タグ:椎名へきる ( 625 ) タグの人気記事

存在を忘れてました。>水郡線

c0019089_20155768.jpg
相変わらずだるいし眠い。orz
Red Bullのおかげで生きております。w
でも、ちょっと前から口内炎(おかげで先日の忘年会の食の楽しみが25%ぐらいスポイルされてました。)が痛かったんですけど、やっと治りました。これまた、ちょっと前から風邪気味で咳が出ていたのも改善された模様。今週は1日短いので早出当番も1日少なくて済む、と状況は改善しつつあります。

よれよれになりながらウチへ帰ってきてポストを見ると封書が。椎名さんのFCイベントの詳細でした。
今回のイベントの目玉は貸切の列車・・・時間短いな、おい。w
しかもいきなり一番最初であります。なんていうか、盛り上がりきれるかどうか不安です。w
不安といえば、その他の項目については「イベント」としか記されていないのも不安。なにやる(やらされる)んでしょう。w

個人的に福島方面へ行くのって車がほとんどです。今回はFCイベントの後に東京で某集まりの忘年会なので、公共交通機関で行くことになりますけど、どうやっていったら良いかよく分からない。(汗
ウチのあたりと福島方面っていろんな面でつながりが薄いような気がしますけど、わたくしだけですかねぇ。わたくしの感覚だと東北方面へ行く時に通過するところみたいな感じになっちゃってます。>福島
しかも最近は常磐自動車道が仙台まで延伸したので、東北方面へ行く時でも内陸側を通ることがなくなってしまいました。

で、電車の件。調べてみると水郡線というのがある。これで水戸から郡山へ出てそこから新幹線。もう一つは一度、上京して新幹線。距離とコストでは水郡線なんですけど、時間では上京して新幹線を使ったほうが早いという。水郡線は鈍行しか無いからなぁ。
はるか昔、わたくしが生まれた常陸太田市や母親の実家のある常陸大子へ行く時に乗りました。>水郡線
何十年前だろ。存在を忘れるぐらい前ですよ。たぶん40年以上昔。w

水郡線の始発に乗れば集合時間には間に合いそうなので今回は水郡線でいきます。久しぶりに乗ってみましょう。これはこれで楽しみでもあります。

by namatee_namatee | 2016-12-20 21:07 | diary? | Comments(9)

嵐の前に

c0019089_20091915.jpg
本日は寒かった。家の中でも暖房していない部屋は8度とか。(汗
なので特になにもせず。いや、暖かくてもなにもしませんけど。本格的な年末進行直前、最後の完全フリーなお休みなので休養日といたしました。w

なのでやったことといえば例によって「艦これ」とネットサーフィン(死語)。w
mixiとかTwitterとか、適当に眺めていると声優さんとかアニメ業界のお話が流れてまいります。中島愛さんが復活したとか田村ゆかりさんが久しぶりに主演する作品のリークとか・・・何度も言いますけどわたくしは椎名さん以外の声優さんに「個人的な興味」が全く無いんですけど、なんとなく目につく記事はそちら方面のが多い。「Cookie」とかそういうのが関係しているんですかねぇ。
正直なところ、わたくしはある特定のその人のファンにならないとこの世界に興味を持てるとは思えません。声優さんのファンの方々で多くの声優さんについて詳しい情報や知識をお持ちの方がいらっしゃいますけど、わたくしには興味が無い方にもエネルギーと時間を投資するってのは真似できないことなので純粋にすごいなぁと思います。あ、嫌味じゃないです。本当です。

あとアニメ業界の話も。こちらもあまり興味は無いんですけど、一般的にあまり順調では無いと言われている業界がどうしてそうなっているのかについては興味はあります。
本日読んでいたのはこちら
完全に外部の人間としてこの記事を読んだ感想といえば、携わる人のやりたいことや夢をお金に変換する仕組みが未発達なのに、産業・業界として需要が大きく、要するにゆがんだ形で業界が成立してしているのが問題なのかな?といったところ。やりたいこと・夢を仕事にするということは、それをお金に変換することに他ならないわけですけど、業界に入りたての新人は立場が弱い、もとよりスキルもないということで、仕事に対する最低限の対価すら要求しづらい雰囲気にある。それは以前からその世界にいる人はよくわかっているはずなのに、こちらの記事でもアニメーターの方が言っているように、その先輩の人自身がまだ夢を追ったり創作に打ち込む立場にあって、後進の教育ですら精一杯、業界全体のシステムの欠陥(スキルや仕事をお金に変換する仕組みの欠陥)をどうこうする余裕などない、といったところ。これじゃダメだダメだと言っている当の業界のベテラン自身が自転車操業の流れに飲み込まれてしまっているのかなぁ、と。
南東北(本当は北関東)で砕石屋の事務員をしているわたくしには全く縁も関係もない業界のお話ですけど、それが今後どう転がっていくのかについては興味がありますね。こちらにはちょっと意地悪な感情もありますけど。w

