<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

とり急ぎ。



ウチに帰ってきたらAmazonからなにか届いておりましたよっと。
「女性声優アーティストディスクガイド」、内容は見ての通りであります。w
声優アーティストの名盤101枚を選ぶ、という企画のようです。すごく難しそうな企画ですなぁ。この本の前書きにもある通り「アレが入ってない」という声が必ずファンから出ますよね。>この手のネタ
椎名さんのアルバムでは「Face to Face」「Baby blue eyes」「Sadistic Pink」の3枚が選ばれておりますけど、「えー、木根さんプロデュースから選ぶなら10Caratだろ!」とか、「いや、それなら完成形とも言えるClear Skyもはずせない。」とかいくらでも出てまいります。椎名さん一人でこれですから、他のアーティストさんのファンもいれたらもう収拾がつきません。w
そういうのをまとめるのがこういう書籍を編集する人の腕前ということになりましょうなぁ。
と、偉そうに書いてますけど、まだちゃんと読んでません。w

とりあえず、椎名さんのインタビューは読みました。ここ最近の椎名さんのインタビューは、20周年記念本や「HEKIRU FILE2」の内容から大きく離れるようなものはない印象だったんですけど、この本のものはちょっと毛色が違いました。テーマが名盤だからでしょうか。いやまあ、そうは言ってもアコースティックライブのMCで話している情報と共通するものではあります。内容についてはもっと読みこんで消化できてからネタにします。w

椎名さん自身が3枚ぐらい選ぶとしたらとして挙げているのは「PRECIOUS GARDEN」「Face to Face」「Baby blue eyes」「Clear Sky」の4枚のようです。ああ、同感です、と思いました。「Baby blue eyes」は外しようがない。「椎名へきる」といったら「Baby blue eyes」。椎名さんのファンなら誰も異論はないはず。
わたくしがこのテーマに沿って、そこから1枚減らして3枚選ぶとしたらあと2枚は「Face to Face」を外して「PRECIOUS GARDEN」と「Clear Sky」になるかなぁ、と。
「PRECIOUS GARDEN」はそれまでの椎名さんのイメージからだと難解なアルバムだと思うんですけど、椎名さんが作詞・作曲している楽曲が多い。だから2001年ごろの椎名さんが思っていたことや興味があったもの、あるいはこの先の展望みたいなものが反映されている度合いが高いと。そしてなんといっても「転機」を感じます。そういうわけで、楽曲の好き嫌いはとにかく「椎名へきる」のアルバムを選ぶとなったときには外せない1枚と思います。「Face to Face」も捨て難いんですけど、そちらはオリコン6位というプライズがあるので、ここは譲ってもらいましょう。
そして「Clear Sky」は完成度が高く、これは近代「椎名へきる」wを表すのにふさわしいアルバムと思います。
おっと、もちろんこれはわたくしの個人的な見解であります。念のため。w

っていうか、3枚選ぶとか無理。w
「Shiena」から「Ermitage」まで全部どれも外せませんよ。・・・というようなことを言うファンがアーティストの数だけいるわけですから(ry

このネタはちゃんと読み終わったら蒸し返します。w

by namatee_namatee | 2017-03-31 22:04 | music | Comments(2)

感慨



「4179*LOVE」の会報が届いておりました。昨日には確認しておりましたけど開封は本日。
早速、アコースティックライブの申し込みをいたします。QRコードが小さくて、6月の申し込みをしたいのに4月のバーコードを拾ってしまうという。w
4月は「アキュラシーコンペティション」とかちあってしまったため不参加ですけど、6月と7月は行けますからね。実は「アキュコン」と椎名さんの「アコースティックライブ」のどちらを優先するかは最後の最後まで悩みました。いやまあ「アキュコン」は年に一回しかないし、「ライブに行くから今回は不参加」なんて言ったら、なにをされるか(ry

というわけで、今回は泣く泣くライブを諦め「アキュコン」に参加することにいたしました。貴重な椎名さんのライブを犠牲にしたわけですから「アキュコン」は良い成績を出したいなぁ。
これで6月と7月の予定は確定しました。・・・椎名さんのライブ中心にスケジュールが決まっていくというのも感慨深いですなぁ。4年前のわたくしには想像もつかない事態であります。まさか声優さんのライブが自分の数ヶ月先のスケジュールを決めるイベントになるとはなぁ。幸せです。w

by namatee_namatee | 2017-03-30 19:29 | music | Comments(4)

