タグ:椎名へきる ( 653 ) タグの人気記事

病膏肓に入る

c0019089_20374923.jpg

本日はお休み。
明日はサバゲにいくことになったので、とりあえず期日前投票に。あと郵便局へ行って西の友人の&氏にいやがらせを送る。いやなに気にすることはありませんよ。(棒

ダブっております。
写真は例によって例のごとく椎名へきるのCDの図。「with a will」ですな。先日のTシャツのネタにもなりました。
これまた例によってダブっております。ちょっとわかり辛い写真になってしまいましたが、下のケースに2枚並んでいるのはデザインが違うものの、同じwith a willのディスクです。よく見ると左側のディスクには何か書いてある。
なんと椎名へきるのサイン入り。w
本物かどうかわかりませんけど。なに書いてあるのか読めないし。例によってTシャツでも買おうと思って、某オークションをうろうろしていたらこのサイン入り「with a will」が100円だったので適当に入札しておきました。そのまま寝ちゃおうと思ったんですが、ふと思い直して入札の様子を観察してみると・・・なんか残り30秒ぐらいで10円+とかの入札があって7-8回も延長してるんですけど。w
最終的に350円で落札。まあわたくしがはるかに高い金額で入札してますからね。10円刻みでは到底届きませんわな。こういうのってもっとどかんと金額が上がっていくのかと思ったんですが、絶対的な金額自体は大したこと無いんですなぁ。なんか無駄にハラハラして手に汗を握りました。
これが「ヨコハマ買い出し紀行」関連グッズだとシャレにならないですからね。カレンダー2,000円スタートで20,500円とかね。orz

※個人の感想です。w
それはそれとして、この「with a will」はとても良くできたアルバムだと思います。名曲ぞろいですな。「色褪せない瞬間」「やさしいひとになりましょう」「目を覚ませ、男なら」とかもうたまんない。
この「with a will」と次の「Baby blue eyes」、そして「Face to Face」の3枚は初期というのか、2000年以前のアルバムとして最高の出来かと。
「Baby blue eyes」には「風が吹く丘」「風の行方」「あなたの名前」「246」「Graduater」、「Face to Face」には「この世で一番大切なもの」「抱きしめて」「新しい風」と、書き出すだけで心が震えるような名曲ぞろい。
っていうか、この3枚のアルバムの曲は全部どれも良い。(汗

実はここら辺の曲って最初はあんまりピンとこなかったんですよね。なんてたって2013年からのファンですからね。最近のズギャーンドカーンっていうロック色のつよい、いわゆる「へきロック」から入りましたし、リアルタイムで聴いたわけじゃない(いや聴いたことはあるんですが、意識してなかった。)し、まだまだ歌唱力が不安定に感じられて、しかもバラードっていうのか、しっとりとした曲が多い2000年以前のこの頃ってちょっと良さがわかりませんでした。あと声が低いんですよ。で、低い声だすのが苦手に感じます。>椎名へきる
ところが、毎日毎日聴き続けてますと、これがだんだん良くなってくる。某巨大掲示板やネットの情報を漁ると、この時代のファンの人は多い。前述の通り、わたくしは当初は首を傾げてましたが、聴き続けてみるとジワジワと良さがわかるというか、違和感がなくなって後の派手な楽曲と同じか、それ以上に味わい深く感じられましてね。件の「俺様ベスト」での採用の割合と再生回数がうなぎのぼりになるという。

そもそも歌唱力とは?いわゆる声楽でいうところのさまざまなテクニックを破綻無く使いこなせること?それは一面ではありましょうが、それが全てではありますまい。どんなに上手でも、わたくしはなに言っているのかわからない外国語のオペラじゃwktkしませんよ。どんなに規定された音程や決まり事通りに歌えても、聴いているわたくしの心に響かなければ、それに対してわたくしは歌唱力が無いと言う権利がある。この世はわたくしがいるからこの世界として存在するのだ。w
そもそも歌唱力などというものは無いんでしょうな。クラシックとかロックとかジャンルごとに意味が違うでしょうし。さらに今日もボニー氏と話しましたが、ロックとかポップスとかあるいはクラシックとか、そのジャンルのようなものですら厳密に規定することは難しい。歌唱力などという曖昧な言葉で音楽のような複雑なシロモノを表すのは、たとえ一面にしても無理です。

椎名へきるにハマった理由はなんといってもこの声がたまらなく好きというのがありまして、考えてみればこれは幸いでした。歌うまいとか下手は経験を積んだりトレーニングで変わっていく可能性がありますし、現に今の椎名へきるは歌が下手とはとても思えない。声はそんなには変わりませんからね。こちらの気が変わるまでは好きにならないわけで。