図はちょっと整理していたらまた出てきた417Tシャツ。本当にいろんなところから出てまいります。w
右側の「417」とでっかく書いてあるやつは好きなデザインです。ものすごく目立つんですけど、意味がわからない人にはまったく意識されることが無い。お気に入り。

by namatee_namatee | 2016-12-11 20:59 | diary? | Comments(25)

買えないなぁ。orz

c0019089_21015010.jpg
なにやら立派な封筒が・・・「IBARAKI IMPORT CAR EXHIBITION 2016」ですって。FIAT 500sを買ったディーラーから届いたみたい。どうやら輸入車の展示会のようです。初めて知りました。
展示されるのはBMW、VW、Jeep、プジョー、ルノー、アバルト、アルファロメオ、ポルシェ、FIAT、MINIの10ブランド。ラテン系多いな。w
まあ12/10は仕事の日なので行けませんけど。っていうか、3月にFIAT 500sを買ったばかりなので、展示会に来いと言われてもなぁ。それに展示会で見て選ぶもんですかね。>車
何かプレゼントが貰えるらしいんですけど、参加するだけだとワイン1本、成約するとホテルのお泊り券とかギフト券が貰えるらしく、どうもその気になれば展示された車を買えるようです。

車選び・買い方は人それぞれで、いろいろあると思いますけど、わたくしはこれ!といった狙い目なしに展示会とかいって決めることはなかったですね。大体は事前に書類選考というか、そもそもどんなタイプの車が欲しいかを決めておいて、ネットや書籍で情報を集めた上でディーラーへいって実物を見て、見積もりもらって再度検討みたいな感じ。お呼ばれした展示会で、「お、これ気に入った。1台貰うわ。」みたいな買い方はしたことない・・・してみたいような気もしますけど、えてしてそんな場でこれ欲しい!と思うようなモデルは高くて買えない。w

話が変わりますけど、これってわたくしの「オタク気質」みたいなものが関連しているのかも、などとも思います。こういう展示会をきっかけに車を買う人もたくさんいるはずで、だからこそこうやって開催されているんでしょうけれど、前述の通り、わたくしは全く買う気になりません。暇があったら喜んで見に行きはしますけれども。
マスコミや広告関連の方とお話ししたことがあるんですけど、あの業界の一部の方はオタクと呼ばれる人種(これ自体が誤った概念だと考えておりますけど、それは置いておいて。)に強烈な敵意を持っているのを感じました。なんていうか、マスコミあるいは広告関連などの方々(一部ですけど)は、「オタク」(誤った概念(ry)を自分たちの思い通りにならない奴らと思っていて、まあ実際に彼らの予測のつかない行動をとることが多いわけですけれども、それをトレンドに外れたダサい奴らとバカにしながら、実は心の中では恐れているような印象を受けました。「オタク」は旧来の常識や価値観とは違う、なにか別な行動原理を持っていて、それが理解出来ない=敵という感じ。そして「オタク」が蔑称なのは(蔑称ではないという説もありますけど、それも置いておいて。w)彼らが「敵」として攻撃し蔑んだからなんだろうと思っております。

このように展示会を開いて車を買ってもらおうという考え方は、マスコミや広告関連などの方々と共通する概念の上にあるもので、だからわたくしのような「オタク気質」の持ち主にはピンとこないのかなぁ、と思う次第でございます。わたくしは提示された選択肢から何かを選ぶのではなく、まず自分で欲しいものを選ぶ。マスコミの情報や広告は参考にはしますけれども、決定の決定的な要素ではない。格好良く言うとそんな感じ。w

いやまあ、マスコミや広告関連などの方々の中にも「オタク気質」の人はたくさんいらっしゃるわけで、両者は必ずしも対立する存在というわけでもないと思います。ただ、マスコミや広告関連など中で比較的年齢層が高い方々は体育会系的・保守的に見えましたし、実際のところ、わたくしのお話ししたことにある複数の方の例からもやっぱり保守的な印象でした。これは世代交代が進んでいくにつれて、いずれはイロイロと変わっていくんだろうなとは思います。

