タグ:椎名へきる ( 639 ) タグの人気記事

悩ましい

c0019089_20505526.jpg

ちょっとネタ切れ気味?

なので昨日の続き。
これがPOLOの純正オーディオでございます。一応、MP3とかにも対応しておりますが、写真の通り、「Eternal Circle」のように英語?だとタイトルが出るんだけど、日本語だとダメです。
ちなみに最近はイントロの格好良い曲の選考(もちろん椎名へきる限定)をしておりますが、この「Eternal Circle」はテンポというんですか、曲のスピードもメロディも文句無しなんですが、いきなり歌が始まるのでイントロが無いという。よって落選です。w

今のところ、ここら辺↓がイントロに関しては得点高い。

Everlasting Train -終わりなき旅人-
Graduater
この世で一番大切なもの
抱きしめて
恋のリズム
Miracle Blue
-赤い華-You're gonna change to the flower
Unknown colors
Power Of Love
Color
目を覚ませ、男なら
風が吹く丘
おっといけない「Sadistic Pink」も忘れちゃいけない。あ、あと「Jumping Slash」も追加。
どんどん増えてキリが無いな。

いやしかし、こうやって書き出すだけで格好良い曲ばかりだな、おい。なんでこんなに格好良いんだろ。ここら辺に関しては実は思うところがあるんですが、今はちょっとまとまらないので別なおりにネタにしましょう。まあ歌っている本人がこういう曲・歌が良いと思って選んだものということ、そしてそれがわたくしのハートにクリーンヒットというわけで。

みんな、だまされたと思って聴いてみると良いよ。イントロだけなら好きも嫌いもないでしょうから。w
全然興味のない会社の同僚に聴かせたら「イントロは格好良いんだけど・・・」って言ってました。・・・の後が気になりますが。
最強はどれだろ・・・どれも甲乙付け難いんですが、異端なわたくしとしては比較的最近の曲から選びたくなりまして、あえて古典的な名曲は避けて「Power Of Love」か「Color」のどちらか。「Power Of Love」がやや優勢か。

POLOのオーディオに話を戻すと。(汗
これ、意外に細かい調整が出来るようになっております。イコライザーはありませんが、トーンコントロールは低中高と3つになっておりますし、速度に合わせて音量を自動調整する機能もあって、そのレベルも変えられる。
あとBluetoothのセッティングメニューもあるんですが、これは何故か機能しない。どうも日本仕様では殺されているようです。iPhoneとかだと便利なのにねぇ。現状は普通のミニプラグでiPodやiPhoneと接続するしかありません。これは単純に繋ぐだけなので、再生を止めないでエンジンを切っちゃうと、iPodはそのまま再生を続けて気がつくと電池切れという。(汗
スピーカーは前後のドアにあわせて4つ。Aピラーにツィーターがあります。欠点は素のままではやたらに低音が強調されてこもる感じに鳴ること。わたしゃ低音がドスドス煩いのって嫌いなんですよ。なので前にも書きました通り、低音は半分ぐらい押さえてMIDを持ち上げております。歌声がよく聴こえるような音が好きなんですな。
普通に聴いている分には文句も無かったんですが、PCオーディオwのNuForce DDA-100とJBL 4312M2の組み合わせがあまりに素晴らしいため、ちょっと不明瞭に感じるようになってしまいました。
純正にトレードインするようなサードパーティのオーディオもありそうですが、たぶん高くつく。現状でギリギリ我慢できないほどでもないレベルなので、何十万もかける決心がつきません。っていうか、そんなお金ありませんし。
より上位機種の搭載されているゴルフの奴を手に入れるという手もあるんですが、調べてみたところ、取り付けは出来そうですが、ヘッドユニットの肝心の音質についてはどうも怪しい。連装のCDチェンジャーだったりしますが、そういうのは必要ないですし。どうせスピーカーも変えないとダメでしょうから、これまた出費が嵩みそうで。

と悩んでいたところで、先日の代車のSX4のオーディオを聴いてみたら、POLOで良かったと心から思いました。(汗
あれに比べたらこれはぜんぜんマシですよ。オーディオ手抜き過ぎ。>スズキ
by namatee_namatee | 2013-06-12 21:57 | music | Comments(2)

