意外だった。

c0019089_19050405.jpg
「IDIOM 0」用の小物を調達。

まずはシートポストに塗るグリス。カーボンシートポストなどのクランプ部に塗ると必要以上の締め付けが必要なく固定できるというPark ToolのSAC-2というもの。Amazonで購入。プライム対象だと2,000円近くするんですけど、これがないと「IDIOM 0」の建造が先に進まないので致し方無く。
さっそく、シートチューブの内側に塗ったくろうとチューブから手にとってみました。が、これが思っていたのと違う・・・なんていうか「ペペローション」みたい。w
もっと粘土の高いグリスらしいグリスを想像していたんですけど、予想を裏切られました。ちなみにAmazonで「ペペローション」を検索すると面白いですよ。「プロ御用達業務用ローション」ってのがヒットします。2Lで1,052円、プライムなら明日中にお届け・・・業務用って。あと「ペペローション」のバリエーションで「バックドア」ってのがあってそのネーミングに笑う。さらにそのレビューが面白いという。w

お次はペダル。これも無いとどうにもならないものなのでAmazonで購入。こちらはRNC7で使っていたのと同じシマノのPD-A520でございます。本格的なロードならSPD-SLにすべきなんでしょうけど、今回はミニベロですからね。っていうか、SPD-SLとか昔使ってましたけど、走っている時は快適なものの、コンビニに入るとか、自転車降りた途端に不便で不便で(ry
自転車関連のグッズはほとんど処分してしまったんですけど、なぜかSPDのシューズは残していたのも選択の理由であります。RNC7での使用実績からいうと安くて使いやすいペダルだと思います。>PD-A520
もう少し上のグレードでPD-A600というのがあって、それと迷ったんですけど、「IDIOM 0」のコンポはティアグラですからね。PD-A520ぐらいがお似合いということで。そのうちフルデュラとかにするかもしれませんけど、その時はその時ということで。w

他はサドルバッグとかボトルケージとか。こちらは近所の自転車屋さんで購入。特にこだわりは無く、ごく当たり前のものです。本当は予備のチューブを買いに行ったんですけど、20インチ(451)のチューブが売ってない。正確には451のチューブでバルブ長が60mmのものが在庫なしという。
先日の写真を見ていただくとわかる通り、「IDIOM 0」のリムはちょっと高さがありまして、普通の長さのバルブだと長さが足りなくて空気が入れられない。そもそもが20インチ(451)というサイズ自体がスポーツ自転車界では傍流であってマイナーなところへ、さらに使用する人が少ない長いバルブのチューブとか在庫していないんでしょうなぁ。
とはいえ、ミニベロのホイールには高さのあるリムを使ったものが多いように感じます。かつてDAHONのヘリオスに乗っていたわたくしの経験では、小径自転車はホイールが転がる時の慣性が700cのロードなどより小さく、ずっと漕ぎ続けていないとスピードを維持できない印象。ようするに走行性能が悪い。なので、高さのあるリムを使ったホイールは、その点をなんとかするためなんじゃないかと思います。ということは、小径自転車用で軽量をうたったホイールは走行性能的にはイマイチということになるんですけど、本当のところはどうなんでしょうねぇ。カーボンリムのとか、ちょっと探すと安くて軽量なのがいろいろありますけどね。>ミニベロのホイール

実はこのホイールの問題は今回のテーマでは意外なほど重要だったりします。使用目的がレースやるとかじゃなくて「フィットネス」なので、性能の良すぎる自転車だと問題が出ます。わたくしの考えですけど、自転車は人の体力をスピードや距離に変換するのが最も効率の良いデバイスなので高性能な自転車だとちょっとやそっと乗ったぐらいじゃフィットネスにならないという。かつて、今よりはまともな体だったころは、一度に150kmとか乗らないと乗った気になりませんでした。150kmというと平均25km/hで走れたとして(わたくしは22km/hがやっとでしたけど。)6時間乗らないといけないわけで、そんなに自転車乗ってられるか!と。w
最近は椎名さんのライブとかサバゲとか、あとスクーターにも乗らなければなりませんし、自転車にそんなにまとまった時間を取れないのでございます。
今回、フルサイズのロードを避けてミニベロの「IDIOM 0」にしたのはそういう思惑もあったからなんですよね。

