<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

出番が近づいてまいりました。

c0019089_20155994.jpg

老眼対策でK.T.W.のイサカ・ライアットに光学機器を載せるプロジェクトの顛末。

戦民思想さんにお願いしていたものが出来上がりました。
もう写真のとおりでございます。リアサイトに共締めで短いピカティニーレールを取り付け、そこへ小型のダットサイトを載せる。言葉で説明すると簡単ですが、実際のものを見ても簡単明瞭。余計なマウントなどつけずにシンプルにまとまりました。
おっと、製作が簡単だったなどとはもうしません。怒られるから・・・じゃなくて、もちろん自分でやっても出来なくはないんですが、適正な長さのネジの選定とかレールの手配とか、そういった段取りを考えると製作そのものはもとより、パーツの在庫をちゃんと確保してある本職の方にお願いするのが最も確実で、実はコストの面でも有利だと思います。今回は光学サイトのT-1(もちろん本物ではない)もお願いしちゃいました。あれって通販だとハズレを引く場合がありましてね。その点、戦民思想さんにお願いすれば、チェックして大丈夫なものが手に入るわけです。
なんだかんだでこういった細かい仕事を専門の人に気軽に頼める環境にあるってのは、案外恵まれているのかもしれませんなぁ。>自分

実際に撃ってみると、これは使いやすい。取り付け位置がリアサイトと同じなので違和感なく素早く狙える。これはブレークの予感。w
光学サイトオンリーでの運用になってしまって、どんな時でも使えるエアコキショットガンの持ち味が・・・いやいや、T-1ダットなど何個もありますからね、予備を持っていってダメになったら換えれば良いんですよ。w

給弾不良も直ったし、次のゲームでデビューといきますかね。>イサカ・ライアット
by namatee_namatee | 2013-10-31 20:44 | survival game | Comments(5)

季節外れのようなそうでないような

c0019089_20291111.jpg

ネタがない。w

「みたいラジオ」でやりそう。
皆さんご存知、ガリガリ君の「クレアおばさんのシチュー」味。
これ、そのうち「みたいラジオ」でネタにすると予想しまして、自分でも買うタイミングをはかっていたんですが・・・本日、会社の人が買ってきてくれました。16:30ごろ。
タイミング悪いちゅうーねん。もう帰る支度してるっつうーの。・・・せっかくだから、いただきましたよ。w

これなー、ほんとうにシチューの味がするんですね。わたくしはあの有名なコーンポタージュ味は食べたことがないんですが、このシチュー味の再現度を考えるとすごかったのは想像がつきますね。>コンポタ味

このシチュー味の感想はというと、甘いんだけどしょっぱい?アイスとしてはすごく変。ネタとしてはとても面白いといったところでしょうか。
実はわたくしはあまり好きでなかったりします。>ガリガリ君
アイス買うならジャイアントコーンとかなんとかモナカとか選んじゃう。あとハーゲンダッツのなにかとか。なので、こういうネタにふった奴じゃないとまず買いませんので良い経験になりましたとさ。
by namatee_namatee | 2013-10-30 20:44 | diary? | Comments(2)

暗いと不平を言うよりも・・・

c0019089_2145677.jpg

そろそろ寒くなってきたので417ウインドブレーカーを(ry

写真を撮ったのは本日ですが、先日の秋のヘッドホン祭り〜飲み会はこのウインドブレーカーでまいりました。これ、某オークションで417Tシャツを買いあさっていた時に出品者がTシャツと写真を間違ってしまったというイワクツキのもの。間違いが判明して出品者の方から慌てた感じで連絡がありましてね。まあいろいろありまして、わたくしはウインドブレーカー本来の価格で買いますと申し上げたんですが、出品者の方はTシャツの価格で良いとおっしゃいまして、そのままだとお互い話が進まないので他のTシャツもウインドブレーカーも含めて改めて一緒に落とすから、みたいな話で落着したもの。