頭おかしい(ry

c0019089_18453255.jpg

無駄に高画質。ブログ用ではイマイチ伝わりませんが、CDのケースのエッジのところとか、DDA-100の前面パネルの質感の表現とか、あまりにすごくて鳥肌が立つ。
適度な焦点距離で扱いやすく、その点、長過ぎで持て余している感のあるDP3Mには負けませんよ?>DP2M

大当たり。
そのNuForce DDA-100、これは大当たりです。すごく良い。ネットのレビューではハイスピードとか言われていて、音の質をそんなに簡単に言葉で伝えられるもんかい、などと懐疑的だったんですが、これは言う通り。確かに引き締まった、ダンピングの良く効いた音がする。すごい。
低音から高音までとても緻密な描写。ボーカルがよく聴こえる。息を吸うのも音を外すのも。w
聴くのは当然ながら椎名へきるが90%以上ですが、たまに「たむらぱん」とか聴くと、これがすごいんですよ。「ラフ」のライブバージョンとかもう死にそう。「たむらぱん」って低音から高音まで素早く上げたり下げたりできるし、息を吸うときが特徴的なので、特に生き生きと聴こえる。
前任のONKYO A-973はもう少し大人しいというか、クリアだけど普通のアンプみたいな音だったんですが、DDA-100は明らかにスピードが速いと表現できる音です。

中毒?
朝夕の通勤時は当然のことながら車の中で椎名へきるを聴いているわけですが、このDDA-100と4312M2のおかげで、今までは特に不満の無かったPOLOのカーオディオの音質がものたり無くなってきました。やたらに低音が強調されるんですよね。トーンコントロールでBASSを50%以上押さえて、MIDを持ち上げてボーカルがよく聴こえるようにしていますが、それでもDDA-100と4312M2の組み合わせには及ばない。純正カーオーディオの限界か。そういえばその昔、カーオーディオに何十万もかけたことがありましたねぇ。いやしかし、これ以上の投資は無理だしなぁ。(汗

ちなみに朝夕の通勤時間は合わせておよそ2時間。この間はずーっと聴いてます。>椎名へきる
ウチに帰ってきてからも3時間は聴きますから、のべ5時間は毎日聴いているんですなぁ。これが飽きないんですよ。っていうか会社で仕事している間が苦痛。椎名へきるの歌声が聴きたくて禁断症状が出る。酷いときは耐えきれずに仕事中に車に行って聴きますからね。これはダメかも(ry
お気に入りは俺様Bestのプレイリストにまとめてあるんですが、これがどんどん増えていっちゃいまして、プレイリストとしてあまり意味が無くなってきております。w

なぜだ、なぜこんなにハマった・・・orz
by namatee_namatee | 2013-06-11 20:20 | audio | Comments(6)

効果は?

c0019089_1957917.jpg

オーディオ強化月間が始まったのか?w

こんなもの
これはインシュレーターですな。山本音響製で材質はアフリカ黒檀ですって。見ての通り、この手のものとしては極めて安価。もうちょっと値が張った方が効果があるような気もするんでしょうが、そこは南東北(本当は北関東)、店頭には中間の価格のがありません。これの上はいきなり高くなる。(汗
というか、ネットでインシュレーターの価格を調べてタマゲましたわ。ハイエンドは軽く10万円超える。オーディオ恐ぇ。

これはQB-3と言いまして、本来はアンプやCDプレーヤーの下に置くもののようです。34mm角の木のブロックなんですが、これが重い。さすが黒檀。スピーカー用としてはQB-2というのがお勧めのようです。だがしかし、ぬるい改善ではわたくしが気がつかない可能性がありますのでね。いきなり極端に固くて重いもので試してみようと。

で、効果のほどはというと。例によってわからん・・・ということはありませんでした。驚いたことにちゃんと効果ありましたよ。効果がわかったと言った方が良いかな。
はっきりと中〜高音が強くなった。インシュレーターの有無ではイコライザやトーンコントロールでかなり強く持ち上げたぐらいの差がある。おかげで音像の定位が良くなるって言うんですか、くっきりはっきりとボーカルの位置がわかるようになりました。勿論、聴いているのは椎名へきるなわけですが。w
数ある名曲の中でもイントロに関しては屈指の格好良さだと思う「Power Of Love」で試聴してみましたが、イントロの格好良さはいや増し、ボーカルもとても瑞々しく聴こえる。あと息を吸う時とかも良くわかる。これはすごい。

