deep

c0019089_22533607.jpg
さて本日は椎名さんのアコースティックライブ。
今年は最後のライブになるかも知れないということで、かなり力の入ったセットリストでした。
が、やっぱり10月にもライブやりますという。w

というわけで例によって詳細は後程。

8/6追記:
とりあえずセットリストを。元ネタは例によってmixiの椎名さんコミュからいただきました。ありがとうございました。
M01:嵐のち晴れ
M02:眠れる森
M03:feel for you , beat for me
M04:色褪せない瞬間
M05:Starry Night!
M06:live to love -もう少し早く逢えたなら-
M07:大切なページ
M08:花火
M09:いざ!You Can
M10:Let me sing with soul
M11:invisible
M12:Jungle Life
M13:風が吹く丘
M14:Graduater
M15:Driving to Summer

これが椎名さん本人が力を入れたというセットリスト。セットリストだけでもかなり「濃い」のは楽曲を知っている人にはおわかりになると思いますけど、アレンジも相当なものでアコースティックになって高まった椎名さんの表現力とあいまって「deepだなぁ。」という印象。「眠れる森」とか、原曲とは全然違う雰囲気ですもの。音の角が取れて落ち着いてるんだけど熱量はあるみたいな、アコースティックならではという・・・わたくしの貧弱な語彙では表現しきれない。
M01からM08の「花火」までは比較的落ち着いた、いや「Starry Night!」は落ち着いてないけど、全体として抑え目に進んで、いつもの小芝居のあとの「いざ!You Can」から盛り上がり始めて、M11の「invisible」からはみりゃわかるでしょ、っと。w
こういうセットリストが作れるのってすごいなぁと思います。組み合わせのセンスはもちろん、楽曲の在庫?があるのも椎名さんならではですね。

個人的に特にこれは!と思ったのは「feel for you , beat for me」と「invisible」と「Jungle Life」でした。もちろん「風が吹く丘」も「Graduater」も素晴らしいのですけれども、それらは定番中の定番なので今回は除外。w
「feel for you , beat for me」は密かに椎名さんの代表曲のひとつと思ってるんですよ。椎名さんの楽曲は200曲ぐらいあるわけで(実はちゃんと数えたことが無い。)、リリースされた時期や様々な事情によって、いろんな方向性があると感じております。かつてのブームや声優さんがどうのとか、あるいはわたくしがファンだとか、そういう要素から離れて女性ボーカリストとして見たときに、なんていうか一番似合っている気がするのがこの「feel for you , beat for me」でございます。当然ながらわたくしの主観です。w
「椎名へきる」と言ったらどの曲を選ぶ?と言われたら、もちろん「風が吹く丘」ですけど、あれはあまりにもファンの思い入れが反映されているような気がして、先入観なしのまっさらな歌手としての「椎名へきる」に一番似合っているのは「feel for you , beat for me」あたりかなぁと思う次第。もちろん異論は認めます。
「invisible」と「Jungle Life」はオリジナルとライブでの差が激しい楽曲と思います。ライブ映えするというべきか。「invisible」はアルバム「Face to Face」のverはどちらかというとコミカルと言いたいぐらいなんですけど、ライブだと全然違う。いかにもロックな感じ。ある時期の椎名さんのやりたかったロックってこんな感じだったんだろうなぁ、と思わせるし歌い方も強烈な迫力がある。「椎名へきる」というあの細くて小さい女性(ひと)のイメージからは想像できないパワーを感じます。例えば最近のアニソン歌手(女性)と言われる方々、あのやや過剰にパワフルな雰囲気はわたくしは嫌いじゃ無いんですけど、同じようなパワー・熱量みたいなものを18年前の「invisible(ライブver)」に感じます。もちろんこの両者は直接つながりのあるものではないんですけど、女性ボーカルでパワフルという共通点を感じるということですかね。
「Jungle Life」は名曲ですなぁ。でもアルバムやシングルverはあまり好きじゃ無いんですよ。なんていうか、失礼な言い方になってしまうんですけど「クオリティが低い」とでもいうのか、無理して歌っているように感じてしまいます。それがライブではそんな感じは微塵もなく、純粋にパワフルな歌声を楽しめる。これも一般の人には知る由も無い「椎名へきる」の側面と思うと、ファンでよかった思います。声優出身ならではの超美声の持ち主が全力でシャウトする、それを目の当たりするというこの喜びをこの世の多くの人は知らないんですよ。w

