タグ:艦これ ( 146 ) タグの人気記事

やっと


特にネタはなし。っていうか、強烈に眠い。睡眠時間はそれなりにあるはずなんですけど・・・やっぱり睡眠障害なんですかねぇ。(汗

苦労人。
というわけで「艦これ」ネタ。本日は「飛龍改二」とケッコンカッコカリであります。43隻目のケッコン艦。
彼女は主力空母として活躍というよりは、支援にまわることが多かったですね。通常の正規空母としては火力が高くて優秀なんですけど、いかんせん装甲空母に比べると・・・あと通常の空母としては「加賀」や「サラトガ」が規模が大きくてなかなか強力なので、やや小ぶりな「飛龍」はどうしてもそれらの補佐に回ることになってました。なので「加賀」や「サラトガ」がさっさとLv99に達してケッコンカッコカリしていったのに対して、「飛龍」はここまで遅くなってしまいました。実は「蒼龍」もまだケッコンしてなかったります。「蒼龍」は現在Lv97。まだしばらく時間がかかりそうですなぁ。

イベントは明日のメンテまでで終わり。わたくしは駆逐艦を掘るなんて不毛なことはさっさと諦めて、やってきた「艦娘」のLvUpに勤しんでおります。戦艦の「Richelieu」と「Roma」、空母の「Ark Royal」はとっくに改造できるレベルに達して、現在は「U-511」を「呂-500」にして魚雷を剥ぎ取ろうとしているところ。現在のLvは46なのでそう遠からず「試製FaT仕様九五式酸素魚雷改」が手に入るでしょう。
「U-511」はもう一隻いますけど、次は気分を変えて「Luigi Torelli」の育成をしようと思います。でも特になんにも貰えないんですよね。>Luigi Torelli
あとは「択捉」と「松輪」もじわじわと育成中。海域はもちろん1-5です。海防艦は早熟で(なんかいやらしい。w)あっという間に先制爆雷攻撃ができるようになるので、1-5が異常に楽になりました。おかげでイロイロはかどります。
駆逐艦は・・・遠征艦隊に放り込んでおきましょう。w

by namatee_namatee | 2017-09-11 20:25 | diary? | Comments(6)

戦後処理


本日も特にネタはなし。なぜかやたらに眠いです。もしかして睡眠障害か?

というわけで「艦これ」日記。
我が艦隊は戦後処理中であります。戦後処理とはつまり資源の回復に努めること。連合艦隊用の第2艦隊はもちろん、それまで支援艦隊編成だった第3艦隊、第4艦隊も編成し直して、フル回転で遠征に向かわせます。それでジワジワと回復して、現状は図の通り。ボーキサイトの回復が遅れ気味、というよりE7終了時より減っているのは実はイベント終了の開放感から「大型艦建造」をやったからです。w
「大型艦建造」、普段はまずやりませんけど、イベント終了時に予定より資材の消費が少なかったりした時に試みにやってみることがありまして、今回もそういう感じで。毎度、連合艦隊の夜戦戦力としてあると良いなぁと思っている「ビスマルク」でも出ねぇかな、と思って、戦艦レシピで3回ほど回してみましたけど、出たのは「陸奥」「山城」「金剛」でした。残念。w
あとはプレゼント箱がいっぱいあったので、20個ほど開けて資源の足しにしました。あと菱餅も3つほど開けました。イベント中の資源不足で切羽詰まって開けたわけじゃないからセーフですよ。w>プレゼント箱&菱餅

「艦これ」のイベントの楽しみといえば、最終海域のゲージをカットインで吹き飛ばした時の爽快感とか、思いがけず珍しい艦娘がドロップした時のトキメキとか、いろいろありますけど、実はさっさと最終海域を突破して他の提督がラスダンでのたうちまわっているのを眺めるのが一番楽し(ry
「艦これwiki」を見ていると相変わらずE7の「甲」は大変なようで、沼っている方がいらっしゃいます。わたくしのようなヘタレ、ましてや「乙」で楽をしたものにはなにかアドバイスすることなど出来ませんので、陰ながら応援するしかないのであります。

