<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

思い出した!

c0019089_18335468.jpg
うぎゃー、オリエンタルガール格好良いわぁ。格好良すぎる!>錯乱
やっぱりオリエンタルガールは「扇子」ですよ、「扇子」。「扇子」を武器にするヒロインは数あれど、わたくしはオリエンタルガールが一番好き。相手より高いところから体をひねって力をためて一気に技を繰り出す。たまらん。

「黄色魔術オリエンタルガール」、単行本化されていない第13話の最初のページより。「黄色魔術 シムーン(灼熱風)」ですって。強化フローリアンとの最終決戦、ここにきてまさかの新技。フローリアンもまだそんなに技があったとはと驚いてます。がしかし、強化フローリアンには通じず、力技で逆転されてしまうのですけど、それはそれ。

mixiで「子ども時代に読むと高確率でオタク人生を歩むことになる漫画」というネタがありましてね。当然ながらわたくしは「黄色魔術オリエンタルガール」を挙げるわけですけど、よく考えてみれば「黄色魔術オリエンタルガール」は青年誌の連載で子供は読めない・・・いやまあ、当時の「COMICパピポ」は成人指定ではなかったので読めないことはないものの、まあ普通は読めませんわな。w
というより「黄色魔術オリエンタルガール」という作品を読んだ時のわたくしは子供とはいえないお年頃でした。30歳ぐらいですもん。(汗
そしてなにより、この作品はわたくしにオタク人生を歩むことを決定付けた「入り口」というより、「自分の欲しいものはこれだったんだ!」とやっとたどり着いた、いわば「アガリ」みたいな作品です。

では、わたくしにとっての「子ども時代に読むと高確率でオタク人生を歩むことになる漫画」ってのはなんだったのかと考えてみると・・・わたくしって小学生の頃は漫画とかアニメってほとんど知らなかったんですよね。親が堅いというか、保守的というか、「漫画(とそれに類するもの)は悪」という固定観念があったようで、その両親の強い支配下にある小学生時代には漫画・アニメに接する機会はほとんどありませんでした。そして前にも書いた通り「特撮」は苦手です。怪獣とか怪人のあのぐちゃっとした造形が嫌いなんですよね。良い歳こいて「パシフィックリム」を映画館に観に行って、怪獣のあまりの怖さにやめときゃよかったって後悔するぐらいですからね。(汗
なんていうか、記号化されないとダメなのかな、と思いますけど、それはややこしくなるから置いておいて。w

わたくしが普通に漫画とかアニメに触れる機会を持ったのは中学生になってからでした。漫画だと「サーキットの狼」とかからですかね。これは今に続く車好きという方向性への萌芽となります。確かにわたくしは車オタクといえばオタクだけど、このmixiのネタの趣旨とは外れるかな。
もっと一般的にオタクらしいオタクの入り口となった作品はなにか。消えかけた記憶をたどってみると・・・思い出しましたよ。松本零士先生の「セクサロイド」ですよ。

わたくしが中学生の当時、「宇宙戦艦ヤマト」が流行っておりましてね。おそらく流行っていたのはTV版ではなくて劇場版の方。その流れで松本零士先生の作品を集めていたのでした。有名な「戦場漫画シリーズ」とか「男おいどん」とか「轍」とか「ミステリー・イヴ」とか「ミライザーバン」とか、かたっぱしから買い込んで読んでましたなぁ。当時のコレクションはまだ物置かどこかにあるはず。
その中に松本先生の初期の作品である「セクサロイド」もありまして、これ、タイトルからも分かる通り、「黄色魔術オリエンタルガール」よりよほど成人向けなお話なんですけど、中学生のわたくしは普通に読んでましたなぁ。誰にもなにも言われたことがないなぁ。w
「セクサロイド」についての詳細はWikipediaなどで調べていただくとして、要するに超高性能なアンドロイド(女性だからガイノイドか)のユキ7号と主人公のシマ(G3)のドタバタ劇です。ユキはセクサロイドなので人間と性交が可能で、各話のオチでは最後に必ずシマとsexして終わるという。ごっつあんです。w
性交が可能どころか、最終的には妊娠してたはず。>ユキ