だがまてよ。実はスピーカーの位置が34mmだけ高くなったからかも。w
ツイーターの位置が耳の高さと同じぐらいになって、そのせいで高音がよく聴こえるようになったのかも知れません。いやまあ、それならそれでそういう効果は有ったということで、ちょっと値のはるスペーサーだと思えばよろしい。

また大音量で聴いて嫁さんに怒られそうだ・・・
by namatee_namatee | 2013-06-06 20:28 | audio | Comments(6)

電光石火で対策を講じる

c0019089_2114986.jpg

嫁さんからクレームがきたので対策を講じます。
ネットで誹謗中傷されようが(されてませんが)、ボニー氏にバカにされようが、わたしゃ全くもって気にしませんけど、嫁さんは四六時中一緒にいるわけで、文句言われるのはこっちの気分も悪いし、冷静に考えて大音量で好きでもない椎名へきるの楽曲を聴かされ続けるのはそれは辛かろうと。w

現実的な対策としてオーバーヘッドタイプのヘッドホンを。
カナル型とかのイヤホンでも用は足りるんですが、あれは着脱が面倒でして。特にSHUREのSE215はコードの取り回しとか、耳に突っ込むところのクッションみたいな奴が元の大きさに戻るまでの時間がかかるとか、ちょっと不便。トイレに行きたくなったときとか、イチイチ外して付けてまた調整してと面倒くさい。
そういったわけで、オーバーヘッド型のヘッドホンを調達。見ての通り、SONYのMDR-7506というもの。例によってコスパに優れるとの評価で選びました。

同じSONYのMDR-CD900STと迷いましてね。中二病の気があるわたくしとしては、プロ仕様のモニターヘッドホンで(素っ気ない箱にビニールに包まれて入っているだけとか、保証が無いとか)無味乾燥、ただアンプの出力を再生するだけというウワサのMDR-CD900STに強く惹かれたんですが、インプレだとさすがにリスニング用にはアレという評価が多くて、最終的にビビってより汎用性が高いというMDR-7506で妥協。(汗
あ、プラグがCD900STはスタンダードなでかい奴なのに対して、7506はミニってのも大きいです。

で、どんな感じかというと。
とりあえず、iMac+DAC(Nuforce Icon-uDAC2)とそれにONKYO A-973を通したもの、さらにCDプレーヤーのDENON DCD-755IIから直接、さらにさらにDCD-755IIからA-973という4通りで聴き比べてみました。ヒマだね、おい。
あ、あとiPhone5とiPod nano(第四世代)でも聴いたから6通りか、
聴いたのは言わずと知れた「恋のリズム:椎名へきる」ですよ。「恋のリズム」は個人的に数ある椎名へきるの名曲の中でも最強クラス。おかげで再生回数がハンパ無いことになっております。w

と、ぶち上げておいてなんなんですが、正直区別がつきませんでした。どの組み合わせでも共通したのが、高音がキンキンするということ。調子に乗って大音量で聴くと耳が疲れます。強いて言うならば、iPod nanoが一番素直に感じました。ちょっと意外。
あと、これも一応モニターヘッドホンの類で、そのせいか、細かい音のディテールがよくわかるような気がする。ちょっと音外したなんてのもすぐに気がつく。あら探しに最適だな。特に椎名へきるはそこら辺がスリル満点なので実に楽しい。あー外しそう外す外す・・・おおっと戻ってきた、みたいな。 w
ライブのDVDも聴いてみましたが、勿論全体的な印象は同じものの、高音のキンキンが押さえ気味で良い感じ。もしかするとCDって高音が出るようにエフェクトかなにかがかかっているんですかね。やっぱり音外したりするとテキメンにわかっちゃいます。楽器の音も良く聴こえますなぁ。
いやしかし、2003年1月のライブのオープニングはチビリそうに格好良いな。これはたまらん。

オーディオ機器ってエイジングってのがあるらしいんですよね。ヘッドホンもだんだん音が変化していくのだそうです。だがしかし、買う時にはそのエイジングはされていないわけで、よく音響機器は必ず試聴して買えと言われるのに、エイジングで音が変わっちゃったら試聴の意味が無いんじゃないかと。
まあそんなに劇的に変わるわけではないんでしょうし、自分の経験でもだんだん音が変わっていくのはわかります。今も聴いてますが、数時間経過してなんとなくこなれてきた感じが・・・いや、耳の方が慣れてきたのかもしれん。
by namatee_namatee | 2013-06-04 22:06 | audio | Comments(3)

