身を削って経済を回しました。

c0019089_18334446.jpg
さぁ日本の経済を回すよー。アベノミクス万歳!w

というわけでレンズを購入。モノは見ての通り、「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.」でございます。35mmに換算するとw、14-28mmという広角ズームレンズ。
この手の超広角は「Voigtlander SuperWide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical」というのを持っておりました。MマウントなのでLeica M6TTLで使っておりましたけど、当然ながらファインダーにフレームは出てこないので、構図は外付けのファインダーでピントはボディのファインダーで・・・ピントってあったかな。まあ、このぐらいの焦点距離になると、被写界深度が深いのでピントなんて(ry
なかなか使いこなしの難しいレンズだったと記憶しております。単に超広角レンズらしい画像にするだけなら、適当に撮ってもなんとかなっちゃうんですけど、それが「写真」としてまともか?となると・・・当時のわたくしの写真は焦点距離の異様さに頼ったものとしか言いようがありませんでしたなぁ。

それはそれとして、わたくしとしてはできれば単焦点レンズがよろしいのですけれどもマイクロ4/3はデジタルカメラの最先端をいくシステム、当然ながらそのような近代的なシステムではズームレンズが主流ということになりまして、いかにわたくしが単焦点厨とはいえ、システム全体の思想・仕様には逆らえないのでございます。orz

この手のマイクロ4/3の広角ズームとしてはOLYMPUSの「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」があります。スペックは文句無し。が、これは高い。おおよそ12万円の出費を覚悟しなければなりません。あとデカい。
さらに言うならばわたくしはOLYMPUSというブランドをあまり好まないんですよね。別に性能が悪いとか、そういうことではないんですけど、デザインが性に合わない。ボディもレンズもどうにもクドく感じるんですよね。加えてあえて銀塩時代からのカメラメーカーの軛から離れようと思っていることもありまして、それでPanasonicを選んだわけでして。
いやまあ、なんだかんだ言って経済的な理由と好き嫌いでこの「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.」を選んだのでございます。ゴーストだかフレアーの出方がPanasonicのボディだと少ないという情報もありましたけど、そんなものは二の次ですよ。w

前述の通り、マイクロ4/3は最先端のレンズ交換式デジタルカメラのフォーマットでありますので、レンズの光学的な補正についても近代的です。調べてみたところでは、例えばディストーションの補正に関しては光学的な補正だけではなく、ボディ側でもやるそうです。実はこの話を聞いた時に、それまではどちらかというと懐疑的だったマイクロ4/3というフォーマットに対して「これで行こう。」と決心したのでした。デジタルカメラならここまでやらなくちゃ、そしてマイクロ4/3は小型軽量で明るいレンズという目に見える成果を出している、というところに共感したのでした。

というわけで、久しぶりに超広角レンズがやってきたわけですけど、これ、肉眼で見える範囲以上になんでも写り込みますね。そしてちょっとでも傾いていると気持ち悪い写真になります。特に7mm側は使いこなしが難しいと見た。反対に14mm側は35mm換算wで28mmとコンデジやスマホで慣れ親しんだ焦点距離なので、さほど違和感がない。ここはズームレンズの有利な点がよく出ておりますなぁ。そして7mmから14mmまでF4.0というのも使いやすいところ。これが14mm側でF5.6だったりすると途端に使いづらくなるんですよ。

このレンズ、結構古いレンズでして、デビュー当時から最近までのレビューや作例を見てみるとかなり変化がある。おそらく前述のボディ側での補正もあって、ボディの進化に伴って画質も変化してきているのでしょう。銀塩だと画質に関してはレンズが主でボディはそれほどの差はなかったのですけれど、デジタルカメラでレンズ交換式となるとボディの世代やグレードが影響するというのはわたくしとしては面白いです。

果たしてわたくしはこんな超広角レンズを使いこなせるのでしょうか。面白がってテキトーに撮るでしょうから、ここしばらくはこのブログには「デジカメWatch」の作例みたいな写真が溢れ返ることになりそうです。覚悟してください。w

