<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

うわぁ。(汗

c0019089_2074755.jpg

本日は暑かった。本気で暑かった。会社の太陽光パネルの下の日陰に温度計があるんですけど、それを確認したら最高気温は38.5度だそうで。グンマーとかさいたまーでは常温かもしれませんけど、海が近い南東北(本当は北関東)で38度越えは暑いですぜ。orz

というわけで、涼しげな水面の写真を(ry
いやそうじゃなくて、昨日みたニュースの「三浦でシートにくるまれた女性の遺体」・・・って、現場は小網代の入江じゃないですか。(汗
朝のニュースを見ていたら現場の映像が流れてすぐに気がつきましたよ。しかも、そのアングルではわたくしが2013年の3月に訪れたときにスクーターを停めさせてもらった白髭神社が映っているという。一度しか行ってないんですけど、必死に印象を脳に焼き付けようとしていたので一瞬であそこの雰囲気が蘇る。奥の森の方はとにかく、今回の現場は人が全然いないわけじゃないし、あまり水深はないと思われるので、そんなところに人を沈めたらすぐに見つかっちゃいますよ。大体がコンクリートブロックとか(特にホームセンターとかで手に入る奴)、重そうに見えるけど実際の比重は大したことないですからね。もっと重いもの、庭石とかそういうのを括り付けて沖の方へ行かないと。詰めが甘い、ってそういう話じゃないな。(汗

冗談はとにかく、生きたままとか、よくやりますね。そのシーンを想像するとゾッとする。やっぱり幽霊とか妖怪より人が一番おっかないな。(汗

図は2013年3月の小網代の入江。この日は曇りがちでこんな煮え切らない写真しか撮れませんでした。奥の森の方も工事中かなにかで、手前側しか入ることができませんでしたね。誰もいなかったので行く気になれば行けたんですけど、この夕暮れ時に奥の方まで行っちゃったら迷子になる可能性があるので自重しました。でも、いかにもミサゴが出そうな雰囲気で、一人で盛り上がっていたのを思い出します。
今度行くときは最深部まで探索してみたいと思います。あ、わたくしは人が死んだ場所だから気味わるいとか、そういうの全く全然気にしないタチです。そんなこと言ってたら、明日は椎名さんのライブで東京へ行きますけど、あそこら辺なんて歩けやしませんよ。w
by namatee_namatee | 2015-07-31 21:06 | diary? | Comments(2)

忘れようにも思い出せない、あれは何時のことだったか

c0019089_20151664.jpg

本日は海から霧が来て少しは過ごしやすい・・・と思ったら、陽が昇ってきて霧が晴れちゃったらいきなり思いっきり暑くなりまして。(汗
仕事で大洗方面へ行ったんですけど、10時過ぎぐらいまでは海からなのか、霧が立ち込めていて眺めも幻想的で良かったんですけどね。多少湿気っぽい感はありますけど、暑いのよりはマシ。で、あの大洗の狭い街中をぐるぐると走り回って、一通りお得意先を訪問して、コンビニで休憩しようとしたら前述の通り霧が晴れて(ry
もうね、この暑いのなんとかしてくれませんかね。orz

というわけで、比較的真面目に仕事をしておりましたので、特にネタがない。なので小ネタ。

まずは・・・椎名さんのアコースティックライブの発券がされたこととか。わたくしは昼夜どちらも100番以内のごく平凡な番号でした。昼の部の方が良い席かな。どうせ狭いので100番以内なら良いや。
あとはそのアコースティックライブ、珍しく事前に演奏する楽曲が判明しまして「やさしいひとになりましょう」を演るそうです。コーラスを練習してこいとのことでした。w
で、「やさしいひとになりましょう」のコーラスって難しいんですよ。わりと曲のはじめの方からあって、心の準備ができないうちにそのタイミングが来ちゃう。声の高さもおっさんには微妙な上に高いのと低いのがある。これは難物ですよ。w

次は、前述の通り、午前中で疲れてしまったので会社へ帰って事務処理をするふりをして某巨大掲示板をみていたら、今度の日曜日につぼみ嬢がイベントで納豆の国の「富士書店」へくるそうじゃないですか。
つぼみ嬢、イベントはしょっちゅうやってますけど、大体が東京とかもっと遠い地方でそう簡単に行けるところじゃないんですよね。今回は近い(といってもウチから50kmぐらい離れてますけど)のと、某巨大掲示板の情報では、田舎なのでお客さんが少ない予想で、ゆっくりお話ができるかも、という。い、行ってみようかな。w

