完全に「艦これ」日記。w

さて本日は「艦これ」日記。w
イベントが終わったばかりなのに、これまたイロイロとイベントがございました。
まず、先日もネタにしたイラストレーターのじじさんが描いた「Aquila」、アクィラ姉さんと結婚。
「Aquila」はイタリアの航空母艦です。元は商船なので改造空母で、「艦これ」世界では軽空母になりそうなもんなんですけど、正規空母なんだな、これが。w
正直、性能は軽空母並みです。使い所が難しい。わたくしは演習の時の航空戦力のかさ上げとか、練度が下がってしまった艦攻とか艦爆、艦戦のトレーナーとして1-1で使ったりしてます。その用途には「鳳翔」さんが最適なんですけど、「Aquila」は一応は正規空母、スロットが4つあるので一度に大量の艦上機をトレーニングでき、その割には燃費が良いという利点がありま・・・まあ、なんだかんだ言って、この見た目とキャラクターが好きなんですよ。時報のセリフとかもう最高。w
c0019089_19023432.jpg
返す刀で「伊8」はっちゃんとも結婚。
こちらはLv99までの道のりが長かった。潜水艦はウチの艦隊の実質的な主力艦ですけど、いかんせんロクでもない海域にしか行かない(ほぼ90%は2-3「オリョクル」)、その上、伊8、伊19、伊58、伊168は複数在籍していて出撃がローテーションされて経験値が分散して溜まっていくのでなかなかLvUpしません。
その中ではっちゃんは最も古い部類で運も高めということで、一番早くLv99に到達したのでしょう。
我が艦隊の水上艦はLv100を超えると半分引退みたいになるんですけど、潜水艦はそういうことはなく、今後もこき使われます。装甲空母とかは確かに強大な戦力ではありますけれども、コストの面から滅多に出番が無いのと対照的。
c0019089_19024498.jpg
他にはなんだか見慣れない単発任務があったので、次から次へとこなしてまいります。6-1をB勝利以上しろってのがありまして、潜水艦6隻で突撃したんですけど、道中で大破が頻発。おまけに索敵不足で逸れたり。orz
禿げ上がりそうになりながら、カットインの出やすい順番に編成を変えたりして、なんとか達成。
それで出てきた任務で、「瑞雲(六三一空)」を
c0019089_19025216.jpg
「晴嵐(六三一空)」にアップグレード。
「瑞雲(六三一空)」は先日のイベントでやってきたばかりで、まだほとんど実戦で使ってないのに。(汗
c0019089_19030319.jpg
次はこれまた先日、改二になったばかりの「Zara due」を旗艦にして5-3でA勝利以上という任務があったので、それにチャレンジって、5-3っていったらあの「アイアンボトムサウンド」のマップじゃないですか、やだー。w
いやぁマジで嫌いなんですよ、ここ。3戦連続で夜戦、特に2戦目で「戦艦タ級flagship」×2を引くと辛い。いや、夜戦なのでなんでも辛いんですけど。
正直、わたくしはどうやってここを突破したのか覚えてません。先に進んでいるのでなんとかして突破したんでしょうけどね。w