夏場は出番がないので放置されておりましたが、ちょっと風が冷たくなってきたので引っぱりだしてきました。なのでマジマジと見たのは出かける直前だったと言う。思っていたより派手で、特にこの背中のロゴとか、おっさんが着るのはためらわれましたが他に着るものがないので、ままよと。w
まあ「417」は堅気が見ても何がなんだかわかりませんからね。下の小さい字まで読むほどわたくしに興味を持つ奴なんて居やしませんよ。・・・ヘッドホン祭りでしかめっ面で試聴していて、まさか「抱きしめて:椎名へきる」を聴いているとは思うまいとか言いましたが、もしかするとバレてたかもしれん。w

これ、結構よい出来です。縫製とか生地とかまとも。着心地もよろしい。ただ、この417のロゴのあたりが弱そうな感じ。ぞんざいに扱うと剥がれちゃうかも。貴重品とも思えませんが、探して手に入る類のものでもないので大切に扱った方が良さそうです。

いやしかし、こうやってみると頭頂部の毛が薄いな。w>自分
どうも最近頭洗うのが楽になったと思っていたんですよ。毛が少なくなりゃシャンプーも少なくて済むし、すすぎも早いですわな。orz
椎名へきるのライブではいわゆるサイリウムは使わないんですが、それは何故かというとファンの年齢層が高いのでみんな毛が薄くて観客席が明るいからだというジョークがありましたが、笑い事ではありませんな。w
by namatee_namatee | 2013-10-29 21:31 | music | Comments(4)

沼からの生還

c0019089_16552832.jpg

昨日の続き。今日は特にネタがないので追記じゃなくて新しくネタにしちゃおう。

秋のヘッドホン祭りで、いろいろと聴いてみましたよ。
いろいろといっても、率直に言ってわたくしは本格的な知識がありませんので、ツイッターなどの知り合いの方からの情報・お勧めに沿って試聴する。あとは良く知られたメジャーなブランドのモノですかね。

写真はそのメジャーなブランドの代表、SHUREのブースで貰ったイヤホンケース。実は真面目に狙っていたのはSE535LTDで、これはまあ常識的な価格(といってもヨドバシ調べで42,800円ですので、これでも一般的にはキチガイ沙汰なのかもしれませんが。)で、一定の評価があるということで。
とりあえず、SE425から聴き始めます。・・・よくわからん。w
次がSE535のLTDじゃない奴。・・・良くわから(ry
で、最後の535LTDですが、良いイヤホンだとは思うんですが、今使っているER-4Sと比べると、なんていうかバランスよくまとまり過ぎ?いろんな音楽を聴く人には向くのかもしれませんが、わたくしのように「椎名へきる専用」となると・・・モノ足りぬ。もっと低い方から高い方まで突き抜けて伸びるとか、せっかく3つもドライバがあるんだから、などと身勝手な印象でした。

次もメジャーなSONY。最近出たXBA-H3とか。XBA-H3はとにかく低音出過ぎ。バランス悪いと感じましたね。これもER-4Sの影響なのかも知れませんけどね。とにかく低音が強くて、その割に高域が良く聴こえない感じ。これに36,800円は出せぬ。これだったらSHURE 535LTDの方を選びますね。

次はこれまたメジャーなTDK。昨日の時点ではまだ発売前のTH-PVEC600WHというやつ。低音重視のBKとVOCAL Tuningと銘打ったWHの二種類があるそうです。実はわたくしはこれが気に入りました。もちろんVOCAL TuningのTH-PVEC600WHの方。ボディ(というのか?)がセラミックス製でドライバが先っちょの方にあるんですって。そのおかげか、音が耳に良く届くような気がする。それがなんとなくER-4Sにも近く感じました。約6,000円ということなので、これが発売になったら買ってみましょう。