# by namatee_namatee | 2017-02-23 20:40 | camera | Comments(0)

実績

c0019089_19063675.jpg
というわけで、今回のイベントの総括。
イベントはまだ終わってないけど、わたくし的にはE3終わったのと同時に「伊13」ヒトミちゃんが来た時点で「もう良いか。」と。w

イベント開始直前の2/13の資材はこの通り。↓
燃料:299,775
弾薬:160,983
鋼材:299,991
ボーキ:265,931
バケツ:3,000

これがE3を難易度「乙」で突破した時点ではこの通り。↓
燃料:270,777
弾薬:139,319
鋼材:291,472
ボーキ:253,060
バケツ:2,931

よって使用量はこうなりますね。↓
燃料:28,998
弾薬:21,664
鋼材:8,519
ボーキ:12,871
バケツ:69

途中で手が空いた時には遠征に出してますし、デイリーやウィークリーの任務も消化しているので、完全に消費した量とは言えないのですけれど(特にバケツ)、それは誰でも同じようにすることでしょうから、まあ大体は正確な消費量と思って差し支えないかと。
いずれにせよ大した消費量ではありません。理屈の上では少なくともあと5-6回はイベントを完走できる計算になりますね。w

今回のイベントも変なところで引っかかることもなく、ごく当たり前にやることやってその結果が出た感じ。いつものように難易度は「甲」でもいけたような気がしないでもないのですけれども、それは錯覚ということはわかっておりますので。w

図はE3のラスダン終了直後の第二艦隊。損害がほとんどありません。これでS勝利だったんですよね。それまでは一回もS勝利はなかったんですけど。本当に運ゲーだなぁ。>艦これ

# by namatee_namatee | 2017-02-22 19:25 | diary? | Comments(6)

新顔

c0019089_19574417.jpg

写真失敗ですね。orz
これはS&TのM4なんとか。調べてみるとおそらく「M4 keymod 」のなにかかと。よく通販サイトにあるのとはハイダーが異なりますけど、まあどうでも良いです。w
なぜそんなに曖昧なのかというと、これは自発的に購入したものではないからです。サバゲの友人のシルバー星人氏からいただいたもの。その元々の出処は・・・まあ良いじゃないですか。w
その節はありがとうございました。>シルバー星人氏

ウチには今までkeymodなどという近代的なハンドガードが存在しませんで、これが初ということになります。まあ次がいつになるかはわかりませんけど。たぶん次はない。w
そんなことより、この鉄砲のすごいところはレシーバー周りが全てプラなこと。ストックパイプ?バッファーチューブ?もプラです。外装で金属なのはアウターバレル(とハイダー)とハンドガード、トリガー、セレクターのみという。グリップのモーターを押さえるフタすらもプラ。
なのですごく軽い。計測していないので具体的な重さはわかりませんけど、持ったところでは重めのガスブロハンドガン(WAのガバとかKSCのMk.23とか)と同じぐらいに感じます。
プラ製のせいで、さすがに各部がやや撓る感じはありますけど、昔のマルイ製M4A1などよりはずっとしっかりしています。なので取り回しは最高。
そして実射性能もそこそこです。ショップでチューンしてあるそうで、変な音もせず弾道は素直。フルオートでもちゃんとまとまって飛びます。モーターがダメなせいでサイクルやレスポンスにやや鈍さはあるものの、そこをなんとかしてしまえば軽量さと短さで実戦では恐ろしい威力を発揮する予感。

先日のサバゲで受け取りまして、その場でタカ氏にバッテリーを借りて試射してました。それで弾道やサイクル・レスポンスについてどんな感じかわかったんですけど、すぐに動かなくなりまして。w
これだから中華は!と言いたいところですけど、とりあえず発火したりするとおっかないので、すぐさまバッテリーを抜いて箱にしまいこむ。もっともトリガーを引き続けてもバッテリーは発熱せず、ピストンあたりがスティックしているのではないようでした。そのまま放置してあったんですけど、本日になって思い出してシイナ号から持ってきた由。>積みっぱなしだったのかよ!
おそらくモーターのコネクターが抜けたのが原因だと思われるので、グリップの底板をはずしてみる。その時に底板までプラなのに気がついたわけです。で、やっぱりモーターへの配線のコネクターが抜けていたので、挿し直しするついでに在庫があったSBD(G.A.W.さん製)も装着。図はバッテリーを繋いで試運転したところです。コネクターを付け替えなくちゃ。