とりあえず適当な艦隊を編成してチャレンジ。いきなり初戦で旗艦の「Zara due」ちゃんが大破。もちろん撤退。これだから夜戦は。orz
二回目、夜戦はなんとか切り抜けボスへ到達するも、水上機の積載ミスで航空優勢がとれない上に潜水艦対策で複列陣、さらにT字不利を引いたらしい。おまけに敵の編成に潜水艦がいないという空振り。w
この悪条件では残念ながら「戦術的敗北」でありました。三度目の正直、今度は潜水艦を無視してボス艦隊の水上艦のみをねらうように編成を変える。前回までは潜水艦対策で軽巡の「阿武隈」をいれていたんですけど、これを航空巡洋艦の筑摩に替えました。ちなみに初回〜2回目の構成は「Zara due」「Italia」「利根改二」「阿武隈改二」「朝潮改二丁」「秋月」、3回目は「Zara due」「Italia」「利根改二」「筑摩改二」「荒潮改二」「秋月」です。「Zara due」「Italia」「利根改二」「筑摩改二」には水上戦闘機や水上爆撃機、加えて夜戦対策の夜偵と「荒潮改二」に照明弾を搭載して、道中の安定とボス戦での航空優勢を狙います。
そして3度目のチャレンジ。なんとか夜戦を切り抜けボスに到達。今度は潜水艦は無視ですから単縦陣。ボスは潜水艦×1の編成で航空優勢は取った。ここで計算違いが発覚。航空巡洋艦に水上爆撃機を積んだもんだから潜水艦を攻撃しちゃう。味方艦隊6隻のうち、4隻が敵艦隊のたった1隻の潜水艦に向かって行ってしまいました。水上艦を相手にするのは「Zara due」「Italia」のみという。(汗
やばい、また戦術的敗北か、思いましたけど、「Zara due」「Italia」の奮戦(あと「秋月」の対空CIも讃えられるべき。本当に最強のディフェンス要員で頼りになります。>秋月)でなんとか被害を受けずに夜戦に持ち込むことに成功。夜戦になれば航空巡洋艦も水上艦を攻撃するようになるんですよ。そして潜水艦以外を綺麗に吹き飛ばして無事にA勝利でございました。綱渡り同然でしたけど、結果オーライ。よかったよかった。イベントのラスダン並みに手に汗を握りましたよ。本当に嫌。>5-3

そしてもらったのがこちら。「艦本新設計 増設バルジ(中型艦)」ですって。「攻撃は最大の防御」を地でいく脳筋の我が艦隊ではあまり使わない装備なんですけど、防御力が脆弱な水上機母艦・潜水母艦とかで役にたつかも。
c0019089_21274317.jpg
次は「潜水艦武装の強化」だそうで、装備のいくつかと引き換えにこれをget。
c0019089_19382438.jpg
前述の通り、潜水艦が事実上の主力艦である我が艦隊にこれはありがたいですよ。オーパーツと言われる「53cm艦首魚雷」と比べて雷装値で同等、命中で1上回るという逸品。さっそく絶賛錬成中の「伊13」ヒトミちゃんに「潜水艦53cm艦首魚雷(8門)」と一緒に装備してあげました。他の潜水艦に雷装値で劣ると言われる「伊13」ですけど、これだけ強力な魚雷を装備すると雷装値は103とかで、まあ遜色無いレベルになります。3スロットなので、もう1つのスロットには「潜水艦搭載電探&逆探(E27)」が装備されており、まだLv62なのに回避も一人前。エロい見た目やエロい言動だけでなく、性能の面でもたいへん好ましく頼りになります。>伊13「ヒトミ」ちゃん

といった感じで、なかなか忙しい「艦これ」日記でした。これでもちゃんと仕事はしているんですよ。w

# by namatee_namatee | 2017-03-02 21:40 | diary? | Comments(2)

もしかして?


超広角レンズの写真というとこういう感じになっちゃいます。orz
悪くはないと思いますけど、SIGMAのDPなんとかに比べると、質感とか解像感に関しては敵いませんなぁ。等倍でみてもよく解像してますし、露出も妥当。でも平凡ではあります。ちょっと贅沢ですかね。

それはそれ。先日、U-NEXTだかなんだかで(知らんウチに加入していて、便利なのでそのまま使っているという。w)「けものフレンズ」の7話を観ていたら、嫁さんが画面とわたくしの顔を交互に見て「なんでこんなの観てるの?頭おかしくなった?」と。w
失礼な。わたくしだってたまには流行りのアニメを観ることはありますよ。「亜人ちゃんは語りたい」だって観ているでしょうに。今シーズンのアニメとかいって、とりあえず片っ端から観るってことはしませんけど、興味がある作品を観ることはありますよ。