結局見つからず。>バイポッド



本日は平穏無事。なので特にネタはありません。
とりあえず、バイポッドが見つからないのでAmazonで適当なのを物色。「ATLAS BT10-LW17」とかいうのですけど、もちろんレプでございます。実物は各部の高級感というか高品質感が半端ないんですけど5〜6万円ぐらいする。滅多に使わない、その証拠にこの通り、なくしてしまうぐらいのものにそんなに出せませんな。
というわけで、安すぎず、また中途半端に高くもない奴をセレクト。中華レプの最底辺の奴はとことん酷いですからね。w

バイポッドって、有名なのはハリスとベルサがメジャーですけど、わたくしはどちらもあまり好きじゃないですね。反動が大きくて、サバゲなどとは比べものにならないような厳しい環境で使われるのを想定しているんだと思いますけど、鉄砲への装着が回りくどかったり、調整する場所が多くてかえって使いづらかったりで。その点、このATLASタイプ?はシンプルなわりに調整範囲が広くて剛性も十分。
ウチのVSR-10「あきつ丸」verはストックの先端にバイポッド取り付け用として短いピカティニーレールを取り付けて(わたくしとしては珍しくDIY的な小細工。w)あります。前に使っていた(行方不明の)ハリスタイプのバイポッドはレールアダプターを介してその短いレールに装着していたんですけど、これはいきなり取り付け可。しかもクイックリリースレバーがあるので、素早く脱着できるという優れもの。気に入りました。
ついでに水平器?レールにつけるレベルも買いましたけど、これまた中華パーツで(レプなのかどうかすらわからない)なんていうか、これは精密に水平を出すものだと思うんですけど、どうにも信用できないという。だって、レールに平らに装着できているのかどうか、装着できていたとしてはたして筐体が曲がったりしてないのか、実に怪しい雰囲気です。それにこの位置だと(スコープとのクリアランスの関係でここしかつけられない。)老眼のわたくしにはぼやけてしまってよく見えません。w
なのでこれは雰囲気を盛り上げる小道具だと思っております。撃つときに見るというよりは、スコープのセッティングをするときに鉄砲が水平なのかどうかを確認する補助的なものとしてならなんとか・・・いやでも本当に曲がってないかどうかが怪しいしなぁ。(汗

あとは20mと10mでゼロインをすれば準備は完了ということになりますね。>アキュラシーコンペティション

by namatee_namatee | 2017-03-29 21:27 | survival game | Comments(4)

32年ぐらい前

おおお、部屋の整理をしていたらこんなものが!
言わずと知れた「名探偵ホームズ」、その第9話「海底の財宝」でございます。テムズ川に海軍の戦艦が乗り込んできたシーン。これは前弩級戦艦のようですね。煙突が横に2本ならんでいるところなどは「マジェスティック」とかに似ているように見えますけど、わたしゃこの手の軍艦に詳しく無いので特定は無理です。おそらく架空の戦艦であろうとは思いますけど。
Wikipediaによると「名探偵ホームズ」の第9話「海底の財宝」は1985年1月8日に放送され、片渕須直氏が脚本、宮崎駿氏が監督とコンテ、演出、丹内司氏が作画監督だそうです。製作陣もすごいけど声優さんもわたくしですら知っている方々ばっかりで豪華。

全部で26話+劇場版があるそうですけど、わたくしは劇場版は観ておらず、TV放映は全てリアルタイムで観た記憶が・・・いや、何話かは観てないかも。もうよく覚えてません。なにせ32年前の話ですからね。(汗
その中で記憶に残っていて、最も印象深いのがこの「海底の財宝」と次の第10話の「ドーバー海峡の大空中戦!」ですね。「海底の財宝」は言わずもがな。この戦艦とか財宝を運んでくる帆船(バーク型のクリッパー?)などがすごく粋に見えたから。こういうものが好きな奴にはたまらないお話ですよ。
「ドーバー海峡の大空中戦!」はハドソン夫人の意外な顔や拳銃の腕前などのアクション、伯爵のみるからに速そうな車とか、これまたそういうものが好きな奴にはたまらないお話。本来は子供向けの作品のはずですけど、オタク気質のわたくしにも強烈にアピールしたのでした。w
このころのわたくしはもうアニメからは遠ざかっていましたけど、この「名探偵ホームズ」と「天空の城ラピュタ」は登場するアイテムに魅了されましたねぇ。