「オタク」については長くなりそうだし、まともな知識があるわけでもないので、ここで触れるのはヤメておいた方が・・・「オタク気質」の持ち主がなにかにハマってエキサイトした「状態」が「オタク」なのではないか?ぐらいですかね。「オタク」という人種があるわけではないと思います。一生、何かの「オタク」ということはないと思うんですよ。そうだとしたら、アイドルとか、人気が落ちないのでいつまでも現役で「卒業」なんてしないはず。なにか他のものに「オタク」の興味が移っていくから、人気がなくなったりするんでしょう。だとしたら「なにかのオタク」は一時的なものだと思うんですよね。

これが一生ついていきます的な「信者」になると、また話が別で(ry

by namatee_namatee | 2016-12-08 22:08 | car | Comments(4)

年末進行

c0019089_20411408.jpg
おや?チケットボードからメールが。
年末の椎名さんのカウントダウンライブの当落連絡でございました。去年はカウントダウンの方のみ当選でしたけど、今年は夜の部も当選。あの頃ほど応募が多くないのかも。w
みなさん「アコースティックライブが毎月あるから、年末だし今回は良いか。」とか思っているのかもしれませんけど、その油断が後々の後悔を生む・・・かも。w

「オールスタンディング」の文字が期待と不安を煽ります。w

あとサバゲ関連の友人から打ち上げ(忘年会)のお誘いをいただきました。よく考えてみると、わたくしはそちらの集まりに直接コミットしてはいないんですよね。中の人とそれなりに長く濃いおつきあい(仮の命とはいえ、そのやりとりをするサバゲ繋がりの友人ですから、やっぱりちょっと他の知り合いとは接し方が異なります。)というだけでして。去年も誘われたんですけど、「部外者のわたくしが参加してもよろしいので?」と聞き返しましたらば、「なにをいまさら。w」みたいなことを言われまして、まあ関係者の一人として認識されているということで、ありがたく参加することに。お誘いいただきありがとうございました。

というわけで、年末の予定は確定いたしました。12/29-30が椎名さんのFCイベント、同じく12/30がサバゲ関連の忘年会、12/31が椎名さんのライブ(夜の部+カウントダウン)というスケジュール。そして1/1は赤羽の方に買い物に行く予定だし、1/3は新年サバゲ。12/30は福島から東京へ直行だな、これ。忙しいな。w
かろうじて12/31の昼間が空いておりますので、コミケにでも行きましょうか。
とりあえず12/30の夜の宿を予約する。12/31の分を予約済みだった高円寺のホテルで連泊にしました。宿泊代がかさむ。orz

年末といえばmixiのニュースなどで「紅白歌合戦」のネタが流れてきておりました。「今でもやってたんだ!もうそろそろ勘弁してやれよ。」というのが正直な印象。w
未だに生放送だそうで、それじゃカウントダウンライブを演るアーティストさんが出られないじゃないですか。収録にすれば良いのに。あまりに様式にこだわるってのも、なんていうか無理にハクをつけているようで格好悪いと感じますけどね。いっそのこと11時45分で終わりにしないで年越しのカウントダウンにしちゃえばなどとも思います。
「オワコン」なんて老害が身勝手にカテゴライズするために作ったもので、その言葉自体がすでにオワコンな気がしますけど、わたくし的に「オワコン」の例として最もわかりやすく感じるのが紅白歌合戦ですなぁ。(汗

よく「大晦日は紅白でも見て(ry」とか言いますけど、わたくしはそういう感覚はよくわかりません。もう何十年も前から大晦日はどこかの海岸とか湖の畔とか、あるいはここ数年はライブハウスやホールで過ごしてまいりました。「紅白歌合戦」を見ていたのは小学生のころまでだったと思います。もっとも音楽の好みが一般的ではなかったせいか、見ても面白くなかった。なので風物詩のように言われても実感がわきません。>紅白歌合戦

・・・なにかの弾みで椎名さんが出るようなことがあったら喜んで見ますけど。>紅白
まず絶対にないでしょうけど、もしもの時はなにか強烈な奴を演って欲しいですね。w

by namatee_namatee | 2016-12-06 21:32 | diary? | Comments(15)