とはいえ「けものフレンズ」はなにが面白いのかよくわかりません。でも面白いんですけどね。w
廃墟みたいなのが出てきたり人が絶滅?しているような設定なので、それが「ヨコハマ買い出し紀行」好きの琴線に触れているのかも知れませんね。個別のエピソードは他愛の無いもので、子供向けだよね?と言いたくなるような作品なんですけど、世界観みたいなものがどうにも魅力的。
っていうか、途中で動物園のおねえさんとかが実際の登場動物?の解説するんだけど、写っているのはそのまま「フレンズ」なのはどうなの?と。そこは普通本物を出すんじゃ無いの、って。w

そういえばわたくしは「声優音痴」を自認しているわけですけど、いくつかの作品を観てその原因がわかったような気がします。それは今まで選択的にベテランの声優さんの出ている作品ばっかり観ていたので、みなさん個性的でそれに幻惑されていたのかも知れないということ。w
「レジェンド枠」みたいな方々の演技はそりゃ技術の粋みたいなもんでしょうから、わたくしのようなシロウトにはどれも素晴らしく感じられるのは当然。若手の声優さんもとりまぜて作品を観てみると、その個性とか演技の違いがわかる・・・ような気がする。と「けものフレンズ」の金田朋子さんの「トキ」を観ていて思いました。w

# by namatee_namatee | 2017-03-01 21:59 | diary? | Comments(5)

楽しかったイベントも終了。

c0019089_19203499.jpg
「艦これ」の冬イベント「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」が終わりましたなぁ。
先に書いた通り、ウチの艦隊は特に事故もなく、かといって華々しく難易度「甲」で突破ということもなく、本当に地味に普通に「乙」で終了でございました。横須賀鎮守府最底辺の司令部らしく妥当な結果かと。w

現在は戦後処理、つまり資源の回復につとめております。実はイベントをさっさと突破した上に、新しい潜水艦娘が2隻もやってきたので、演習から作戦から全て潜水艦で回しておりました。おかげで弾薬とボーキに関しては戦前を超える水準まで回復、バケツもカンスト、燃料のみちょっと回復が遅れておりますけれども元々カンストだったのでどうということはないという、なかなかよろしい状態となっております。このまま順調に回復すれば今度こそ弾薬・ボーキもカンストできるかも。

今回のイベントはドロップは少なめでした。完全新規は「伊13」のみ、あと「瑞穂」と「天津風」ぐらいですか。いずれも貴重な装備を持ってきてくれるので大変ありがたい。なかでも「伊13」は本人そのものが貴重な潜水艦娘であると同時に「潜水艦搭載電探&逆探(E27)」という、装備のバリエーションに乏しい潜水艦には嬉しいアイテムを持ってきてくれます。回避が大幅にupするので、厳しい海域へ潜水艦で出撃しなければならないときに重宝します。我が艦隊の潜水艦への依存度がますます高まります。w

図はメンテで実装されたイタリアの重巡洋艦「Zara」の改二、イタリア風に「Zara due 」ですって。かなり高い練度(Lv88?)と改造設計図が必要だそうですけど、ウチの「Zara」ちゃんはとっくに結婚済みなので楽勝。勲章もイベントでもらった分や一生懸命集めたのが14個ほどあったので問題無し。
イタリアの重巡は射程が「長」なのと水上機の搭載能力が充実しているのが特徴なんですけど、雷装はイマイチなんですよね。なので重巡の十八番のはずの夜戦も微妙に苦手・・・なはず。なので練度upでそれを補おうとLvUpに勤しみまして、おかげで他の有力な日本重巡を差し置いて結婚済みとなっているわけでございます。
とか言っているけど、実際は夜戦での能力差を実感できてはいないんですよね。「鳥海」「妙高」あたりは夜戦ではっきりと強力なのがわかりますけど、では「羽黒」「足柄」と「Zara」で差があるのかとなると、差があると言い切れるほどには実感できてません。イベントなどでも効率を優先するとそのちょっとした差に意味があるらしいのですけれども、わたくしの艦隊運営は穴だらけのgdgdですので、このダメさ加減では艦娘のわずかな能力の差など表に出てこないかもしれません。
妹の「Pola」もLv97ぐらいなので、そう遠からず「ケッコンカッコカリ」ということになりそう。