海軍・軍艦つながりで「艦これ」のネタも。w

本日のイベントは伊401「しおい」とケッコンカッコカリ。
これも時間がかかりましたなぁ。2013年暮れのイベントでやってきたので、実に3年越しという。他の潜水艦娘に比べてややコストが重くて使いづらいのがたたりましたなぁ。あと失うとそう簡単に取り戻すことができないので出し惜しみされていたのも原因。
伊13「ヒトミ」ちゃんと伊14「イヨ」ちゃんがやってきて、そちらはより小型なわけですけど3スロットなので、伊401「しおい」も3スロットにアップデートされる可能性があるやもしれず、ここのところはLvUpに励んでおりました。2-3を延々と旗艦で周回して本日やっとLv99になったわけでございます。

これで34隻と「ケッコンカッコカリ」したことになります。必要な書類一式は1枚700円、最初の一回分は任務でもらえたと記憶しておりますので、33回×700円で(ry

by namatee_namatee | 2017-03-28 21:44 | diary? | Comments(4)

邪心

例によって心置きなく「黄色魔術オリエンタルガール」のネタ。
ちょっとだけアダルトな画像なので、こちらをどうぞ。
単行本の「黄色魔術オリエンタルガール」Vol.2より。不本意ながら怪しいサイトのデータであります。(汗

この直前のページではフローリアンを圧倒的な戦闘力の差で一蹴して「日本の少女達はこの私が守ります 貴女達の毒牙にはかけさせません!!」とか啖呵を切ってます。なので、こうやってこのシーンだけみると「オリエンタルガール」って正義の味方みたいにみえますでしょ。でも違うんだな、これが。w

この時点でのオリエンタルガールはレイ博士の命令で動いてます。そのレイ博士は謎のレズビアン帝国「レズビオナン」の幹部。おそらく大首領のレズビオナの片腕というか、「アクトレス」と呼ばれる強化人間の調整を始めとした一切の管理を担っており、実務面でのトップに近い。アクトレスの中で最も実力があり、リーダーと思われる「クイン」よりも地位は高く、レズビオナですら場合によっては丁寧な口調で話すほど。そのレイ博士が裏切って、有力なアクトレスをオリエンタルガールに排除させているわけですから・・・どうもレイ博士やオリエンタルガールに言わせるとこれは裏切っているのではないという見解のようですけど、わたくしは未だに納得がいかないんですよね。オリエンタルガールは言われるままに行動しているので、まあ良しとして、レイ博士は完全な裏切りだと思うんですけど。

まあ、それはそれ。そんな重要な地位にいるレイ博士が秘密裏に「オリエンタルガール」という新型のアクトレスを作り、自分の目的の邪魔になる従来型のアクトレスを排除させているわけです。なのでレズビオナン内部の情報はだだ漏れ。オリエンタルガールは対戦する相手の能力はもちろん、現れる場所もタイミングも知ってます。それでなくとも最強のアクトレスと言われるオリエンタルガールなのに、ここまで情報と作戦があれば負けるわけがない。w
で、このシーン、オリエンタルガールは優を気遣っているように見えます。でも本当にそうなのか。前述の通り、レイ博士はレズビオナが優に執着している(後に明らかになる)のを知っているのです。なので優を監視していれば、次から次へとアクトレスが優をさらいにやってくるわけです。それをオリエンタルガールに迎撃させれば良いのですから話は簡単。
当然ながらオリエンタルガールもその作戦は知っているはず。そして後に結ばれるオリエンタルガールと優の絆のようなものはまだ無い。なので、このオリエンタルガールの一見やさしそうに見える態度は実は作戦の一部なんですね。w

別にこんなに凝った話にしなくても、「オリエンタルガール」という謎に満ちた強烈に格好良いキャラを作れたわけですから、正真正銘の正義のヒロインにして、レズビオナンのアクトレスとどったんばったん大騒ぎwでもよかったはず。正直なところ、掲載誌の「COMICパピポ」はそんなに格式の高い雑誌でもない。その上「黄色魔術オリエンタルガール」は隔月掲載でした。連載開始当初は「エロは控えろ」という方針だったそうですけど、「COMICパピポ」なんて読む方はエロしか眼中にありませんよ。それがこんな複雑な設定とストーリーで、エロ少なめ、しかも隔月掲載じゃあ、なかなか興味を持ちづらいし、話の流れも把握できません。実際、ページの下の方にある読者の声みたいなのでは「やっと話の流れがわかってきた」みたいなのもありましたし、とにかく凝りすぎなお話に感じます。