次はメジャーか?Klipsch。なんだったか良く覚えてないんですが、たぶんImage X7iって奴じゃないかと。これイヤーチップがあわなくて低音が全然出ませんでした。なので正確な評価は不可能。イヤーチップはイヤホンの難しいところですよね。ちゃんとイヤーチップがあえば悪くないのかも知れませんが、これでなければ!というほどのインパクトはない・・・かな?良くわかりません。w
試聴後にアンケートを依頼されましたがiPadなんですね。おしゃれだなぁ。ペチペチとかなりのスピードでソフトウェアキーボードで入力しましたが、ちゃんとついてくるのに感心。

次は・・・これはメジャーじゃないでしょうな。1964 EARSの1964-V6って奴。これもイヤーチップが微妙でしたが、なんといってもドライバ6つ!というスペックに圧倒される。なんかもの凄いものを聴いている感じはありました。耳にあわないけど、音の良さみたいなのは伝わってまいります。購入して自分にあわせれば(カスタムIEMですから当然ですが)たぶんかなり良いモノなんじゃないでしょうか。

あいだにイヤーチップ屋さんとかオヤイデ電気のブースとかを回る。イヤーチップ屋さんでは外国人の男性に営業をかけられました。イヤホン持っているのか?と聴かれてER-4Sを差し出しましたらば、耳を見せろと言う。左耳を見せると「耳の穴でかいね。」ですって。で、選んでくれたイヤーチップで聴いてみましたが、正直音が良くはなりませんでしたね。悪くもなりませんでしたし、装着した感じはER-4S純正のあのタケノコみたいなイヤーチップよりは快適かな、というところ。そんなわけで気に入ったら買ってね!と言われましたが、買いませんでした。w

次は本命。JH Audio。ツイッターの知り合いの方からお勧めをいただいたブランド。これ、最初ブースがどこにあるのかわからなくて、会場の中をグルグルまわっていたんですよ。実は何回もブースの前を通っていたんですが、混雑していたので無意識に避けていたようです。w
何回目かの周回で「あ、ここか!」と気がつく。テーブルの席が一つ空いていたので、そこで並んでいるイヤホンを覗き込んでいると、遠山の金さんみたいな派手な入れ墨をした外国人の男性が英語で話しかけてくる。「どれが聴きたいんだ?これか、このJH11か?」とか言ってるんだと思うんですが、なにせわたくしは英語は聞き取れなくはないものの、こちらから話すのが苦手でしてね。おまけに久しぶりに外国人と外国語で意思疎通を図るのですごくぎこちない。w
やっとの思いで「イレブン。プリーズ。」とだけ言ったら、耳を見せろと。w
なんかまた耳でかいな、みたいなリアクションしながら、イヤーチップを交換してくれる。で、聴いてみましたよ、JH11 Pro。これはなかなか。低い方から高い方までちゃんと聴こえる。しかも高い方は解像度が高い。ER-4Sと比べてどうのとは一概にはいえませんが、低い方から高いところまで再現する性能はたいしたもんです。まあ価格も12万円とかですけどね。ただし、これならその時の懐具合では12万出すかも知れん、というぐらいではあります。っていうか、イヤホンに10万とか馬鹿?とか言われるけど、そんなの全然平気ですよ。スピーカーとか10万どころか100万円とか普通ですからね。その割になかなかでかい音出せないし、アンプとか金かかるし。それに比べたらイヤホンは仮に50万円だとしても、その性能を発揮させる機会はスピーカーより断然多いのでコスパは良いんですよ。まあほどってのはありますけどね。

それはそれ。今思うとイヤーピースを交換してくれた派手な入れ墨の男性ってJH Audioの社長のジェリーハービー氏じゃね?
畏れ多いな、おい。w
実はJH16Proってのを聴いてみたかったんですが、混雑しているので断念しました。JH16Proはドライバが8個!セットだと16個。すげー。

試聴しているみなさんを見て見ると、ほとんどの人がアンプを使ってますね。ポータブルオーディオプレーヤーにポータブルヘッドホンアンプの二階建てっていうんですかね。なにかベルトのようなもので束ねたりしている。
わたしゃiPod nano単体ですからね。肩身が狭いなんてもんじゃない。w
あ、でもJH11Proはアンプなくても良く鳴りましたよ。

で、しかめっ面して聴いてるのが実は椎名へきるの「抱きしめて」ですよ。わたくしにとってはかけがえのない歌で、これが良く聴こえるかどうかに命かけているんですが、もちろん一般的ではありませんなぁ。そういえばみんななに聴いてるんだろ。やっぱりクラシックとかなんですかね?