さる折、友人から意外なことを聞きまして。それはこの「Zara」を始めとした「艦これ」のイタリア艦娘の絵師、じじさんはその友人の知り合いだという。人となりをお聞きしまして、詳しくは書けませんけど大変興味深いお話でした。
いやぁ世間は狭いというかなんというか。ネットの繋がりの多様性って奴ですねぇ。

# by namatee_namatee | 2017-02-28 21:22 | diary? | Comments(2)

我が生涯に一片の悔い無し>大げさw


写真のネタがないので昨日の在庫から。14mm側(35mm換算28mm相当)で撮ったものですけど、7mm側に比べると常識的な感じになりますなぁ。これでも広角は広角なんですけどね。
やっぱり空の描写が好ましい。

通勤の時に昨日の椎名さんの「みたいラジオ」を聴いておりまして、今回はアニソンシンガーのLiSAさんがゲストでした。そっちの音楽にはほとんど興味がないのですけれども、現在のメインストリームではあると思われるので、その第一人者のLiSAさんのお話は興味深くお聴きしました。椎名さんがHR/HM寄りの嗜好ならばLiSAさんはパンキッシュだとか、もう表現からして興味深い。そうか、こういう傾向をパンキッシュっていうのかと、ちょっと表現の幅が広がった感すらあります。w

で、椎名さんが自身を「シーラカンス呼ばわり」していたのがツボで車のなかで大笑いする。これ、他人がいうと角が立つけど本人が言うなら仕方ない。w>シーラカンスとか太古の生き物
失礼ながら今の椎名さんを表現するのにピッタリと思いました。前にも書きました通り、椎名さんのライブの雰囲気やファンは、声優さんが本格的にライブやコンサートを演り、アルバムやシングルを出すようになった、その黎明の頃の色合いを強く残していると思うからです。よく考えてみればこれはなかなか大したことで、当の本人もファンも当時のままで現役という。もちろん椎名さんの声も歌唱力wも変化しましたし楽曲も増えた。でもかつての映像などを観て今のライブに行くと、そのスピリッツみたいなものはずっと続いているのがわかります。最初はわからなかったんですけどね。w
楽曲と椎名さんの歌声とライブの雰囲気を楽しむ余裕ができた最近になって、ライブ映像との共通点が見えてまいりました。実際は自分には縁がなかった世界なわけですけれども、擬似的に当時の雰囲気を味わえる気がしてとても幸せです。

いやぁ本当に椎名さんのファンになってよかったと思うんですよ。

# by namatee_namatee | 2017-02-27 22:18 | music | Comments(21)

つつがなく。



本日は暖かでした。スクーターで出かけたくなるぐらい。
というわけで、DMC-GX8+「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.」の試し撮りに。いやしかし本当につまらん写真しか撮れんな。>自分
でも、この空と雲の表現は超広角レンズならではのもので、なかなか趣があってよろしいですなぁ。GX8は露出とかWBとか、大体は思ったように撮れるのは大変よろしいですね。この写真もタワーのミラー面の空との色合いの違いを写したかったわけなんですけど、何もせずにパチっと撮っただけでそのように写りました。ただ、これは確かにわたくしが撮りたかったそのものなんですけど、それがこうもつまらない映像であるということは、わたくし自身のセンスの無さを具体的に示しているというわけで(ry

あとは何していたかな。いつものように「艦これ」ですか。w
先日やってきた伊13「ヒトミ」ちゃんと伊14「イヨ」ちゃんはつつがなく育ちLv45に到達して改になりました。この二隻は潜水艦としては初の3スロ艦で、今まで潜水艦を使ってきて不満だった点がかなり解消されております。潜水艦は夜戦での魚雷カットイン命なわけですけど、従来の潜水艦は実物が超大型潜水艦だった伊401ですら2スロットしかなく、カットインの発動条件である魚雷×2装備にしてしまうと索敵などが苦しくなっちゃうんですよね。最近になって「補強増設」に装備できるアイテムが充実したので多少は改善された感はありますけど、やっぱり基本的に武器の選択肢の少なさは感じないわけにはいきません。
それがこの二隻の3スロ潜水艦ではほぼ解消されてます。魚雷×2を装備してもあと1スロット空いているので、「瑞雲」や「晴嵐」、「二式水戦」をはじめとした水上機を積めます。そんなシチュエーションがあるかどうかわかりませんけど、航空機を積めない水上艦に水上機装備の伊13か14を混ぜておけば相手によっては制空権が取れちゃう。その上、夜戦では強力なカットインが期待できると。あるいはこれまた最近登場した「潜水艦搭載電探&水防式望遠鏡」と組み合わせて索敵を強化するとか、ボイラー&タービンと組み合わせて水中高速艦にするとか。潜水艦好きならロマンでしょう。w>水中高速艦