でもこの無駄にややこしい設定が大好き。w>わたくし
連載されていた当時はなんだかよくわかりませんでしたけど、単行本+未収録分を手に入れて通して読んでみると、実に味わい深いストーリーだと思います。この時点ではレイ博士に言われるままに動いていたオリエンタルガールが、後に優とは一心同体、切っても切れない間柄になるってのがたまりません。細かな伏線もことごとく回収されていきますし、しかも完顔阿骨打先生に聞いたところでは、最初からこういうストーリーで考えていたとのこと。すごいなぁ、と。

美しくて強いオリエンタルガールが好きなのはもちろんですけど、このなんとも言えない味わい深さが大変気にいっているのでございます。本当にたまらない。w
世間的にはあまりパッとしなかったエロ漫画のはずなのに、わたくしの琴線には触れまくりです。不思議ですね。

by namatee_namatee | 2017-03-27 20:43 | book | Comments(0)

昔の趣味

本日は寒かった。おまけに雨。降ったり止んだりでしたけど湿っぽい&寒い1日でした。
というわけで、昨日に引き続きVSR-10「あきつ丸」verのチェックをしておりまして、雨の合間を狙って20mでゼロインをしようと思いましたらば、バイポッドが見当たらないという。ずっと前に買った安っぽいハリスタイプのバイポッドがあったはずなんだけど。
そうこうしているうちにまた雨が降ってきちゃったのでゼロインは中止。

物置を探しまわっていて出てきたのがこの物体であります。

一見してアウトドア用品のクッカー(コッヘル)ですけど、「trangia」のストラップを外すと・・・

出てきたのはこれ。

言わずと知れたオプティマスの「SVEA123R」です。
アウトドア用のストーブでございます。ストーブといっても寒い時に部屋をあっためる奴じゃなくて(そういう使い方もできなくはない)、登山やキャンプの時に雪を溶かして水を作ったり調理したりするためのもの。

この手のストーブは燃料で分類すると液体燃料を使う「液燃」とガスを使う、そのまま「ガス」に分けられます。ガスストーブは小型軽量で取り扱いが簡単ですけど、液体のガスが気化することで空気と混ざって燃焼するわけで、寒い時期・場所だとガスが気化しづらくなって性能が落ちるという欠点があります。家庭用ガスボンベのブタンガスの奴は5度ぐらいになると火力がなくなってしまって使用に耐えないんですよ。なので寒冷地用のガスはプロパンが混ぜてあったりする。これだと氷点下でも使えますけど、圧力が高くなるためかカートリッジ(缶)が強度のある奴で内容量が少なくなったりします。あと飛行機で移動する場合はガスカートリッジは持ち込み不可。離島とか海外へ行くときは現地でガスを購入しなければなりません。で、現地で買うと大体はすごく高いんだ、これが。w
というわけで気軽だけど良いことばかりじゃない。>ガスストーブ

それに対して「液燃」はどうしても仕組みが大げさになり、火力調整がしづらいという欠点があり、「ガスストーブ」ほど気楽に使えません。ほとんどのモデルは点火するのに「予熱」、プリヒートが必要です。頻繁につけたり消したりするのには向きません。あと大体は音がうるさい。「ゴー」という燃焼音は風情があると思う人もいるかもしれませんけど(わたくしがそうです。w)一般的にはうるさいでしょうなぁ。
例外はコールマンのストーブで、あれはプリヒートなしで使えますし、火力調整もしやすい方ですね。それでも点火にはコツがいりますけどね。プリヒートが必要ないのは「ジェネレータ」という燃料を加熱するデバイスがあるからなんですけど、実はこれがくせ者でして、なにかのはずみでこの「ジェネレータ」が詰まると使用できなくなるという。このジェネレータ、掃除はしづらい(というか不可)ので詰まったら交換するしかありません。ここら辺はアメリカンらしい割り切りのよさですなぁ。
「液燃」ストーブの中にはマルチフューエルといいまして、ケロシン(灯油)やホワイトガソリン、非常時には自動車用のガソリン・軽油、さらにはガスでも使えるモデルがあるんですけど、さらに運用が複雑になります。それが楽しい人はとにかく(わたくしがそうです。w)普通は面倒臭い思いまでして、そんなややこしいストーブは使いたくないでしょう。
「液燃」のストーブは大人数で登山するときとか、そのパーティに1つ配備して、大火力で大量の雪を溶かすとか、その水で全員の食事を作るとかに向いているんですね。

最近はガスの性能が良くなったので1人から2人程度の少人数ならガス一択でしょう。前述のコールマンのストーブは少人数での使用に向きますけど、「液燃」特有の不便な点はあるし、かといって「液燃」が得意な大人数での力技には向かない規模なので、キャンプはとにかく登山では廃れてしまったようです。ガスストーブならさっと点火してさっと消せるので、テントの中でも使えますし(建前としてはテントの中では使ってはいけないことになってますけど、現場では風が強いしそんなこと言ってられません。)コンパクトで軽いです。