ウチにはこのぐらいのサイズのM4の類はVFC製のXCR、ARESのハニーバジャー、G&PのM7A1と数多くあります。あとマルイの89式も近いキャラクターですかね。特に意識して集めているわけではないんですけど、なんとなく使いやすそうに感じるんでしょう。でもモノになっているのはハニーバジャーぐらいですけど。w

というわけでこのS&TのM4 keymodなんとかがものになるのかどうかは未知数であります。とりあえず、次のゲームまでには光学サイトを装備させてあげましょう。ゲームで楽するためと割り切れば、意外に使えると思うんですよね。

# by namatee_namatee | 2017-02-21 21:17 | survival game | Comments(0)

何物/何処


P1000190

またしても古い漫画雑誌をget。見ての通り「アフタヌーン シーズン増刊 Autumun No.1」でございます。1999年11月8日発行となっております。

目的はもちろんこちら。↓



芦奈野ひとし先生の「PositioN」。その第1話が掲載されております。
「PositioN」ついては以前にもネタにしております。単行本化されていなくて、読みたければ当時の掲載誌の「アフタヌーン シーズン増刊」を見つけてこなければならないのです。要するに「黄色魔術オリエンタルガール」の第10話以降と同じ。こうやってたまたま見つかれば買いますけど、もう本気出しては探さないぞ。w



「PositioN」第1話は「P:1」となっておりまして、内容はインコの女の子「南沢ちぬ」のお話。そのスジでは有名かな。
「コトノバドライブ」にもインコのお話があり、それもあってインコのネタは有名なんでしょうね。ここは「コトノバドライブ」を読み返して比較したいところなんですけど、片付け方が悪くてちょっと変なところへ行ってしまったらしく見つかりません。(汗
なので記憶を頼りに書くと、この「PositioN」は「コトノバドライブ」よりより研ぎ澄まされた感じを受けますね。見ての通り、絵柄もまだ細かい書き込みがあります。これが「コトノバドライブ」になると象形化とか記号化とでもいうのか、実際の形とは懸け離れているけどそれがなんなのかはわかるという不思議な絵柄になります。それじゃ「コトノバドライブ」の方が研ぎ澄まされた表現なんじゃないの?とお思いになるかもしれませんけど、「コトノバドライブ」には登場人物の描かれ方をはじめ、文章にもなんとなく温かみみたいなものがあると思います。「PositioN」は細かく書き込まれていて、その線も硬い。なので表現としては「コトノバドライブ」の方が洗練されているのかもしれませんけど、読み手に鋭く切り込んでくるような感じ、つまり研ぎ澄まされた感は「PositioN」の方がより強いと思いました。

「PositioN」の「南沢ちぬ」は自分でインコであるとカミングアウトするんですけど、姿は最後まで人のまま。人の姿のまま空を飛ぶ。異様な光景ではあるものの、各話がよりオカルトっぽい「コトノバドライブ」に比べると後に残らない、カラッとドライな異様さ?そんな風に感じます。

ちなみにこの「アフタヌーン シーズン増刊 Autumun No.1」には「蟲師」の連載が始まった号です。漆原先生と芦奈野先生はアフタヌーンの企画でお互いの作品(「蟲師」と「ヨコハマ買い出し紀行」)のキャラを描いたりしてまして、なんとなく縁がある感じを受けます。

・・・いやそれにしても、なんで「インコ」なんでしょうね。何かインコにこだわりがあるのかなぁ。>芦奈野先生

# by namatee_namatee | 2017-02-20 21:43 | book | Comments(14)

ドゥーチェ!ドゥーチェ!