というわけで、わたくしがこんなになったのは、間違いなくユキ7号のせいです。人工的に作られた完全無欠の女性型アンドロイドで、なんだかんだいいながら自分をサポートしてくれる存在、これ。前述の通り、漫画やアニメにウブだったわたくしには良く効いたんでしょうなぁ。w
思えば松本先生の作品には同じ系統のヒロインが多い。「ミステリー・イヴ」のイヴとか有名どころではメーテルも同じ系統でしょう。
その後は特にこういった方面に熱くなることもなく、二輪車とか車に情熱とエネルギーを注いでおりました。そして、1992年に「黄色魔術オリエンタルガール」と出会うのでした。

そんな感じで異性に対してもっとも敏感になる思春期、この大切な時期を「ユキ」とか「マリオンA」とかにうつつを抜かしながら過ごしてしまったわたくしはリアルの女性に興味の薄い人間になったのでした。まあ興味がないわけじゃないけど、いわゆる二次元も三次元も同じものとして見ているのは確か。
・・・冷静に考えてみると、それって正真正銘の、本当にダメなタイプのオタクじゃ(ry

by namatee_namatee | 2017-02-08 21:12 | book | Comments(6)

13年前

昨夜は「ヨコハマ買い出し紀行」のファンのみなさまが某オークションで「カフェ アルファのコーヒーカップ」争奪戦の死闘を演じられていたわけですけど。
コーヒーカップは8,200円で落札されたようです。もう少し行くと思ったんですけどね。わたくしは欲しいと思ったら18,000円ぐらいまでなら応じるかもしれません。レスの方で書いた通り、コーヒーカップは1個2個じゃ様にならないような気がするので参戦しませんでした。どうせならカフェアルファみたいに並べたい。どこかでまとめて作ってもらいたいですね。
今回を入れて3回ほど、オークションで出品されているのを見かけましたけど、いずれの場合も参戦せず。もっとも前の時の落札金額は数万円とかだった記憶がありまして、そこまではとても付き合えないなと思ったのでした。オークションは熱くなっちゃいけませんよ・・・「COMICパピポ」1冊に◯万円を投じておいて、どの口が言うのかと小一時間(ry

というわけで、わたくしは死闘を横目に駿河屋さんで「ヨコハマ買い出し紀行」の2004年カレンダーを購入。
図の通り、イーゼルとスケッチブックみたいなスタイルのカレンダーです。
c0019089_18354875.jpg
こんな感じで風見魚(Type1)も付いております。
なかなか粋なデザインですね。

c0019089_18361882.jpg
1ページ2ヶ月でカラーのイラストのと、下の図のようなラフのものと2種類のカレンダーになっております。カラーのイラストで1年分、ラフで1年分ということになります。

c0019089_18364804.jpg
すごく粋で良い出来です。2005年のカレンダーが書き下ろしの希少性とそのサイズで圧倒的な存在感を示しているのに対して、2004年版はセンスの良さで勝負という感じ。コーヒーカップにはあまり魅力を感じないわたくしですけど、「ヨコハマ買い出し紀行」のカレンダーには惹かれるんですよね。

と言いながら、実は2004年のカレンダーはすでに所持しております。にもかかわらず駿河屋さんの入荷待ちリストに入れておいたおかげで入荷通知が来て購入とあいなったわけですけど、その理由はといえば「すでにウチにあるヤツが欠品があるかどうか不明だったから。」という。しかも、これ8千円もしました。w

物欲の沼に底はないというお話でございます。

by namatee_namatee | 2017-02-07 19:13 | book | Comments(39)

眠い。orz

c0019089_20145203.jpg
特にネタは・・・久々に「黄色魔術オリエンタルガール」のネタにしようかと思いましたけど、いまいち生煮えなのでそれは後日。

我が社の営業時間はAM8:00〜PM5:00まででございます。当然ながらお客さんは建設とか解体業の方が多い。そして産廃の処分なんてのは彼らの仕事の中ではもっとも優先順位が低く面倒なことでもあるようです。大体は切羽詰まってから持ち込んでくるんですよね。w
そんなわけで、当社の業務はなにかと後回しにされやすいということで、それに対応するために朝の受け入れを1時間早めております。
夕方の受け入れ終了時間を延長するというのも手なんですけど、この業界、なにかとgdgdな面がありまして、締め切りを後ろに伸ばせると思うと、どんどん際限なく伸びていくんですね、これが。w
なので後ろに伸ばしようがない朝の受け入れ開始時間を前倒ししたというわけでございます。