なにが言いたいかというとアルファさんかわいいよアルファさん。w
by namatee_namatee | 2013-07-20 22:26 | music | Comments(3)

4から7へ

c0019089_20183563.jpg

件の「椎名へきる専用iPod」がお亡くなりに。w

酷使したからか?
以前ネタにしましたが、第4世代iPod(写真右側)はそれまでお蔵入りしていたのを5月に復活させて椎名へきるの楽曲のみを入れて運用しておりました。復活させてほぼ2ヶ月というところだったんですが、本日、会社のお使いで出かけた時にちょっと聴こうと思ってボタンを押したら反応が無い。あれ?と思って何回かボタンを押すと動き始めましたものの、しばらくすると再生が止まってしまいます。車の中に放置しておいたので、暑くておかしくなったのかと思ってエアコンの冷気に当てて冷やしてみましたが変化無し。何度か再生→停止を繰り返しているうちに面倒くさくなったので、新しい奴に更新。w
2ヶ月間、毎日毎日同期して充電して平均2時間は再生してと酷使しましたから、もう十分でしょう。

そういったわけで左側の第7世代iPod nanoに代替わりでございます。これは今まで小さいと思っていた第4世代よりもさらに小さく薄い。容量は16GBで、これなら椎名へきる専用としては十分な容量。今までの8GBではAAC?MPEG-4?でないと容量が足りませんでしたが、16GBあればALACのまま転送できるので音質では有利なはず?
いやなに、聴き比べてみましたが例によって良くわからなかったんですよ。なんとなく新しい方が同じぐらいの音量でも低音から高音までパワフルに感じるといったぐらいしか違いがわからん。

もっとも肝心な操作性はやっぱり第4世代の方が良いですね。第7世代は余計なメニューが鬱陶しい。音楽再生専用、しかも椎名へきるだけしか入ってないのに、フィットネスとかPodcastとか要りませんよ。困ったことに設定で消すこともできないんですよね。それでもiPhoneやtouchよりはシンプルなのでここは我慢してあげましょう。>何様だ

7/17追記:
いらないアイコンは消せないものの、iPhoneと同じように長押しで裏のページへ移動できるんですね。余計な奴はすべて裏のページへ移動してやりました。表の画面にはミュージックのみに。だがしかし、そこから中に入っていくときのメニューは弄れないようです。残念。

iPod Classicと迷いました。クリックホイールはもはやiPod Classicにしか無いですからね。操作性は第4世代iPod nanoにもっとも近いはず。ただiPod Classicはnanoに比べて1万円高いのと容量が160GBも要らないんですよ。あとでかい&重い。サイズ・重量まで含めた使い勝手をトータルで考慮して、多少操作性に難があってもnanoの方が良いと判断。おっとnanoはケーブルがLightningコネクタなのもポイントが大きい。iPhoneと共用できるので車の中とかで使う時に便利。

あー、これやっぱり音質良いですね。しばらく聴いていたら違いがわかってきました。いろんな音がちゃんとはっきり聴こえる。あとは耐久性ですなぁ。これは何年もつかな?
by namatee_namatee | 2013-07-16 21:15 | music | Comments(4)

寝て過ごす

c0019089_2125162.jpg

本日もお休み。だがしかし、だるいのでどこへも出かけず。例によってウチから外に出てません。

寒い!
午前中は暑かったんですがね。午後から涼しくなりました。>納豆の国北部海岸地方
海から冷たーい風が入ってきまして、気温は急降下。午前中は30度越えだったのが午後は22度ぐらいという涼しさ。涼しいの通り越して寒い。海に泳ぎにいってたりしているときにこの気温の急降下現象にあうと一発でお腹壊すんですよ、わたしゃ。orz

ここら辺が以前住んでいた名古屋とは違うところでしてね。あっちは最高気温こそ34度とかで、こちらとそんなに差が無いように見えますが、夜になっても一向に涼しくならんのですよ。あちらでも海の近くに住んでましたが、特に海風とかありませんでした。一日中ずーっと暑い。22:00ごろになっても30度以上だったりする。セミも昼間と変わらず盛大に鳴いている。シャゲシャゲ(ヨコハマ買い出し紀行風)という鳴き声のクマゼミ?こっちのセミとは違う奴が。
なのでエアコンないと死んじゃいます。熱中症とかじゃなくて寝不足で死ぬ。w

その点、こちらはさすがに南東北(本当は北関東)、夜になると気温は下がって過ごしやすくなります。暑い日の夜でも網戸にしておけばなんとか凌げるかな。ウチのあたりは比較的海に近いせいか湿気がひどいのでできればエアコン使った方が快適ですがね。