あとは・・・自分のTLがなにか賑やかだと思ったらこういうネタが。そのうち読めなくなっちゃうかもしれないので、ざっと書いておくと「女のくせに」「女の子らしく」などという女子を束縛する「呪い」が未だに氾濫している、けしからん、というようなお話で、「子供向けのテレビ番組もそういう「呪い」を振りまいている」と言っちゃったもんだから、さあ大変。w
「プリキュア」を始め古典的なところでは「セーラームーン」はては「リボンの騎士」まで例に挙げられてぶっ叩かれております。>書いた人

これを書いた人の言いたいことはわかりますけど、「子供向けのテレビ番組」を引き合いに出したのは失敗でしたな。ぶっ叩いている方々の言うとおり、「子供向けのテレビ番組」はその方の言う「呪い」とはかけ離れた存在でしょう。こっち方面は男の子に守られる女の子どころか、むしろ女の子が主役の方が多いんじゃないですかね。
ただ、わたくし含めたある種の人間がそういう女の子が主役の作品をどう捉えているのかというのはこの方を叩いている方々が言うような日の当たる場所で語ることのできるレベルではないというのも事実。w
前にも書きました通り、わたくし個人の趣味として、女の子の呪いがどうのとか、女の子らしくとか、そういうこととはまったく関係無しに「強い女の子が戦って酷い目に遭いながらも最後に勝つ」というシチュエーション、ストーリーにこの上なく強い興味があるわけでして、それは性的な興味にも繋がっています。昨日ネタにしたら思いがけずレスで釣れた「対魔忍アサギ」とか、もろにそういう興味で購入したわけでして、それはこのネタの大義の部分とはズレているのは承知ではあるものの、「プリキュア」や「セーラームーン」などを引き合いに出すことにはちょっと躊躇いがあります。w

それはそれとして、この方の言うことが間違っているのは間違いない。迂闊に「海外では」という展開にしたのも下策。もう少し研究してから書きましょうね、という感想ではあります。ただ、一般的にオタクと呼ばれる人種(実はそんなものはいないと思うんですけど、ここではそういうことに)が、この方を間違っていると指弾するそのネタの「プリキュア」や「セーラームーン」という作品にどういう感情を抱いているのかということに関しては、そんなに大っぴらに言えるほど清廉潔白なもんじゃないよね、とも思います。
いやまあ、これはわたくしの後ろめたい感情であって、他の方がそうだとは言えません。事実は事実として「子供向けのテレビ番組に女子に対する女の子らしくあれという「呪い」は無い」というのは間違いありません。

っていうか、これ典型的な「ステレオタイプ」って奴じゃ無いですかね。実写の映画やドラマは認めるけどアニメやそれらから派生したもの、またはオタク文化に属すると思われるものは認めない、一段どころか卑しいものとして見るみたいな。さすがに今の世の中、こういうレベルの低い見識でものを書いちゃいかんでしょう。