話をチューブに戻すと。結局、チューブも通販で買うことになったわけですけど、頼りのAmazonでもそんなに品揃えがあるというわけではないようです。在庫はありますし、いくつか選ぶ余地もありますけど、微妙に高かったり発送が遅かったりする。どうしたもんかと思いながらヨドバシさんを覗いてみると、こちらの方が品揃えはとにかく、価格が安くて発送が早いんですよ。ポイントもあったので、とりあえずヨドバシさんで2本手配しました。

かつて自転車パーツの通販といえば「サイクルベースあさひ」さん一択だったんですけど(さんざんお世話になりました。)、今は選択肢が増えましたなぁ。その中でもヨドバシさんが使えるというのが意外だったというお話でした。

# by namatee_namatee | 2017-04-20 20:57 | bicycle | Comments(17)

エンドレス

c0019089_18333262.jpg
あっ「Non-Stop Remix of Hekiru 30singles」が某オークションに出てる。即決しかも未開封。すごい!
図の通り、すでに持っているのでわたくしは買いませんけど、気になる方はお急ぎを。w
「Non-Stop Remix of Hekiru 30singles」についてはここら辺でネタにしております。

本日は午後になってから急に風が強くなり、晴れているのに風だけは台風並みという変な天気。おかげでお客さんが少なく、商売あがったりでした。
なので特にネタがない。昨日の「IDIOM 0」のネタが無くはないけど、パーツ買ったとかですので、それは後ほどまとめてということで。

というわけで小ネタをいくつか。
先日、サバゲに行くために圏央道を通りました。2月末に全線開通したということで、埼玉方面にも行きやすくなりました。納豆帝国の首都近辺から川越方面に行くには、以前は常磐道〜外環〜関越か北関東〜東北〜北関東〜関越の2つのルートがありましたけど、前者は休日にありがちなふいに混む外環と関越(下り線)、後者は距離が長いと一長一短。そこへ第三の選択肢として圏央道ルートができたのは嬉しいですね。
で、圏央道のつくば市のあたりを走っていると、右側に巨大な建物が現れまして「あー、これは(ry」と思って調べましたらば、やっぱり。とある新興宗教の本部でした。だろうと思ったんですよ。建物はこんな感じ。
ついでにさまざまな新興宗教の本部を検索してみるとこれがすごい。w
わたくしは仏教徒(真言宗)でして、特に他の宗教に興味はありませんけど、この手の建物には妙に惹かれるものがあります。機能性第一の一般的な建築物と違って、威容を感じさせる必要があるのか、独創的なデザインのものが多いです。これ、設計・施工する方も楽しいんじゃないですかね。

次。
ウチではわたくしは嫁さんと背中合わせに座っており、わたくしの前にはiMac、嫁さんの前にはTV(+レコーダー)があります。わたくしはTV番組はほとんど観ないんですけど、嫁さんはのべつまくなしに観ている。たまに録画しておいたアニメを消化している時がありまして、わたくしには音声だけが聴こえて来るのでございますよ。
ところが嫁さんは夜更かしなのですぐに寝落ちしちゃう。録画したアニメを観ながら寝ちゃうわけですけど、そのうち起きます。で、何をするかというと、寝る前に観ていたところまで戻って続きを観る。w
普段はわたくしの方はヘッドホンで音楽を聴いているのでどうってことありませんけど、まれに何も聴かずにいておかげで嫁さんの観ているアニメの音声が頭に入ってくる時があります。
それで何が起きるかというと、嫁さんは寝落ちしちゃって記憶にあるところまで戻ってそこから観直すと、ずっと続けて音声を聴いているわたくしは何度も同じところを聴くことになります。これが辛い。先日は「キングダム」を観ていて(もうだいぶ前の作品なんですけど、長いので消化しきれなかったのでしょうなぁ。)、なかなか盛り上がってきたところで(確か羌瘣が危ないとかいって信が助けにいくところ)寝ちゃうんですよ、これが。
しばらくすると目が覚めて、ちょっと前まで戻って、また「羌瘣が危ない」みたいなところまで進むんですけど、また寝ちゃう。w
こっちはずっと続けて観て(聴いて)いるんじゃ、もう3回目だそのシーン、さっさと先へ進め!と思うものの、口に出して言うわけにはまいりません。もうジリジリしながら羌瘣は無事なのか、と。w
笑ってるけど、これすごいストレスですから。また、狙ったみたいに盛り上がるシーンの手前で寝落ちするんですよ。あと終わっちゃって次が観たいのも辛い。次を再生しろとは言えませんからね。こっそり観ると再生済みになって観たのがバレちゃう。なんとかなりませんかねぇ。w