例によってどんどん増える。
写真はこの休み前にオーダーしておいた椎名へきるのシングル(の一部)の図。各方面から次々と着弾しております。
アルバム買えばシングルは良いかななどと思っていたんですが甘かった。シングルにしか入ってない曲がある。しかもそれらは変というか変わった曲が多くて聴いてて面白いときたもんだ。アルバムに入っている曲もアレンジが違ったりするのが多く、結局シングルとアルバム、両方買わないと意味が無いと判断。あとシングルにはカラオケというかoff vocalバージョンが入ってまして、これが良いんですよ。歌が無いので曲の格好良さが引き立つ。前にも書きましたように、わたくしは歌詞の内容に意識が引っぱられてしまう傾向があるので、曲だけだと曲そのものに集中できるんですね。いやなにむしろ歌が無い方が良いなどとは(ry
まあそれは冗談として、格好良い曲が多いのがあらためて実感できます。>off vocalバージョン

ほぼ新品ですが、PROUD OF YOU(二段目の右端)というのだけは中古。これ、なぜだかわかりませんがこれだけ絶版でネットショップでは在庫無しが多い。R-TYPE FINALというゲームの主題歌だそうですが、もちろんそんなことはわたくしは知りませぬ。とにかく、ネット上のショップには在庫が見当たりませんでした。某オークションには売りに出てましたが3,000円とか。まーた足許見やがって。w
この時期は例のCCCD(レーベルゲートCD)で、後に通常版が出たらしいんですが、ウチではCCCDでも普通に読み込めるのがわかってますから、どっちでも不都合は無いんですけど。で、楽天に中古があったのでそれを購入。よく見たら駿河屋さんでした。w
価格は500円とか。短気起こして某オークションで買わなくて良かった。CDの類、ましてや椎名へきるなんてコレクターズアイテムにはならないでしょうしね。一応、帯とかなにかのイベントのシール?ステッカー?みたいなものははがしたりなくしたりしないようにしてありますが、特にこだわりはありませぬ。
ちなみに写真に写っているのはすべて開封済みです。表面を覆っているフィルムみたいな奴は普通に開けずに側面をカッターで切り開いてiTunesに取り込んだら元に戻してあります。我ながらマメだ。

「ヨコハマ買い出し紀行」関連グッズもそうなんですが、こういうちょっと前のCDとかDVDって、なんかトレーディングカードとか当時のイベントの告知とか入っていて、何とも言えない気持ちになりますなぁ。w
by namatee_namatee | 2013-07-15 22:27 | music | Comments(0)

ほぼプリンキングに終始する

c0019089_2155542.jpg

というわけで帰ってまいりました。>キャンプ御殿場
幹事様、参加のみなさま、お疲れさまでした。特に24時間とおして食事を作っていただいた炊事班のみなさまには頭が上がりません。ありがとうございました。

遠い。orz
今回のルートは納豆の国北部海岸地方から北関東道→東北道→北関東道→関越道→圏央道→中央道→富士五湖道路という迂遠なもの。だって、AM6:00に高速に乗る時点で三郷→加平で渋滞7kmとかでしたからね。わたくしが三郷に到達する頃にはさらに渋滞が伸びていることは必至。おまけに首都高、東名、御殿場I.C.からフィールドまでの道、と混みそうなシロモノが目白押し。
なので距離的には遠回りですが、渋滞しそうなのは中央道ぐらいな今回のルートをセレクト。実際に渋滞したのは予想通り、圏央道と中央道の合流地点前後ぐらいでした。10:30にフィールド着でしたので、340kmを4:30で走破。まあこんなもんでしょう。

本日の帰り道は同じルートを裏返しで。例によって中央道が混みました。大月→小仏トンネルが渋滞17km約1時間のロス。15:30に御殿場を出て、ウチに着いたのは20:30でした。まあ仕方ないよね。
もっとも渋滞とか全然平気だし。例によってiPodで椎名へきるを聴いていましたからね。むしろ走行時間が長い方がだれの邪魔も入らずにより長時間聴いてられるのでありがたいぐらいだ。w
おかげで行きでは俺様ベストを頭から最後まで一回転。帰り道では同じく俺様ベストを一回転+アルバムを古い方から順に2枚半ほど聴けました。
御殿場を出る時には眠くて、こりゃ仮眠しないとマズいかな、などと思っていたんですが、これが不思議なことに全然眠くなりませんでした。そういえばノンストップだ。高速に乗ってからはどこにも停まらずに帰ってきちゃいましたよ。恐るべき覚醒効果。>椎名へきる
脳内麻薬が出ているはずなのに覚醒するとは、もしかして麻薬というより覚せい剤に近いのかも。w