それはそれ。
この「SVEA123R」は「液燃」の小型ストーブです。前述のコールマンのストーブの例の通り、この程度の大きさの「液燃」ストーブは不便なわりに性能が微妙で廃れてしまいました。もともとは登山などの過酷な環境で使われていたのでしょうけれども、今では平地のキャンプで有り余る時間をその点火に必要な面倒な手間とか盛大な燃焼音とかを楽しんで過ごすためのものでしょう。w
「SVEA123R」はもう60年ぐらい前からの歴史あるストーブで、要するに旧式です。見た目はこの通り、美しく(これは使い込んで汚れてますけど、新品はピカピカ。)、大きさは液燃ストーブとしては小さいんですけど、それ以上に火力が小さい。最大出力は1300Kcalぐらしかない。同じオプティマスの新式ストーブの「NOVA」なら重量は428gで出力は2600Kcalはある。SVEA123Rは550gもあるのに、出力では半分しかないんですよ。w
でも人気あるんですよね。>SVEA123R
理由はこの見た目と長い間使われ続けたことによる信頼感、あと独特の燃焼音でしょう。要するに風情がある。
わたくしもその風情が気に入って愛用しておりました。たまに用もなく点火してみたりしておりましたけど、ここ最近はご無沙汰でした。それがこうやって出てきたので、久しぶりに点火してみようかと。

ちなみに手前にあるのはオプティマス純正の加圧ポンプ。実は貴重品のようです。これがないとプリヒートに時間がかかります。
プリヒートってのはどうやるかというと・・・バーナーの根元のくぼみに燃料を貯めてそれを燃やし、全体が温まって燃料タンク内の圧力があがるのを待つ。頃合いを見計らって、バルブを開けていくとまるで蒸気機関車のような断続音を発しながら燃え始めます。この音は完全に温まれば連続音に変わります。ポイントはプリヒートに使う燃料の量。少なすぎると温めきれなくてタンクの圧力が上がらない。多すぎると無駄にいつまでもストーブ全体が火だるま。w
他にもバルブの開け方とか、実に微妙なコツがありまして、とてもじゃないけどガスみたいにお気軽というわけにはまいりません。

3/27追記:プリヒートの動画がありました。こちらです。気温が高いのか、プリヒート終了後すぐに快調に燃焼してますけど、ウチの奴はこの程度のプリヒートだと蒸気機関車が加速するときみたいな断続的な爆音になります。

このポンプを使うと、その蒸気機関車のような音がする時間がなくて、いきなり連続音で燃焼し始めます。一気に近代的なストーブに並ぶ点火性能になるわけですよ。それがどうも生産中止だかなんだかになってしまったようで、だいぶ前から手に入らなくなってしまい、プレミアが付いていたりする。わたくしは偶然手に入れましたけどね。

というような、どうでもよい昔の趣味のお話でした。

by namatee_namatee | 2017-03-26 22:08 | outdoor | Comments(4)

仕事でした。orz



本日は仕事。友人たちはサバゲに行っているのになぁ。orz

仕方がないのでVSR-10「あきつ丸」verの動作チェック。ゼロインとかの本格的なものではなくて、あくまで動作チェックです。アウターバレルを交換したので、チャンバーとマガジンの位置関係が変わって給弾が変になったり、それにともなって持病のダブルフィードからのHOPパッキンがめくれて撃てなくなるトラブルが出たりしないとも限りませんので。まあ、わたくしが弄った鉄砲なぞ、そんなレベルですよ。w

とはいえチェックは無事終了しました。使った弾は本番用の「スペリオールバイオ0.28g」ですけど、選別してないもの。でも良い感じでスコープのレティクルに沿ってまっすぐ飛ぶ。今まで使っていたのはギャロップの0.28gBB弾なんですけど、明らかに「スペリオールバイオ0.28g」の方が綺麗に飛びます。ゲーム用ということで、特に精度なんて気にせずに使ってましたけど、もしかしたらウチのギャロップ0.28gは悪い奴?
ちょうど在庫切れになったところなので、次からは「スペリオールバイオ0.28g」を使うことにしましょう。高いけどボルトアクションライフルはたいして撃たないから(ry