追記の追記:
書くの忘れてました。ひとつは椎名さんの衣装というか出で立ち。これまた気合が入ってました。出てきたときに思わず「ぐはっ!」って声が出ましたからねぇ。w
白地に金魚の浴衣で、いかにも夏らしい。それに加えて昼は髪をおろしてまして、ちょっと前にレスでやりとりしたポニーテールの女の子が髪をおろすと萌える云々を地でいくというかなんていうか。そして最も強烈だったのは、顔より大きいリボンが右側に。さすが「椎名へきる」!と。あのセンスは本当にそれしか言いようが無い。
もう一つは小芝居。戦国の戦の場面なんですけど、殿様役の椎名さんがいきなり(事前の打ち合わせなしで)観客に「出陣だ!」みたいにふると観客が武士とか足軽みたいに「ははっ!」と答えるという。下らないっちゃ下らないんですけど、そのノリはあの集団ならではではあるなぁと。
そしてそのシーンではバンドメンバーの斎藤氏と川村氏は紙でおった兜をかぶっていたんですけど、夜の部でPAさんの横のところにいましたら、PAさんも新聞紙の兜をかぶってました。どんなにノリの良い楽曲も淡々と仕事しているPAさんなんですけど、そこのところだけはスッと兜をかぶったのがとても印象的。w

# by namatee_namatee | 2017-08-05 23:00 | music | Comments(3)

KIMBER KABLEのAXIOS



先月の頭に発注したケーブルがやってまいりましたよ。
モノは下の図の通り「KIMBER KABLE AXIOS」というもの。

納期は2ヶ月と言われておりましたけど、実際はほぼ1ヶ月で届きました。
それなりの価格(約9万円)のケーブルだけあって、箱も立派でございます。

箱にはさらにケースがありまして、その端っこにこのような表記があります。・・・MODELのところのTP5ってなんだろ。w
T5pと間違ったのかなぁ。まあ、アメリカですし。w
WOOD TYPEとあるのは、端子の指で摘むところの材質です。このケーブルの端子(の指でつまむところ)は木製なんですよ。しかも何種類かから選べる。わたくしはオーソドックスに黒檀を選びました。正直、ケーブル自体の色使いは黒と銀のT5pにマッチしているとは思えないので、端子ぐらいは真っ黒で癖のないものにしようと思いまして。

さっそく聴いてみているわけですけど・・・やっぱりこの手のケーブルは解像度が上がるんですねぇ。ノーマルのケーブルも全然悪く無いんですけど、さらに緻密な音になります。ギターの弦が震えているのが一回一回認識できるような気がする。鳥肌立っちゃう。
あと低域の量感が増しました。どちらも予想していた変化ですけど、変化の幅が思っていたより大きくて驚き。今までT5p 2ndでちょっと足りないと思っていた低音が力強くなり、質も上がりました。

このケーブルはもっと聴き込んでから、またネタにしましょう。そうしましょう。

# by namatee_namatee | 2017-08-04 20:58 | audio | Comments(0)

めぐる季節の中で

c0019089_20443457.jpg
昨日の続き的な?
ポニーテール禁止のみならず「ブラジャーも禁止」っていう話がありまして、理由はポニーテール禁止と同く男子が劣情をもよおすからという。w
繰り返しになりますけど、何にでも劣情をもよおす年頃だと思うんですけどねぇ。>中学生
じゃあニッセンのカタログとかどうするんだと。普通にそこら辺においてあるじゃないですか。w
そういえばとあるサバゲのおり、朝一番のゲーム前に友人数人がテーブルに大き目の紙を広げて真剣になにか話しているから、フィールドマップでも見て作戦を考えているのかと思ったら、女性下着のチラシを見ながらああでもないこうでもないと(ry