わたくしがE7を終えた8/30から一週間ほど経ち、E7の攻略戦術も変化がみられます。わたくしがチャレンジしていたころの難易度「甲」攻略編成は第1艦隊に装甲空母×3、正規空母×1、高速戦艦(Iowaが多い)×1、軽巡洋艦(水上戦闘機ガン積みの由良改二一択)、第二艦隊の旗艦に「速吸」で戦力維持、先制雷撃と対潜対応で「阿武隈改二」、雷巡、夜戦に強い「ビスマルク」、以下高い運のカットイン艦娘(雪風とか時雨とか)というのが主流でしたけど、現在は第2艦隊に軽空母を配置して制空を担当させ、第1艦隊の装甲空母と正規空母4隻は艦攻ガン積みで究極の打撃力でぶん殴るというのが主流のようです。
これが「あ、なるほど!」と膝を打つほど合理的な編成で、自分でもやればよかったと。
敵が通常艦隊の場合、連合艦隊の第2艦隊に軽空母を配置しても第2艦隊の軽空母は航空戦に参加しないのであまり意味がないのですけれども(そんなだったら夜戦で強力な重巡かなにかを入れる。)、今回のE7のように敵が連合艦隊の場合は話が別で第2艦隊の軽空母も航空戦に参加するんですよ。なので艦戦を積んだ制空担当の軽空母を第2艦隊に配備するってのは実に賢い編成であります。第1艦隊の「由良改二」は制空補助のために水上戦闘機ガン積みですけど、第2艦隊に軽空母がいれば水上戦闘機ではなく対空兵装搭載で行けますし。その手があったか、と。
要するに昼戦のうちに装甲空母×3と正規空母×1の強大な打撃力でボス以外を排除して、夜戦で残ったボスを「速吸」と軽空母を除いた4隻の連撃とカットインで沈めるという作戦なんですね。実に明確な戦術。すばらしい。この戦術はノウハウとして次回以降に使わさせていただきます。

もっともわたくしはE7は「乙」だったので、そこまでしなくても楽勝でクリアできちゃいましたけどね。w
わたくしの考えた編成は少なくとも「乙」では他のポイントでもそつなく対応できて、ボス戦でも十分な打撃力を維持できたとそれなりに満足のいくものでした。ダメコン(女神)×2個つかいましたけどね。(汗

あー、やっぱり「艦これ」は楽しいなぁ。友人の間でもやめる人がちらほらといるんですけど、わたくしはまだ飽きませんねぇ。

by namatee_namatee | 2017-09-07 19:45 | diary? | Comments(6)

ツーリング行きたいなぁ。


ネタがなーい。w
本日は仕事。すごく暇。午前中、天気が悪かったからでしょうか。わたくしの担当は現金でお支払いしてくださるお客さんの清算なんですけど、本日のお客さんは1人だけでした。しかも千円以下の小額という。

なので暇つぶしに「艦これ」を・・・「艦これ」だって無限にできるわけじゃありませんので。艦娘は疲労するし、ダメージがあったら入渠して修理しなければならない。現在はイベント後で資源の回復をはからなければならない時期ですので、そうそう大胆な作戦に出るわけにもまいりません。というわけで、まだ落ちてこない艦娘の「掘り」をしながら遠征や今回のイベントでやってきた艦娘のLvUpをしたりしているわけでございます。
とりあえずE2で「狭霧」を探しておりますけど、E2は「甲」で攻略したもんだからなかなか手強い。しかも行き先が高速の水上機母艦が必要なルートで、ウチの高速な水母は「千歳」「千代田」で二隻ともLv20そこそこという。orz
軽巡や駆逐艦はそれなりの艦娘を用意できるものの、所詮は軽量な艦隊、なにかあるとすぐに大破します。なので目的地に到達するのが5回のうち3回ぐらいという有様。効率悪すぎです。もう面倒くさくなってきて、1日2回ぐらいしか回らないようになっちゃいました。w

図はE7で落ちてきた「ゆーちゃん」こと「U-511」。実は2人落ちてきた。しかも夏仕様の限定グラフィックですね、これ。
大変ありがたいことです。「U-511」は改造すると「呂500」通称「ろーちゃん」になりまして、その本人も極めて有用な潜水艦娘であるのですけど、改造すると持参する「試製FaT仕様九五式酸素魚雷改」が素晴らしい。雷装値は14と今となっては常識的な数値ではありますけれども命中が7、回避が2ついてきます。つまりよく当たる魚雷ということですね。潜水艦が事実上の主力艦な我が艦隊にはとても有用な装備であります。あともともと持参するロケットランチャーの「WG42」も貴重。こちらはイベントなどでよくある陸上型の深海棲艦に有効な装備で、航空巡洋艦や駆逐艦に装備して(その気になれば潜水艦にも)大打撃を与えることができるそうです。特に航空巡洋艦の鈴谷や熊野と相性が良く、どこだったかのギミック解除時やE6の陸上型深海棲艦対策としてよく働いてくれました。
っていうか、我が艦隊における今回のイベントの殊勲艦は「鈴谷改二」と「熊野改二」ですよ。諸般の事情で「熟練艦載機整備員」がウチには居ないので完全にポテンシャルを発揮させているとは言えないのですけど、それでも「3号砲」を搭載した夜戦での打撃力は立派なフィニッシャーぶりでございました。