一期一会

c0019089_20484609.jpg
休み明けはネタが(ry
図はウチのiMac上にある「みたいラジオ」フォルダ。前にも書きましたけど、わたくしは椎名さんの「みたいラジオ」は「ラジ録10」というソフトで録音しております。なんといっても日曜日の早朝4:00からの放送ですので、かなり高い確率で寝過ごしますから。w
あと番組内の情報を確認したいときもあります。わたくしにとって「みたいラジオ」は流れた曲で今流行りの音楽をチェックするという、いわば情報番組でもありますので。w

本来は朝4時に起きて、ラジオの前で正座して聴くのが作法なんでしょう。ラジオの番組はその時、その場所にいた人しか聞けないというのが昔からの慣わしですから。「みたいラジオ」自体も、ほんのちょっと前までは関東地方限定(限定という言い方は変ですけど。東京FMの番組なので受信できるのが関東地方だけだった。)で、例えば福岡とか青森の椎名さんファンは聴きたくても聴けなかった。前身の「PRECIOUS GARDEN」は全国ネットだったはずなので、2006年10月から「Radiko」が普及した最近まで(これがいつなのかがわからない。)、関東地方以外では椎名さんのラジオ番組を聴くことができない時期があったのでした。
わたくしが「みたいラジオ」を聴き始めたのは2013年5月ごろ。すでにソフトウェアを使って録音は可能でしたけど、「みたいラジオ」の放送を日本全国で聴けたのかどうかは・・・よく覚えてませんけど、番組の中で「スマホでも聴けるようになった」とか「Radikoのおかげで地方でも聴けるようになった」というお便りが読まれていたので、そんなに前からの話ではないと思います。

当時使っていたのは「ラジ録2」というソフト。これがいつの間にかVerUpしてまして、ある時、起動したらもうそのVerはサポートしてないと言われたので、最新版の「ラジ録10」にアップグレードしました。アップグレードっていうか、買い直しですけど。w
で、アップグレードしてなんとなく音が良くなったような気がして録音されたファイルをチェックしたら以前の倍ぐらいの大きさ(約30MB→約60MBへ)になっていてビックリ。大元のRadikoが高音質になったんですかね。
この「ラジ録10」、以前のVerより格段に信頼性が高くなっており、今の所は録音失敗はありません。「ラジ録2」のころは全く前兆なしに本当にふいに録音を失敗することがあり、その時には動画サイトなどにupしてくれる方の厚意に甘えることになってました。録音を失敗する時は、番組の頭からおよそ10分ぐらいで終わっちゃっていることが多く(なのでうまく録音できたかどうかはファイルのサイズでわかります。30MBぐらいなら成功。10MBとかだと失敗。)、続きが聴けなくてすごく悔しい。w
現行Verではそういう不安を感じません。スリープからの復帰も録音終了後のスリープへの移行(前のバージョンはこれも苦手だった)も確実です。

実はMac OS X版だけでなくWindows版も買ったんですよ。>ラジ録
iMacはなにかややこしいことをしていることが多いので、使用頻度の少ない別のPCで録音した方が確実かと思いまして。そうしたら、Windows版は「管理者で実行」とか、いつのまにかWindowsUpDateで再起動してしまったり、どうにも使いづらくてすぐに諦めました。これだからWindowsは(ry

というわけで、特にオチもなくgdgdで終わります。w

by namatee_namatee | 2016-12-05 22:05 | music | Comments(5)

c0019089_19170758.jpg
本日も平穏無事。営業の仕事で我が社の来年のカレンダーを配っておりました。車からの乗ったり降りたり、腰が痛い。orz
というわけで雑なネタで。

図は言わずと知れた椎名さん。2005年4月17日「SHIBUYA-AX」でのライブのもの。アルバム「Clear Sky」についてくる「417Special」というDVDから。
「417Special」はダイジェストなんですけど、「近代椎名へきる」wのライブを知るのには最適の映像と思います。
わたくし、この映像見ていると感動して泣きますから。椎名さんもすごいけどバンドメンバーの演奏やファンの熱狂もすごい。これこそが「椎名へきる」という感じのライブで、アコースティックライブではこうはいきません。是非、見ていただきたいんですけど、この映像はネット上には見当たりません。わたくしがupしちゃいたいぐらいなんですけど、法的にいろいろありますので。(汗
前述の通り2005年ですから、椎名さん31歳。今とあまり変わりませんなぁ。当然ながら今より若々しさみたいなのはありますけど、メイクや髪型のせいか、この時の椎名さんはあっさり風味です。今の椎名さんはもっと色っぽくなりました。w