朝1時間はやく営業を開始するために早出当番というものがありまして、当番の人は7時に会社へ行って門を開けるわけですね。現場と間接部門、それぞれに当番がありまして、現場は1人で1日交代、間接部門は1人で1週間交代となっております。>早出当番
わたくしは5時に起きて、5時半頃ウチを出て会社に着くのが6時半ごろですかね。朝一番の誰もいない会社ってのも仕事がはかどって気持ちの良い・・・嘘です。仕事なんてしてません。エアガンの試射とか、車の掃除とかやってますね。今は暗くて寒いので室内で「艦これ」かな。w
で、今週はその早出当番なわけでして、おかげで眠くて仕方ありません。週の終わり頃には慣れてきて眠くなくなるんですけど、慣れた頃には当番は終わってしまうという。

というわけで、ネタの写真といっても先日の夕方の光景みたいなのとか、今回のように日の出前のシイナ号とかになります。DMC-GX8は優秀な手振れ補正機能を持っておりますので、こういう条件には強いと言えば強い。がしかし、同じような写真ばかりになるという罠。w

まあ実際のところ、SIGMAのDP0 Quattroとかには画質というか写した絵の繊細さ、モノの質感みたいなものではやっぱり敵いませんね。>DMC-GX8
DPなんとかの写真を見ていると、本当に細かいところまで質感が再現されていて、アスファルトの粒々とかあまりのリアルさに鳥肌が立っちゃう。やっぱりFoveonはすげーと思います。
それに比べるとDMC-GX8の画像は明確に柔らかい。センサーがベイヤーであるということが大きいのでしょうけれども、意図的に柔らかめの写りにしている感触もありますね。ボディだけじゃなくてレンズにもそういう傾向を感じます。
この図だとフロントフェンダーからAピラーの付け根から屋根にかけての光り具合、あと遠景の街灯の感じとかに、Panasonicらしさを感じます。
Foveonのカッチカチな描写もたまりませんけど、長いことPanasonicのデジカメに慣れ親しんだ身としては、この独特のヌメッとした感じもたまりません。

やっぱり両方持ってないとダメか。w

by namatee_namatee | 2017-02-06 21:16 | diary? | Comments(2)

またしても発掘。

c0019089_20282010.jpg
本日はあまり天気が良くなかった。明日から早出当番なので、ゆっくり休養するということで、例によって部屋から出ずに過ごしました。やったのは「艦これ」と部屋の整理ぐらい。まあ、いつもの休日ということですね。

「艦これ」はイベント前ということで派手な行動にはでず、資源の集積につとめてました。あと昨日からの流れでウィークリー任務の中のすぐに終わりそうなのをいくつか片付けたぐらい。「敵東方中枢艦隊を撃破せよ!」とか「南方海域珊瑚諸島沖の制空権を握れ!」とか。これらは任務そのものを出すのが大変で、出ちゃえば簡単なんですよね。w

図はガラクタ整理していて出てきたWAの「ベレッタM92FS INOX2」だったと思います。もう忘れました。w
本体がHWでマガジンもでかいので重たい。「ハイパー道楽」さんのモデルは違うけど同じ系統のINOX SALTの記事によると、フル装填の実銃に近い重さだそうです。・・・この記事、最後の方に押井氏が出てきて面白かった。w

ずーっと前にアトランタ近郊のシューティングレンジでレンタルのM92のなにかを撃ったことがありますけど、このM92FS INOX2はその時の記憶の撃ち味にそっくりです。スライドとフレームにちょっとゆるい感じがあったりして、とても良く似ていると思います。そういう意味ではリアルなのかも。

インプレではほとんど触れられてませんけど、エアガンとしての性能はどうかというと・・・まあ、多くは語るまい。w
どうにもHOPのかかり方が不安定で感心した弾道ではなかったと記憶してますね。同時期に買った同じWA社製の1911の方がまだマシだったと記憶しております。M92FSは可変で1911は固定HOPなのにねぇ。