# by namatee_namatee | 2017-04-19 21:37 | diary? | Comments(4)

チリンチリーン♪



というわけで自転車を購入。
健康診断で「少しは運動しろ。死ぬぞ!」と言われまして、確かに駅まで急ぎ足で歩くと息切れどころか動悸が激しく、おまけに過過重に耐えかねて膝が故障するなど、体重の増加と体力の低下を実感しておりました。w
なにかぬるい運動でもしておいた方がよかろうということで、かつて慣れ親しんだ自転車はどうよ?ということで。

こう見えましても、わたくし、名古屋に住んでいた頃は自転車が趣味でございました。それなりに頑張りまして、現在のサバゲ・エアガンと趣味として同等のレベルに到達していたと思います。いや、もっとマニアックだったかも。峠道を登ってタイム取ったりしてましたもんね。
最初はマウンテンバイクから、後にはロード、さらにはピストとエスカレートしていったわけですけれども、南東北(本当は北関東)へ戻ってきて、友人が居なくなってからはすっかりやる気をなくし、MTBやロードも売却してしまいました。最後まで残っていたロードレーサーのANCHOR RNC7は、思い出としてずっと飾っておくつもりでしたけど欲しい友人がいたのでこれまた売却。RNC7やかつてのロードレーサーの姿はこことかこことかこことかこことかここで見れます。あー、今見ても格好良いな。>RNC7

RNC7があったんならそれに乗れば良いと思うかもしれませんけど、ロードはそんなに甘いもんじゃありません。体が鈍るとそれまでのポジションでは乗れなくなっちゃうんですよ。こちらに移ってからしばらくは乗っていたんですけど、その後さっぱり乗らなくなって完全に体に合わなくなっちゃいました。>RNC7
それにデブがロードに乗っているのほど見苦しいものはない。w

なので、フィットネスのために乗る自転車として改めて「Giant IDIOM 0」を導入ということに。
いわゆるミニベロでございます。ロードにデブは見苦しいですけど、ミニベロならまあ致し方ないと世間の慈悲も得られるというもの。w
正直なところ、ロード乗りも鼻持ちならないところがありますけど、ミニベロ乗りの面倒臭いところもなかなかのもので、どっちも目くそ鼻くそ五十歩百歩なイメージがあるわけでして、さらにわたくしの場合は、ロードからの「逃げ」で選んだわけですので、まさに直球ど真ん中のダメな自転車乗りとしてのミニベロということになるわけでございます。w

そうは言っても、致し方のない面もあることをご理解いただきたいところ。
なんといっても安い。>ミニベロ
この「Giant IDIOM 0」は120,000円。この価格でロードとなると、本当に入門機しか買えず、良い歳こいてそれは貧乏くさいこと極まりないということになってしまいます。大体が車輪(ホイール)だって、それなりの奴はもっとしますよ。
これを選んだのは知っている限りのミニベロの中で一番クセがなくて、前述のミニベロ乗りの面倒臭さが少ないと思ったから。その面からも本当はフラットバーの「IDIOM 1」の方が良いんですけど(ドロップハンドルは一般的にはマニアックに見えるはず。)、噂では乗り心地が硬いということでしたので、カーボンシートポストとカーボンフォークで少しでも乗り心地が良さそうな「IDIOM 0」をセレクト。

自転車を買うと言っても、もはや自転車屋さんへ行って店員と対面で相談するのも嫌です。昔乗っていたとか、言い訳がましいことを言うのもアレだし、かといって初心者扱いされるのも嫌。w
じゃあ通販なら・・・だがしかし残念ながらGiantは通販してないんですよ。どうしてだか事情は定かではありませんけど、一時期の自転車ブームの時に盛んに通販で販売された自転車が整備が行き届かなかったりして問題になっていた記憶があるので、そのせいかも知れませんね。今はどうだか知りませんけど、自転車はメーカーや代理店から箱詰めで送られてきた段階では完成車と言いながらまだ調整が終わっておらず、開梱してからの調整がショップの腕の見せ所&必須なのでした。その重要なプロセスを完成車と言い張って素人に丸投げして、安く見せかけたわけでしょうけど、案の定トラブル多発。メーカーが通販を禁止したという流れだったような気がしますけど・・・実際の所、わたくしとて、すでに自転車いじりの腕前は錆び付いておりますので、箱から出した自転車をまともに調整できるかどうかは怪しい。