誰がなんと言おうと。

c0019089_20115247.jpg

月曜日はネタが(ry
なので昨日の続き。

ミニチュア
これはウチのPCオーディオwのスピーカー、JBL 4312M2でございます。写真で見ると大きさがわかりづらいですね。バスレフ型の3wayで立派に見えますからね。実際はとても小さいのでございます。
手前に写っているAPS(IX240)のパトローネと見比べてみれば・・・今どきAPSの大きさなんて実感できる奴はもうそんなにいないだろうなぁ。w
まあ、前面投影面積がA4と同じぐらいの大きさです。フルサイズ?まともな大きさの4312Eは見た目は似てますが、大きさは全然違う。そちらはとてもじゃないけど、こんなスペースに収まる大きさじゃありません。価格もほぼ倍はしますしね。
先日書きました通り、モノが溢れかえっておりますので省スペースなシステムでないと設置できない。本当はできればせめて4306とか4307ぐらいが欲しいところなんですが。

一般的に酷評されることが多いです、4312M2。小さいのに無理矢理3wayにしたから音が不自然とか。3wayとか言いながら実際はウーファがフルレンジ相当でスコーカーがツイーター、ツイーターはスーパーツイーターに過ぎないとか。低音スカスカとか。
そんな事言ったって4312のミニチュアなんだもん、3wayにしないわけにいかないじゃん。仕方ないじゃんね。w
実際のところ、例によってこういった悪評も必ずしも本当のこととは言えないようで、某巨大掲示板の該当スレなどでは欠点はあるものの、それなりの存在価値もあるという評価のようです。椎名へきるネタでも実感しましたが、いつまでも更新されないソースをネタにしたウワサ話って恐いよね。
特に共通するインプレは大音量で鳴らした時に良い仕事するというもの。これ、思い当たるフシがありますね。集合住宅だったら確実に隣から苦情が来るような馬鹿でかい音で鳴らすと、確かにさわやかというか締まった良い音で鳴る。低音が弱いと言われますが、なぁに大音量にすればそれなりに低音もでるもんです。
わたくしが聴くのは、今は椎名へきるがほぼ100%ですが、これは相性が良いと感じます。ロックっぽい格好良い曲が多いので、大音量でブチかますと縦ノリもいやますというもんですよ。w
特に「Miracle Blue」とかほれぼれとする。細くて甲高い椎名へきるの歌声も良い感じ。あれ、高音域では超音波も出てるね、絶対。
他にはなにかの間違いで買ったジャズとかも良いですなぁ。いやまあJBLってそういうジャンルに向いたスピーカーですから当然と言えば当然なんでしょうけど。

後ろでTV観ている嫁さんからTVの音が全然聴こえないとクレームが。あと四六時中椎名へきるばっかり聴きやがって、もうウンザリだとも。w
by namatee_namatee | 2013-06-03 21:01 | audio | Comments(7)

廃品利用

c0019089_13211271.jpg

本日は梅雨の中休みらしく、雨は降ってません。が、風が強くて寒い。>納豆の国北部海岸地方

リサイクル
というわけで、出かけたりせずに部屋の中を整理しております。先日ネタにしたツインタワーがマジで危険な状態になったため、PCラック上部に鎮座するアンプの上面を有効利用しようと思います。
アンプは熱を持ちますので、上にぴったりと何かを乗せてしまうのはマズい。どうしたもんかと・・・そうだ、下の部屋に置き去りで放置されているCDプレーヤー(親父の)を上に乗せれば適当な隙間が出来る。というわけで、設置してみたのが写真の図。ついでに会社から貰ってきたNASも置いてみました。

ちなみにCDプレーヤーはDENONのDCD-755IIというもので、2002年ぐらいの製品。普及レベルの大した事無いモデルのようです。ちゃんと動くみたいなのでiMac→DAC(Nuforce Icon-uDAC2)→ONKYO A-973→JBL 4312MIIの組み合わせと、DCD-755II→A-973→4312MIIの組み合わせを比較してみます。