今回のイベントで「ゆーちゃん」が二隻来てくれたので、まともに育てれば「試製FaT仕様九五式酸素魚雷改」は今まであった1本に加えて合計3本に、「WG42」は手持ちの3つとあわせて5個になり、装備としては地味ながら意外に大きい打撃力強化になります。装備の裾野が広がるのは良いことでございますなぁ。

などと考えながら「艦これ」をやっていたわけですけれども、上に書いた通り、無限に続けられるわけでもないので、なにか他にないかとネットを彷徨っておりましたらば、ある方の「北海道ツーリング」のレポを見つけました。わたくし、もともとツーリングレポートを読むのが好きなタチで、特に北海道のものは自分が行ったことがない&憧れの場所ということで、とても興味があるんですよね。
レポは2人分見つけたんですけど、どちらも女性の方で、一人はGW中に2泊3日でポイントを絞ったツーリング、もう一人は夏休みに2週間以上のロングツーリングと対照的。スタイルはどちらもキャンプ装備ですけどライダーズハウスも利用するという感じでした。
これが、もう本当に楽しそうで羨ましくてたまりません。実際は女性ということで、イロイロ気を使わなければならないこともありそうでしたけど、それはあまり感じさせず、ライハでの出会いとかキャンプのロケーションの素晴らしさとか・・・北海道は車でなら走ったことがあるんで、あの道の広さや人気のなさはとても良い気分なのはわかります。それを風を感じる二輪車で走れるなんて羨ましくてたまりません。

今年は無理だから、来年のGWにでも企画しようかなぁなどと情報を漁っていたら、宮古〜室蘭のフェリーが来年6月に開設されるとのこと。GWは間に合わないけど夏休みなら行けますね、これ。もちろん大洗から苫小牧へのフェリーもあるんですけど、夏休みは予約が取りづらいんで、フェリーの選択肢が増えるのは良いことです。問題はVespa LX150ieだと宮古まで走っていくのが辛いこと。これはツーリング用のモーターサイクルを買わないと(ry
いやむしろ、LX150ieで無理をする方が楽しいか、などと妄想しているうちに終わった1日でございました。

by namatee_namatee | 2017-09-02 21:08 | motorcycle | Comments(12)

決着


特にネタはありませんので、引き続き「艦これ」日記。
「ナマーズ・フリート」は「西方再打通!欧州救援作戦/拡張作戦」の最終海域「北大西洋海域」E7を難易度「乙」で終了いたしました。
ない頭をひねって考えた編成は概ね想定通りに動いてくれまして、特に事故もなく淡々とS勝利を重ねて最短の6回で撃破。事故はなくとはいえ、ダメコンは2つ使いましたけどね。だって再出撃するのが面倒(ry

やっぱり「乙」は楽ですねぇ。もう本当に全体的にのんびりしてます。昨日も書きましたけど、噂では「甲」は地獄のような厳しさだそうで。その厳しさの分、得られる栄誉や装備はずっと大きいのでしょうけど、わたくしはイベントの楽しさと天秤にかけて易しい「乙」で我慢いたしました。w
楽とはいえ、やることはやらないと楽にならないわけでして。前にも書きましたけど、出撃前の編成や装備のチェック、支援艦隊のキラ付け、あと前述の通り「ダメコン」を使うかどうかの決断とか、それなりに神経を使います。まあそれも含めて「艦これ」のイベントの楽しみということと思っておりますけどね。
難易度「乙」の場合は「甲」ほどイレギュラーな編成にしなくても大丈夫・・・というか道中の昼戦を考慮して、第二艦隊に高速戦艦を配置したり、対潜装備を増やしたりして、戦績をみながら夜戦火力をスポイルするような編成にしていきましたけど、どのポイントでもまずまずの対応ができて、なおかつボス戦でも十分な打撃力を保持できていました。うまくいった感があってとても満足です。

図はそのE7の突破報酬、「アーク・ロイヤル」。ついに「艦これ」にも英国空母の登場であります。装甲空母の「イラストリアス級」じゃないところが渋い。「ソードフィッシュ」や「スクア」が似合いますなぁ。性能はとにかく。w
「リシュリュー」や「Roma」と一緒に大切に育てて行きたいと思います。

追記:
資源の使用状況を書くのを忘れました。

開始時点では
燃料:298,709
弾薬:223,799
鋼材:297,865
ボーキサイト:250,778
バケツ:3,000

それが終了時は
燃料:189,968
弾薬:114,953
鋼材:266,669
ボーキサイト:208,481
バケツ:2,810

なので使用したのは
燃料:108,741
弾薬:108,846
鋼材:31,196
ボーキサイト:42,297
バケツ:190

さすが大規模作戦、それなりの使用量になりますなぁ。まだ余裕がありますけど。本当に余裕がなくなってくるとプレゼント箱とか甲勲章を資源に替え始めますからね。w

by namatee_namatee | 2017-08-30 20:50 | diary? | Comments(4)