あと見ての通り、シルバーというかシャンパンゴールドみたいな色で、これが塗装なわけですよ。エアガンなんで当たり前です。すごく綺麗で上品で格好良いわけですけど、角のところの塗装が剥げてくるのが嫌。いやまあ、わたくしが持っていても全く使う機会のないモノなので、ここはひとつ殿下に献上するとしましょう。遠目には金色っぽいので、小物として使ってもらえるかも。

by namatee_namatee | 2017-02-05 21:09 | survival game | Comments(14)

1日遅れ

c0019089_18565899.jpg
昨日と何ほども変わらない画像を貼るという嫌がらせ。w

「さいたまスーパーアリーナ」を休日に借りるとなんだかんだで1千万円ぐらいかかるというお話をしましたけど、今日のネタはその続き。w
大観衆の前で歌いたいというのは多くの人が持っている夢でしょう。ステージに立ちたくてアイドルを目指すなんてのは良く聞くお話です。そしてそれがそう簡単じゃないのも周知の事実。
わたくしは歌を歌うのは苦手なので仮にやって良いと言われても遠慮しますけど、演説はしてみたいですね。古い記録映画なんかである、ヒトラー総統のNSDAPのニュルンベルク党大会みたいな奴。あるいは言わずと知れたギレン閣下のガルマ追悼の演説とか。ああいう大観衆を前に演説して檄を飛ばすってのはやってみたい。
そのためには「さいたまスーパーアリーナ」を借り切って、観衆役の人に2万2千人ほど集まってもらって・・・金がいくらってもたりませんな。w
「さいたまスーパーアリーナ」の使用料に加えて、わたくしの演説を喜んで聞きにくる奴などこの世に存在するわけがないので、観衆役の人には交通費や日当を出して集まってもらわなければなりません。1人あたり、日当+交通費で15,000円として、スタッフその他の経費を合計すると必要な金額は3億5千万円ぐらいになります。・・・人生最高の数時間を過ごすために3億5千万円か。余命数ヶ月とかで金が有り余っていたらやるかもしれませんなぁ。w

まあ、現実的なお話ではありません。では、なんとかする方法はないのか。それがあるんですよ。
昨今の科学技術の発達で可能になった「VR」、これですよ。
ちょっと前に「戦艦大和」のVRを体験したネタを書きましたけど、それで閃いた。w
実在するライブハウスやホール、スタジアム、アリーナのステージからの景観のデータと観客のデータを製作して、「VR」でステージに立っている様子を再現する。カラオケで歌っても良いですし、演説して大観衆の喝采を眺めても良い。
「日本武道館」とか「カーネギー・ホール」とか、おなじみ「Zepp Tokyo」、「東京国際フォーラム」など、各種取り揃えて、好きなところで好きなように歌ったり踊ったり、パフォーマンスできるようにします。
もちろん音響も限りなくリアルに再現し、「国際フォーラムC」と「A」じゃこんなに違うのかとか、そういうのも楽しめるようにする。
いける、これは良いアイディア。誰か出資してください。w

いやまあ、元ネタはtwitterにあったんですけどね。「VR」を使って大観衆の前で演説してみたいというツイートがありまして、「ああ、わたくしと同じように演説したいって考えている人がいるんだ。」と感心するのと同時に「VR」を使うという着眼点にも感心しました。そこから「ライブを演る側をVRで再現する」というネタになったわけですね。

図は本日、予定通り「ケッコンカッコカリ」の儀式におよんだ「秋月」。
「秋月」は本当に可愛いなぁ。むだに巨乳じゃないのが良いですね。なんでもかんでもでかけりゃ良いってもんじゃ(ry
凛々しい表情やスパッと切りそろえた髪、そして格好良いグローブをしているのも高得点。大好き。w
先日もネタにした通り、駆逐艦としての性能も十分です。対空能力は他の艦娘の追随を許しません。対空の数値だけなら「Iowa」の方が上だったりしますけど、「Iowa」には他に敵の戦艦を圧倒するという任務があります。それに対して「秋月型」は艦隊の防空を担うのが任務ですから、専門の装備にできるわけで実際の防空能力は一枚上手となります。そしてそれなりにLvが上がっているので、弱いと言われる夜戦火力も侮れない。基本的にディフェンス要員として優秀、攻勢に出ているときには期待されるだけの性能はあるといった感じで、文句のつけようがありません。

by namatee_namatee | 2017-02-04 19:45 | diary? | Comments(4)