・・・わからん、わたくしには違いがわからん。orz
なんとなく、DCD-755IIで再生した方が角が取れたというか、ただしまろやかというのとは違ってパワフルな丸さを感じる音になるような気がするようなしないような。いや、やっぱり変わらないかも。
あと当然ながら椎名へきるを聴いているわけですが、なんていうか語尾の震えるところ(実は椎名へきるの歌がスリル満点のハラハラ感いっぱいなのは、このセンテンスの最後の発声、特に低い声で微妙に不安定に震えるからではないかと仮説を立てているところなんですが。)が鮮明に聴こえるような気がするようなしないような。
いやしかし、前も言いましたがダメだダメだと言われている4312MIIは大音量でブチかますとなかなかのもんですよ。

これはこれで良い暇つぶしになりますな。一枚ずつCDを引っぱりだして聴くってのもオツなもんです。
問題は手の届くところにあるCDがほぼ椎名へきるしかないということでしょうか。w
by namatee_namatee | 2013-06-02 13:57 | audio | Comments(0)

スリル満点

c0019089_21132654.jpg

とりあえずアルバムは全てそろったので、DVD方面に目標変更。>椎名へきる
おっとシングルは・・・枚数が多くて大変なので、情報を収集・整理して重要な奴を中心に収集してまいりましょうかね。

このハラハラがたまらない。
まだ全部観てないです。CDと違って車のなかでというわけにはまいりませんし。とりあえず「10th Anniversary Tour version BEST」という奴の冒頭だけ観ました。2004年1月1日の武道館の奴ですな。さまざまな情報を総合すると椎名へきるはライブこそ魅力があるというし、CDのおまけDVDでちらっと見る限り、確かにそんな感じがしましたので。
これが予想通り。何度も書いたあのハラハラ感がハンパ無い。CDとは比べ物にならない威力で迫ってくる。音を外しそうで外さないようなでも実は外しているような、低い声が出なさそうで本当は出るような、高い声は裏返りそうで裏返らないような、次の挙動が予想しづらいというんですかね。とにかくハラハラする。そのせいか3曲ぐらい聞いた所でふと気がつくと全身に脂汗が。 (汗
これは一歩間違うとストレスになりますな。w
曲や演奏は素晴らしいので、この独特のスリルは椎名へきるの歌と声がもたらしているものに他なりません。でもって、それが嫌いな人がいるのもわかる。客観的にみるとものすごく上手だとも思えませんし。人を選びますね、これは。
ただ、しつこいですが、このハラハラした感じは彼女じゃないと無いでしょうねぇ。下手な歌い手は沢山居ますが、こういう格好良い歌を歌わないし。
この楽曲と演奏と椎名へきるの歌声という組み合わせが他にない独特の個性というか、ほかに代わりのないものになっている・・・などと意味不明な供述をしており(ry

いやまあとにかく、わたくしは大好きです。ただ、これらの映像・楽曲はちょっと前のものなのんですよね。わたくしは最近はまったせいか、実は最近の歌の方がより好きなんですよ。勿論、全盛期の名曲も好きですけど。
ランティスに移ってからの方が好きだったりする。昔より声が高くて(これ不思議。歳とると声って低くなるもんだと思うんですが。)明らかに歌唱力がupしている。
わたくしの好みってちょっと異端かも・・・カルトの中でも異端かよ。>自分

あー、なんか小江戸のあたりでボウコウ氏がひん死のハゼみたいな顔していて、西の都では&氏がなんていうかモニターから目を逸らして苦笑いしていて隣村ではボニー氏が毒づいている。そんな様子が容易に想像がつく。

DVDはCDに比べて高いんですよね。これを何枚も買うぐらいなら、いっそのことライブに行っちゃった方が安上がりかもしれません。よーし8月のライブ行っち(ry
これはだめかもわからんね。w
by namatee_namatee | 2013-05-31 22:06 | music | Comments(5)