最終局面


「艦これ」日記。
我が艦隊「ナマーズ・フリート」wはイベントの最終海域であるE7を難易度「乙」で攻略中であります。
今回のイベントはイロイロと面倒くさい仕掛けが多いですねぇ。E6の輸送任務とか・・・このE7にも仕掛けがございまして、6ヶ所ぐらいのポイントでS勝利やA勝利で近道が開けたり打撃力がupするというもの。いわゆるギミックってやつですな。
文字にすりゃ簡単ですけど、実際にギミックを解除しようとするとなかなか面倒くさい。順番や勝利の種類、回数を正しくこなさないと解除になりません。>ギミック
というわけで、じっくりと時間をかけてギミックを解除しました。それが先週の土曜日の午前中のお話。午後からはサバゲに行きましたので、艦隊の行動はなし。日曜日の午前中は前日の疲れからか黒塗りの(ry
そうじゃなくて、寝ていたのでなにもできず。そして午後からは「ワンダーウーマン」と「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」を観に行きましたので、これまた特に何もできず。やったのは「艦これwiki」の該当ページをよく読んで、艦隊や基地航空隊の編成を練ったぐらい。

そういえば「ワンダーウーマン」であの方がああいう形でお亡くなりになってしまうと、総統閣下の「ミュンヘン一揆」のお神輿がいなくなってしまいます。「ミュンヘン一揆」がないと総統閣下は逮捕されず、ヘスに「我が闘争」を口述することもなく、また突撃隊の粛清が史実よりも後になったり、あるいは逆にNSDAPの権力闘争が史実より早く合法路線になった可能性もあり、後の歴史に相当な影響がでる可能性があります。
・・・ダイアナ、やっちまったなぁ。w

そんなことはどうでも良い。
時間をかけて超難関といわれるE7海域の編成や対策を練っていたわけですけれども、情報が多いのは難易度「甲」のものです。まあ、当たり前ですけど一番難しいし、「甲勲章」を狙う人も多いでしょうから、攻略情報が多いのも当然でしょう。なので基本的に情報の多い「甲」の編成や装備を参考にしているわけですけれども、いかんせんE7の「甲」は超絶に難しいらしく、その編成や装備類が特殊なんですよ。「速吸」を使って洋上補給で戦力維持ってのがセオリーらしく、「甲」ではそこまでしないとラスダンは突破できないらしい。
ところが、難易度が一段階低い「乙」では少なくとも敵の編成を見た感じではそこまで難しくなさそうです。つまり「甲」の攻略編成は「乙」ではオーバーキルというか無駄になる可能性がある。オーバーキルでも攻略できれば良いんですけど、なんせ補給艦の「速吸」を使うようなイレギュラーな編成ってのは、どこかに歪みがあるもので、要するに第二艦隊の打撃力が「速吸」の分だけ下がり、それで高い装甲とHPのボスを倒すためにカットインに依存する設定になる、と。なのでそこまで厳しくない「乙」では他の編成があるのではないかと考えたわけでございます。
なので、その編成を考えるのに時間がかかりまして、攻略に取り掛かったのはやっと本日の夕方。

図はその第1戦目の様子。適当に装備を整えて小手調べで出撃してみたところであります。事前に分かってましたけど、鬼門は潜水艦が待ち構える「H」マスですなぁ。この構成では先制爆雷攻撃が可能な艦娘は「朝潮改二」だけでして、おかげで敵の潜水艦を制圧しきれずに「イタリア」と「時雨」に被害が及んでいます。戦艦はとにかく、脆弱な駆逐艦がそのあと3戦もある序盤で中破ってのは厳しい。この時は運良く中破のままでボスまで到達しましたけど、そういつもいつも運が良いわけではありません。一応はダメコンも積んでますけど、できれば使いたくない。
この戦闘の結果は夜戦で「鈴谷改二」がボスを仕留めてS勝利でした。まだ夜戦火力に余裕があるようなので、もう少し対潜装備を増やす余地があると判断し、「阿武隈改二」に対潜装備を搭載、というのが今現在の状況であります。

はたして「ナマーズ・フリート」(←気に入ったらしい。w)は過酷なE7を乗り越えることができるのか・・・

by namatee_namatee | 2017-08-29 20:08 | diary? | Comments(0)

久々のサバゲ


明日は久々にサバゲでございます。ずいぶん久しぶりのような気がします。5月にCIMAXに行って以来かな。3ヶ月ぶりか。w
もう歳なので体が思うように動きません。ましてやこの暑いのに昼間に迷彩服着て森の中を這いずり回ったりしたら・・・ずっと昔ですけど、それやって熱中症で死にそうになりましたからね。その時からさらに体力・気力とも衰えているのは確実なので、この時期の昼間にサバゲは(ry