意外

c0019089_19205361.jpg
一週間前ぐらいから花粉の気配を感じ始めまして、2月に入った途端に本格的に花粉症の症状が出始めました。本日はなんとなく頭が重かったので、頭痛薬を飲んだら気持ち悪くなりましてね。orz
車の中で1時間ぐらい寝たら回復し始め、カンロの「ノンシュガースーパーメントールのど飴」をなめたら完全に治りました。咳が出る時にも抑えがきくし「ノンシュガースーパーメントールのど飴」オススメ。w

twitter他で「音楽教室からも著作権料を徴収」とかJASRACのネタが流れてきました。いやまあ、悪いことばかりでもないんですけどね。>JASRAC
ずっと前にもネタにしましたけど、仮にわたくしが「さいたまスーパーアリーナ」でライブとかコンサートをやろうとした時、当然ながら持ち歌がありませんから、たとえば椎名さんの楽曲を歌わさせてもらうとするじゃないですか。w
その時に仮に「風が吹く丘」を歌うとして、その楽曲の著作権使用料をJASRACに支払えば良いわけです。そうすれば遠慮なく(もちろんオリジナルを歌った椎名さんへのリスペクトは忘れてはなりませんけど。)歌えるんですよ。聴きに来る人がいるかどうかは別にして。w
この件について、椎名さんや上野氏や嘉藤氏、大坪氏、さらにはSME(SMR)とか、オリジナルに関わった人のところへ菓子折りや使用料を持って行って許しを請う必要はない。「さいたまスーパーアリーナ」でライブってのは大げさな冗談ですけど、理屈はカラオケでも同じなんですよね。

ちなみに「さいたまスーパーアリーナ」はアリーナを土日(のいずれか)で設置から本番まで借りると1千万円ぐらいかかるみたいです。w
椎名さんのあのイベント(2006年12月23日)の時の使用料はどこから出たのか。椎名さんサイドが負担したのかなぁ。違うような気がしますね。いくらなんでもイベントにそんなコストをかけるとは思えません。もっとも広告代理店とかレコード会社他がからんでの話なので、使用料が「定価」とは限りませんけど。
まあ、どこが負担したにせよ、そういう状況でイベントをやったというのは、なんていうかアレはなにか壮大なネタとか意趣返しとか、そういうことなんだろうなぁと思う次第でございます。w

冗談はさておき、JASRACが悪そのものということはないと思うんですけど、その反面、やっていることのエゲツなさとか、その姿勢には音楽とかアーティストを守るとか盛り立てていくとか、そういう姿勢は微塵も感じられないわけでして、まあ逃げ勝ちとか今だけとか、そういう印象しかないのも事実。この先、どうなっちゃうんだろうという危惧はありますね。わたくしとしては敬愛する椎名さんが歌えなくなるとか辛い思いをするとかでなければそれで良いわけではありますけれども、当然ながら椎名さん一人の問題では済まないはずなので、もっと真面目に先を見てやってくれませんかね、と。

それはそれ。図は本日「ケッコンカッコカリ」の儀式におよんだ「朝潮改二丁」でございます。我が艦隊の駆逐艦では最初のLv99に到達した艦娘。これ、すごく意外。
わたくしは駆逐艦はあまり重用しないんで、全体的に大したLvではないんですけど、それでも長いことやっていると古い艦娘はそれなりのLvになってまいります。例えば初期艦(ゲームを始める時に選ぶ5人の艦娘)の「叢雲」は個艦としては特に特徴があるわけではなく、今となってはあまり出番がありませんけど(いやまあ、それでも初期艦娘としての思い入れはあるので、たまに秘書艦にしたりしてます。)なにせ長いおつきあいなので、現在はLv82となっております。
最近だとその見た目と性能で寵愛しまくっている「秋月」、実はこちらが我が艦隊の駆逐艦では最初にLv99に到達すると思っていたんですけど、その「秋月」は現在Lv98であと19454でLv99到達。おそらく明日には達成されるでしょう。
その「秋月」を抑えてタッチの差で「朝潮」が先にゴールインとなりました。「朝潮」は朝潮型のネームシップではあるものの特に珍しい艦娘でもなくて、普通にドロップしてきました。失った記憶はないので、今回結婚したのは我が艦隊にやってきた最初の個体。その後、数限りなくドロップしたはずですね。
当初は遠征艦隊で「東京急行」かなにかをぐるぐると周回して、Lv70とかになっていたと思います。その後、改二実装にともなって遠征艦隊から引き抜かれ、改二を経て改二丁へ。高い対潜能力を生かして、今度は1-5を延々と周回しておりました。美しい見た目と優れた性能と希少性でわたくしの寵愛と期待を一身に受け、制空権がとれないような厳しい海域に投入され続ける花形駆逐艦の「秋月」とは対照的に日陰の存在とでもいうか、まあ不憫な扱いではありました。>朝潮