写真はフィールドでのわたくしの図。
今回は最初からゲームをする気がありませんでしたので、このような格好で。鉄砲屋で買ってきたばかりのM4クローンでプリンキングを楽しむおっさん@米国、といった感じ。
Tシャツの417はHK417のことではありませぬ、念のため。わたくしの方から説明しないで意味に気がついた人は一人しかいませんでした。いやでも気がつくとはさすがです。>某69の人
これは椎名へきるの1997年のツアーかなにかの物販で販売されたTシャツだと思われます。CDだかなんかを買ったときにもうちょっと足せば送料がただになりそうだったので、ちょうど良い金額のこれを買った次第。確か800円ぐらいだったはず。最近のこの手のTシャツは中国製が多いんですが、これはタグにMade in U.S.A.とあります。そのせいか、けっこうちゃんとした生地と縫製なんですよ。実用品としても良い出来です。

417の下にはwith a will(3枚目のアルバム じゃなくて4枚目でした。7/20訂正)lと書いてあります。417は椎名(シイナ)にかけたキーワードなんですよね。ライブの時の駐車場には417や4179とかのナンバーの車が並ぶという。この集いで417だと絶対HK417と混同されるだろうと思って着てみました。w

昨日は完全にゲームをやる気がなく、それこそ適当に鉄砲をうったり犬と戯れたりでした。夜はもちろん宴会でございます。誰がNVだのサーマルだのが待ち構えている夜戦になど行くものか。
すごい勢いで流行っている「艦これ」のネタをヘビィユーザーの方々と話す。いやぁ、わたくしのようなライトなユーザーには参考になることが多かったです。(棒
その他、ネットのネタ、例えばガセネタが広まるのは恐いねー、見たいな話。先日の某元受刑者の声優はスキルいらない発言も実際の意図とは違うとか。ネットの無責任なウワサ話は本当に恐いなぁ。ウチも事実関係を確認して訂正を入れておかないと。

7/15追記:
どうも訂正するほどでもなさそうと判断いたしましたので、そのままにしておきます。w

で、例によってしゃべり過ぎで喉がガラガラになったので、25:30ごろテントに戻って寝る。

今朝は7:30ごろ起床。フィールドは標高1,000mぐらいのところにあるので、比較的涼しい。夜はTシャツでは寒いぐらいです。湿気は多かったな。
全くゲームやらないのもなんなので、朝一番の朝飯前のゲーム(表裏)に参加。これがやってみると面白いんですわ。w
ガスブロのM4を使いましたが、フィールド推奨の色付き(今回は黒)BB弾では弾道は見えず、さらににガスブロはリコイルがキツいのでなおさら当たらない。派手な音がするのでバカスカ撃って敵を牽制してました。で、止せば良いのにムキになって走ったりしたもんだから、朝から汗だくになるという。いやでも、あのゲームは楽しかった。適度に高低差があって見通しが良いような悪いような、ちょうど良いバランスのフィールドなんですね。設備とかは無いも同然ですが、さすがに歴史のあるフィールドだと思いました。

その後、朝ご飯食べて犬と戯れてプリンキングで鉄砲撃ってRCのドローンみたいなのが飛ぶのを見て(ry
ゲームはとにかく、泊のゲームはゆっくり話が出来るのが良いですなぁ。またやりたいですねぇ。
by namatee_namatee | 2013-07-14 22:52 | survival game | Comments(8)

シームレス

c0019089_20454355.jpg

またしてもCDを買う。だがしかし、今回は椎名へきるではありませんよ?

豁然大悟。
ものは見ての通りAndrew W. K.のI GET WETでございます。なんのことはない、椎名へきるネタを検索していると「Andrew W. K.の影響が・・・」という記述を良く見かけるので、YouTubeさまで確認したら、すげぇ格好良かったので。
これはたまらん。こういうあまり難しいこと考えないで、思いっきり盛り上がるのが良いんですよ。歌うまいとか下手とかクソ喰らえだ。いや、Andrew W. K.は歌うのが下手とは思えませんが。

っていうか、わたくしは悟りました。わたくしはこういうぎゃんぎゃんいう楽曲が好きだ。半世紀経ってやっと自分の音楽の嗜好というものを把握しました。
洋楽はなに歌っているのか良くわからないので苦手なんですが、これはそんなの関係無い。自然にヘッドバンギングしちゃう。車の中で聴くとヤバい。w
友人に洋楽好きな奴が何人かいたんですが、大体中学生あたりからハマりだすようで。わたくしの中学時代にもLPレコードのケース?カバー?みたいなのを持ち歩いている奴が何人もいましたねぇ。大体、ビートルズあたりから入っていったんですかね。