一見してすぐにわかるのが「光りもの」がないことでしょう。w
この通り、椎名さんのライブではサイリウムなどは使わずに拳を振り上げるのです。以前にもネタにしましたけどね。このシーンは「ロックロール・ラヴレター」のもので、それでなくとも破壊力の大きい曲なのに、これまた椎名さんが挑発的に拳を振り上げるもんだから、観客も同じフリで舞い上がってます。ここは完全に乗せに来てます。w>椎名さん
言わずもがなのことですけど、椎名さんは「声優」さんです。声優さんのライブ・コンサートといえば「光りもの」なんでしょう。ところが椎名さんのライブでは一切使わない。不思議ですね。
使う使わないどっちが良いとか偉いとかいうことではなくて、大雑把に「声優」のライブとくくっても中身はいろいろありますよってことでしょう。
まあ、個人的には準備や切り替えが面倒臭いので「光りもの」は使いたくないですけど。さらに言うなら「体育会系」とか椎名さんの「HR/HM」への傾倒などを考え合わせると、やっぱり似合わないと思います。>光りもの
いやでも、アコースティックライブだとかなりしんみりしてくるので、そのうちネタで椎名さんの方から「サイリウムを振ってみよう」みたいなネタをやらされたりして。w

「光りもの」といえば誰かのライブで生の鯖を振り回した人がいたような・・・こちらでネタにしておりますね。これ、このあとどうなったんだろ。「威力業務妨害」ということで訴えられたところまでは把握しましたけど・・・警察のお世話になっちゃったのかな。迷惑行為の抑止のために見せしめ的な事案でもあったので、示談で済ましちゃうような感じではなかったんですよね。(汗

とか書いていたら、今度はサイリウムを投げつけたとな。(汗
こちらをどうぞ。ホリプロのイベントではサイリウム禁止になっちゃうみたいですね。どうしてそう焼畑のようなことをするのか。

by namatee_namatee | 2016-11-30 21:22 | music | Comments(3)

悔しい。w

c0019089_17403954.jpg
「いざ!You Can」という楽曲がありまして。もちろん椎名さんの楽曲です。アルバム「Ermitage」の5曲目。
これが不思議な楽曲で、まず何て読むのかがよくわかりません。w
そのまま読めば「いざ!ゆーきゃん」です。ただ、語呂合わせという点からは「いざ!行かん」にかけて「いざ!ゆきゃん」なんでしょう。オフィシャルというか椎名さんは「いざ!ゆきゃん」と言います。歌う時もそう歌います。だがしかし、なぜ「You Can」が「ゆきゃん」なのか、他の歌詞の内容からは腑に落ちないような。w
要するに「いざ!You Can」というタイトルが楽曲の内容に関係ないような気がする。「いざ!You Can」は80年代アイドル風の楽曲でして、これまたオフィシャルな80年代風コールがあるぐらい。80年代風ということで「ララバイ ララバイ」とあって、それに続いて「いざ!ゆきゃん」とあるので、そこからタイトルになっていると思うんですけど、前述の通り歌詞全体の内容と「いざ!You Can」の関係が?に思えてしまって・・・わたし気になります!w

そもそもがこのアルバム「Ermitage」とて椎名さんは最初は「いるみたーじゅ」と言ってましたけど、結局は「えるみたーじゅ」で落ち着いたようです。あまり深く考えても仕方ないことですなぁ。

オフィシャルのコールについてはアルバム「Ermitage」の最後にボーナストラックとして「いざ!You Can(Virtual TV MIX Ver.)」というのがりまして、それに80年代アイドル風コールが入ってます。これはこれで発表当時はそれなりの物議をかもした記憶がありますけど(レコーディングの時にコールを演じたのはランティスのスタッフだったらしいんですけど、それがイマイチ上手じゃないってのも反発の原因として大きい)、今ではもう普通にやってますね。嫌だという声もなくはなかったようですけど、なし崩し的にやらされている感じ。w
そしてなし崩し的にそのコールをやらせている張本人の椎名さん自身が「ちょっとHな僕らのへきる」とかで吹いている始末。w

なぜ長々といまさら「いざ!You Can」について書いているのかというと、先日のニコ生のすました椎名さんと今日の「みたいラジオ」の椎名さんのギャップ、そしてちょっとだけ「いざ!You Can」についてネタになっていたからです。いやまあ、数多い椎名さんの歌の中でも屈指の個性的な楽曲だと思いますね。>いざ!You Can