そのつぼみ嬢の作品、AVはすごい勢いでリリースされるので、もう古い作品になってしまいましたが、「魔法少女つぼみと淫魔の罠」という作品を観ていたんですけど、これが面白いのなんのって。w
タイトルの通り、つぼみ嬢は魔法少女の役なんですけど、なりたてなのでうまく魔法が使えず、何が起きるかわからないという設定。女子高生のつぼみ嬢が慕っている先生が暴漢に襲われているのを助けるために、キュウベエみたいな悪魔と契約して魔法少女に(ry
そういうのはどうでも良いんですけど、「オマーンママンオママーン」みたいなこれまたどうしようもない呪文(つぼみ嬢からして「これ本当に呪文なんですか?」と言っている。w)を唱えて、暴漢の頭を冷やそうとすると、当のつぼみ嬢の真上からザバァッと大量の水が降ってくる。つぼみ嬢はそういう段取りなのをたぶん知らないんでしょうな。すごく驚いて、何が起きたのか理解できず、焦りながらキュウベエ役の方を見て声にならない声でどうしたら良いか助けを求めるという。寸前まで役者として演技しているんですけど一瞬にして素に戻る。で、あ、いけね!みたいな感じで動揺しながら演技に戻ると。
キュウベエ役の悪魔に促されて、もう一度呪文を唱えると、今度は天井からでっかいタライがガーンとかいって落ちてくる。ドリフのアレですな。これはさすがにつぼみ嬢の上にではないんですけど、やっぱり知らされていないようで、つぼみ嬢、ものすごく動揺する。「え?ええっ?」みたいな感じで、作り物の呪文が本当に効いたように錯覚しているようにも見えます。で、さらにもう一回呪文を唱えるとまたでっかいタライが(ry
この動揺しながらも演技を続けるつぼみ嬢は見ものです。こんなに面白いAVは初めてですよ。w
後のエロシーンはどうでも良いですなぁ。某巨大掲示板のファンの方々の書き込みをみているところでは、応援のためにDVDは買うけど簡単に内容確認するだけという人もいるようで、わたくしも応援というほど買ってませんけど同じような感じですなぁ。正直、AVよりも「つぼみたんとお散歩たんたん」とかの映像の方が面白い。w

AVといえば生まれて初めて観たAVってなんだったんだろ?とか考えていましたけど、タイトルや内容は思い出せませんけど女優さんは覚えているという。w
それは「菊池えり」嬢です。菊池えり嬢といえば「シスターL」が有名ですけど、たぶんそれじゃない。いずれにせよシネマジックの作品で男優・監督かなんかで中野D児氏というかたが出演されてましてね。なんていうか、中野氏の独特の容姿が印象に残っていました。
で、中野氏はプラモデルのコレクターかなんかでもあるらしく、なにかのおりにTVのニュース番組かなにかでインタビューされているのを偶然見かけたんですよ。当時はわたくしも親と今よりは良好な関係でしたので、一緒にご飯食べながらだかくつろぎながらだかで観ているTVの画面にこっそり内緒で観ていた(当たり前だ)AVでおなじみの中野氏が映っているという。中野氏が画面に現れた瞬間に素でお茶吹きましたからね。w
親はなんでわたくしが動揺しているのかわからず、不思議そうな顔していたのが記憶に残っております。

図はこれまたネタとは全く関係ない、そもそも本日の写真でもない、昨日仕事をサボって入った喫茶店の「サラダモーニング」とかいうメニュー。「モーニング」といえば名古屋が本場ですけど、最近は南東北(本当は北関東)にも「モーニング」はあります。昔は「モーニングセット」といってましたけど、最近は「モーニング」になりましたかね。
名古屋と違って南東北(本当は北関東)では喫茶店は数少ない。そのかわりファミレス並みにでっかいのが郊外の大きな道路沿いにあったりします。暑くて仕事したくないときは、こういう喫茶店に入ってタブレットで漫画でも読んでいるのがよろしいですな。実に営業らしいです。w
by namatee_namatee | 2015-07-30 22:03 | diary? | Comments(0)

どういうこと?

c0019089_2105517.jpg

先日、CDショップを探し回っていたCDってのがこれでございます。>Fanfare(初回限定盤)
見ての通り、声優の佐藤聡美さんの1stフルアルバムだそうです。確か「☆」はミニアルバムなんですよね。
「☆」も良かったけど、これも良いですね。っていうか、佐藤聡美さんは椎名さんの妹分ということらしいので、その点からいくと、椎名さんと同様に存在については諸手を挙げての肯定で、楽曲についても基本は+からのスタートですので、その点は考慮していただく必要があります。

というのは、リアルの方の友人から「お前の書いていることは公平さを欠く」というような意見をいただきましてね。「椎名さんばっかり持ち上げやがって」というような。いやもちろん冗談交じりですけどね。「口(くち)プロレス」とでも言いますか、そういうネタですよ。だがしかし、ムカつくのは確かなので反論しちゃおう。ブログのネタにして公開処刑だ。w