実はわたくしはビートルズ大嫌いだったりする。>爆弾発言か?
なんか回りくどくてね。The Beach Boysの方が断然好き。やっぱり単純でノリの良い楽曲が好きなんですよ、わたくしは。

それはそれ。当時疑問に思っていて、でも聞けなかったこと、それは「外国語の歌を聴いて歌詞の意味が分かるの?」というもの。なんか触れてはいけないことのような気がしましてね。w
最近になって、もう時効だろうと何人かの知り合いに聞いてみました。その答えは古い友人のボニー氏も含めて、歌詞なんかわからん、でした。ああ、やっぱりね。w
Yumingとか好きだったこともあって、歌詞に思い入れのようなものを抱く傾向がありまして、その点から外国語の歌は苦手としたんですが、椎名へきるフィーバーのせいで楽曲に対する思い入れのバランスみたいなものが変わったのを自覚しました。椎名へきるの歌って詩にはたいして感心するところはない。もちろん悪くはありませんが、特に参りましたというほどのものはない。まあ普通。
だがしかし、中毒になるほどの魅力があるのは確かなんですよ。わたくしがハマった要素ってのは上にもかいた通り、歌うまいとか下手とか、歌詞に共感するとかじゃないんですな。ノリが良くて気持ちよい、これですよ。

iTunesに取り込んで聞いてみました。>I GET WET
これは良いわぁ。あまりに良いのでつい大音量で鳴らしてしまい、またしても嫁さんに怒られました。orz
で、一通り再生し終わって、iTunesに入っている別な曲に移るんですが、それが今回は椎名へきるの「Power Of Love」だったわけですよ。これが全然違和感ない。まったくシームレスに違和感無しに聴ける。なるほど、影響があるというのはこういうことか。

ひとつ、椎名へきるの音楽性?彼女がなにを目指したのかという謎の解明に近づいたような気がします。
by namatee_namatee | 2013-07-09 21:47 | music | Comments(8)

蝶野一尉のお酒?

c0019089_20345918.jpg

まあそのなんだ。「ガールズ&パンツァー」の聖地、大洗の隣町に住んでいる割に特にこれといってネタにしないのも何だと思いましてね。

実はよく観てなかったりする。>ガールズ&パンツァー
しかも嫁さんは自分が見終わった奴は容赦なく消してしまうので、見直したくても見れないという。orz
かろうじて最後の二話だけは消さないように頼んであったので無事。これはBD購入フラグか。w

それはそれ。写真は言わずと知れた月の井酒造の純米 蝶野亜美「撃破率百二十%」でございます。前述の通り、マジメに見てなかったのでなんで撃破率百二十%なのか意味が分かりません。w
まあそういうものがあるということで、嫁さんに買ってきてもらいました。近いとこういうとき楽ですなぁ。ちょっと買ってきてーで手に入っちゃいますからね。実はわたくしの誕生日のプレゼントだったりもしますが、この歳では誕生日などめでたくもない。どちらかというと「冥土の旅の一里塚」みたいな。(汗

さっそく飲んでみましたが・・・まあ普通の日本酒ですね。わたしゃ日本酒苦手ですので、味についてはなんとも言えませんなぁ。なんだかんだいって嫁さんと二人であっというまに四合飲んじゃいましたから、飲みづらいとか不味いということはないですね。最近の日本酒的なさらっと飲みやすいというか。

蝶野一尉のCVこそ言わずと知れた椎名へきるですよ。w
ちょい役なのでわたくしのように不真面目な奴は遭遇できないという。
by namatee_namatee | 2013-07-03 22:20 | music | Comments(22)

すみませんでした。

c0019089_20183928.jpg

月曜日はネタが(ry

フェイク
これは「ヨコハマ買い出し紀行」OVA第二期の台本ということになっておりますが、もちろん本物ではありませぬ。DVDを買った人向けに作られたグッズの類。DVDのパッケージに応募ハガキが入ってましたから、おそらく抽選で配布されたものでしょう。当然のことながらわたくしが物心ついた(ヨコハマ買い出し紀行的に)ときにはそのようなキャンペーン期間はとっくに過ぎ去っておりました。なので某オークションで入手。そんなに高くもなかった記憶が。もっともモノの出来を考えると安くもありませんでしたけど。w

先日、なんとかいう元受刑者が「声優なんてスキルいらんじゃん。」みたいなことを言って物議をかもしてましたが、実はわたくしもつい最近までそう思ってました。大体、3ヶ月前ぐらいまで。
イメージとしては絵を見ながらセリフを適当に読んでいけばよいんだろ、的な。最近はシロウトのアイドルとかでも務まってるみたいだし、みたいな。
ところが、椎名へきるフィーバーのせいで、そっち方面の情報も入ってくるようになりましてね。実際のところ、わたしゃ声優としての椎名へきるにはあまり興味ないんですけどね。ここ最近、それなりに良い役に恵まれているようで、それはそれでめでたいことだと思いますけど。
椎名へきるはわたくしにとってはあくまで歌い手さんです。あ、でもアルファさんの声が歌を歌っているからここまでハマったというのも大きいので・・・どうなんですかね。