というわけで今回は夜戦であります。しかも「西武園ゆうえんち」内の「TAFZONE」というフィールド。なんでも花火見ながらサバゲができるそうで。花火に照らされながらエアガンで撃ち合うってのはシュールに見えますけど、考えようによっては臨場感があるかも。w
浅学なわたくしには映画などのシーンがさっとでてこないんですけど、「フルメタルジャケット」とかのベトナム戦争の作品でよくある米軍の基地が夜襲を受けているような感じなんでしょうか。星弾が打ち上げられてフラッシュ焚いたみたいに断続的に明るくなるフィールドに見え隠れする敵を撃つみたいな。最後はミッキーマウスの歌を歌いながら、燃え盛る町を歩くみたいな。

それはそれ。鉄砲を何にするのかで悩んでおります。我が軍の最新モードのSGR-12は持って行きますけど、装弾数の制限が600発なので撃ちっぱなしというわけにもいかなさそう。ベトナムつながりでグリースガンは・・・夜戦でオープンサイトはどうですかね。自信無いなぁ。(汗
ベトナム戦っぽいからM16をと言っても、ウチには装備がありません。M16も二丁ありますけど両方ともM16A4だし。まあいいや、CA870でも持って行こう。>投げやり
あ、SA80A2は持って行きましょう。全く似合わないと思いますけど、例のキャリングハンドル上のマウントを実戦でテストしてみたい。

図は例によって本筋に関係無い「艦これ」ネタ。
我が艦隊はE6「地中海マルタ島沖」を難易度「甲」で突破いたしました。3日かかりましたよ。orz
前半の輸送任務で2日。戦力ゲージになってからは1日。輸送任務は時間がかかった以外はさほど苦労はなかったんですけど、戦力ゲージになってからがなかなか手ごわかったですね。最初にギミックを解放したせいか、ボスを落とすのはさほどでもありませんでした。ボスマスに到達さえすれば「S勝利」、ラスダンを除くと昼戦だけで勝負がつきましたし。だがしかし道中が厳しい。ボスまで3戦するわけですけど、どのマスでも大破する可能性がある。今朝から攻略し始めて夕方には削りが終わってあと1回S勝利で突破というところまで行ったんですけど、そこからもたつきはじめまして、大破撤退が3連続。これは沼る予感ということで全ての艦娘にダメコンを積んで再出撃。大破進撃で轟沈前提の捨て身の攻撃であります。
例によってボスマス1つ前で大破(鳥海改二)があったものの、そのまま進軍。もちろんボスに到達して、さすがに最終編成は手強く夜戦にもつれこみ、大破した鳥海改二が撃沈されるものの、ダメコン(応急修理女神)で完全復活。直後にその鳥海改二がボスを吹き飛ばすというドラマチックな展開でありました。w
ちなみに編成は第一艦隊が「翔鶴改二甲」「瑞鶴改二甲」「大鳳」「最上」「摩耶改二」「熊野改二」、第二艦隊が「阿武隈改二」「妙高改二」「鳥海改二」「大井改二」「夕立改二」「皐月改二」でした。五航戦の二隻には噴式攻撃機搭載。その他、ボス戦で航空優勢がとれるだけの艦戦、十分な打撃力の艦攻を搭載。「最上」と「熊野改二」は水上戦闘機で制空補助。「摩耶改二」は防空力upのため。「阿武隈改二」と「皐月改二」は先制爆雷攻撃担当で、「妙高改二」から「夕立改二」が夜戦でトドメを刺す用でした。だいたい想定した通りに働いてくれたと思います。

で、もらったのが図の「Seafire Mk.III改」です。局地戦闘機のスピットファイアMk.IXはE5でもらえるんですけど、わたくしは難易度を「乙」に落としたので入手できず。まあ局戦は使える場面が限られますし。>負け惜しみ
「Seafire Mk.III改」は局戦じゃなくて艦載機なので広く制空戦闘で使えますから、難易度「甲」のイロイロと面倒なところを我慢してチャレンジしたのでした。
次はいよいよ最終海域のE7ですけど、もう「甲」は嫌です。とにかくなにもかも面倒臭い。必要な制空値は高いし、敵艦も凶悪なのばっかりだし。なのでE7は「乙」か下手すると「丙」で行こうと思います。w

by namatee_namatee | 2017-08-25 21:57 | survival game | Comments(0)