いやだから個人のブログに何を言っているのかと。w
わたくしは音楽の評論家じゃないですからね。ここに書いてあることはわたくしの好き嫌いそのものです。わたくしが椎名さん関連で身につけた信念として「他人の何かの好き嫌いだけはどうやっても変えることはできない」というのがありまして、それは同時に誰かがわたくしの好き嫌いに干渉してそれを変えさせようとするのは無駄、ということであります。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと自分のブログで表明しているだけですよ。その表現の仕方や書き方が悪くて特定の方を貶めるようなことになったり不快な思いをさせてしまった場合は、その点については修正したり撤回したりしますけど、大元の好き嫌いに関しては人に何か言われたからといって変えるつもりはありませんね。時間が経って意見がしだいに変わっていくってのはありますけれども。
大体が、好きなものは際限なく好きでたまらない、どこまでも好きだと表明して何が悪いのか。ましてや自分のブログだし。極端な話、わたくしの椎名さんネタについてアンチな立場を取るのなら、自分でブログ作ってそこで持論を展開すれば良いんですよ。もっとも、わたくしは不快なものは自分から見に行ったりはしないので、そういうブログがあっても読みませんけどね。w

というわけで、話題を戻すと。
「Fanfare」は前作の「☆」から正常進化という印象。無理矢理な比喩でいくと「Rockin' for Love」と「Rock Rose」みたいな感じ。わかるかなぁ、わかんねぇ(ry
佐藤さんはギター好きですね。自分でも弾く練習をしていると言ってましたけど、このアルバムやライブで弾いたのかな。椎名さんの妹分といっても、楽曲に直接、椎名さんの影響を感じられる部分は多くないのですけど、このギター好きな感じは共通しているのかもしれません。全体に椎名さんよりもドライというか乾いた感じの音に聞こえます。これに比べると椎名さんの楽曲はウェットでちょっと重い印象があります。
最後の最後に異質な曲「Le jour」がありまして、これは「失われた未来を求めて」というアニメのOPだそうです。で、これを聴いてつくづく思ったのは、わたくしはこういうタイプのアニソンが苦手だということ。なんだか無駄に盛り上がっている感じがあって、それがわざとらしく感じてしまうんですよね。楽曲としては個性的だとは思いますが、アニソンとしてではなく、単独の歌として考えるとなんだかよく分からないんですよ。アニメがあるから成り立っているのであって、それを除外して聴くとわざとらしく盛り上がっている謎の曲という印象になります。アニメの主題歌なんだからそういうのは当たり前ですけれども。
極めて傲慢なことを言えば、「Le jour」はこのアルバムに入れる必要はなかったのかなぁ、とも。「with a will」の「空をあきらめない」みたいな感じとでも言えば分かる人にはわかる・・・かも。
「ミライナイト」とかは歌い方のせいか、違和感がないんですけどね。先日の椎名さんのキャラソンと同様、アーティストとして捉えた時に、声優さんと作品の関係や影響というものはなかなか厄介なものだなぁと思いました。少なくともわたくしにとっては。
わたくしは佐藤さんのラジオ聴いたりとかネットや雑誌などで特に情報を集めたりしておりませんので、この感想は楽曲を聴いたのみのものです。念のため。

この「Fanfare」、予約しようと思っていて忘れて買いそびれ、欲しいものリストに入れておいたんですけど、うっかりポチるのも忘れてしまっておりました。(汗
で、最近ネットで読んだ「声優・佐藤聡美さんを脅迫容疑 「ライブで危害」 39歳男を逮捕」というニュースで思い出したんですよ。(汗
これはわたくしの「声優さんのファンの中でやらかしちゃったのを「声オタ」という蔑称で呼ぶ」という定義でいう「声オタ」そのものですなぁ。(汗
どうもツイッターで「ライブであなたに危害を加えます」とか脅迫したらしいんですけど、その結果、警視庁に脅迫の疑いで逮捕されて、39歳無職、名前まで出ちゃってる。割に合わないだろ、これ。(汗

一体どういう了見でこういうことをやらかすのか、その心理とか行動原理が知りたい。以前、友人から「恋愛感情に近いもの」とも教わりましたけど、恋愛だとしても脅しちゃったら成就しないでしょうに。
例えば近所の声も容姿も綺麗なお姉さんに恋をしたとして、相手に無視されたからといって脅迫したらそれで完全に終了でしょう。
っていうか、脅迫なんてしないでいきなり実力行使すれば良いんですよ。いやいや良くないですけど。
このかまってちゃん的な煮え切らない行動がわかりませんなぁ。以前、「気持ちを断ち切りたかった」といってライブで携帯ラジオをぶん投げた人もいましたが、これだってやるんだったらちゃんと的に当てろってんだ。それとも何か?騒ぎを起こすことで簡単に断ち切れるような気持ちなのかと。なんなの、このヘタレな感じ。まったく、これだから「声オタ」は。すごい迷惑だから本当にやめてほしいですね。