図はそれとはなんの関係もない。ウチの嫁さんがスマホをiPhone 7に替えた記念。w
携帯電話に関しては名義はわたくしでお金もわたくしが負担しているわけですけど、そのわたくしは最近「燃えるスマホ」で話題になったSAMSUNGのGalaxy A8(これが燃えるわけではない。)だってのに、扶養家族がはるかに高級で最新のiPhone 7(しかも128GBという。orz)ってのはどんなもんかと。w

・・・嫁さんがsiriに話しかけているけど無視されとる。w

by namatee_namatee | 2016-11-27 19:12 | diary? | Comments(4)

暇でした。w

c0019089_18355409.jpg
本日は仕事。サバゲ行きたかった・・・でも寒かったから、やっぱり行かなくて正解だったかも。
比較的近くにある軍事施設でお祭りだったようで、道路が大渋滞。今日は招待のお客さんの日だったはずなのに、なんだってこんなに車が多いのかと。当然ながら交通規制がされておりまして、通行禁止エリアが設定されてます。そのあおりを食って我が社へやってこようとするお客さんが軒並み来れないという。なので暇。w

というわけで、仕事はほとんど全くなく、やっていたことといえば「艦これ」w
昨日ネタにした通りにE4はあの後2戦ほどで突破いたしました。で、ボス戦でS勝利は結構あったんですでけど、珍しい駆逐艦は落ちてきませんでした。そのくせ「秋津洲」とか「速吸」とかが落ちてきまして、これが実に悩ましい。それなりのレア艦なので捨てるわけにもいかず、かといってすでに在籍している上に特殊な用途にしか使えない艦娘なので、どうしても必要かというと(ry
仕方ないので母港の枠を10隻ほど拡張しましたよ。物入りだ。orz
現在は最終海域のE5にチャレンジ中であります。で、このギミックがややこしい。大雑把にスタート位置で前半戦と後半戦に分かれているようなんですけど、そのスタート位置の切り替えにギミックを解く必要があるという。これが結構ややこしくて、各ポイントで確実にS勝利を得るためにキラ付けをしたりしているとなかなか進まない。14時ごろから始めてやっとさきほどギミックを解き終わりました。
あと一つギミックが残っており、これがまた(ry
まあ、残りは明日やりましょう。

他には・・・椎名さんのニコ生をタイムシフトで視聴。もちろん仕事中にでございます。なぁにどうせお客さんなんて来ないんだから平気平気。大体が我が社への道が軒並み通行止めなんだから、これるもんなら来てみろと。w
・・・やっぱりこの人は天才ですよ。「自分の歌うメロディラインは5-6回聴けば把握できる」とかサラッと言ってますけど、そんなの普通できませんって。さらに楽曲の世界観を壊さないように(特に今回は椎名さんのオリジナルではなくカバーなので)それでいて人間である自分の色合いも、などと言っておりました。「歌唱力に不安が」などと言われていたはずなんですが、この女性(ひと)の一体どこにその不安があるのかと小一時間(ry
以前にも楽譜かなにかを見たか聴いたかして、すぐに歌えちゃうらしい事案がありましたし、ダンスも一回見ただけでこれまたすぐに本番でも行けちゃうとか聞いております。20数年のキャリアがあるとはいえ、やっぱりこれは何か天の配した才能がある、つまり天才なんじゃないかと思います。>椎名さん
個別に一つ一つの能力というか芸というか、パフォーマンスを見ればその道の最高とは言えないかもしれませんけど、各ジャンルで可能な限り高みを目指そうとする真摯な心意気を感じますし、第一、一人の人間としてこれだけ多彩な才能を発揮している、そしてルックスや性格にも個性があり、なんとも言えない味わいがある。こういう方ってなかなかいないと思いますね。>椎名さん

っていうか、一番衝撃的だったのは椎名さんが真面目に普通にMC(しかも仕切り役だ。)をこなしていたことですよ。w
いつものgdgdパターンに陥ることなく、きっちりと役割をこなしておりました。驚き。w
やればできる、というか、実に立派な仕切り具合で、プレッシャーもあるだろうに立て板に水のような台本の読み方とか、さすがプロと感心いたしました。11/21の放送だったんですけど、前日のライブのgdgdはなんだったのかと(ry

by namatee_namatee | 2016-11-26 21:32 | diary? | Comments(2)