というわけで、Giantの自転車を通販で買うことはできないのです。詳しく書くのはヤメておきますけど、今回は裏技みたいな手を使って、あれこれしてから必要な微調整をした上で送ってもらおうというのが今回の作戦だったわけですけど・・・諸般の事情でほとんど未調整の状態でやってくるという。w
現在、泣きながら組み立てている所です。まだ調整の段階になってません。前述の通り、わたくしの自転車いじりの技術はすでに失われてロストテクノロジー化しており、なにをどうしたら良いのか思い出すのが大変。この段階では自転車の取説とか、全く役に立たない。いや、どの段階でも役に立ちませんけどね。あれするなこれするなみたいな通り一遍のことしか書いてないし、大体がイラストがフルサイズのロードだし。w
ちなみにシートポストがついてないのは、シートポストにグリスを塗るべきかどうかの判断がつかないから。前述の通りカーボンシートポストなんですけど、これにグリスを塗ると乗っているうちに下がっちゃうような気がする。

いやまあ、これは楽しくないといえば嘘になりますね。どうせポジション調整で微調整は必要ですし、ゆっくりと楽しんでやろうと思います。あとせっかくパーツが安いミニベロですから、盆栽扱いでいろんなカスタマイズをしちゃおうかと・・・それが面倒臭いミニベロ乗り一直線の道ですがな。w

# by namatee_namatee | 2017-04-18 21:21 | bicycle | Comments(18)

今更



本日は4月17日、シイナ教の祭日であります。w
417の日についてのネタはすでにやっちゃってます。こちらをどうぞ。これ、今になって読み返しても、真面目で資料性が高いエントリーですなぁ。w

前にも何度も書きましたけど、わたくしの場合、2013年の今ごろ、「ヨコハマ買い出し紀行」からの流れで「椎名へきる」という人にハマったわけですけれども、声優さんであるというところにハマったのではなく、アルバムやシングルを聴いて、アーティスト?ボーカリスト?シンガー?まあそっちの顔にがっつりとハマってしまったんですよね。もともと声優さんそのものに興味が薄かったせいもありますけれど、やっぱり歌が良かった。>椎名さん
なんていうか、わたくしにとっては「ずっと探していた理想の歌声にやっと巡り会った」とでもいうような、人生における大変なイベントだったんですよ。

それにしても「元祖声優アイドル」などと言われながら、実は声優とアーティストで本人の意図がハッキリと区切ってある人だと感じます。>椎名さん
確かに声優で芸能人としてのキャリアを歩み始めたのでしょうけれど、やや遅れてアーティスト・歌手という別の顔も手に入れたという感じであって、声優が歌を歌う(言葉にすればその通りなんですけどね。w)というのとはちょっと違う。何かの作品のキャラソンや主題歌、タイアップ関連の歌も全くなくはないんですけど、全体から見たら少ない。作品と密接に結びついた歌を歌う今の声優さんとは違うスタイルに見えます。なので「アイドル声優」という称号は、見た目と言葉の上での定義から来たものですね。本質的なものではないと思います。どうせマスコミとか広告関連あたりが主導でさっと上辺だけなぞってつけた呼称なんでしょう。誤解を生みやすい、芸のないカテゴライズだと思いますよ。
椎名さんはまったく新しいジャンルを生み出したようなイメージがありますけど、実はそうではなかった。歌は歌、演技は演技と力を入れるところを分けている。っていうか、両立は無理と言ってました。なので、むしろ保守的な姿勢といっても良いんですよね。
が、一般人どころか声オタにも声優アイドルという新しいジャンルのパイオニアと解釈されてしまったのが、揉め事(アーティスト宣言とか。w)の元ネタ。よーく観察・考察してみればわかったはずですけど、なんといってもブームになってましたから、皆さんもそう冷静ではいられず、なかなか難しい所だったのかなぁ、と。

図は今回も登場、VFCのHK417。重たいので滅多に使いません。ウチにはこれと東京マルイ製の次世代HK417と二丁あります。>HK417
実はそんなに好きな形なわけでもないんですけど、「417」では致し方ない。w

# by namatee_namatee | 2017-04-17 22:31 | music | Comments(12)

休養日



昨日の影響でだるい。orz
しかも昨日の段階ですでに持病の膝痛があったので、機動力の面でかなり制限をかけてました。それは膝には優しかったかもしれませんけど、他の部位にストレスがいったようで腰とか背中とか痛いのなんのって。歳はとりたくないのぅ。orz
機動力の制限の内容としては「走らない」「(中腰などの)無理な姿勢をとらない」でした。棒立ちなので、遠くまで良く見えるものの、敵からも良く見えるようですぐにやられます。なので、敵の弾が飛んでくる前に当てる、殺られる前に殺る、実にわたくしの好みなシチュエーションで燃えましたねぇ。w
それは良いとして、無理な姿勢をとらないというのもまた無理な力が体の各所にかかるんだなぁと。