声優さんとしての佐藤さんに恋い焦がれたのか、それともなにかのキャラクターの声を演じた人として、そのキャラと同一視して好きになったのか、それとも単に女性として好きになったのか、それも知りたいなぁ。声優さん、芸能人として人前に出てきたから佐藤さんという人を知ったのでしょうから、その時点ですでに近所の声と容姿が綺麗なお姉さんとは違うわけですよね。だったら、そういう存在として節度を持って接するのがスジだと思うんですけど、そういう理性はどこにいったのかと。(汗

何考えているんだか本当にわかりません。恋を成就させたいのなら、本気で真面目にアプローチすればよろしい。手紙やメールだすとか、ライブやイベント行くとかで名前や顔を覚えてもらえば、佐藤さんと恋仲になることについての可能性は極めて低いにしてもゼロではない。だけど、脅迫しちゃったらその時点で全てパーですよ。そんなこともわからないのかと。orz
なんていうか、ファンの世界って「卒業する」とか、極端にすっぱりと拙速にケリをつけたがる印象がありますね。その恋い焦がれている気持ちだって楽しいんだから、ずっと楽しめばよいと思うんですよ。
by namatee_namatee | 2015-07-29 21:28 | music | Comments(2)

スパルタン

c0019089_20575691.jpg

久々に登場。>ETYMOTIC RESERCH ER-4S
わたくしのイヤホン遍歴の原点であり終着点でもあるという偉大なイヤホン。特徴は極めて高い解像度で、これを上回るものはそうはありません。ウチにはカスタムIEMのCW-L05QDというのがありまして、これはさすがの解像度なんですけど、それでもER-4Sの方が勝る場面が多い。価格は1/4以下なのに。(汗
もちろん椎名さんの音楽を主に聴くわけですけど、これ本当に脳に音が突き刺さってきますからね。前にも書きましたが、椎名さんが本当に得意な領域へ差し掛かった時の声の変化はパワーバンドに入ったツインカムみたい。それが一番よくわかるのがこのER-4Sです。わたくしが椎名さんにハマった間接的な原因のひとつですなぁ。

こうやって褒めていると良いことばかりかと思われますけど、欠点としてはイヤーチップに癖がありまして。正統としては三段フランジ、手前に写っている明るいグレーの奴、これがER-4S本来の音を聴くためのものらしいのですけど、装着感が悪いんですよね。慣れないと痛かったりする。あと、耳に突っ込む角度によって大きく音(特に低音)が変わるので、新品のイヤーチップはベストな位置を見つけてそれがキープされるように癖をつけないとダメです。位置決めが決まらないと、本当にスカスカの音で聴けたもんじゃありません。

しばらく放っておいたせいで、三段フランジに変な癖がついて潰れてしまっていたので、新品に交換したんですけど、耳に突っ込むのも久しぶりだったもんで、この位置決めがどうにも決まりません。ここら辺という勘所を忘れちゃったのと、耳穴も三段フランジの感触を忘れてしまったようです。w
仕方がないので、とりあえず低反発スポンジみたいなイヤーチップ(これも付属する)で聴いてます。これはこれで遮音性は三段フランジに負けず劣らずだし、耳の中での位置決めもまあまあ。ただ、本当の意味でのER-4Sの切れ味みたいなのはやや劣るかな、といったところ。

最近はヘッドホンのB&W P7やイヤホンでもOSTRY KC06とか、比較的おとなしめの、言って見れば軟弱な奴で聴いてましたので、たまにはキリッと気合を入れてみようと思いまして、ER-4Sを引っ張り出してきたんですけど、記憶していたのよりずっとスパルタンだったというネタでした。

おっと、ER-4Sは椎名さんだけじゃなくて、女性ボーカル全般に向いていると思いますので、そっち方面を聴く方にはオススメですよ。アニソンとかもボーカル中心に聴きたいのなら相性が良いかと。ただし、インピーダンスの関係で非力なDAPとかiPhone直刺だと音量が取れないし、本来の音質にならないので要注意。真面目に運用するならポタアン必須です。敷居高いな、おい。w
by namatee_namatee | 2015-07-28 21:17 | audio | Comments(0)

無駄足だった。orz

c0019089_21314462.jpg

本日も暑かったですね。(棒
ちょっと都合がありまして、町のCDを売っているお店に買い物をしに行きました。とあるCDが欲しかったんですけど、これが売ってないというか、どこ探したら良いか分からない。何店舗か回りまして、音楽のジャンル別に並んでいるところが多かったのですけど、JPOPとかアニメ音楽とか、そもそもどのジャンルなのかわかりませぬ。orz
ジャンル分けは邦楽と洋楽ぐらいにして、あとは徹底的にアーティスト名をあいうえお順に並べてくれると助かるのになぁ、などと思ってました。