結論めいたことをいうと、今回聴いたさまざまなイヤホンでER-4Sを明らかに凌駕するものはありませんでした。強いて言うならやっぱりJH11はすごいと感じましたが、出費とのバランスを考えると・・・

あ、忘れてた。ゼンハイザーのHD800ってのも聴いたんだっけ。これ、専用のアンプもありますとか言われて、いやわたくしはこれで、なんて例によってiPod nanoを見せると「インピーダンス(300Ω)の関係で鳴らないかも。」なんて鼻で笑われましたが、いくら高級な専用アンプでも聴いたこともない音楽じゃ意味ありませんからね。わたしゃ、椎名さんの歌声が美しく聞こえるということのみに興味があるわけで、オーディオヲタではないもんで。椎名へきるが良く聴こえるという条件がある意味リミッターになっていまして、それを取っ外しちゃうと本当にイヤホンスパイラルに突入してしまいます。w
で、16万円のこのHD800は今回唯一のオーバーヘッドだったんですが、これが良かった。とにかくバランス良く全域で良い音ですね。買いませんけどね。

いやしかし、一日で20回以上は聴いたな。>抱きしめて
これが良い音で鳴ると後頭部の毛が逆立って背筋に鳥肌が立つんですよ、今でも。ER-4Sは毎度そうなる。今回そうなったのはJH11ProとHD800ですかね。さすがですね。あと、TDKのTH-PVEC600WHもちょっと来るかな。

といった感じで、ああいうイベントに行く時は普段は使わなくてもアンプを持っていった方が格好がつくという結論でした。w

最後になってしまいましたが、アドバイスをいただいたB氏(どうして良いのかわからないので一応名前は伏せておく。)、ありがとうございました。良い経験ができました。
by namatee_namatee | 2013-10-28 19:50 | audio | Comments(2)

底なし沼

c0019089_16261040.jpg

あ、画像が横倒しだ。w
後で直します。←10/28修正済み

というわけで、本日は秋のヘッドホン祭りを見に出かける。いやぁ、怖ろしい世界をかいまみましたよ。試聴している人の大半がヘッドホンアンプ持参という。そんなところへiPod nano単体で突撃したわたくしの身の置き場のなさを汲んでくださいまし。w

その後、クラクラしながら、サバゲの友人の飲み会に移動。ガバガバ飲んで先ほど散会。酔っぱらってしまったので詳細は追記ということで。
by namatee_namatee | 2013-10-27 22:11 | music | Comments(0)

おおう。orz

c0019089_19582237.jpg

落選キター。

「HEKIRU FILE2」発売イベントってのがありましてね。申込書を往復はがきで送って応募するんですが、その落選の通知が参りました。w
「HEKIRU FILE2」なんてそんなに買う奴は居ないだろうと持っていたんですが思っていたよりも競争が激しいようですなぁ。販売ルートが「虎の穴」「ゲーマーズ」「アニメイト」「音楽専科社」と4つありまして、それぞれ別にイベントが行われるんだそうです。なので、それぞれから1冊ずつ買ったとか言う人もいたようです。その執念はすごい。

シリアル番号のカード付きは「音楽専科社」だけなので「音楽専科社」が一番競争率高いのかな。保険に他でも買っておけば・・・いやこれ何冊もあっても困りますしね。そういうことを考えているようでは本当のファンとは言えないのかもしれませんなぁ。w
それでも2冊ぐらいならあっても良かったので、別ルートでも買わなかったのは失敗でした。まあこういうものはじたばたしても仕方ありません。そのうち、なにやったかぐらいはどこからか流れてくるでしょう。

