ユンボ

いや~酔っ払っちゃって更新するのをわすれてました。

さて、みてのとおりのユンボです。工事現場などで遠目にみているとなんでもないものなのですが、あらためて近くによって観察してみましたらば、この力強さに心をうたれました。
c0019089_7103054.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-28 23:59 | diary? | Comments(0)

灯火その2

サンバーのライトがあんまり暗いので交換しました。
オリジナルはいわゆるシールドビームって奴で、明るくしようにも手のうちようが無いのでシビエのレンズにしてみました。これを頼んだ自動車用品屋には「こんな丸目のライトなんてもう十年ぐらい注文したこと無いよ。」って言われました。w

それなりにコストはかかりましたがウチのほうは田舎道なので、ライトはちゃんとしてないとマジ命にかかわるんですよ。
c0019089_2052437.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-27 20:07 | car | Comments(4)

燃料

大変汚くて申しわけありません。
これはストーブのではなくて、ウチのサンバーの給油口です。いまどきの車の給油口のフタはラチェットっていうのか、回しきると空回りするような仕組みになっていますが、ウチのサンバーのはこんなシロモノなんです。うっかり強く締めちゃうと次に燃料を入れるときになかなかあかなくて苦労します。

それはそうと、今日はちょっと気まぐれでハイオクをいれてみました。早めにシフトアップしたときなどにピンキング(軽いノッキング)があったので、ハイオクを試してみようと前から思ってはいたのですが、なにせ16万で買った軽の箱バンですからね。どうにももったいないような気がしてずっとレギュラーで我慢してました。で、ハイオクを入れてみたらこれがすごい効果。大げさでなくて一段高いギアで普通に走れるようになっちゃいました。(驚
通勤の道具としてだけでなくおもちゃとしても最高です。>ウチのサンバー
c0019089_19483955.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-26 19:49 | car | Comments(0)

初夏のきざし

桜も散って、新緑の季節になりました。
このくらいの季節が一生続くと良いんだけどなぁ。
c0019089_18354873.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-25 18:34 | diary? | Comments(0)

自転車力下げ止まり

自転車力が下がりきっていたため、一念発起して久々にロードバイクに乗りました。1月以来ですから3ヶ月も乗らなかったことになります。体はすっかり鈍っていますが、意識は以前のままでしたので足をグルグルまわしちゃって、もう大変。フクラハギと太もも満遍なく攣りました。w
さらにいきなり運動して体が驚いたのか、夕べから親知らずが痛み出してひどい目にあいました。さっきお休みの歯医者さんに無理やり医院を空けてもらって応急処置してもらいました。

ちなみに写真の場所は関東平野がつきるあたり。右側はこの先阿武隈山地に連なる山々が立ち上がり、左側は東京まですっかり見通しの良い平野です。この道は山の立ち上がり始めの辺りを等高線に沿って東から西に多少のアップダウンを繰り返しながら続いてます。
c0019089_18424896.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-24 18:41 | bicycle | Comments(0)

北関東の麺類といえば・・・

蕎麦ですね。名古屋はうどん文化圏?だったように思いますが、こちらは蕎麦文化圏のような気がします。友人や知り合いにも蕎麦好きの人が多いです。うどんが食べられてないといういこともないのですが、街中ではうどん屋さんより蕎麦屋さんの方が多かったりしますね。

写真は常磐高速道・水戸インター近くの蕎麦屋さんのものです。腹が減っていたので、ざる蕎麦を2枚。@500円/1枚。本当は大盛りを2枚にしたかったのですが注文する勇気が無かった。w
太くて噛み応えがあって蕎麦の香りもアクも強い田舎蕎麦って奴ですかね。母親の実家のある限りなく東北地方に近い北の地方の自家製の蕎麦もこんな風です。おいしいのですが蕎麦というイメージから連想される繊細さはありません。
c0019089_18382133.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-23 18:37 | diary? | Comments(0)

シーズン真っ最中

あまりおおっぴらにしてこなかったのですが、実は魚釣りも好きだったりします。
とはいっても管理釣り場に行くぐらいのものですが。

日曜日に久しぶりに昔よく行った管理釣り場に行くことになりました。それで物置から道具を引っ張り出してきた、といういわけで。
写真はミッチェル308というリールです。ロッドに取り付けてあるのがプラナマティックという奴でそうじゃないのは無印の308です。

リールも自転車のパーツと一緒で、安価で高性能な日本製品のおかげで、その昔栄華を誇ったフランスやスェーデン製のブランドは今では見る影もありません。このミッチェルもそういった落ちぶれてしまったブランドのひとつなのですが、なかなかどうして釣りなんてものは趣味なんで道具が高性能ならよいとうわけでもなく、わたしはこの旧式なリールを気に入って愛用しています。あ、旧式といっても製造は1990年代の初めです。機構が昔から変わっていないという意味です。>旧式

プラナマティックというのは糸の巻き方がちょっと特殊で、ラインが放出されるときに抵抗が少ないように巻くようになってます。実際、その機構の無い無印の308と比べるとはっきりと飛ぶ距離が違います。プラナマティックのおかげでスルスルスルッとラインが出て行く感じはなかなか他のリールでは味わえない感覚です。しかしあちこち出来が良くない部分もあって、ラインがスプールの下に入り込んでしまったり、ベールにからんだりといろいろと不都合も多いのです。でもなんとなくそんなルーズな感覚が気に入ってます。

ちなみにロッドはCotacのCoulee Spinというこれまた箸にも棒にもかからないなんともいえないシロモノ。しかもこれは7ftのULという普通の管理釣り場では使い道の無い長さのモノです。でも件の良く行く管理釣り場は、管理釣り場という呼び名からイメージされるような釣堀ではなく、農業用のダム湖にあるので軽いルアーで長い飛距離が出せるこのようなロッドも有効なのです。とかなんとかいって、長いロッドが好きなだけですが。シーズンオフのハゼ釣りにも使えますし。w
c0019089_20213516.jpg

# by namatee_namatee | 2005-04-22 20:20 | Fishing | Comments(0)