わたくしから言わせれば、このような女の子の「呪い」ってのは封建時代、つまり江戸時代の武士階級の心がけ、「士道」あたりから来ているんじゃ無いかと思いますけどね。
どうにも解せないのは明治維新で従来の身分制度が廃止されたのに、むしろかつての武士に対するリスペクトが強くなったように見えること。例えばお墓とか結婚での「◯◯家」と「△△家」の結びつきとか、長男・長女などという概念です。これらの原型の多くはかつての武士階級の世界のもので、それ以外の多くの人々には縁の薄いものだったような気がするんですよね。このような意味のわからない武士階級への憧れが女子にこの方のおっしゃる「呪い」をかけ続けてきたんじゃないかと思うんですよね。
そうだとしたら、オタク文化の産物(ここではそうしておきましょう)として蔑られることもある「子供向けのテレビ番組」よりむしろ歴史小説とか大河ドラマとか時代劇とか、そっちの方が間接的というかサブリミナルというか、いつの間にか「女の子はこうあるべき」という固定観念を無意識に植え付けてきてしまったのではないかと。それはそれで皮肉というか愉快というか。
おっと、わたくしはこういう事に関して研究したことはないので、的外れなことを言っている可能性はありますけどね。

何が言いたいかというと「黄色魔術オリエンタルガール」最高!ということです。w
格好良くて最強のオリエンタルガールが自分の分身を守ったり力をもらったりして、挫折のどん底から大逆転で復活するという、実に爽快なストーリーです。だいたいが女性しか出てきませんからね。その上、スーパーマニアックで「プリキュア」や「セーラームーン」も知らない奴には想像もつかない世界です。なにが「呪い」だ、クソ食らえ。w
# by namatee_namatee | 2017-02-26 19:47 | diary? | Comments(6)

すごい久しぶり。


本日は仕事。そして取引先の社長の息子さんの結婚披露宴に出席。
これが面識がなくて、どんな人かさっぱりわからんのです。そもそも、その取引先自体、そんなにお得意様というわけでもないという。そんななのになぜ招待状が来たのかが謎。w
お祝いだけつつんで披露宴は欠席という案があったんですけど、せっかく招待いただいたわけですので、お邪魔させていただくことに。そして、なぜか我が社の偉い人じゃなくて営業担当のわたくしが行くことに。何故だ。w
いやまあ、わたくしぐらいの歳になると披露宴に呼ばれるなんてことは滅多になくなりましたし、会社の金でうまいものがたらふく食べられるということで、渋々ながら行くことに。

出席者は300人近いというかなり盛大な披露宴でした。が、これが思っていた以上に退屈でしてね。なにせ周りに話をする人がいません。同じテーブルの人々はお互い名刺を交換して雑談してましたけど、わたしゃそういうのが苦手なんてもんじゃないので、ひたすら「話しかけるなオーラ」を出しながら、出てくる食べ物に集中。だいたい披露宴のテーブルで初対面、しかも特に仕事のつながりがあるわけでもない人間同士が交わす会話に中身があるわけがない。ちらりと聞こえてきたところでは出身がどこだとか、その業種の動向とか(具体的でない)、本当にどうでも良いもので、そんなことにわたくしの貴重な脳のエネルギーを使うぐらいなら、物を食べてカロリーを摂取した方がマシです。w

披露宴はいきなり新郎と新婦の「恋ダンス」から始まりましてね。わたくしこういうのダメ。死にそう。w
あと全体になんとなく「ディズニー臭」がする。さらに「ワンピース臭」もある。どっちも苦手。実に辛い。w
わたくしのように後ろ向きで殺伐とした世界観の人間には極めて相性の悪い演出でございました。辛かった。w

なので料理が出てくる合間には瞑想する。w
今使っているこのiMacもだいぶ古くなってきたので新しい奴に買い換えようか、その場合は21.5inのi5でメモリは16GBぐらいで良いかとか。あるいは最近はSSDが安くなってきたので、このiMacのHDDを1TBぐらいのSSDに換装して延命を図ろうかとか。Mac OS Xの場合、新しいMacに乗り換えるのはWindowsよりは簡単ですけど、現行のiMacとウチのではOSのバージョンが違うのが引っかかる。最新版は「macOS 10.12 Sierra」でウチのは「OS X 10.11 El Capitan」。「Sierra」が出てからだいぶ経つので、対応機器も増えたとは思いますけど、昨年の7月ぐらいの時点ではいろいろと対応しないものがあって、一度は「Sierra」にしたものの、あまりに不便で「El Capitan」の戻した実績があります。そこら辺がどうなるのか、やや不安がある。
ではSSDに換装はどうなのか。1TBのSSDは3万円台後半で買えます。1TBあれば十分ですけど、今のHDDは2TBなんですよね。半分はWindows 7ですけど。Windows 7はわたくしにはとても使いづらいOSで大嫌いなんですけど、Windowsじゃないと使えないソフトウェアのためにインストールしてありました。まあどうしてもというソフトじゃないんですけどね。「対魔忍アサギ」とか。w
なので最低限1TBあれば良いわけですけど、できれば丸ごと移植したいなぁと。で、SSDの値下がりぐあいと大容量化はまだ進むと思われるので、もう少し様子を見て、より大容量になってから換装しても良いような気がする・・・などと誰かのスピーチを聞きながら考えておりました。