それにしても、こういう業界っていうんですかね、なんといったら良いのかよくわかりませんが、わたくしに馴染みのないこちらの世界って、チケット取るのとか、こういった申し込みとか、すごくクラシックな方法なんですよ。今回のこれは前述の通り往復はがきでの申し込みでして、こんなのそれこそシリアル番号かなんかで管理して、そういう適当なサイトでも作ってやればもっと簡単にできるだろうにと思っちゃいました。
チケットの購入もファンクラブの人は特別なサイトから申し込めるんですが、それはPCからではなくてスマホ・フィーチャーホン限定という。しかもオフィシャルサイトと連携があるわけでもなく、すごくわかり辛くて面倒くさい。一般販売の場合のチケットぴあとかだと簡単なのにね。

そういえば大晦日の予定が空いたので、もしかすると年越しライブ行け(ry
by namatee_namatee | 2013-10-26 20:25 | music | Comments(9)

燃料が悪くて不完全燃焼。w

c0019089_203741.jpg

ネタが煮えてない。w
最初にお断りしておきますが、本日のネタはオチがありません。さんざんこねくり回したものの、確証や裏が取れず、gdgdで終ったものです。そのままお蔵入りにしようかとも思いましたが、ネタ不足だし自分で持っている時系列で整理された情報と照らし合わせた結果を書いておくのも全く無駄にはなるまいと。

どの板か良くわかりませんが、某巨大掲示板の2006年12月ごろのログ。>画像
見ての通りですよ。w
椎名さんは2006年12月23日に「椎名へきるクリスマス大感謝祭 in さいたまスーパーアリーナ」という、イベントを催してます。その顛末について面白おかしくネタにしたのがこのスレ。
続きはこちらをどうぞ。ただし好き勝手なことが書かれてますし、もちろん真偽のほどは怪しいので、これを読んでエキサイトしても始まりません。念のため。もっとも7年も前のスレですので手の出しようもありませんけどね。w

まず申し上げておきますと、ここでいろいろと揶揄している方々はダブルスタンダードとでも言いますか、ものを言う立場がテキトーです。椎名へきるを声優として扱っておきながら、声優として認めていない。あるいは歌い手、アーティストとしてネタにしながら、歌い手、アーティストとしても認めていない。声優やめて歌にいって失敗云々とありますが、ならば椎名さんは声優じゃないですよね。にもかかわらず、ネタの進行は声優であるという線に沿っているんですよ。変でしょ。w
真面目な話をするならば、どちらから見るかを明確にしなければいけないと思うんですが、それをしていないので、散漫で内容の薄いスレになっちゃうんでしょうねぇ。まあ、そもそも巨大掲示板で真面目な話など(ry

といったことを前提にちょっと考察してみると。
2006年〜2007年の椎名さんの活動状況はというと・・・2006年5月にシングル「Power Of Love/Reborn 〜女は生まれ変わる〜」が出てます。2007年1月にはシングル「Eternal Circle」そして2007年2月にはアルバム「Rockin' for Love」をリリース。そしてこの「Rockin' for Love」がソニーレコード最後のアルバムになりました。ライブについては3月19日のZepp Tokyoから始まって2000年の200回記念ライブ以来の年越しライブを東京国際フォーラム(ホールC)で行い、合計10公演。それ以外に木根尚登氏と組んだユニット「ひだまり」のライブを4回。そして今回のお題の「椎名へきるクリスマス大感謝祭 in さいたまスーパーアリーナ」と、ならして言えば15回のイベントをこなしたわけです。

そういえばライブの実績としては「ひだまり」はもちろん「椎名へきるクリスマス大感謝祭 in さいたまスーパーアリーナ」もカウントされていないようです。350回目のライブがどこなのかを調べていて、それが2012年8月19日の高松・MONSTERであるというのをつきとめました。そして200回記念が前述の2000年12月31日の幕張メッセ、で、そこから遡って数えていくと、2006年の「ひだまり」と「椎名へきるクリスマス大感謝祭 in さいたまスーパーアリーナ」をカウントすると数が合わないのです。
椎名さんはこういうところがすごく堅いんですよね・・・