効いてる効いてる

c0019089_20293453.jpg

西の友人、&氏が「ヨコハマ買い出し紀行」にハマりつつあるようです。
くくく・・・無理だろう、いくら理屈並べても・・・お前はもう見てしまったんだ、夕凪の世界を。w

ダメ押しでキモイいやがらせを送っておきました。今回は今までで最大級にきもい。リア充は爆発(ry

気を取り直して本題。
本日は月に一度の平日お休みの日でした。平日に片付けておいた方がよい事柄を始末する。まず免許の更新。実はわたくしゴールド免許なんですよ。こんないい加減な運転しているのに。どれだけいい加減かはちょっとここには書くわけにいかないのでネタの広げようも無いのが残念。
その昔、大垂水峠でローリング族やっていたときはあっというまに免停になりましたが、今は狡猾になったのと、やはりそれなりに分別もついてきましたからね。

お次は散髪。もちろん1000円カットです。年に2回しかいかないので、思い切って短くしてもらいます。本当は坊主頭でも良いんですが、あれは維持が大変なので適当に耳が出るぐらいまで刈ってもらいました。
いやしかし、床屋へいくとどうしてもフルメタルジャケットの冒頭のシーンを思い出すんですよね。そういえば、あの女スナイパーはAK47(もしくはType56)じゃなくてSKSカービンを使って欲しかったと思う今日この頃。

その後、冒頭のキモイいやがらせを梱包するのに封筒と糊とCD-Rを買い(会社の日ならこういう苦労しないんですが)、郵便局から郵送。
さらにその後、ようつべ様で水樹奈々とか平野綾とかのライブ映像を検索して観る。椎名へきるのライブとの公平な比較のためにね。w
で、水樹奈々のすごい物量作戦に圧倒される。大したもんだ。だがそれだけ。椎名へきるのあのハラハラする感じがない。なんか安心して聴いていられるんですよね。でも、そういう歌い手さんなら他にもっと好きで上手い人が居るんですよ。アニメの方を全く知らないわたくしには聴いていて全然グッと来ない。演歌を聴いているみたいだ。上手なんだけど乗らないという感じ?
これが椎名へきるの、たとえば「恋のリズム」とか「Miracle Blue」だと、このおっさんが縦ノリしだしますからね。車の中で聴いているときだと、車が揺れて格好悪いので無理矢理こらえるみたいな。w

上手い下手とかじゃなくてテンポなんですかね。難しいもんですなぁ。
by namatee_namatee | 2013-05-28 21:20 | diary? | Comments(8)

価値があるのは?

c0019089_20334139.jpg

昨日の続き?

これは。orz
見ての通りDVDでございます。「月のあかり」、監督は倉持健一となっております。もちろん椎名へきる繋がり。
ネットで調べてみると、とにかくこれが実に評判が悪い。監督のオナニー映画とかいわれている。(汗
おそるおそる観て見ると・・・ああ、これは酷い。w
なんていうかピントが定まらないというか、どこに話の中心があるのか良くわからない。さすがのわたくしも兜を脱ぎました。w