結局、目当てのCDは見つからなかったのですけど、ついでなのでお店の様子をざっくりと見てました。
当然ですけど、目立つ、すぐに手が出る、そういうところに置いてあるのは流行りのアーティストのシングルやアルバムですよ。わたくしとて、なんだかんだと椎名さんがらみで調べたりしているので、それに付随して入って来る情報のおかげでトレンドみたいなものを全く知らないということもないのですけど、だからといって興味があるかというと(ry
わたくしの場合、こういう類のなにか引っかかった楽曲ってiTunesなどでさっと触りのところ聴いて確認して、気に入ればDLして聴く、そういう接し方になるんですよね。それでそのアーティストさんが好きになれば、次はCDで買おうか、もしくは同じアルバムなりシングルをCDで買いなおそうか、となるわけですけど、流行りのアーティストor楽曲という自分のカテゴリーの中にあるうちはCDは買いませんなぁ。ジジイだから実体のあるCDが欲しいというワケでも無いんですよ。むしろジジイでせっかちなので、すぐに聴けるDLの方がありがたいという。

わたくしはこのジャンルに関しては相当に放漫なお金の使い方をしている自信がありますが、そうでない方々、例えばFCの年会費の4,000円が勿体無いとか割に合わないとか思う堅実な金銭感覚の方々(別にバカにしているわけでは無いです)が、そう簡単に並んでいるCDをポンポン買うとは思えませんなぁ。
いやしかし、並んでいるCDを「これ面白そう!」といって何枚もピックアップしてレジに持っていく、そういう人って今時いるんですかね。仮にCDを買う人がいたとして、今はスマホでもPCでも事前にいくらでもどんなもんか調べて、さらにいうならば試聴もできて、散々、情報を調べつくしてから、いわば指名買いみたいな感じで買いにいくんじゃないかなぁ。あるいは調べている段階でAmazonのリンクとかから通販で買っちゃうかも。w

それはそれ。3店舗ほど回りましたけど、今のわたくしに比較的近しい存在のアーティストさんである水樹奈々さん(!)のCDはどのお店にもありました。さすがです。ただ、前述の通りJPOPの「み」の棚にはない。1箇所はニューシングルの紹介のコーナーにありましたが、他のアルバムやシングルはなし。別なお店では「アニメ音楽」のコーナーに「堀江由衣」さんや「田村ゆかり」さん、「國府田マリ子」さんなどと一緒にありました。この「アニメ音楽」のコーナーが少し端っこに追いやられた感じの棚で扱いが悪いという。もっとわかりやすく前の方にしてくれませんかね。

ちなみに椎名さんのCDは・・・わたくし、CDショップで椎名さんのCDが並んでいるのを見たことがありません。w
一回だけ、メロンで有名な町のちょっと寂れたゲームやCDを売っているお店で「椎名へきる」という棚がちゃんとあったのを見たことはあります。もっともそこにあったのは「Best! ~Single Collection~」だけでしたけど。
まあ水樹さんにせよ、堀江さんにせよ、並んでいるアルバムやシングルは最近のものの一部で、ちょっと前のこれが欲しいとなると結局は取り寄せてもらわなければなら無いことになってしまいますけどね。だったら最初からAmazonで(ry

1時間半ぐらいかけて3店舗ほどまわり、結局目当てのCDは売ってなかったのですけど、こんなことをやってるならスマホでAmazonから買った方がなんぼか速くて楽で確実だと思い知りました。
CD屋さんも店頭には場所をとるディスプレイや棚とか無くして検索するための端末だけ置いておいて、検索して購入のボタン押すと窓口からそれが出てくるとかにしてくれると良いのになぁ。スペースと人員が減らせる分、在庫をたくさん持てるから、今回のわたくしのようにどうしてもすぐに欲しいという要望に応えられる可能性が高くなると思うんですよね。

あえてCD屋さんの店頭で買う、という人の場合、どういう理由とかこだわりがあるのか、それが知りたいような気がします。w
by namatee_namatee | 2015-07-27 21:34 | music | Comments(6)

暑い。orz

c0019089_19181386.jpg

暑い。orz
まだ7月下旬なのにこんなに暑くて、これじゃこの先どうなるのか。orz

サバゲに行くという手もありましたが、さすがに自重。もう歳なんだから(ry
本日は無難に休養日ということにいたしました。朝6:30に起きたらすかさずエアコンonでそのまま。部屋で主に「艦これ」とあと嫁さんが勝手に借りてきてくれた「アメリカン・スナイパー」を観てました。
「艦これ」は「睦月」の改二化を進めております。現在、Lv62なのでもう間もなくでしょう。次は「如月」その次が「阿武隈」というスケジュール。まだ先は長い。と言っているうちにイベントが始まりそうですね。