下手くそなMCとカラオケは(ry

2時間半後、やっと解放されました。疲れた。orz
図は戯れに持って行ったDMC-GX8+「LUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 ASPH. / POWER O.I.S.」の標準ズームセットで撮った料理。このレンズは解放でF2.8とズームとしては明るいので、使い勝手は良かったですね。ただ、望遠側が35mm版換算で70mmだと、披露宴の席から立って動き回らないと新郎・新婦のまともな写真は撮れませんね。動き回ると目立つので、それは嫌。そもそもそこまでして撮るほど知らないし。w>新郎新婦
この場合は「LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」とかだと良さそう。だがしかし、こちらはちょっと暗いのでそれがネック。そして140mm(35mm換算で280mm)なんて普段はまったく出番がありませんので、やっぱり12-35mmぐらいの標準ズームも必要と。

もう当分は誰かの披露宴に呼ばれることはないでしょうから、辛いとはいえ良い経験ではありました。実はもう一件、別な取引先からもやっぱり社長の息子さんの披露宴の招待状が来ているんですけどね。そっちは弊社の社長へ名指しだったので、わたくしは出席を拒否いたしました。w

# by namatee_namatee | 2017-02-25 21:31 | diary? | Comments(10)

面倒ごと

P1000287

というわけでこういう写真が量産されることになるわけですよ。w>超広角レンズ
本当にセンスないなぁ。>自分

「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.」は逆光でフレアだかゴーストが出やすいという話でしたので、試しに撮ってみましたけど、さほどでもないと思います。やっぱりボディの性能向上も表現に関係しているのかも。
それにしてもシャークマウスって格好良いな、おい。

これといってネタはありません。なので小ネタで。
昨日の話になりますけど、我が社のお客さんが2tダンプでコンクリート殻を持って来ましてね。それは珍しくもなんともない。1日数百台のダンプがやってくるわけですから。このお客さんはちょっと大きめのコンクリートの塊だったようでうまく荷台から落ちなかったらしく、ダンプアップしたままアオリをいじっていたそうですよ。かなり危険な行為なわけですけど、案の定、アオリと荷台の間に指を挟まれましてね。で、やっちゃったんですよ。スパッと。親指を。(汗
切断したのは親指の第一関節よりもう少し指先のあたり。まあ大したことないんですけど、骨は見えたそうで。当然ながら救急車と警察呼んで大騒ぎですよ。
あと切断されちゃった指先を拾って保冷剤を入れたビニール袋に入れて、救急隊員に渡すという。わたしゃなんでもやりますよ。w
変な怪我すると自分も痛いですし後々困るけど、周りもイロイロと面倒なので気をつけていただきたいですね。
救急車もすぐ来るんですけど、怪我した人をどこへ運ぶかってのがなかなか決まらないみたいで、1時間近く構内にいたんじゃないかな。前に我が社の社員が交通事故にあった時も、どこへ行くかでずいぶん時間がかかっていたみたいですし、怪我した人も痛いままで大変ですね。

それにしても怪我の当事者の「この世界は自分を中心に回っている」みたいな、変に高揚した態度が気に入らないなぁ。お前のヘマで迷惑してるんだっつーの。それにこの世界はわたくしを中心に回っているので、お忘れなく。w

# by namatee_namatee | 2017-02-24 21:11 | camera | Comments(4)