴改二甲」で装甲空母。
「翔鶴」はだいぶ前から在籍し装甲空母に改装されてからもかなり時間が経っているんですけど、きわめてゆっくりなLvUpでした。イベントなどの厳しい局面に投入されることが多い割に通常時は出番がない。資源消費が大きく、通常海域では過大な打撃力だからでしょうねぇ。
ここのところ、噴式攻撃機のテストで演習に出撃することが多く、一気にLvUpした感じ。そういえば
今回のイベントでは噴式攻撃機の出番はあるんでしょうか。あれは資源の消費が大変なので、できれば使いたくないんですよね。演習ならどうってことありませんけど、例えば5-4を「景雲」と「橘花」を搭載して「翔鶴改二」で一周すると鉄が1,000近く減ります。(汗
かなり強力な打撃力ではあるものの、消費する資源に見合っているかというと・・・微妙ですねぇ。

というわけで、ネタ切れでgdgdな1日でした。

by namatee_namatee | 2017-02-11 21:04 | diary? | Comments(9)