「アメリカン・スナイパー」を観た感想は・・・なんだかよく分からないといったところ。NAVY SEALsの隊員があんなにヤワなの?という気持ちと、鍛え上げられた彼らですら、あのようにまいっちゃうのか、と判断が難しい作品だとおもいました。あとSEALsの訓練、BUD/Sやヘルウィークの様子らしきものが描かれているんですけど、残念ながらそれを知らない人にはあれがどれだけ厳しい試練なのかが伝わらないなぁ、と。

さすがに外に全くでないのもアレだとおもいましたので、夕方、やや日が陰ったころを見計らって、Vespa LX150ie 3Vでプチツーリング。
南東北(本当は北関東)は特に特徴のない田舎ですけど、二輪車で適当に流すのにはなかなか恵まれた立地であります。南北に走る主要な道路を東西に結ぶ無数の道がありまして、その中にはこのような見晴らしの良い道も多くあります。こういった道をTシャツと短パンで流すのはなかなかの快感ですよ。
by namatee_namatee | 2015-07-26 19:42 | motorcycle | Comments(2)

買ったのを忘れてた。(汗

c0019089_20124958.jpg

これは「PURE SONGS ZERO@DREAM C CLUB」だそうです。某オークションに設定している「椎名へきる」というアラートで引っかかってきまして、そこからAmazonでポチった・・・はず。だいぶ前の話なので、もう記憶が定かでありません。そういうことばっかりしているからいつも金がないのだと何度言ったら(ry

どうもこの手の音楽は性に合いませんで、椎名さんの歌じゃなかったらまず手を出しませんなぁ。(汗
そして、たとえ椎名さんが歌っていてもコレジャナイ感があって、なんとなくモニョモニョした気持ちになりますなぁ。
もちろんこれは人それぞれでして、「風が吹く丘」や「抱きしめて」に全く心が動くことのないという同僚がハマっているという楽曲、それがこういう感じのたぶん声優さんの歌うアニソンだったんですけど、それを聴いても今度はわたくしの方がピクリとも反応しないという。w
大変申し訳ありませんけど、椎名さん以外はみんな同じに聴こえます。また余計なこと言いやがると怒られそうですけど、これは優劣ではなくて、たぶんわたくしの耳には椎名さんの声の周波数帯とか発声のイメージが記憶されていて、さらに楽曲に共通するテーマみたいなものが、もう空気のように身にしみているのに対して、そうでない方は全く新規にイメージを構築しなければならず、いい加減そういう処理能力が衰えているのでついていけないのではないかと思います。(汗
あとはこれらはキャラソンなわけですけど、そのキャラクターについて全然知らないというのも問題です。っていうか、「ドリームクラブゼロ」についてほとんど何も知りません。w
いずれにせよ、わたくしのつたない&偏った知識からの感想であり、人によっては全く違った印象を持っても不思議ではないということですね。

そして、こういうアルバムを聴いてみると、椎名さんの声や歌はやっぱりちょっと他の方々とは違う性質を持つと感じます。おそらく現代では椎名さんの歌声や歌い方のほうが異色に感じられる可能性が高いと思いますなぁ。椎名さんはあまり似た声の人がいないとも言われますけど、それも確かにそうだと思いますね。

とはいえ、前述のとおりコレジャナイ感もありまして、例えばこのアルバムの5曲目の「Happy & Pride」はなかなかに力強く熱い曲調で、それがなんとなく「Secret Butterfly」っぽいんですけど、比べるとやっぱり楽曲が椎名さん自身のものになっていないような、ややぎこちない感がある。これを一般的に声優さんとしてキャラソンを歌うときの「歌唱力」がないと言いがかりをつけられたら、さすがのわたくしもその点においては「ぐぬぬ」と言いながら首肯せざるを得ないですね。w
ただし、他の方の場合がどうなのか、つまり自身の歌を歌うときとキャラソンのときの差がどういうものなのかはわかりませんし、わたくしにとっての椎名さんの歌というのは至高の存在であると同時に細部についてどうでも良いようなところまで聴き込んでいるものなので、評価が甘いどころかむしろ厳しい可能性もあります。
つまり「椎名へきる」という存在に関しては両手を挙げて肯定で、楽曲についても基本は+の評価するという立場ですけど、わたくしの中の楽曲それぞれの相対的な優劣には極めて厳しい評価基準があるとでもいいますか。わかるかなぁ、わかんねぇだろ(ry

いやしかし、前述のとおり「ドリームクラブゼロ」については全く知らないわけですけど、キャラクター紹介の遥華のセリフがいかにも椎名さんが演じるキャラクターらしく、おかげで読んだそばから椎名さんの声で再生されまして、なんとも言えない気分になりました。w
by namatee_namatee | 2015-07-25 21:24 | music | Comments(0)

暑いです。orz

c0019089_2015277.jpg

「ヨコハマ買い出し紀行」第13巻第122話「スイカの日」より。

ここのところ暑いのなんのって、ずっと晴天続きで35度以上。昨日は雨模様で少しは涼しいかと思ったら、確かに気温はわずかに低いものの絶対的には暑いままだし、雨のせいで湿気が酷く、まるでサウナに入っているかのよう。なんでこんなに無駄に暑いのかと。しかもまだ7月下旬ですからね。これから夏本番と考えただけでうんざりですよ。orz