特徴は前述の通り、異常な対潜能力。素で89もある。四式水中聴音機1個で先制爆雷攻撃ができちゃう。あまったスロットに主砲とか魚雷が積める。1-5のように潜水艦だけを相手にする海域では強力な対潜能力で安定性を、通過するいくつかのポイントで出没する潜水艦には制圧しながら他の水上艦にも対応可能と、これは便利です。そういったわけで、いろんな局面で重宝に使われた結果、駆逐艦の先頭を切ってLv99に到達となったわけです。
前述の通り、次にLv99に到達するのは「秋月」で、その次が「皐月」という。「皐月改二」は現在Lv98で、これも対潜能力に優れ、「朝潮」と一緒に1-5を周回していた仲間。同じ1-5常連の「五十鈴」はとっくに結婚済みですので、1-5は結婚艦を輩出する海域ということですなぁ。w
まあ、装備さえまともなら安定して周回できるので半端ない出撃数ですからねぇ。>1-5

寵愛を受けている駆逐艦といえば「霞」もそうです。「霞」も見た目が好き。
「霞改二乙」は対空CIと大型電探装備可能、加えて運が高いということで、「秋月」だと不都合がある場合、例えば夜戦でカットインを決めたい時とかに出番があります。いやまあ、普段から普通に「秋月」と一緒に出撃してますけどね。駆逐艦2隻必要というときは「秋月」と「霞改二乙」を選ぶことが多い。その時は「秋月」とキャラクターがかぶらないように&運の高さを生かすために大型電探+魚雷装備か普通の主砲装備で。・・・我が艦隊は電探の開発が遅れているので大型電探といっても「FuMo25レーダー」(気違い沙汰で強力。)しかないわけですけど。w

その他、我が艦隊にはLv98に到達した艦娘は6隻ほどおりまして、これはそう遠からず結婚ラッシュがやってくる予感。w

by namatee_namatee | 2017-02-03 21:47 | diary? | Comments(8)

流行りに乗って

P1000141
この手の巨大画像をブログに貼るのがごく一部で流行っていると聞いて(ry

やっぱりFoveonには敵わんなぁ。w
もちろんDMC-GX8で撮りました。>この写真
レンズはLEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.でございます。

西の友人の&氏がSIGMAのdp0 Quattroを買ったそうで、なんでみんなこんな良いカメラを買わないのかとおっしゃってました。そりゃ、使いこなしが難しいからですよ。w
Quattroになってからは使ったことがありませんけど、Merrillを使っていたころの経験からいうと、こういう写真は撮れない、もしくは撮りづらい。>DP
DPってさっと取り出してぱっと撮るってのが苦手なんですよね。いやまあサイズはちょっと大きめのコンデジぐらいだし、遅い遅いと言われる動作も言うほどじゃない。さっと取り出してシャッターを切ることはできます。が、そんな撮り方だと失敗する確率が高い。まず、このぐらいの明るさだとブレます。手ぶれ補正がなくて高感度に強くないセンサーのせいですね。あとWBとかもカメラに任せっきりだとどうかなぁ。w