といったわけで、特に何もせずにgdgdして過ごしました。>本日
なにかと極東情勢が緊迫してきているので、この機を逃さずに嫁さんが借りてきた「シン・ゴジラ」を観る。w
平時よりも臨場感があって盛り上がります。前評判では政府を始めとした日本の組織(と構成する人達)の動きにリアリティがあるということでしたけど、まあ映画らしい盛り上がり優先なところもあって、期待はずれ・・・ではなく、逆に安心しました。わたくしの狭い知見でいくと「日本沈没」に同じ匂いを感じました。いやそんなことより怪獣怖いってんだよ。orz
映画館で観なくて本当によかった。わたしゃ本当に怪獣苦手なんですよ。あまりに怖いので怪獣が出てくるとすぐに脳内で「マイティレディ」とか「ファントムガール」を呼んで討伐してもらう(討伐されちゃう場合の方が多いかも。w)わけですけれども、まあわたくしはそういうスーパーヒロイン・巨大ヒロイン好きの「変態」なので(ry

図はそういうことには全く関係ない。「シン・ゴジラ」とほんのちょっとだけのつながりで電車ネタ。
見ての通り、みんな大好き大洗の「大洗磯前神社」でございます。これがなんなのかというと、かつて存在した「水浜電車」の大洗駅があったところなのであります。図の右側、今では駐車場になっている広場が大洗駅だったそうで。
かつては納豆帝国の首都、水戸にも路面電車が走っておりました。それが「水浜電車」で、開業は1922年、廃止されたのは1966年、もはや51年前には廃止されていたわけで、すでに記憶の彼方と言っても良いシロモノではあります。いくら交通手段が限られる時代だったとはいえ、広からぬ水戸市内だけで路線が維持できたのかと思われるでしょうけれども、実は路面電車でありながら路線は大洗まであったんですよ。1930年には那珂川を越えて那珂湊まで延伸されておりました。今の海門橋のあるところより、わずかに河口よりのところに先代の海門橋があり、道路と鉄道が共用の橋でした。が、1938年に水害で流失してしまって、那珂湊側への路線はなくなってしまいます。
その後、大洗までの路線として存在したわけですけれども、さすがのわたくしも記憶にはありません。一応、存在するうちに生まれてはおりましたけどね。小学校低学年の頃、短い期間だけ水戸の小学校へ通学していたことがありまして、その時に街中に線路の跡があったのは覚えております。レールはなくてバラストっていうんですか、線路の下の砕石の路床は残ってました。路面電車なのは街中の一部区間だけで、郊外では普通の鉄道のような路線だったんですよ。>水浜電車
普通の路線といっても、人家の軒先すれすれを走っていたようで、それは今に残る写真で確認できます。その様子はこちらのページが画像が多くてオススメです。大洗駅の様子もありますね。
今でいうと、濡れ煎で有名な銚子電鉄が近いイメージでしょうか。銚子電鉄は路面電車の区間はありませんけど、水浜線も郊外では似たような感じだったでしょう。

ちなみに「ガールズ&パンツァー劇場版」で、学園艦を追い出された大洗女子学園の面々がバスに乗って上岡小学校に移動するシーン、あのバスは茨城交通、通称「茨交」のバスなんですけど、その「茨交」の前身が「水浜電車」でした。そのせいか「茨交」のバス路線も「水浜線」の路線をなぞっているような感があります。

などと、本当にどうでも良いネタでお送りしました。w

# by namatee_namatee | 2017-04-16 21:39 | diary? | Comments(7)

久しぶりに砂漠?の戦い

本日はサバゲ。うっかりネタの写真をとり忘れました。なので画像は無し。w
場所は埼玉の「デザートストーム川越」さん(以下DSK)、貸切のゲームでした。
主宰のyarakado氏、参加のみなさま、おつかれさま&ありがとうございました。