「ヨコハマ買い出し紀行」の世界では人類は衰退の一途を辿っております。発端がなんだったのかは未だに明かされておらず、様々な説がとなえられておりますけど、作品に描かれていて分かることからだと、急速な海面の上昇がなんらかの影響を及ぼしているということ。
海面の上昇自体が問題では無く、その原因が本当の人類滅亡の原因でしょう。何かがあって海面が上昇し始めた。ぱっと思いつく原因としては「温暖化」ですけど、さらにその原因が問題ですね。仮に化石燃料とかの過度の使用によってCO2の増加等の比較的ゆっくりと進む現象が原因の温暖化、これについては賢明な人類が取り返しのつかない段階までそれを放っておくかどうか。わたくしとしてはあまり信を置けない説です。前にも書きましたが、もっと短期的な変化があったのだろうと思います。わたくしとしては「戦争」だと思うんですけど、これは確証がありません。
まず、なにかきっかけがあって海面上昇が始まり、さらに他にもなにかあって人類は減り始める。
温暖化がどんどん進み、南極とかグリーンランドの氷が全て溶けたとして、それで海面は80mほど上昇するそうです。これは大変な事態ではありますけど、80m程度の海面上昇ではまだまだ人間の住む場所はあります。80mでは映画「ウォーターワールド」みたいな世界にはならないのです。w

考えられるとしたら、気候や環境の急変と海面上昇で世界各国、各地の力関係に変化が起きて、資源や水の奪い合いで再度、追い打ちをかけるように戦乱や戦争が起きるとか。結果、様々な汚染で人類は衰退していくと。「マッドマックス」の世界だな。w
あとは単純に気温が高くなりすぎるとか。図のようにあの世界では若くて元気な(とりわけ元気なはずの)マッキですら、夏のカフェアルファ付近で屋外の活動は厳しいということですので、気温が40度以上になってしまうとか。それで人間が生きていけなくなるとかですかね。ただ、標高の高いところへいけばそれもかなり穏やかになるはずなので、人類滅亡とまではいかないなぁ。もっと気温が高くなれば別ですけど、地上の気温がすべて40度とか50度になるような事態ってのは考えづらい。
うーん、結局なんだかわからないんですよね。>人類衰退&滅亡の原因

それはそうと、極東の田舎ではアルファさんとおじさんがこうやってのんびり(第122話はのんびりというわけにもいかない重いお話ですけど)している一方、オーストラリアだかでは(車が左ハンドルなのでアメリカとかですかね)V8!V8! とやっているわけですね。日本に住んでてよかったなぁ。w

いやまあ、ISO14001だかなんだかの環境管理責任者(名前だけですけどね)だったわたくしからするとですね、「温暖化」ってのは「誰かの飯の種」的な側面もありまして、どうにも胡散臭い(ry
by namatee_namatee | 2015-07-24 21:20 | book | Comments(30)

悩みどころ

c0019089_2028555.jpg

グロック用のカービンデバイス。
先日のサバゲでセイフティのジャンクボックスにありまして、値札がなかったのでフィールドマスターに尋ねたら「お気持ちで」とか言われちゃいましてね。お布施か。w
お財布に千円札が2枚あったので、それで購入。安上がり。

とはいえ、かなり悩んだんですよ。だって、ウチにあるグロックといえば図のマルイ製G17しかありません。しかも「G17カスタム」とかいう奴で、サムレストがついております。なので、このカービンデバイスには使えない。新しくグロックを調達する必要があります。
グロックはG17だのG19だの、なんとかジェネレーションだのとイロイロありまして、正直、興味が薄いのでなにがどうなのかよく知りません。わたしゃ1911好きなんですよ。もっともその1911とて、バリエーションについて詳しいわけでもありませんけど。

カービンデバイスに合わせるなら、やはりフルオート有りのG18Cかなというところまでは簡単に決まる。問題はガスブロにするか電動ハンドガンにするか。ガスブロは当然ながら温かい時期限定。電ハンなら一年中使えます。だがしかし、電ハンをカービンデバイスに組み込むなら素直にMP7にすれば良いんじゃん?とか考えると電ハンはウィポポだしなぁ、などと急に気持ちが萎えてまいります。w
じゃあ、ガスブロのG18Cかとなると、これまたガスブロのMP7で良いんじゃ(ry

結局、カービンデバイスってものが中途半端なんですよね。実銃では本格的なカービンを配備するのが難しい貧乏な国や政府が重宝したと聞いたことがありますけど、トイガン、しかも個人の場合は大量に配備するわけではないので、PDWだろうがSMGだろうがアサルトライフルだろうが、いくらでも買えちゃいますからね。