お腹の急降下


相変わらずネタが(ry

また下ネタ。
先日、健康診断がありまして。健康診断といえば検便とか胃のX線検査のバリウムとか、下の話が多いわけでございます。w
わたくしは夏休み前からお腹の調子が悪くて、ずっと下痢気味だったんですけど、夏休みの終わりごろにはなんとか持ち直した感じでした。そしてすぐに件の健康診断というわけです。昔の検便といえば、五百円玉ぐらいの直径の丸い容器にうんちを入れて持って行ったものですが、最近はギザギザのついた棒をうんちに突っ込んで、ギザギザの間についたうんちを液体の入ったケースに差し込んで持っていくというものになってます。いや、病院によって違うのかもしれませんけど、わたくしが健康診断を受けているところではそういう奴です。匂いもしないし、事故wも起きないし、大変よくできた仕組みだと思います。
がしかし、下痢ピーだと(ry
なんていうか、最初の方だけ硬いので、そこへ棒を突っ込んでなんとかしましたけど、それでも濃度が薄くて検査できないって言われるかもしれません。w
このお腹の不調、バリウムのんだら丁度良くなりまして、下剤を飲まなくても快調という。胃の検査はこのバリウムと下剤が面倒臭いんですけど、悪いことばかりでもないですなぁ。
・・・と喜んでいたら、バリウムの効果は一時的なものだったらしく、またしても微妙な具合に。>お腹

下ネタはこのぐらいにして。w
視力と聴力が向上していたのには笑いました。視力は円の欠けている方向を手元のレバーで示す方式の検査。判別できないときは白いボタンを押してギブアップするわけですけど、今回は意地を張ってボタンを押さずに勘でレバーを動かしてみました。そうしたら、視力がなんと両目とも1.5以上いう結果に。あの視力検査は信用できませんな。w
聴力はいつもヘッドホンの試聴しているノウハウを生かして、本気で小さい音を聴きました。そうしたら(ry
あれも信用できないなぁ。w

図はそういうのとは全く関係無い。見ればわかりますけど。
昨日の朝にE6の輸送ボス(S勝利)でドロップしてきたイタリアの高速戦艦「Roma」でございます。ずっと欲しかったんですけど、なかなか手に入らなくてラッキーと喜んでいたら、今朝もまた「Roma」が(ry
それ以降、ドロップ運が尽きたようで特にめぼしい艦娘はやってきてません。
そうこうしているうちに輸送任務は終了。装備や編成の微調整を繰り返し、123TP/回の輸送量を維持してほぼS勝利できるようになりました。おそらく20回ぐらい周回して、大破撤退1回、A勝利2回、S勝利17回ぐらいの成績。簡単に言いますけど、入渠や支援艦隊のキラ付け、増えすぎた艦娘の処理などなど、やることがいっぱいありまして、かなり大変でしたよ。
現在は戦力ゲージでのギミック解放のために編成を練っているところ。明日の朝からE6後半戦にチャレンジということになりそうです。いよいよ温存してきた装甲空母と噴式攻撃機のごり押しが見れますよ。>wktk

by namatee_namatee | 2017-08-24 21:35 | diary? | Comments(2)

辛い。>E6


ネタが無(ry
「艦これ」しかやってないからなぁ。いや一応仕事はしてますけど、例年8月は仕事が少ないので暇なんですよね。暇になるように仕向けてもいますけど。w

やっと半分。orz
というわけで「艦これ」のイベント。現在、我が艦隊がチャレンジしているのは正式名称「西方再打通!欧州救援作戦」、それのE6「地中海マルタ島沖」であります。そのE6の前半、輸送任務を遂行中。これが調子にのって難易度「甲」にしたもんだから、輸送しなければならないTPが2,000もあり、1回に運べるTPが120ぐらいとあっては16-17回も出撃しなければならず、これはもう強制的に「掘り」をやらされているようなもんです。w
なんとか輸送効率を上げようと試行錯誤しておりまして、現在の編成は水上打撃艦隊で第一艦隊が「大鳳」「Iowa」「最上」「三隈」「ヴェールヌイ」「江風改二」、第二艦隊が「速吸」「摩耶改二」「熊野改二」「夕立改二」「阿武隈改二」「文月改二」というラインナップ。これで一回に123TP(S勝利)ほど運べるようです。どちらかというとS勝利が獲れるように第二艦隊に夜戦で強力な艦娘を配置してまして、大体は昼戦でボスの取り巻きを排除して、夜戦で「熊野改二」あたりがボスを沈める感じ。「熊野改二」で沈めきれないときは「夕立」がロケランで片付けます。おおよそ3回に2回は「熊野改二」で終わりますけど、たまに「夕立」にお願いすることがありまして、本当はもう一隻フィニッシャーが欲しいところなんですけど、「阿武隈」は軽巡枠なので外せない上に「大発」積んでますし、「文月」は対空CIの発動率が高く(本職の「摩耶」より高い感じ)、「阿武隈」と同じく「大発」装備なので動かせません。そして第一艦隊の「ヴェールヌイ」と「江風改二」も「大発」が運用できるんですけど、こちらはPT対策で「熟練見張員」と機銃を外せずスロットの余裕が無い。というわけなので、これ以上に良い編成が思いつかず、なにかでしくじってA勝利でもそのときは仕方ないと。