そういったわけで「椎名へきるクリスマス大感謝祭 in さいたまスーパーアリーナ」はライブではないんですね。声優初のさいたまスーパーアリーナでのイベントと言われてますが、コンサートもしくはライブとしては水樹奈々さんが声優として初だそうです。
ここで疑問に思うんですが、声優さん業界ってなにかにつけて声優初ってのを強調するような気がするんですけど、それってそんなに重大なことなんですかね。
声優のファンとか取り巻く人達って「声優」ということにコンプレックスでもあるんでしょうか。声優だろうがアーティストだろうが、芸能活動してりゃ武道館とか東京ドームとか、必要に応じて必要な時に必要な場所でライブなりコンサートなりやると思うんですけどね。声優をとりまく人達こそ声優という職業なり役割にプライドを持つべきなのに、逆になにかにつけて「声優初」ということを連発して虚勢を張っているみたいで、みっともなく感じちゃうんですよね。
あと「声優」とそうでないことに関して妙にコダワリが強いような気がしますよ。別に声優が歌うたっても、アイドルが声優やっても構わないと思うんですが、なんかあれこれと騒ぐ人が多く感じますね。

椎名さんのことを声優ヤメたくせに戻ってきやがってとか、そんなのどうでも良いじゃないですか。なんでそういうカテゴライズにこだわるのか、わたくしには良くわかりません。
椎名さんについてはそもそも本人は声優ヤメたとか言ってないし、歌い手としての活動状況を見てみれば、声優の仕事をやっている暇がなかったのは明白です。そんなこともわからんのか、と。w

さて、話を2006年から2007年の活動状況と「椎名へきるクリスマス大感謝祭 in さいたまスーパーアリーナ」にもどすと。こちらにずらずらと書き連ねてありますが、この時期はソニーレコードを出る頃なんですよね。いわばどん底の時期。
率直に言って観客動員力はかなり衰えている。さいたまスーパーアリーナはアリーナモードでも19,000席とかあって、どう考えても無謀。(汗
おまけに一般向けのチケット販売開始が1週間とか2週間前だったそうで、それはいくらなんでも。w
まあ、イベントのキャンセルかなにかがあってその穴埋めをやらされたというのが真相に近いんでしょう。このスレにはこれが原因でソニーレコードともめたなどと書いてありますが、それは確認が取れませんでした。
いろいろ検索して見ると、このイベントに参加した方々(ようするにファン)の感想はさほど否定的でもない。広いアリーナでこじんまりと、それはそれで面白かったとか、そんな感じ。このスレのようにみんな困ったという雰囲気ではなかったようです。いや実は困っていたのかもしれませんが、どうもそうなるのは予測していた感じ。これも裏が取れませんでしたけどね。
まあ上の方に書いた通り、適当な立ち位置で適当なことばかり書いているスレの住人とイベントに実際に参加したファンの方の話でどちらに信憑性があるかというと、そりゃ当然実際に参加したファンの方々でしょう。ファンであるということの贔屓目を考慮しても、このイベントは椎名さんも参加者も失笑ぐらいはしたでしょうが、このスレに書かれているような悲壮あるいは悲惨なものではなかったと思われます。
肝心の参加人数ですが、これまた確証が得られず。スレの中で具体的に触れられている25人×20列で500人程度ってのが信用できそうですけどね。いやしかし、さいたまスーパーアリーナで500人て。(汗
っていうか、わたくしは500人ならむしろ行ってみたい。すごく楽しそうじゃないですか。w

といった感じで、この手の誹謗中傷の塊のような情報は一部は役に立つものも含まれてますが、全体としては歪んでいるので、あまりあてにならないというお話でした。予定通り落ちなしの不完全燃焼で終ります。w
by namatee_namatee | 2013-10-25 21:56 | music | Comments(9)