7/2追記:
昨夜は眠くて適当に端折ったので改めて追記。w
ここら辺も良くわからないというか、わたくしとしては微妙な、なんとももにょもにょとはっきりしない気持ちの悪い部分ですな。世間一般では声優で歌手と言われますが、内容と実績を調べれば調べるほど実質歌い手に思える。だがしかし、声優で仕事を始めたのは間違いないし、最近はまたその声優の仕事も増えつつあると、ひとことで表現するのが難しい。本人も喜んでいるように見える・・・芸能人の公式な発言など内容が本音かどうかは話半分どころか1/3でも怪しいけど。
要するに、この人に限らず、誰かを簡単な言葉でカテゴライズするのは難しいということなんでしょうなぁ。それでは本質を見誤る。

オワコンと馬鹿にされることもある(そういうこと言う奴こそ情弱のバカだと思うのは前に書きました。)椎名へきるですら、これだけ文字と時間を費やしてもなお満足のいく結論にたどり着けないという。
世の中には他にも魅力的な人物が無数にいらっしゃるわけで、それを同じ様に追求したら大変なことになりますな。
時間はどんどん過ぎ去っていき、今この瞬間は二度とないわけですからね。できる限りのことを可能な範囲で全力でしておかないと後で後悔するかも、ってのがわたくしの「ヲタク解放宣言」の主旨でございます。w

気分にまかせて適当なネタを書き連ねて人より知ったような顔をするのは、本人は気が付いてないかもしれませんが、周りから笑いものになるだけです。わたくしは可能な限り真面目に冷静に追求していこうと思っておりますが、残された時間と資源はそんなにない。風呂敷を広げたら収拾がつかなくなります。
いやまあ、それでその程度かといわれると返す言葉もないのはいつものことですけど。w
追記終了

で、声優さんがどのように仕事をしているのかってのをラジオの番組で彼女が言っているのを聞きました。
あれ、ト書きだけをみてセリフ言うんですってね。絵があることはほぼ無いとのこと。これは驚いた。それは難しいだろ。ただセリフを読むだけならなんとでもなりましょうが、全体として役が変にならないようにまとめなきゃなりませんからね。スキルがいらないどころじゃねぇよ。そりゃ匠の技とかのレベルだよ。(汗
最低、それができた上で演技が上手い下手とかの評価になるわけですから、これは一筋縄ではいきませんな。うっかり棒読みとか言ったら怒られますな。w

そういったことを聞いた上で、この台本を読んで想像してみると・・・改めてすごいな。>声優さん
もしかすると歌歌うよりごまかし利かなくて難しいかも。
声優くずれとかバカにしてる場合じゃありませんよ。>誰と無く

などと嫁に話したら、「そんなことも知らない奴が身近にいたとは。orz」ですって。知らねぇよ、へきヲタかも知れないけどアニヲタじゃないんだから。
by namatee_namatee | 2013-07-01 21:08 | music | Comments(6)

もう一杯

c0019089_204645.jpg

昨日は某巨大掲示板で煽られた反動で微妙に感情的なエントリーになってしまったなぁ。某巨大掲示板歴はそれなりにあるんですがまだまだ修行が足りませぬ。精進します。w

煮え切らないように見えるかも知れませんが。
ここには断定的なことはなるべく書かないようにしているんですよ。物事にはいろんな側面がありますからね。
同じ事象でも持っている情報や知識や経験で見え方が違いますので、意見や見解も変わってまいります。あんまりバシッと断定してしまうとそのスジのわたくしなどが足下におよばない先達から怒られたり笑われたりしちゃいますからね。わたくしが怒られたり笑われている分にはまだしも、検索してお見えになった方に間違った情報を伝えてしまっては申し訳ない。
例の椎名へきるネタの「根拠のはっきりしない言いがかりに近い悪評」に代表される不確実なガセネタ情報スパイラルの発信元になるのは避けたいところ。

特に音楽関連は間口が広いが奥も深い。その上、わたくしにはロクに知識がないときたもんだ。これは慎重に言葉を選ばざるを得ないんですが、昨日のエントリーはちょっと感情が先走った感がありまして反省。
もっとも適当にYouTubeとかからそれらしい動画のリンクを貼って、お手軽&ローコストにネタを仕上げていい気になっているなんてのよりはマシだと思いますけどね。一応、CDは自腹切って可能な限り新品で買ってますし、資料集めやファンクラブ(!)とかその他にも投資はしてますし。w