おおざっぱな話の流れは・・・ネタバレするけどこの映画ならどうでも良いでしょ?
沖縄のヤギ汁屋に兄ちゃん(男というだけで役の名前は無い。)が東京から流れて来る。どうもこの人はなんでも金金と騒がしい都会が嫌になったとの恋人(これまた役の名前は無く女。これが椎名へきる)からも少し離れたくなったということらしい。彼については意外にちゃんと説明されている。
その男がなんだか良くわからないうちにヤギ汁屋でバイトすることになって、働きだした所で、どこでどうやって嗅ぎ付けたのか恋人の女がやってくる。
ヤギ汁屋にはオヤジ(役の名前はおっさん)と店員(役の名はバカ。引き算が出来ない。)が居て、おっさんの過去に怪しい話があって、さらに5年前に交通事故で亡くなった奥さん(店名の由来で月子という。演じているのはなんと加藤登紀子。)との間の思い出話とか、かなりのボリュームで語られる。この時点でおっさんが主役の話なのかな、と思うでしょ?ところが違うんだなぁ。w
全く関係ないところで殺人事件が起きている。いすゞのウィザードかなんかに乗っている男(役の名前はガキ)が通りすがりの女性を車に連れ込んで殺してる。さあ観ているこっちも混乱してまいりました。
都合3人殺すのかな。ヤギ汁屋との接点はほとんどない。ただひとつ、女が一人で居る時にやってきて短い会話をかわすのみ。この時に女に目をつけたらしいんだけど殺人の動機がなんなのか良くわからないので、伏線としては弱く、混乱に輪をかけているような。おまけに次々と人を殺しているのに騒ぎにならないんだよね。殺した女性をかついで車に乗せるんだけど、それが通りがかりの車から見えているはずなのに。
まあなんだかんだで殺人者のガキは全然別のところで人殺ししていて、ヤギ汁屋ではおっさんとバカと男が殴ったり殴られたりしている。奥さんの残していったモータサイクル(たぶんスポーツスター。2001年の映画なので昔のリジッドなエンジンマウントの奴。)に女とおっさんがふたり乗りして(運転は女。つまり椎名へきるがあの細っちい体でスポスタで二人乗りするという。もちろん実際に運転したのは別人でしょう。)台湾の茶屋みたいな所にいって、しみじみと会話・・・と思ったらなんだかしらないけど中途半端なところでおっさんは一人で帰って来ちゃう。どうも良くわからん。
それでも一途な女の行動に何か影響を受けたのか、最終的におっさんはヤギ汁屋を奥さんの5年目の命日に閉めて、バカに店を譲ることにする。奥さんが仕込んでいった古酒の封を切ってみんなで飲もう、いろいろあったけどこれでおっさんも収まる所に収まってめでたしめでたし、といったところに、例の殺人者のガキが乱入してきて大騒ぎという。w
狙いは女らしい。探していた理想の女にやっと会えたみたいなことを言う。で、いきなりの奇襲で男とおっさんとバカを棒で殴り倒し、女を店の奥に追いつめる。このままだと椎名へきる殺されて終わり?とか思ったら、おっさんと男とバカが立ち直って来て、ぐらんぐらんに沸いているヤギ汁をガキにぶっかけて追い払うという。
なんていうか、こうやって書いていても頭が痛くなるような展開。どうにも先の読めない展開に残り時間をチェックしながら観ましたからね。
で、最後は男は女と一緒に東京に帰り、おっさんはバカに店を譲ってお終い。w

他にも最初の頃にやくざとかおっさんの昔のあれこれの仲間とかでてくるけど、そういうのが本筋(率直にって何が本筋なのかわからないんですが)には関係無い。

とにかく人殺しの話は余計だなぁ。あれ無くせばまだしみじみとした沖縄の話で許容範囲におさまると思うんだがなぁ。
沖縄のほのぼのとした雰囲気とでもいうんですかね、ぼんやりというぼやぁんとした感じがそちこちにあって、その点では好ましいんですけどね。空や海の眺めとかガソリンスタンドの店員とかね。そこへなんで殺人者を持ってくるのかわからん。おっさんの過去の話に絡んだってんならまだしも、全然関係ないんですから。
監督何やってんだと。orz

で、お待ちかねの椎名へきるについて。
どうせみんな演技がクソで不出来な映画にトドメさしたとか思っているでしょ?w
残念ながら思っているよりずっとマシなルックスと演技でした。正直、最初に登場した時にはこれは!とコーヒー吹くような演技でしたけど。声が裏返るというかたどたどしいセリフでまるで中国人が喋っているみたいな。(汗
ただそれには理由がある。後述。
それ以降の演技はごく普通。客観的に見てすごく良いとも思えないけど悪くもありません。演技は普通ですが、演じている人としてはなんていうか、すごく存在感みたいなものがある。歌と同じでセリフを話している姿をみるとすごくハラハラする。役者として演じているわけですから、当然そういう仕事をするのが当たり前なんですけど、それが奇跡というかありえない感じ。すみません、わたくしの表現力の限界を超えました。w
ステージで歌ったり踊ったりしている姿はよく観ますけど、役を演じている姿を見られるということでこの映画は貴重ですな。っていうか、この映画にはそれしか価値が無い。

で、冒頭のどうしようもない演技については、どうもヤギ汁が原因らしい。ヤギ汁を食べるシーンなんですが、これがすごいシロモノらしく、脳みそとか入っていてブルーチーズを塊で口に入れたような、と言ってました。メイキングビデオを見るとテイク4とかまでやってまして、とにかく臭いと味がダメらしいです。男の方もヤギ汁を食って悶絶するシーンがあるんですが、女役の椎名へきるの方は美味しいと言わなければならない役で、なんか酢をいれてごまかそうとしたら、新しいのに換えられちゃったりしてる。撮影の後、うがいしてましたからね。