この流れで、こういう下らなくて存在に疑問のある校則はそれを作る側の嗜好が反映されているのでは無いかという説が出てまいりまして、そこからブラ禁止→「下着フェチ」キモい」とかいう意見を見かけましたけど、それは違います。下着フェチの人は下着そのもののフェティシズムなので、実は中身は関係ないんですよ。なのでこういう校則を作る人がその校則の禁止事項に則した性的嗜好を持つということならば、それは歳のはるかに離れた良い大人がブラをつけた女子中学生を好むということになり、そっちの方が「下着フェチ」よりよっぽど明確に倫理的に危ない&キモいということになりますな。w

図はこれまた昨日に引き続き完顔阿骨打先生の絵。こちらは同人誌でタイトルの通り、まさに下着の本。1989年8月13日初版発行となっております。この本自体は第3版で1990年2月4日発行だそうです。同人誌で第3版とかって初めてみたような気がする。どうもコミケなどで新刊が出せなかったりした時の穴埋め的に版を重ねた本だったようです。
それはそれ、例によって描かれているキャラクターについては全くわかりません。w
でも、あぐだ先生の絵って、もうこのころから変化し続けていたのがよくわかって眺めていて楽しいですねぇ。
で、「黄色魔術オリエンタルガール」の雰囲気をわたくしが最も気に入っているということは、変化の過程の中の一瞬(といっても連載期間は2年ありますけど。)にうまく巡り合ったんですねぇ。やっぱり奇跡的・運命的な出会いだったのかも・・・

# by namatee_namatee | 2017-08-03 22:13 | diary? | Comments(9)

ポニーテールごときで



昨日あたりからのトレンドwは「男子が劣情をもよおすから女子中学生のポニーテールは校則で禁止」という奴。w
もうみんながみんな口を揃えてそんなのナンセンスと大合唱であります。まあ、わたくしもそう思いますよ。(汗
中学生の頃なんてエロいものに対する好奇心はそれこそ底なしのはずで、今の中学生はリアル女子中学生の「うなじ」がどうのより先に漫画とかあるいはネットでイロイロと見ちゃうでしょ、イロイロと。w

自分のことを振り返ってみるに、まあ歳のせいというか時代が時代だったので、わたくしの世代の男子は確かにリアルな異性に興味があるのが普通だったかもしれませんなぁ。当たり前ですけどネットも無かったし、エロ漫画はいわゆる劇画調というんですか、古典的な絵柄のもので、ウブな中学生ぐらいの男子にはちとどぎつすぎた。内容もそのものズバリか、もっと歳がいかないとわからない微妙な心情を描いたものとかで、とても厨坊向けとはいきませんでしたよ。
そういうわけで、素直に同じ年頃の女子に目がいった・・・んですかねぇ。わたくしは中学〜高校と男子校でしたので、実感はないです。orz
ただ、そういうのが普通だったのかも知れん。当時だったらポニーテール禁止は効果あったかもと。
もう今となってはポニーテールぐらいじゃなんとも思いませんよ。>男子中学生

ちなみにわたくし個人の場合はリアルな同世代の女子には全く興味はありませんでした。自分のことに関しては男子校だったのはあまり関係ないと思いますけどね。w
前に書きましたけど当時からすでに心の中にヒロインが存在しておりまして、それをどれだけ詳細にイメージできるかに心を傾けていたのでございます。いかんせん、わたくしのしょぼい想像力ではどれだけ頑張っても明確なイメージにすることはできず(だから絵が描ける人は本当にうらやましい。)、これまた以前に述べましたけど当時はアニメや漫画にもヒロインがあまりいなくて、それらで代替えすることもなりませんでした。かろうじて少女漫画のヒロインが、わたくしのニーズに近いところにあったのですけれども・・・イメージぴったりというわけにはいきませんからねぇ。そういったわけで、理想のヒロインのイメージを追い求めていたわたくしにはリアルの女の子に向ける興味の余裕などなかったのでした。もちろん、わたくしの方にも女の子から興味を持たれるような要素はありませんでした。w