グロックG18C+カービンデバイスはMP7で代替えが可能ですし、そのMP7とて短いカービン、ウチの場合だとXCRとかAKS74UNとかで代用が可能、どころかそっちの方が装弾数とか初速で有利ときたもんだ。
ただ、調達コストについてはMP7より安く上がるので、その点においてはやや有利かな。もっとも前述の通り、何丁も買うわけじゃないので大した差にはなりませんけど。

今回は極めて安く手に入ったので、これも何かの縁。なにを入れるか、しばらく悩んでみようかと思います。
by namatee_namatee | 2015-07-23 21:03 | survival game | Comments(11)

因縁の対決

c0019089_21521456.jpg

よく「因縁の対決」などと言いますね。
わたくしはスポーツは見るのもやるのもさっぱりですけど、野球やサッカーでも特定のチーム同士の対決は盛り上がりますなぁ。

「艦これ」方面だとこれまた有名な軍艦同士の対決とか、その建艦思想上の類似点からライバル扱いとか。
有名どころでは「ビスマルク」vs「フッド」もしくは「プリンスオブウェールズ」、こちらは実際に激突して決着もついてますけど。「フッド」は不当に低く見られる傾向があって、ちょっと残念。本当は優秀な巡洋戦艦なのになぁ。あの状況だったら「プリンスオブウェールズ」でもどうなっていたかわかりませんよ。
もし「フッド」が「艦これ」に実装されたら、運はとても低いんじゃないですかね。(汗

対決が実現しなかったライバルとしては「大和型」vs「アイオワ級」なんてのが有名ですかね。もっともこの2つの戦艦に建艦思想上の類似点があるかというと・・・わたくしがよくわからないのは「アイオワ級」のやたらに高い速力。31ノットとか、他の戦艦が付いてこられないじゃないですか。戦艦は一隻では使い物にならないはず。艦隊にあってこその戦艦ですよねぇ。
それにもし「アイオワ級」と「大和型」が1対1で殴り合いしたら(ありえませんけど)、緒戦はレーダーや射撃管制システムの関係で基本的に「アイオワ級」が有利とは思いますけど、「大和型」の力技の防御力と打撃力で最後は止められないんじゃないでしょうか。速力は装甲の代わりにはならないのだ。

飛行機だと二式大艇 vs B24とか、五式戦 vs P51とか。Bf109 vs スピットファイアなんてのも有名ですなぁ。戦車だとティーガーII vs IS-2とかですかね。こちらも詳しくありませんけど。(汗

で、本題。w
車の場合も「因縁の対決」の対象になる組み合わせはたくさんあります。有名どころではスカイラインGT vs ポルシェ904とか。もっともこれはネタといっても良いぐらい性能差があって、とてもライバルとは言えませんけどね。w
日産フェアレディZ vs トヨタ2000GTはいかがでしょう。フェアレディZが432だったら2000GTの出る幕はありませんな。

メーカー同士だと、ルマン24時間で激突したフォードとフェラーリ。はるか以前にネタにした「THE GUMBALL RALLY」(邦題「激走!5000キロ」)はACコブラ427とフェラーリ365GTB/4デイトナの対決なんですけど、これはそのルマン24時間でのフォード vs フェラーリをモチーフにしたんじゃないかと思います。粋だよね。

そういったなるべくしてなったライバル同士の対決、というものをわたくしが意識した最初はなんだったのか。
実はそれははっきりしておりまして、小学生の頃に読んだ「サーキットの狼」でございます。飛鳥ミノルのランボルギーニ・ミウラ(SVだったかな)とフェラーリ365GTB/4デイトナ(ここでも出てきました。w)が公道グランプリで対決する場面がありまして、この2車はもう因縁が車の形しているようなもんですから、作品の中でもそのように描かれており、これがわたくしが「因縁の対決」を意識した最初です。今思うと「サーキットの狼」はそういったメーカー・ブランド同士の歴史と関わり合いについて、やや大げさながら参考になる記述が多かったですね。

図はそのランボルギーニ・ミウラのエンジン。ずっと前に訪れた、その名も「サーキットの狼ミュージアム」で撮りました。ミウラって横置きなんですよね。確かレイアウトはホンダのF1やフォードGT40を参考にしたんだかパクった(ry
レーサーが普通の車(普通じゃありませんけど)の皮を被ったような車で、ロマンの塊です。>ミウラ

っていうか、これエンジンリジッドマウントなのかなぁ。前側のキャブレターと窓枠とのクリアランスがほとんどない。普通のエンジンマウントだとエンジンが揺れたらキャブが窓枠に当たっちゃうなぁ。(汗
あとプラグ交換はどうやってするのか、それを考えてると一晩中寝られないんです。w
by namatee_namatee | 2015-07-22 23:16 | car | Comments(20)