写真はそのような話とは全然関係無い。椎名へきる専用CDラックの図でございます。w
CDが山積みのタワーになってしまって危険なため、物置から古いCDラックを引っぱりだしてまいりました。これが普通の薄いCDなら問題ないんですが、初回限定版とかいってDVDが付録になっている奴が入らんのですよ。二枚分の厚みがあるんですよね。
このCDラックにはそういうCD用のスロットもあることはあるんですが、なぜか横の幅が合わない。古いラックなので規格が違うのかなぁ。
仕様がないのでそういう厚手のCDケースは斜めに突っ込んであります。とても見苦しい。しかも今でもシングルは買い続けているので、次第に空きスペースが心細くなってきているという。

これは新しいラックを買わなければならないのか・・・物入りだなぁ。orz
by namatee_namatee | 2013-06-28 20:38 | music | Comments(2)

安物の耳ですから

c0019089_2232450.jpg

うほっ。この歳にしてついに某巨大掲示板でキモオタ呼ばわりされましたよ。苦節十年、やっと一人前ということですな。これからも精進します。w

まずい。(汗
椎名へきるネタを連発していたら検索でやってくる人がどんどん増えてきました。迂闊なことは書けん。w
一応、このブログにもアクセス解析が設置してありましてね。どこからどのような経路で訪問される方が居るのかを観察させていただいております。まあたわいのないものなんですが。
ページビューっていうんですか、延べ訪問者数って奴。このブログのページビューがどのくらいかというと、400-500人/日ぐらい。ユニークユーザー数だと250-350人/日の間ぐらいで推移しております。
検索される単語で多いのはサバゲとエアガン関連が一番多く、ついでアウトドア関連、H-D関連といった感じ。結構力入れているつもりの「ヨコハマ買い出し紀行」関連はあんまり無い。まあアレは相当にマニアックですからねぇ。

これが最近の椎名へきるネタ連発で様子が変わってまいりましてね。「椎名へきる」で検索されてお見えになる方がジワジワと増えつつあります。というか、6/24に「中間報告?」というそれなりのボリュームのネタをあげたせいか、6/26のアクセスが700を超えてほとんど800に近づいていてたまげた。普段のほぼ倍ですよ。
検索されるフレーズは特に5/22に出たニューアルバムの「Ermitage」がらみが多いですね。「椎名へきる Ermitage ブログ」とかね。
それは良いとして「椎名へきる 下手」とか止しなさいって。失礼だろ。w
記事別アクセスでも6/26現在だと上から3位までは椎名へきる関連でございます。

というわけで「Ermitage」をネタにする。
すでに2回ほどネタにしてますが、どちらも本筋をはずした内容で、あれではせっかく検索してお見えになる方に申し訳ないような気がしましてね。かといって気の利いたレビューが出来るのかというと、それも無理。なんといってもファンになってわずか3ヶ月、しかも椎名へきるファンなら必然的な通過儀礼のライブも未体験ですからね。まあそういうわけで、真っ正面からネタにするのを避けてきたんですけど。

わたくしが出来ることといえば、購入して1ヶ月、ほぼ毎日平均一回は聴いた感想を述べるのみ。これがマジで再生回数はどの曲も35回ぐらいになってまして、1日一回は聴いている計算になります。今日も一回聴きました。っていうか、これ書きながらさらに2回ぐらい聴いちゃいました。w

さて、この「Ermitage」というアルバム、12曲+ボーナストラック( 例の「いざ!You Can」の親衛隊Ver)という、ちょっと曲多め?の構成になっております。ひとつ前の「for you」も13曲でしたが、それまでは10曲か11曲が多かった印象。もっともそういうアルバムの曲の構成とか、並び方で盛り上がりがどうのとかはわたくしの知識と経験ではコメント出来ませぬ。

アルバム全体の印象はどうかというと、どちらかというと今までの流れから外れたちょっと一息みたいな位置づけなんですかね。前にも書きましたがロックっぽくない。いわゆる「へきロック」色が薄いように感じます。アニメ・ゲーム系のレコード会社ということで、Shadow of eclipseというゲームの歌(クリスタルエイジ)やこれも確かアニメ関連のTruth,My Melodyとかが入っていたりするのも、そのような印象を受ける原因ですかね。
いやしかし前作の「for you」もロック色は薄く感じるので、もしかすると今後はこういう路線になるのかもしれませんなぁ。そういうことはわたくしの手に余る話題なので、現時点ではなんとも言えませんけどね。