・・・と書いてみると、わたくしって本当に筋金入りの「オタク」じゃないですか。(汗
のちには人並みにリアルの異性とお付き合いする歓びを知ったわけですけど、今はまた元に戻りましたな。w

図は言わずと知れた「黄色魔術オリエンタルガール」、しかもカラーで。素晴らしい。何度も書きましたけど、この「オリエンタルガール」こそ長い間追い続けていた心のヒロインそのものでした。見た瞬間、「あ、これだ。」って閃きましたからね。もう運命的な出会いですよ。出会った時には良いおとなになっていたんですけど、それこそ厨坊のようにときめきました。そしてそのときめきは20数年後にぶり返すのです。w

あ、ポニーテールごときに心動かされることは無いと書きましたけど、例外があったのを思い出しました。椎名さんのポニーテールはヤバい、マジで。w
ポニーテールに限らず、FCイベントの写真撮影などで椎名さんに限りなく接近することがあるんですけど、確かに女性の髪や鎖骨、「うなじ」のあたりは美しくセクシーなものであるということを思い知らされます。まあ「椎名へきる」の「うなじ」ですからね。そんじょそこらのとは(ry

# by namatee_namatee | 2017-08-02 21:18 | book | Comments(4)

邪道は承知で


ウチのICS L85(SA80)揃い踏みの図。
見ての通り、上がフルサイズ版?普通のL85A2で下がカービン版。フルサイズとかカービンとか言ってますけど、実際は長さなんてほとんど変わりません。

この図のポイントは光学照準器でフルサイズ版はELCAN(もちろんパチ)、カービン版はSUSAT(当たり前だけどパチ)になっております。結局、SUSATを買ったということですね。w
だがしかし、どちらもサバゲの実戦用の光学照準器としては微妙。共通するのはウィンデージやエレベーションの調整がが内部で行われるのではなく、サイト全体を上下左右に動かすことで行われること。一見、シンプルで合理的に見えるかもしれませんけど、実は調整範囲が狭いという欠点がございます。そして比較的高品質と言われるICSのエアガンとて、所詮はトイガン。マウントの精度なのか、銃全体の剛性や精度なのか、かなり大胆に上下左右の調整をしないと狙ったところに飛ばなかったりします。(汗
なので、調整範囲の狭いこの手の光学サイトですと、狙ったところ(ダットの赤い点)に着弾するように調整しきれない場合が多いのでございます。
・・・案の定、このどちらの光学照準器も本来の調整範囲でカバーできず、上下はマウントとレールの間にスペーサー状のものを挟んだり、左右はサイト本体に加工の必要がありました。って、その加工するのが面倒でSUSATの方は放置しているんですけどね。
実銃準拠ということでは、このどちらもそれなりに説得力のある出で立ちなんですけど、サバゲでの実用性は?なんですよねぇ。

というわけで、なにかお手軽な解決策はないのかと小一時間考えた結果がこちら。↓

単純明快、キャリングハンドルに短いレールを載せて小型のダットサイトをマウントする。
これだと地味に便利なキャリングハンドルが活かせるのがよろしいですな。まともなダットサイトなら調整範囲は広いしキャリハン込みでも軽くてコンパクトですし。もちろん実際にこういう仕様があるわけではありません。w
固定キャリハンのAR-15の類ではよくある仕様だと思うんですけど、L85(SA80)でこういう風にしなかったのはなんでだろ?と思います。キャリハンが固定じゃ無いからですかね。光学機器はキャリハン外してレールに載せると決めていたんですかね。