シャッターを押した時は撮れたと思うんですけど、ウチに持って帰って現像してみると、ありゃ?ってなることが多かったですねぇ。まるで銀塩カメラみたいなんですよ。
それはそれで大変楽しいのではありますけれど、わたくしが撮りたい写真はこういう、適当に見かけた何かをパッと撮るとか、「ヨコハマ買い出し紀行」のシーンに出てきた場所を記録するとか、そういう目的なんですよね。気軽に撮るとか面白みはなくても確実に記録するとかです。

DPシリーズのFoveonセンサーは他に代わりのない写りをする。それは認めます。わたくしもファンというか虜になりました。なんていうか、ものの質感の表現がすごい。具体的に個別にどうこう表現できないんですけど、例えば岩とかアスファルトの表面とか、陽にさらされた木材とか、そのリアルな表現は素晴らしい。あと、この写真でいうと木の枝のシルエットの精密な再現とか、これはベイヤーでは敵いません。
ただ、もう言い尽くされていて聞くのもお腹いっぱいなんですけど、それ以外の部分が前近代的すぎるんですよね。そして、わたくしはそのそれ以外の部分もセンサーの表現力と同じぐらい重視したわけでございます。こういう写真を手軽に確実に撮るために。

DP1sとかDP1MerrillとかDP2Merrillとか、いくつかDPシリーズを使ってみましたけど、どうもわたくしの場合はFoveonの奴隷みたいになってしまうんですよね。写真を撮る時はFoveonが最も得意とするものを最高の状態で写す、写さなければならないんだ、みたいな。
久しぶりにデジカメを物色するときに、もちろん候補にあがりましたよ。>DPx Quattro
そして厳正な選考の結果、残念がら今回はご縁が(ry

とはいっても、そのうちに買いそうなんですけどね。買うんだったらDP1 Quattroかな。
中古で物色してみましょう。w

ちなみにこのLEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.というレンズ、DMC-GM1sで使っていた時には面白くもなんともなかったんですけど、GX8だと妙に艶かしい写りをすることがあって、その出来の良さを見直しました。カリカリに硬い写りじゃない(そこがオリンパスのレンズ群とは違う所かな。)のに、細密で繊細でもある。これはこれで良いものですなぁ。

by namatee_namatee | 2017-02-02 20:26 | camera | Comments(13)

おやおや。

c0019089_18581700.jpg
ネタが(ry
どうもエキサイトの画像アップロードは画質が気に入りませんね。オリジナルのシャープさが失われるような気がする。「Flickr」とかからリンクした方が良いのかなぁ。あれ、面倒臭いんですよね。

それはそれ。ネタがないときは「艦これ」日記。w
といってもこれも特にネタはありません。月初なのでマンスリー任務をいくつかこなしていたら、ご覧の通り「元帥」に昇進してました。w
大体わたくしは月中は「大将」で月末から月初に「中将」になって、すぐにまた「大将」というパターンなんですけど「元帥」は初めてですね。そんなに勤勉な方じゃないので、あっさりと「大将」に降格すると思いますけど。
それにしても大したことしてないんですけどね。今週初めから「あ号作戦」を進めて昨日終了し、今日は「敵東方艦隊を撃滅せよ!」ってのを禿げ上がりそうになりながら終了。加えて前述の通り、本日から2月に入ったので1-5を片付けたといったところ。この程度で「元帥」って、もしかして「横須賀鎮守府」は人が少なくなってきているのかなぁ。(汗
人が少ないと言えば、先日のメンテで演習相手の抽出方法が変わって、新しい方式と従来の方式が選べるようになったらしいんですけど、わたくしの場合、なにをどうやっても変わりません。
ご覧の通り、ウチの司令部レベルは109と「横鎮」では最低レベル。相手の選びようがないのでしょう。w
なので演習の相手はほぼ100%が司令部レベル120とかで、辛いのなんのって・・・嘘です。みなさん優しい方が多くて、高いレベルの艦娘×2とか、演習を楽においしく勝てるようにしてくれてますね。ありがたや。

図は日焼けあとがあざといろーちゃん(呂500)。現在Lv98で潜水艦隊の旗艦を務めておりますけど、前任の伊26(にむ)ほどの勢いでLvUpはしていかないですね。回避と運は高いんですけど、雷装がやや弱いのが響いているのかな。

by namatee_namatee | 2017-02-01 21:05 | diary? | Comments(0)