c0019089_21382454.jpg
というわけで、「ワンダーフェスティバル2017 Winter」に行ってまいりました。
昨日に引き続きご一緒いただいたタカ氏、お疲れ様&ありがとうございました。

と言っても、特にテーマなどがあるわけでなく、物見遊山として行ってみたという感じです。あとPanasonicのデジカメ、DMC-GX8のこういう場面での使い勝手をチェックするためってのもありました。この手の失敗が許されない写真はSIGMAのDPなんとかでは無理ですからね。少なくともわたくしの腕前では無理。

上の図は言わずとしれた「ガールズ&パンツァー」の登場人物のひとり、ドゥーチェことアンチョビ嬢(のコスプレ)でございます。なかなか良い雰囲気。目線外しちゃってるけど。この手の写真は慣れないと難しいですね。
わたしゃガルパンの登場人物の中では最も好きな方ですね。>アンチョビ
おしむらくはドリルツインテールがちょっとはっきりしていないこと。わたくしはセレスさん好きですのでドリルツインテールにはうるさいですよ。w
c0019089_21383743.jpg
他にもいろいろありまして、結構パチパチと撮ったつもりでしたけど、見直してみるとそんなでもない。目についたものは片っ端から撮るぐらいじゃないと、ワンフェス行ってきましたーという写真群にはなりませんなぁ。w

その数少ない写真のひとつ。わたくし一押しの「亜人ちゃんは語りたい」の登場人物、「小鳥遊ひかり」。ケース越しだとコントラストが下がるなぁ。ストロボを使うべきなのかも。もっともケース越しにストロボ焚いてうまく撮る技術も機材もウチにはありませんけど。
「小鳥遊ひかり」はほぼヒロインですね。明るくて元気で初心と実に好ましいキャラ。バンパイアだけど。w

その後、和室氏のブースに立ち寄り、和室さんとぼつよんさんに名刺をお渡しして「スク水あならいず04」を購入。今回のワンフェスでの唯一の戦利品。
スクール水着や競泳水着にはとてつもなく深い闇奥行きのある世界が存在しておりまして、わたくしのような若輩者は話を聞いているだけでのけぞっちゃうわけですけど、そういう話は楽しくお酒を飲んで興が乗った時じゃないとできない・聞けないのが残念というかそれで良いというか。w
おっと「スク水あならいず」は真面目な考察の本ですので、そういうのけぞるようなネタはありません。

他には・・・全体に「艦これ」と「ガルーズ&パンツァー」関連が目についたような気がしますけど、それはわたくしが知っているからかもしれません。あと「Re:ゼロから始める異世界生活」関連かな。これ、わたくしは「Fate」なんとかの類かと思っていたら、違うみたいですね。(汗
まあわたくしの知識など所詮そんなもんです。ワンフェス行っても1/10もわかりませんもん。
そういえば軍艦とか飛行機などのミリタリーなメカ関連は数が少なくなったような気がします。前は変なのがいっぱいあって面白かったんですけどね。

DMC-GX8の使い心地はどうだったかというと。概ね満足でございました。あらゆる動作が素早いので、お、これ撮っておこう!というものがあった時に、さっと起動してピピッとピント合わせてパシャっと撮る。この一連の流れが素早くスムーズ。さらにズームはレンズのパワーダイヤルを直接回すので、コンデジのそれのようにレバーを押してジーッとかいっているのをジリジリしながら待っている必要はない。これもスムーズな印象に大きな影響がありますね。