L85(SA80)のキャリハンは見ての通り、前傾(マズル側の高さが低い)しております。AR-15の方はパッと見は同じく前傾しているんですけど、それはリアサイトのガード状の部分だけで、キャリハンの底部?はバレルやレシーバーに対して平行になってます。なので、キャリハンに載せるスコープマウントは幅さえ溝より狭ければ単純にまっすぐなものでO.K.です。ここら辺、やっぱりよく考えてありますなぁ。>AR-15
L85の場合はキャリハンの上面全体が前傾しているので、そこへマウントを載せようとすると単純にまっすぐなものではマウント全体が前下がりになってしまいます。なのでレールの下にマズル側が高くてストック側が低いスペーサーが必要。
そのスペーサーは戦民思想さんに作ってもらいました。戦民思想さんにはいろいろとお世話になっているわけですけれども、今回はちゃんと問い合わせフォームからオーダーしましたよ。w

ほどなく詳細を寄こすのです(博士風)という返事がありましたので、簡単なメモをメールで送りましたら、思った通りのものを作ってくれました。むしろわたくしが考えたのより、もっと合理的にできていて感心しちゃいました。いたずらに加工の精度が必要でなく工数も少なくてそれでいて機能的には十分という。さすがだなぁと。w
・・・こういう時によいしょしておくと何か良いことがありかもしれませんからね。w

図ではT-1(もちろんパチ)を載せてますけど、さらに小ぶりなRMRみたいなのだともっと目立たないかもしれません。前述の通り、SUSATやELCANよりずっと軽くて調整もしやすく実に実用的。いやこれ、製品化しても良いんじゃ無いですかね。製品化してバカ売れしたら、原案を考えたわたくしのところにもいくらかお金が入ってくるのかなぁ。w
まあ普通、L85(SA80)とか使う人は実銃の仕様準拠でしょうから、こういうのは邪道で受け入れられないでしょうけど。(汗

# by namatee_namatee | 2017-08-01 20:47 | survival game | Comments(2)

センス

さて、昨日の戦利品。(旧)和室工房さんのB&T VP9・・・の取説(右端)。w
前半はVP9の操作説明やパーツリストで、後半は製作記になっております。これ単体で同人誌の形態になっているんですね。
わかる人にはたまらないネタですなぁ。w
c0019089_20321005.jpg
要するに東京マルイさんのエアガンの取説とそっくりに作ってあるわけですな。上の図で左と中央は見ての通り、VSR-10とMP7A1(電動)の取説です。似てますよね。マルイ製の電動ガンを使ったことのある人ならすぐにピンとくる。よくできてますなぁ。
残念ながら手元にフルサイズ電動ガンの取説がなかったんですけど、次世代とかだともっと似ているかもしれません。
c0019089_20322083.jpg
中身もこの通り。あまりさらしてしまうのも申し訳ないし無粋だと思うので、パーツリストの部分をちょっとだけ。左がMP7、右がVP9。
似てるなぁ。VP9の方には博士と助手がいますけどね。w
実はこの本ではエアガンの取り扱いに関する注意の部分を人のかわりに「けものフレンズ」のキャラが演じております。サーバルやかばんちゃんをはじめ大勢のフレンズがエアガンのうかつな取り扱いを演じているんですよ。w

VP9も凄まじい出来なんですけど、脇役のはずの取説の隅々まで行き届いたこのセンス、本当に恐れ入りました。

# by namatee_namatee | 2017-07-31 20:54 | survival game | Comments(2)

嗜好もろバレ。w

というわけで、本日はワンダーフェスティバルへ行ってまいりました。
なっとーちほーのひらがな5文字市から幕張メッセというのはなかなか行きづらいものでして、電車で行く場合、最短ルートは3回ぐらい乗り換えがあったりする。今回はやや遠回りになるものの、特急を使って所要時間を短縮でき乗り換えも1回で済む、常磐線(特急)で東京駅〜京葉線というルートをセレクト。
前回同様、チームメイトのタカ氏と一緒でございます。前回はうっかりカタログを買っておくのを忘れまして、入り口で買うはめになり、結構な時間をロスしたので、今回はタカ氏に買っておいてもらいました。それも含めありがとうございました&おつかれさまでした。>タカ氏