アクシデント

c0019089_21240091.jpg
というわけで椎名さんのアコースティックライブでございます。
今日は日帰り。なので詳細は後ほど。

・・・常磐線がアクシデントで遅れてる。(汗

11/21追記:
最終列車で帰り着きました。柏駅で人身事故だそうで、1時間半ぐらい遅れましたね。一番はやい出発は鈍行だったんですけど、それだとウチの最寄の駅のひとつ手前までしか行かない。おそらくそこから先の終電はなくなっていると予想され、そうなるとタクシーに乗らなければならなくなるので、素直に特急に乗ることに。
行き先の駅に列車が止まっているせいで、ずーっと動かなかった特急が90何分遅れで動き出し、そこからは怒涛の勢いで電車がやってくる。w
わたくしが乗る予定の特急はその動かなかった列車から2本後だったんですけど、わたくしが降りる時点で遅れは1時間ちょっとまで回復しておりました。たいしたもんだ。
乗客も遅れて困るのは確かですけど、もっと大変なのはJRの方々でしょう。お疲れ様でございました。

で、ライブの件。まずはセットリストを。例によってmixiの椎名さんコミュから。いつもありがとうございます。

M01:MOON LIGHT
M02:純
M03:だめよ!だめよ!だめよ!!
M04:Hello Goodbye
M05:Secret Butterfly
M06:Discovery
M07:いざ!You Can
M08:Love Graduation
M09:our story
M10:Short Girl
M11:Miracle Blue
M12:Run&Run
M13:ラッキーラ☆
M14:目を覚ませ、男なら
M15:風が吹く丘

頭から3曲は20周年をむかえた「YAT安心!宇宙旅行」にまつわる楽曲から。ここはストレートに続けてきたな、と思いました。
全体にメリハリの利いた選曲で特に有名な曲ばかりということはないんですけど、組み合わせの妙とでもいうのか、新鮮な感じ。アコースティックライブがマンネリという意見を見かけますけど、わたくしはそう思いません。
比較的最近の曲、ランティス時代以降の楽曲がセットリストの骨組みみたいな感じで、新参のわたくしとしては大変嬉しいです。むかしからのファンの方々にはかつての名曲の方が人気がある(反応で感じられる)みたいですけど、わたくしとしては実はここら辺の楽曲が演奏されると嬉しかったりします。w
椎名さんの歌についてはまったく文句なし。昼夜ともに大変お上手でございました。

個人的に特筆すべきは前述の個人的に最近の歌に対する思い入れから、まずは「Hello Goodbye」、「Secret Butterfly」の2曲が良かったですね。実は今でも頻繁に聴いている楽曲だったりします。メモリアルな「Hello Goodbye」、ライブ映えする「Secret Butterfly」、これこそ「近代椎名へきる」wの発露。
昼の部の「いざ!You Can」は椎名さんからのダメ出しで3回やりなおすというアクシデントが。特徴的なコール(そもそもこのコール自体に賛否があったような。)なんですけど、アコースティックでのアレンジのせいで、一瞬なんていう曲かわからずに乗り遅れちゃうんですね。あと単純に難しい&恥ずかしい。w
で、「ラッキーラ☆」の直前にはMCに続いて小芝居wがあり、昼の部ではその小芝居が椎名さんのツボに入ったようで、今度は椎名さんが歌えないというアクシデントが。やっぱり昼の部はいろんなことが起こりますなぁ。

そしてなんといっても「Run&Run」ですよ。本邦初公開といってましたけど、確かにライブでは一度も演ったことがないんですねぇ。今回も「Hello Goodbye」、「Secret Butterfly」と来たので、「MOON LIGHT」にまつわる3曲と同じように3曲目に続けて「Run&Run」なのか?と思ったら「Discovery」で、ありゃもしかして「Run&Run」は封印された楽曲なのかなどと思っていたら、思いがけずに「本邦初公開です!」という椎名さんの紹介とともに始まりました。これは嬉しい。「Run&Run」もほぼ毎日聴くぐらいのお気に入りですから。大変嬉しゅうございました。

最後はちょっと意表をつかれた感じの「風が吹く丘」。8月にやったばかりだし、比較的に前のほうで演ることが多い印象なので、最後に来るというのはちょっと予想外。例のパパンはやっぱり格好良いですなぁ。カウントダウンにこられない人のためにと言ってましたけど。w
それにしても、斉藤氏が言ってましたけど「Run&Run」は忙しい楽曲ですなぁ。夜の部はステージに向かって左よりの席だったので、斉藤氏のギターの演奏を凝視してました。そのスピードと繊細な指さばき?ギターに詳しくないのでよくわかりませんけど、スピードの速い楽曲では目にもとまらない指の動き。すげー!と感心していました。そして、その「Run&Run」に負けず劣らず「風が吹く丘」が忙しそうという。(汗