あとは20mでゼロインして10mではどこを狙うかを確認しなきゃ。前回は狙点はほとんど変えずに済んだんですけど、今回はスコープを変えたしHopのセッティングも違いますから、テストしてみないとどこに飛ぶかわかりません。ちょっと悩んでいるのはスコープの倍率。サバゲではほぼ3倍固定で運用しているんですけど、精密射撃だとどうなんでしょう。ウチのスコープは2倍から10倍までという仕様です。実はFFPだったりします。
ただショートスコープ的な性格のようで、フォーカスの調整がない。なので、距離と倍率によってはピントが合わない場合があります。試してみると20mでは10倍だとピントが合いません。厳密には3倍でもピントは合ってないんでしょうけど、見える像が小さいのでなんとかなっているという感じ。
これはどうなんでしょうね。FFPを生かして高倍率で着弾点をきっちり確認しながら撃つか、ターゲットのイメージがクリアになるのを優先&使い慣れた3倍で行くか。悩みどころですね。

というわけで、VSR-10「あきつ丸」verの図。「あきつ丸」の由来であるストックですけど、さすがに3年経つと塗装が傷んできましたねぇ。そろそろ再塗装が必要ですかね。それでもストックの塗装なんて初めてで、できる限りの手を打ったものの、本質的には適当な作業だったんですよ。そのわりには持ったほうだと思います。
ボルトハンドルが妙に艶かしく光ってますけど、これ実はフェイクで、使い込んでこうなったわけじゃなくて、適当に耐水ペーパーで磨いたからです。w

by namatee_namatee | 2017-03-25 20:52 | survival game | Comments(2)

完結



「コトノバドライブ」第4巻。これで完結だそうです。
「ヨコハマ買い出し紀行」が14巻、「カブのイサキ」が6巻、「コトノバドライブ」が4巻。次第に短くなってきているのがなんとなく不安です。>芦奈野先生
もっとも「コトノバドライブ」は長く続くような性質の作品でもないのかも、とは思います。「ヨコハマ買い出し紀行」も「カブのイサキ」も、大きなストーリーの流れがあって、そこへなんだかわからないネタがからんできて、これ一体どうなっているんだろ?という興味をかき立てられる性質のものだったのに対して、「コトノバドライブ」は一発ものというか、不思議な現象がそのままネタですから、そこからなにかを推測する余地がない。描かれているものそのものの「風情」を楽しむとでもいうか、一発芸みたいな感じなんですよね。読者がネタからこねくり回して何かを生み出すことはあまりなく、だからネタを出し続けなければならない。これは長く続けるのは大変でしょうね、と思っておりました。(汗

この「コトノバドライブ」、Amazonで予約して買いました。発売日の3/23には手元にあったわけです。便利。
例のヤマト運輸さんとAmazonの問題で、まれに見かける意見として「通販を使う奴が悪い」みたいなのがあるんですけど、ふざけるなと。w
そういうサービスを始めたのはヤマト運輸さんですからね。Amazonの社是は小売の店舗の絶滅とかだったと記憶してます。そんなところと組んだらなにが起きるかなんてすぐに想像がつくじゃないですか。そして、ビジネスチャンスとしてそれを見込んで始めたんだから、何が起きてもそれは始めた奴の責任ですよ。
とはいえ、わたくしは運賃の値上げには肯定的です。サービスの質は維持するなら、コストは我々が負担しても良いと思っております。あるいはAmazonがプライムの会費に転嫁してくれても良いですよ。年間12,000円ぐらいまでなら我慢しますね。それでプライム会員は送料が無料&翌日配達とかになって、非プライム会員が送料有料&3-4日後配達とかになって差がつくなら、今よりも格差がはっきりしてよろしいとさえ思います。いや別にAmazonが負担してくれてもかまいませんけどね。w
ヤマト運輸さんが「すみません、どうしてもやっていけません。運賃を値上げさせていただきます。我々の判断が間違っておりました。」って頭下げるなら許容しますよ。でも「通販使うお前らが悪い」という、当事者でもない奴からの意見には与しませんなぁ。なにかっていうと知った顔で的外れなこという奴がいるのが腹立って(ry

通販といえばDMMさんでとあるDVD(R18)をこれまた予約でポチりまして、こちらも発売日当日に届きました。が、よく見ないで限定版の方を選んだら「付録」がついてきましてね。・・・どうしよう、これ。w

by namatee_namatee | 2017-03-24 19:56 | diary? | Comments(11)