貸切なので人数は少なめ。いつものDSKはごっちゃり人がいて、前よりも背中から撃たれるのを警戒しなければならないのが常なので、これは新鮮。w
どのゲームも楽しかったんですけど、最後に表裏やった復活戦が特に面白かったですね。もうお互い手の内がわかっているので、迎撃するポイントにいるとすぐにやってくる。特定の誰かが。我が軍はどちらかというと守勢に回っていたようで、侵入してくる敵を迎え撃つパターンが多かったですね。その侵入してくる敵が毎度同じという。w
少しづつコースは違うんですけど、DSKは見晴らしが良いのでこちらへやってくるのがよく見えて、行き先を予測しながら進むとじきにエンカウント。撃ち合いが始まり、勝ったり負けたりして復活して、また(ry
この繰り返しが楽しい。いくら死んでも復活できますから、大胆に動けますし。復活戦にはフラッグ戦とは違う楽しみがあるなぁというのを思い出しましたよ。

今回の得物はいつものマルイ製HK417とS&Tのタボール、ARESのストライカーAS01でした。
HK417とタボールはDSKと相性が良く、十分に活躍。どちらも射程が長くて使いやすいですね。
懸案のAS01は弾速チェックで73m/s程度しか出ないという。一晩で3-4m/sも初速が下がるというのはなにが原因なのか。ウチへ帰ってきてウチの弾速計で計測してみると、75m/sぐらいでしたの弾速計の誤差のせいなのかも。いずれにせよ、一晩置いておいて弾速が下がったのは確かで、目一杯ではないものの、シリンダー内で圧縮された状態で時間が経つとスプリングのパワーは下がるんですかね。新品だったので考えられないこともないか。
さらにDSK名物の強風のため、ボルトアクションライフルのAS01はほとんど出る幕がありませんでした。そういったわけでゲームの参加実績のために数ゲーム使ったのみでした。もっとブッシュがあるところとかで活躍させてあげたいところですね。>AS01

# by namatee_namatee | 2017-04-15 22:00 | survival game | Comments(0)

読めねぇ。orz

c0019089_19100444.jpg
最近「忖度」という文字をよく見かけるようになったんですけど、これが読めない。見かける都度、ネットで検索して「そんたく」と覚えるんですけど、10秒後には忘れる。文字からは読み方が連想しづらいことこの上ない。誰だよ、こんな読みづらい単語を使い始めた奴は。orz

それはそうと明日はサバゲです。
直前だっていうのに先日からいじくり回している「ARES AMOEBA ストライカーAS01」の初速を調整している図。
今回はスプリングをアングスの0.9Jスプリング(Sサイズ)に変えてみました。パワーの目安として、電動ガンで110-229mmのバレル長で法的な制限を超えない初速になるというもの。効率の悪いAS01ですから、このぐらいのパワーで丁度良い初速になるかと思いまして。

AS01の良いところはストックとアクションを分離しなくてもセットピンを抜くことができること。VSR-10の場合はストックの内側にセットピンがあるので、アクションからボルトを抜くためにはストックからアクションを分離しなければなりません。これがそれなりに手間なんですよ。あと、その分解時にマガジンキャッチを飛ばすことがありまして、油断ならない。この面倒さはVSRを持っている人ならわかるはず。
それに対してAS01はアクションに対して水平にセットピンがあるおかげで、ストックとアクションを分離しなくてもボルトが抜けます。実に便利。
ただし、ボルトを戻すときはシアをチャンバー側から押し下げなければならず、広からぬエジェクションポートからマイナスドライバーを突っ込んで小さなシアを押すのはなかなか難しい。あとセットピンが横からシリンダーを貫通しているということは、シリンダーのセットピンが通るスリットが左右に2本存在することになり(VSRのセットピンは下からでシリンダーを貫通していないのでスリットは1本で済む。そのかわりセットピンが片持ちになるため、セットピンそのものの強度が必要。)、シリンダーの耐久性や強度はVSRのそれよりも劣る可能性があります。さらに、そのセットピンの固定が甘く、コッキングを繰り返しているとだんだん抜け出してきます。これも要注意。フィールドでセットピンを落としたらまず見つかりませんし、マルイ純正やPDI製のようにパーツとして手に入るかどうかも不明ですから。

で、スプリングを替えてみた結果はどうだったのか。図のとおりであります。適正HOP、0.25gBB弾で77-78m/sとでました。明日の都合でHOPオフ時の初速は測れませんでした。おそらく83m/s程度と思われます。まあ良いところでしょう。レスで教えていただいたHOPパッキンとか、シリンダー内部の塗装を剥がすとか、今後も初速に変化をもたらす改良が行われる可能性があるので、あまりカツカツにパワーを上げてしまうと面倒なことになりそうです。

とりあえず、これで明日のゲームに投入してみてどんな感じかテストですね。

# by namatee_namatee | 2017-04-14 19:50 | survival game | Comments(2)