他にもまだ小ネタがありますけど、今日のところはこんなところで。

# by namatee_namatee | 2017-02-19 22:35 | camera | Comments(14)

パッとせず。orz

c0019089_22071302.jpg
さて本日はサバゲ。某チーム由来の友人たちと千葉のフィールド「CAMP DEVGRU」さんへ。
これが先日来の右膝の故障の影響で、どうもテンションがあがらず。右膝は痛みはほとんどなくなりましたけど、踏ん張りが効かない。サバゲでは不自然な姿勢で鉄砲を撃たなければならないんで、足腰を変な形にすることが多いんですけど、そのときに右膝の自由度が少ないと難儀します。おかげで通り一遍な戦い方しかできず、戦績はふるいませんでした。
今回の得物はVSR-10「あきつ丸」verと東京マルイのHK417の二丁のみ。前回のサバゲ(1/3だ。w)で使ったガンケースにそのまま入っていたから、というのが選抜の理由。w
どちらも文句ない活躍でしたよ。「あきつ丸」は軽くて振り回しやすいけれども、連射ができない分、ややこしい態勢や姿勢から撃たなければならなず、前述の膝の故障に響く。HK417は連射ができるので楽ですけど、重たいので膝の故障に(ry
とううわけで、どうもパッとしませんでした。

図は作戦終了後に行ったスーパー銭湯のロッカーの鍵。へきらーとしての義務は果たしました。w
最後になりましたけどお誘いいただいたbazzさま、友人のみなさま、チームメイトのタカ氏、お疲れ様&ありがとうございました。

# by namatee_namatee | 2017-02-18 22:18 | survival game | Comments(4)

けしからん。w

c0019089_19094755.jpg
椎名さんの楽曲に「Graduater」というのがありまして・・・今更何を言っているのかとお思いでしょうけど、このブログは椎名さんのことを知らない方もいらっしゃいますので念のためです。w
「Graduater」は椎名さんの楽曲の中では極めて格式が高く、個人的な意見ではこれと並ぶのは「風が吹く丘」と「抱きしめて」のみ。この3曲の中でも格式は最も上かと。わたくしの好き嫌いで言えば「風が吹く丘」「抱きしめて」の次ではありますけれども、それでも歴史的意義みたいなものを考慮すればやっぱり「Graduater」が「椎名へきる」の代表曲だろうな、と思います。
どんな感じなのかはこちらからどうぞ。



先日のアコースティックライブでちょっと出たネタで、バンマスの斎藤氏によると、この「Graduater」のイントロのギターソロのところが難しいという。河村氏の言によるとキーボードだと簡単らしいのですけれど、ギターだと難しいそうで。そういえば以前にも「believe」のイントロがギターだと弾きづらいとおっしゃってましたので、このようにはっきりと区切るように音が並んでいるとギターでは難しいのでしょうかね。わたしゃ楽器はさっぱりなのでよくわかりませんけどね。

楽器の技術的にどうのということもありますけど、椎名さんのライブでの「Graduater」は特別な意味合いをもつ楽曲なので、そういう意味でもプレッシャーがあるのかなぁと思いました。プロなので弾けて当たり前というプレッシャーもあるのでしょうけれども。
で、DAITA氏つながりで、斎藤氏と木村健氏、あと誰か失念してしまいましたがギタリストの方の4人で「Graduater」を弾いて、誰が一番上手いかを競うライブというネタが。w
「Graduater」を4回だけではアレなので、「抱きしめて」と「RESET」もそれぞれ4人で演ればライブになるんじゃね?みたいなネタでした。
もちろん冗談なわけですけど、わたくしとしてはそれもアリかななどと思いましたよ。椎名さんもそれ面白そうとか言ってましたけど、大楽氏に「お前は歌えよ!」と突っ込まれてました。w

CDではDAITA氏の演奏ですけど、ライブで演るのは斎藤氏と木村氏です。そこら辺を同じギタリストとしてお互いどう思っているのかなぁと思っていたんですけど、この話を聞いてなんとなく雰囲気がわかりました。それぞれ自分が一番と思っているのかもしれませんね。w