クロスロード組




これは珍しい。軽巡洋艦の「酒匂」ですなぁ。かなりレア、でしょう。わが艦隊ではお初の艦娘。

最近追加になった任務で「洋上航空戦力を拡充せよ!」というのがありまして、3-5と4-4と6-2の各ボス戦でS勝利で達成という、なかなかハードルの高い任務でございます。
とりあえず昨日からチャレンジして、3-5から取り掛かりました。いつもの癖で軽巡旗艦の水雷戦隊で始めて、例によって大破撤退を2回ほどした後、三度目の正直で無事にボスをやっつけてS勝利したわけですけど、任務の達成条件をよく読んでみると「航空母艦、または水上機母艦を旗艦とした有力な艦隊」となっております。これ水雷戦隊じゃダメじゃん。w
というわけで再度、装甲空母の「瑞鶴改二甲」を旗艦に据えて攻略・・・相変わらず大破撤退が続き、なんだかんだ言ってやっぱり3回目ぐらいのチャレンジでS勝利できました。結構厳しかったですね。
そして本日、4-4にチャレンジ開始。ここはさほど難しくは・・・とにかくボスをやっつければ良いというのなら難しくはないんですよ。ここの問題はボス前の羅針盤とボス戦の潜水艦。道中でも潜水艦は出てきますけど、それは対潜能力に優れた「朝潮改二丁」を使えば、まあ楽勝と言って良いんですけど、なんといってもボス戦はS勝利しなければなりませんから、水上艦と潜水艦を全てやっつけなければなりませんのでねぇ。あとボス前の羅針盤がなぁ。(汗
基本的に3-5の編成を下敷きにして、海域に最適化した適当な艦隊で1回目のチャレンジ。いや適当と言っても空母は装甲空母の「瑞鶴改二甲」だけなので、制空値をかせぐために航空巡洋艦の「鈴谷」に「二式水戦改」を載せたりして工夫はしております。おかげで道中は無事に通過。だがボス前の羅針盤で逸れる。よくあることです。orz
軽微な損害を修理して2回目のチャレンジ。今回も道中は無事に通過。やはり「朝潮改二丁」は優秀ですなぁ。で、ボス前の羅針盤。今度はうまく通過しました。ボス戦は潜水艦に対応するために「複縦陣」で・・・ボス艦隊に潜水艦いないじゃん。w
まあそれならそれで楽勝といえば楽勝です。無事S勝利をいただきました。これで任務の達成度は80%以上に。残るは6-2です。これまた適当に艦隊を編成しなおして、空母はそのまま装甲空母の「瑞鶴改二甲」、戦艦はそれまで使っていた「榛名改二」が修理中なので「Italia」、航空巡洋艦はそのまま「鈴谷」、ルート固定の関係で戦艦が1隻しか入れられないので何か火力のある艦娘ということで「Zara due」を投入。そして、これまたルート固定のために「霞改二乙」と防空駆逐艦の「秋月」を加えます。もちろん「秋月」は対空CIが目的ですので、「霞改二乙」の方は「秋月」とバッティングしないように「12.7cm連装砲(改修MAX)」×2、そしてFuMO25レーダーで索敵値も稼ごうという算段。
作戦は概ねうまく行きまして、無事に1回目のチャレンジでS勝利をいただきました。そこで落ちてきたのが図の「酒匂」という流れ。

これで阿賀野型軽巡洋艦は全て揃いました。いやまあ特に阿賀野型を揃えてどうのということもないんですけどね。見た目は旧式な5500t型軽巡でも「艦これ」世界では特に苦労することはありませんし。っていうか、5500t型軽巡は個性的な艦娘ばかりで、お気に入りが多い。「五十鈴」とか「名取」「由良」「鬼怒」「阿武隈」「川内」・・・どれも第一線で活躍しております。むしろ阿賀野型の方が個性に乏しくて使い道が思いつかずに冷遇されているという。
大体が軽巡は水雷戦隊旗艦とか連合艦隊第二艦隊に必須ということが多いわけで、イベントでここぞという場合は軽巡最強の火力を買われて「神通」が旗艦を務めます。通常海域でも対潜任務なら「五十鈴」か「由良」、先制雷撃なら「阿武隈」と、個性を生かした使い道があります。
阿賀野型は基本性能は高いんですけど、これといって飛び抜けた能力がない。そして軽巡自体が「艦これ」世界では地味な存在なので、駆逐艦や重巡に押されて埋没してしまうんですよね。

といいながら、せっかく来てくれたわけですし、5500t型軽巡もみんなそれなりに仕上がってきているところですし、これからは「酒匂」を中心に阿賀野型軽巡洋艦のLvUpをしてまいりましょう。

by namatee_namatee | 2017-03-23 20:45 | diary? | Comments(0)