というわけで、入場して最初に遭遇したのがこれ。↓

なんていうか、イロイロ地獄ですよね、これ。w

以下は見て回ったうちで印象に残ったものをいくつか。企業ブースと一般?のディーラーさんのブースの写真が入り混じってます。そして本当にテキトーに撮ったので、資料的な価値はないと思われます。w
毎度のことながら、たくさん撮ったつもりでも、ウチに帰って観てみると大した枚数じゃ無いんですよね。

まずはこちら。「戦え!!イクサー1」から「イクサー1」。

イクサー1ですよ、イクサー1!見つけた時はおもわず声あげて駆け寄っちゃいましたよ。w
このブログの一連の「黄色魔術オリエンタルガール」のネタの発端がこの「イクサー1」でございました。こちらこちらとかこちらですね。
「黄色魔術オリエンタルガール」を引っ張り出すためのダシにしちゃったんですけど、オリエンタルガールほどではないものの、当時を知るわたくしとしては思い入れのあるキャラクターであります。
っていうか、なんで2017年の今になって「イクサー1」のフィギュアが。w
イクサー1って、このように全身タイツみたいなのの上にビキニの水着みたいなのを着ているんですよね。不思議な感じ。で、その全身タイツのお腹や太もものあたりのシワが寄っているところがとてもリアル。

次は言わずと知れたワンダーウーマン。↓

近々公開される予定の映画「ワンダーウーマン」ですなぁ。この特徴的な意匠はわたくしのようなものには見慣れたものでございます。主にヒロイン関連のAVでですけど。w
なので、こちらが本流のはずなのに違和感があるという。わたくしにとっての「ワンダーウーマン」というのはウブだった頃にドキドキしながら観たTVドラマのリンダ・カーターの「ワンダーウーマン」と前述の通り、最近のAVでのワンダーウーマン風のヒロインの入り混じったイメージなのでした。つまり、もっとエロいんですよね。
といって、もちろんこちらに文句があるわけでは無い。映画が公開されたら観に行きますよ、当然ながら。

次はこちら。↓

実はなんのキャラなのかわかりません。w
台湾か中国のフィギュア製作メーカーのものらしいです。スペースオペラのヒロインっぽい。
これも一生懸命写真を撮っていたらタカさんに「いかにもあんたが好みそうな・・・」と言われてしまいました。その通りでございます。わたくしは可愛らしい女の子のフィギュアよりも、イクサー1とかワンダーウーマンとか、こういうのとか、キリッとした戦闘的な美女が好きなんですよ。
このキャラは「黄色魔術オリエンタルガール」の敵方のアクトレスっぽくて気に入りました。

次はこちら。↓

「地獄少女 宵伽」の「閻魔あい」でございます。作品については全く知りませんけど、椎名さんつながりで。w
このソックスから靴のあたりってリアルですね。すごいなー、技術は進化しているんだなー、と思って見てました。

本日は曇りで日差しは弱く、気温はそんなに高くなかったんですけど、湿度が高かったのか、かなり暑く感じました。冷たい汗がでてきてそれがとまらない。非常に不快。そんなわけで、ほどほどで切り上げました。切り上げる前に(旧)和室工房さんのブースへ立ち寄って「B&T VP9」を見てまいりました。お金が無いので見るだけです。w
あ、取説は500円だったので買えました。これはこれで大した出来で、別なおりにネタにする価値が十分にあります。

その後、完顔阿骨打先生の昔の同人誌を探しにタカ氏と秋葉原の「まんだらけ コンプレックス」へ行く。残念ながら収穫はありませんでした。(汗
さらにフォートレスさんへ行った後、「レモン社」が秋葉原にあるということで、そちらにも。こちらも特に収穫はなし。
ほどほどの時間だったので、そこでお開きということに。大変でしたけど、楽しかったですね。次はコミケか。あれはもっと過酷だからなぁ。(汗

# by namatee_namatee | 2017-07-30 22:31 | diary? | Comments(0)