観ていて思ったのは、例によってアルファさんにしか思えないという。w
「ヨコハマ買い出し紀行」のアニメとドラマCDと話し方・声がまったく同じ。あれは素でやっていたんですねぇ。声優としての演技が棒だと言われますが、よーく聞き込んでみると、全く棒読みということもない。良く言えば自然な演技、悪く言えば表現力不足と言われかねないといったところ。好きな人は許容できるでしょうが、イロイロと先入観があって悪い目で見る人には攻撃対象になるでしょうなぁ。

悪い目といえば、この「月のあかり」のレビューを検索していて興味深いやり取りを見かけたのでちょっとネタにしてみる。
こちらのブログです。「月のあかり」そのものについてはその通りとしか言いようがありませんが、注目すべきはコメントの方です。

>ていうか椎名へきるって時点でもう、激しくダメ臭が。。
これこれ、これですよ。これがわたくしが問題にし続けている根拠のはっきりしない言いがかりに近い悪評の一例ですよ。なんなんですかね、こういうの。ブログのエントリーは映画がダメで監督がクソっていっているのに、椎名へきるで激しくダメ臭がって、意味が分からない。いえ、いまさら別に腹を立てたりしませんよ。今は認識が変わっている可能性もありますしね。
仮に今でもかわらず、椎名へきるってのはそんなもんだと思っているのなら、いい加減な情報を元にした認識のせいで人生においてひとつの大きな楽しみを失っているわけで、ザマァとは思います。それが当たり前と思えることでも、面白半分でも良いから裏を取ってみると違った世界が見えるかも知れませんからね。

幸いにしてブログ主のレスはごくまっとうなものでした。
いやしかし、金出して映画館に観に行ったどころか、わたしゃDVD買ってみたんですからね。w

全体として映画としての出来は酷い。採点すると10点満点で3点とか。沖縄のほのぼのぼんやりした雰囲気の表現で1点、スポスタの歯切れの良いエキゾーストノートで1点。椎名へきるの望外の演技で1点。いやこれに5点あげて、監督とか製作とか脚本で-4点でも良いですが。w

こういう変な映画に出ちゃうから、前述の良くわからない悪評が沸くんですかねぇ。>椎名へきる
そうだとしたらちょっと気の毒ですよ。
by namatee_namatee | 2013-05-25 22:35 | music | Comments(5)

ツインタワー

c0019089_20235038.jpg

どんどん高くなっていく2つのタワー。

どうすんだ、これ。
右は今でも成長が続いている椎名へきるのCDとDVD(今日も一枚増えた&一枚発注した。)、左はそれに比べれば成長のペースは遅いものの、ブツは嵩張るのでこれまたかなりの高さになっている「ヨコハマ買い出し紀行」のグッズ関連。どちらも書籍は含まれません。書籍は写真に写ってない下の方のテーブルの上に山盛り。
最近は地震も少なくなって落ち着いてきましたが、それでもたまに大きめの奴がくるともう大変。ヨコハマタワーの方は一度崩壊しました。w
へきるタワーはまだ安定してますが、前述の通りすごい勢いで増えていくので、対策しないと遠からず悲劇を生む。

実際のところ、わたくしの部屋はもういっぱいいっぱいでして。わたくしの漫画とか本、エアガンがそこら中にある。それに加えて嫁さんのBL系の同人誌とかCD、雑誌が山盛り。本当に足の踏み場がありません。
そこへ持ってきて、この勢いでモノが増えたんではねぇ。
この部屋は8畳間ぐらいで、隣に同じぐらいの広さの寝室がありますが、そっちも本とエアガンがてんこもり。ベッド以外のスペースはありません。一階に10畳間があって、それもわたくしの部屋なんですが・・・例に漏れずエアガンと古いPCが(ry
さらに外に物置が2つあるんですが、これもわたくしのスキー板とか釣りの道具とかで一杯という。なんでもかんでも捨てずに取っておくのは考えものですなぁ。我が家の収納スペースの75%ぐらいはわたくしのガラクタが占有しているかもしれん。(汗

とりあえず、しゅっちゅう触るわけでないヨコハマタワーの方は何かケースとかコンテナを用意して収納しましょう。へきるタワーはCDラックを引っぱりだしてそちらへ。だがしかし、DVD付きの厚い奴の置き場が無いなぁ。
by namatee_namatee | 2013-05-24 20:48 | diary? | Comments(4)