話はかわりまして、図は「艦これ」の最終海域のボスマスでドロップしてまいりました「伊13」、「ヒトミ」ちゃんですって。
作戦としては昨日の続きで最終海域のラスダンでした。朝一番で艦隊の編成を見直し、「機動部隊」で突撃。第一艦隊に装甲空母(翔鶴・瑞鶴)×2、正規空母×2(加賀・サラトガ)、高速戦艦×2(Iowa・Italia)、第二艦隊に「神通」「摩耶」「妙高」「初霜」「雪風」「北上」という編成でございます。
装甲空母には噴式攻撃機を始め、最強クラスの艦攻や艦爆を搭載、正規空母の方にはこれまた最強の制空戦闘機を配置して突撃。制空に余裕があるので、基地航空隊は第一・第二ともに戦闘機×1、陸攻×3にして打撃力up。支援艦隊は道中も決戦もフルパワーであります。
結果はどうだったか。・・・確かに航空攻撃の威力はすごいんですけど、遠回りになるためか、ボス戦ではやや精彩にかける感じ。もちろん昼戦では片はつきませんので夜戦で決着をつけることになるわけですけれども、昼戦での攻撃順の関係からなのか、肝心の第二艦隊の被害が大きくなるような感じで結局は夜戦では打撃力不足になってトドメを刺しきれませんでした。トータルでも損害が大きい印象。
これはいかん、ということでさっさと水上打撃編成に戻して、第二艦隊をより夜戦向きに「神通」「摩耶」「初霜」「木曽」「雪風」「北上」に変更。魚雷カットインが発動すればよし、しなければ何もかも失うという極端な構成。ちなみに第一艦隊は「千歳」「Iowa」「Italia」「金剛」「比叡」「千代田」。
昨夜の最後のラスダンチャレンジと前回の「機動部隊」のときの両方とも、どうも基地航空隊の打撃力が通らなくなってきたような印象があり、おそらく原因は損害を受け続けて練度が下がってしまったのだろうと思われます。その点からも基地航空隊の打撃力に依存度が低い(水上打撃部隊の時は第一航空隊は戦闘機のみですし。)「水上打撃部隊」の方が理にかなっているかなぁとも思いました。

で、突撃開始。道中は特に損害を受けることもなく、ほぼ無傷でボスに到達。基地航空隊の攻撃の成果はやはりあまり芳しくない。とりあえず頼りになるのは第一艦隊の戦艦4隻の火力であります。これはそこそこに通じまして、敵の第二艦隊はほぼ全滅。次のこちらの第二艦隊の攻撃で敵第二艦隊は全滅。そして敵第一艦隊も大物(「深海双子棲姫」「空母棲姫」×2)以外は排除。夜戦に突入し「神通」と「摩耶」の攻撃で「空母棲姫」×2も排除。ただし「深海双子棲姫」はまだ無傷でした。
ここからの展開は早かった。「初霜」「木曽」「雪風」がそれぞれカットインを決め、最後は「北上」のカットインで綺麗に吹き飛ばしてお終い。ラスダンの決着はこうでなくっちゃ。w

で、ドロップしてきたのが図の「伊13」です。今回のイベントでの新規ドロップ艦2隻のうちの片方。いやぁ、前の伊26「にむ」のときみたいにぐるぐると50周以上も周回する羽目にならずに本当によかった。w

伊13「ヒトミ」ちゃん、なんていうかすごくエロい。この通り、見た目もエロいんですけど、言動や話し方もエロい。なんか後ろ向きでたどたどしくて、とにかくすごくエロい。w
これまでの潜水艦娘は幼女のスタイルが多くて、そういう意味でのエロさはありましたけど、「伊13」は幼女を装ったもっと大人の女性みたいな感じで、今までにないエロさ。これはやばい。w
そして海域を突破したので、報酬艦の「伊14」イヨちゃんもやってまいりましたけど、そちらは姉妹なので見た目は似ていてやっぱりエロいものの、性格は正反対の健康的なキャラのようで好対照であります。
好対照といえば、敵ボスの「深海双子棲姫」とこの伊13・伊14の姉妹は対になっている存在のようで、見た目も似てますね。

あとは「伊13」と同じくドロップするはずの駆逐艦の「藤波」をE2で探すわけですけど、「伊13」の衝撃があまりに大きかったので、そっちはどうでもよくなりつつあります。w

# by namatee_namatee | 2017-02-17 21:27 | music | Comments(8)