心理チューン

この期に及んでVSR10「あきつ丸」verに大きめのモデファイをする。「アキュコン」まであと一ヶ月しかないというのに。w
モノは見ての通り、PDIの「ライトアウターバレル450」でございます。G-SPECの純正アウターバレルと同じサイズのもの。今までもPDIのアウターバレルにG-SPECサイズがなかったわけではないのですけど、やや複雑な構造で重たい(らしい)ので、どうしたもんかと導入を悩んでおりました。ライトアウターバレルもありましたけど、それはプロスナイパーサイズで、「あきつ丸」に使えなくはないものの、サイレンサーをつけるとやたらに長くなってしまうのが問題。そうこうしていたらG-SPECサイズが出ていたので購入という流れです。

VSR10はアウターバレルとレシーバーの接合に特徴がありまして、ストックがない状態ではアウターバレルとレシーバーはそれぞれ回転方向にゆるゆるです。わたくしが知っている範囲では、他のボルトアクションライフルはアウターバレル一式とレシーバーの接合の形式は似ているものの、ストックがない状態できっちりとセンターを出すというか、アウターバレルに固定されているチャンバーとレシーバーはストックなしの状態で垂直を出すようになってました。
VSR10はアウターバレルとレシーバーは別々にストックに固定されます。アウターバレル(とチャンバー)はチャンバー底部にある金属製のブロック(チャンバーブロックとでも言っておきますか)がストックの台座へはまって一本のネジで固定され、レシーバーもストックの台座みたいなところにはまってこれまた一本のネジで固定されます。ストックの台座の精度が出ていれば、組み立てさえすればアウターバレル(とチャンバー)とレシーバーの回転方向の位置決めはいつでも同じようにできます。微妙な調整で悩む必要はありません。簡単簡単。w
アウターバレルはレシーバーにねじ込まれているわけですけど、ねじ込まれ具合によってアウターバレル+レシーバーの全長はわずかにかわります。なので、レシーバーをストックに固定するネジのストックを貫通する部分は長穴になっていたりする。どこまでも合理的な構造なんですよね。
その代わり、アウターバレルとレシーバーの回転方向の位置決め精度はストックに頼りきっているわけで、いい加減なストックだとそれが狂ってしまいます。レシーバーの上部にはスコープマウントがあり、そこへスコープを搭載してそのレティクルを水平にして狙ったつもりでも、レシーバーとアウターバレルの角度がずれていると、チャンバーのあるアウターバレルは水平にならずにHop回転がかかったBB弾は傾いた方に曲がって飛んで行ってしまいます。だからアウターバレル(とチャンバー)とレシーバーは垂直が出ていないと困るのでした。
ノーマルのアウターバレルでもその垂直方向の位置決めに問題があるわけではないのですけど、レシーバーとの前後方向位置決めにやや不安があるように感じます。これも基本的にストックで位置決めされるわけですけど、アウターバレルとレシーバー単体では回転方向と同様にやっぱり緩めなので、もう少しがっちりと接合しておきたい。極端に言うとノーマルだとアウターバレルとレシーバーが横からみて「へ」の字みたいになったり、あるいはその逆になったりする「可能性がある」。
PDIのアウターバレルは同じPDIのレシーバーと相性が良く(当たり前)、回転方向の自由度はそのままで前後方向には遊びが少ない、っていうかほとんどない。別にアウターバレルとレシーバーが「へ」の字になったからといって、目に見えて問題が出るとも思えませんけど(考えられるのはノズルがチャンバーにまっすぐ入らなくて給弾不良を起こす可能性とか、ノズルとチャンバーに隙間ができて気密が下がるとかですかね。)、鉄砲全体の剛性を上げるのは集弾性を上げるのには有効かと。
要するにできることはやっておこうと言うことですなぁ。実際の効能よりもやるだけやったという満足感でモチベーションを高める種類のチューンでしょう。w

先日書きました通り、ボルトアクションライフルの調整は非常に簡単で、このライトアウターバレルも宅配便で届いてから30分後には組み込み完了。もちろん慎重に心置きなく、可能な限り精度に配慮して組み込みました。そして事前の予想通り、鉄砲全体の剛性は格段に上がりました。素晴らしい。
これで「あきつ丸」verでノーマルのパーツはトリガーガードとボルトのハンドル、チャンバーブロック、スコープマウント、あとストック(+マガジン)ということになりました。もうVSRじゃないよね、これ。w

by namatee_namatee | 2017-03-22 22:12 | survival game | Comments(2)