といった感じで、やっと半分の1,000TPほど輸送いたしました。疲れた。orz
救いは豪華なドロップ。朝一番で念願の「Roma」がやってまいりました。イタリアの戦艦はそのイメージと裏腹に?極めて有能です。射程が長く火力がある上に「高速」です。ウチには「イタリア(元リットリオ)」がおりますけど、「Iowa」と並んで大和型がいない我が艦隊の主力戦艦のひとつ。今回のイベントでもE5で活躍していただきました。
そんなわけで「Roma」と二隻体制ができればイロイロと楽になるので、ことあるごとに「Roma」が落ちてこないかなと思っていたんですけど、なかなか縁がありませんでした。それが朝一番でポロっと落ちていまいりまして、誰もいない会社の事務所で(早出当番なので)立ち上がってガッツポーズを決めるという。w
今回のイベントの報酬艦「Richelieu」と合わせて、高速戦艦が充実しました。なにげに我が艦隊は「高速戦艦」偏重主義でして、基本の金剛型や「イタリア」「Iowa」の使用頻度は極めて高い。まあ大和型が作れないというのが原因ではありますけれども。

で、ウチに帰ってきて損傷した艦娘の修理が終わっていたので、一周してみたら落ちてきたのが図の「Luigi Torelli」。これまたなかなかドロップしないという話も聞きますけど・・・こればかりは運ですからねぇ。ちなみにわたくしはあまり期待してませんでした。攻略中に落ちてこなくてもわざわざ掘るつもりはなかったですね。>Luigi Torelli
というのはウチには潜水艦がいっぱいおりまして。現時点で第一線級(改になっている)の潜水艦は25隻ほどおりまして、潜水艦に不自由はしていないのでした。むしろ在籍数を圧迫しているような気さえする。w

いや、せっかくいただいたんですから真面目に育てようと思います。いろいろと名前も変わって面白そうですし。>Luigi Torelli
by namatee_namatee | 2017-08-23 19:41 | diary? | Comments(2)

Aming


相変わらずネタがありません。早出当番で眠いし。orz
なので相変わらずの「艦これ」ネタで。

E5を難易度「乙」で突破。ここは特に問題はありませんでした。出撃するたびに淡々とS勝利を重ねていった感じ。こういう風にスムーズに終わったときは、いつものように「甲」でもよかったかな、などと思うわけですけど、それは錯覚ですから。w
E5は連合艦隊じゃなくて通常の編成なのもほっとするところ。連合艦隊はなんといっても12隻ですからね。出撃前にチェックする項目が多い。補強増設に装備忘れが無いか、装備したとして変なものを積んで無いか、編成上の並びは(前回の海戦の結果が反映されて)妥当かとか。ここであわてて出撃しちゃうと艦娘たちが想定した働きができずに、支援艦隊や基地航空隊まで含めて出撃が空振りになって大量の資源が無駄になるわけですよ。(汗
あとキラ付けも大変ですし。連合艦隊のときは面倒なので給糧艦をつかっちゃいます。わたくしはイベントのときに課金しますけど、それはほとんど給糧艦に使われます。物入りですなぁ。w

図はそんなやさしかったE5で落ちてきた「松輪」。相変わらず可愛らしいなぁ。>海防艦
「まつわ」と読むらしい。「あみん」か。w
ちなみに岡村孝子さんは好きです。「卒業」とかなー。>遠い目
それはそれ。この「松輪」、例によってドロップしやすさにムラがあるようで、艦これwikiの該当ページをみるとリベッチオばっかり来る(なぜか3隻という例が多いような。)とか、大変なことになっているようです。w
「リベッチオ」ってかなりのレア艦娘で、これが3隻もきちゃったら捨てるに捨てられずに困るでしょうなぁ。わたくしも先ほどE6で「野分」が落ちてまいりまして、これがすでに2隻いるわけで処分に困っております。あとE5では「大淀」もきました。これもすでに3隻いるんですよ。orz