夜の部は例によって、昼でうまくいかなかったところを椎名さん側も観客側も修正してくるので、スムーズ・・・まあ基本的にgdgdな線なのでスムーズといってもなぁ。w

ライブ終了後はフラフープ氏とcolonel-mogy0079氏と一緒に新橋の白木屋で打ち上げ。おつかれさまでした。
冒頭に書いたとおり、日帰りなので早めに切り上げましたけど、お二方はカラオケに行ったようです。せっかくのライブの記憶を自分の歌で汚すのはあんまりなので(だってカラオケ行ったらどうしたって歌っちゃうでしょ、「風が吹く丘」。w)、わたくしは固辞いたしました。w

by namatee_namatee | 2016-11-20 21:23 | music | Comments(10)

ダイナモ作戦?

c0019089_18424709.jpg
本日はお休み。
先日、ついに合意に達した、わたくしの荷物関連の整理について、合意事項に基づいて整理をしております。間にサバゲに行ったりして、なかなか作業が進みませんでしたけど、すでに受け入れ場所の確保はできておりますので、本日は山になっている本やグッズを仕分けして移動する作業。
受け入れ場所に平積みではスペースの利用効率が悪いので、近所のホームセンターへ行ってメタルラックを買ってくる。シイナ号で行ったんですけど、思いの外大きくて運ぶのに苦労しました。
とりあえず、なにも考えずに収納すれば良い図のTシャツのようなものと、内容の解析が必要な書籍・CD・データのようなものに分ける。前者はとりあえず図の様に山積みにしておいて、後者はグループごと(いただいた人ごととか、テーマごととか)にわけてこれもとりあえず箱ごとに入れる。トレカとか膨大な数があって、これは全部観るのは時間かかりますねぇ。

いやー「月刊アフタヌーン」が70冊ぐらい出てきて、これは外の物置へ持って行ったんですけど、重いのなんのって。腰が痛くてたまりません。その他、雑誌関連では苦労して集めた「COMICパピポ」の「黄色魔術オリエンタルガール」掲載分(ウチには14冊のうち13冊が収集済み。)はそれだけを同じ箱にまとめておく。「月刊アフタヌーン」もアルファさんが表紙になっている分はまとめておきます。これらは物置ではなく、新設のメタルラックに安置。ここら辺はなにかの手違いで捨てられたりしたら泣きますからね。w

Tシャツはほとんど417Tシャツです。w
一応は年代別に整理しました。在庫は1990年代が多いですかね。2000年代は2012年までのモノは少ない。ここら辺、あまり市場にでてこないんですよね。ライブの回数が減るのにリンクして、グッズとしてのTシャツの流通量も少なくなったということでしょうか。ただし2012年ぐらいから後は流通量は少なくとも新しいものなので入手しやすいと感じます。福袋にごっそり入っていたりしますし。福袋の奴はサイズがMとかSで着れないのも多いんですけどね。w
なので「Face to Face」(これは90年代ですけど)から「PRECIOUS GARDEN」のころのTシャツなどは意外に貴重品。
というか、わたくしは「PRECIOUS GARDEN」のTシャツをはじめとしたグッズのデザインが好きです。あまり大きくアピールしていなくて、センス良い感じがしますね。Tシャツやフリース数枚とキーホルダーとかがいくらかあって、実用にしたいんですけど、前述の通り、やや貴重なのでおろすのがもったいなくて・・・
Tシャツは箪笥の中にもすでにギッシリなので、新しく衣装ケースを用意してそちらへ収納。全体では50-60枚、スェットやフリース、ウィンドブレーカーなども加えると下手すると70枚ぐらいあるかも。>417Tシャツ関連

ちなみに図に映り込んでいる青い物体はアイマスのメッセンジャーバッグです。調べてみると2009年のオフィシャルグッズらしい。特に狙って買ったわけではなくて、スクーターで出かけたときにちょっと荷物を入れるのにメッセンジャーバッグが欲しかったんですけど、たまたま立ち寄ったリサイクルショップで売っていたので購入。他意はありません。w

by namatee_namatee | 2016-11-19 20:33 | diary? | Comments(2)