いずれにせよ個別の歌の完成度は極めて高い。歌唱力についてはもはや全く問題ありません。もう音程がふらついたり、低い声が出なかったりすることは無い。おまけに高音は相変わらず超音波でてんじゃないかってぐらいの伸び。なんでこんなに細くて高い声だせるんだろ。
例えば「Guilty」という歌。「あなたのこともよく知らずに」という歌詞で最後の「に」はかなり低いんですが、ちゃんと正確に声が出ている。以前だったらこういうところではふらつき気味でスリル満点ということになったんですが、もうそういう心配はありませんね。これ、そのまま上の方まで急激に音程があがるすごくレンジの広い歌なんですが、前述の通り高音側もスムーズに伸びの良い声で完璧。

これは十分胸はって立派に「アーティスト」と名乗れますよ。w
未だに椎名へきるが歌下手とか言う奴はこれを聴いてから言ってみろってんだ。このアルバムを聴いてそんなやつらに対する溜飲がさがる思いですよ。ざまぁ。

個別の歌として特に気に入ったのをあげると・・・Truthじゃなくて「Trust」かなぁ。
↑これはあるネタに引っ掛けてあるんだけど、わかる人はわかる。w
へきロックじゃない方の典型的な椎名へきるの歌と感じる。そして最後の方で急に転調するところが格好良い。本人は歌いづらいと言ってましたけど。
ちょっと話がずれますが、転調といえば「10Carat」というアルバムに入っている「RESET」という歌があるんですが、これが無茶な歌でしてね。サビの「サクラサク 街角でボク達は 巡り逢う」という爽やかで印象的なメロディのあとで「誰よりも まぶしくて キミのこと すぐわかるよ」というところの語尾がいきなり連続で裏返るという。あれも転調の一種だと思うんですが、ものすごく変。でも好き。w
というか、桜の季節の歌なんですけど、別れではなく始まりを歌うという、その点からもちょっと変な歌です。

話を「Ermitage」に戻すと、他のどの曲も全て「当たり」です。シングルから持って来た曲も多いんですが、それらにしてもいくつかはアレンジを変えてあるし、「1番星~君のいない夜に~」はAlbum Special Ver.ということで歌詞が追加になってたりする。手抜き無しの気合いが入ったアルバムだと感じます。というか誠実で良心的とすら思う。
オワコンとか言われながら、この期に及んでここまでの完成度のアルバムに仕上げるとは恐れ入りました。
ますますファンになっちゃいますよ?>椎名へきる
by namatee_namatee | 2013-06-27 22:19 | music | Comments(2)

ワンダホー!!

c0019089_21804.jpg

さてネタが無い。w
なので昨日のネタの小さい続編みたいなネタ。率直に言ってどうでもよいネタです。読んで損したと思うかも。w

真っ赤
見ての通り、「Rock Rose:椎名へきる」、2009年8月発売、ランティス移籍後最初のアルバム。前作「Rockin' for Love」から実に2年6ヶ月も経っている。まあいろいろあったんでしょう、大人の事情だな。

いやまあ、この際、そういうのはどうでも良い。ネタにするのは収められているある曲についてでございます。
その曲は「No!brain's strike」というもの。変な曲なんですよ、これが。数ある椎名へきるの歌の中でも突出して変。なんか途切れ途切れというか、歌詞があっちこっちで区切られているというか。でも好き。w

一部を引用してみると・・・
「えらそうに言ってみた ちと えらそうに言ってみた、よ?」って変だろ、これ。なんだこの歌詞は。w
あと「やだ やだ 孤独だね 見失えば地面が ぐら ぐら 大暴れ 揺れて 何もかもが台無し」とかね。思わず発売時期を確認しましたよ。これ2011年3月とかだったらシャレになりませんよ。w
特に気に入っているのが「Today,how wonderful!!」という歌詞の「ワンダホー!!」ってところで、実は英語の発音というか歌詞を歌うのが苦手なんじゃないかと思っている椎名へきるの歌い方がここはツボにはまってとても可愛らしい。・・・これはダメかもわからんね。w

「Rock Rose」は良くできたアルバムだと思います。外れがないっていうんですかね、入っている10曲、どれも聴き応えがあります。いや、わたくし的には2002年の「Sadistic Pink」以降はどのアルバムも外れ無しなんですけどね。
わたくし的に良くできたアルバムである証拠に件の俺様Bestには5曲も入っている。アルバム10曲中5曲ですからね。これは相当お気に入りのようです。次が「Wings of Time」で4曲/10曲。2000年代以降ではこの2枚がお勧めかと。

ね、最後まで読んでもあまり意味の無いネタだったでしょ。w
by namatee_namatee | 2013-06-25 21:57 | music | Comments(2)