というわけで現在はE6にチャレンジ中。E5がやさしかったので思い上がりまして難易度は「甲」であります。まずは輸送任務なんですけど、そのTPが2,000という。orz
とりあず適当な艦隊を組んで小手調べしております。もはや札は関係ないので(次のE7は札はなんでもO.K.のやりたい放題なので。)温存してきた第1線級の艦娘を・・・輸送任務じゃ戦闘力は関係ないんですね、これが。
水上打撃編成で第二艦隊は旗艦「阿武隈改二」に加えて大発を搭載できる睦月型の「睦月」「如月」「文月」の3隻(全て改二)、防空担当で「摩耶改二」、夜戦のトドメに「熊野改二」といったラインナップ。第一艦隊は装甲空母の「大鳳」に「Iowa」「最上」「三隈」「ヴェールヌイ」「江風」。本気出してきたので「改二」が増えてまいりました。w
がしかし、前述の通り輸送任務には戦闘力はあまり関係無いようで、制空権もとって支援艦隊の攻撃がばっちり決まっても、PT小鬼を逃すとA勝利になってしまって、大発6隻だと78PTとか。これだと26周ほどしないと輸送任務が終わりません。では、PT小鬼を逃さないように機銃と熟練見張員を積んだ駆逐艦を増やすとS勝利は取りやすくなるものの、輸送量自体は横ばいもしくはやや少ないという。どうしたもんでしょうねぇ。
他の人の編成を見てもバラバラ。とにかく回転で稼ぐ人、A勝利でも一回の輸送量を多くしている人、いろいろといてどれを参考にしたらよいかわかりません。幸いにしてこの時点での難易度は低い&前述の通り札に関係なくなったのでイロイロ試すことはできそうです。やっぱり「輸送護衛部隊」編成の方が効率は良いんでしょうかねぇ。

by namatee_namatee | 2017-08-22 21:25 | diary? | Comments(4)

あっ、「リシュリュー」、「リシュリュー」じゃないか!

我が艦隊はE4を難易度「乙」で攻略いたしました。E3までは「甲」でやってきたので、できればE4も「甲」で行きたいところだったんですけど、海外艦(欧州艦)の在庫や敵ボスのHPなどを鑑みるに、ここはちと荷が重そうということで、難易度を1段階下げることに・・・ようするに日和ったわけですな。w
情報によるとE4は今回のイベント前半の山場、投入する艦娘をケチケチするな!ということでしたので、難易度「乙」とはいえ、手抜きなしのほぼ第1線級でまいりました。つまり「長門改二」、「Warspite」、「Prinz Eugen」、「Zara due」、「北上」、「綾波」あたりを投入するということであります。
おかげで攻略は思っていたよりスムーズに進みまして、第二艦隊が連撃装備でもたまにS勝利が獲れる感じで推移。順調に削って、最終戦はさすがに第二艦隊をカットイン装備に変更して、これでどうだっ!と突っ込んだらあっさりと突破してしまいました。さすが「綾波」、ゲージ割るときはカットインで吹き飛ばすのが最高なのをよくわかっている。w

で、やってきたのがこの「リシュリュー」ですよ。ドロップじゃなくて海域突破報酬なので、突破さえすれば誰でも手に入れることができるわけですけれども、そんなことはどうでも良いのです。わたしゃ「リシュリュー」が好きなんじゃぁ。>絶叫
「艦これ」で「リシュリュー」が使えるなんて夢のようです。せいぜい「ダンケルク」あたりまでと思ったんですよね。それがフランス戦艦の最高峰「リシュリュー」が出てくるとはなぁ。
なんといっても四連装の主砲がたまりません。四連装は男のロマンです。w
実際はイロイロとトラブルが多かったらしいですけどね。手堅く連装や三連装でまとめた日米の戦艦の方が実際は使えるし強力だったそうですけど。まあ、太平洋挟んで睨み合った日米といろいろややこしいパワーバランスのあるヨーロッパじゃ戦艦に要求される諸元が違うということなんでしょうなぁ。
そういうのは「艦これ」には関係ありません。もう、このまま次の海域で使いたいぐらいお気に入りです。>リシュリュー

というわけで、現在はE5を攻略し始めたところ。難易度は引き続き「乙」です。とりあえず空襲マスの制空具合をチェックしに「イタリア」と「グラーフ・ツェッペリン」の欧州艦2隻を中心に適当なセッティングでチャレンジ。ついでにギミックも開放しておこうと。
片方のギミック(Dマス)を解除して空襲もうまく切り抜けたので、どこまでいけるかと先に進んでみましたら、2つめの空襲も無事通過してボスまでほぼ無傷で到達しちゃいました。道中支援は入れてありましたけど、決戦支援は無いし基地航空隊もギミックマスに集中していたのでボスマスでは艦隊単体での戦闘。さすがにS勝利は無理でしたけどA勝利はできました。難易度を落としただけあって多少は楽できるかもしれませんなぁ。>E5
っていうか、そろそろ少し楽させて欲しいところです。w

by namatee_namatee | 2017-08-21 21:09 | diary? | Comments(6)