横須賀鎮守府所属ですって。

c0019089_19425835.jpg

ネタがない。

「艦これ」つながり?
先日、ヴィヴィオT-TOPを引き取りにいった帰りに東京湾フェリーのターミナルで食べた「横須賀海軍カレー」。どうみてもレトルトです、本当に(ry
いや別にカレーなぞレトルトでも一向にかまいませんが、これの場合の問題点はボリュームがありすぎ、というところでしょう。おまけに東戸塚駅で立ち食い蕎麦を喰ったあとだったもんだから、もう大変。しばらくカレー臭いゲップに悩まされましたよ。(汗

横須賀といえば「艦これ」ですよ。w
わたくしは比較的初期に始めたせいか、横須賀鎮守府所属だそうです。横須賀以外にも呉とか佐世保とかあったはずですが、やっぱり横須賀が一番格式が高いのかなぁ。w
おそらく単にサーバーが違うだけで、実際に意味はないんでしょうけどね。

ちなみにウチの艦隊はあいかわらず資源不足でまともに活動できてません。特にボーキサイト不足が深刻で、遠征でその日の分を稼いでは使ってを繰り返しており、一向に備蓄ができる気配がない。このまま行くと、先に進めるために最後の手段、課金をしなければならないかもしれません。w
by namatee_namatee | 2013-10-24 21:25 | diary? | Comments(9)

月のあかり

c0019089_20331357.jpg

ネタ切れ。
例によって個人的な失われた90年代を振り返る系のネタ。
見ての通り「月刊サイゾー2002年7月号」でございます。あ、90年代じゃねぇじゃん。w
それはそれ。いつものように「椎名へきる」で某オークションを絨毯爆撃検索をしていて見つけたもの。400円しなかったです。送金手数料や送料の方が高いぐらいだったはず。
で、内容はというと・・・ほとんどありません。w
わずか1ページ。写真一枚。文章はその気になればここに全文引用できそうなぐらい。

c0019089_20332833.jpg

タイトルは見ての通り「ついに女優業に進出した歌姫の実力のほどは?」

・・・「月のあかり」か。orz

前にくわしくネタにしましたが、「月のあかり」は強烈ですからね。詳しくはリンク先のエントリーを参照していただくとして、なんといっても本編よりメイキングの方がずっと面白いというシロモノですからね。今までもいくつか、ひどい映画と言われるものを観て来ましたが(例えばクライシス2050とかサンシャイン2057とかさよならジュピターとか。ちょっと偏り過ぎ?)、どれと比べても負けない。w
この映画は椎名へきるが主演(あれ主演なのかなぁ?違うと思うけどなぁ。)じゃなかったら、全くもって価値がないですよ。断言できます。
たぶん椎名さんに興味がないひとでも、あの映画では椎名さんに救われると思います。椎名へきるが役者として演技しているのが観られるというだけで価値があるし、あの独特のふわふわした存在感は印象的。まあ、脚本とか演出とか、そっち方面がどうしようもないので、かえって突出して魅力的に映るのかも知れません。そのぐらいひどい。w
ネットでインプレを検索してみると「椎名へきるが大嫌いで仕方ないけど、この映画は観たい。でもやっぱりへきるが嫌いで嫌いで。」という人がやっと覚悟を決めて観た結果「椎名さんに好感を持った。好きになりそう。だが監督死ね。」というようなのがあって、ちょっと笑いました。そういう映画なんですよ。

映画としてはどうしようもない失敗作だと思いますが、椎名さんを魅力的に見せるという意味では成功作とも言えるという、何とも言えない怪作ですなぁ。>月のあかり
by namatee_namatee | 2013-10-23 21:13 | music | Comments(6)

超絶

c0019089_20332172.jpg

先日購入したEtymotic ResearchのER-4Sのネタ。
大分聴き込んだので、まあおそらくエイジングって奴も終ったと思われます・・・などと冷静に書いている場合ではない。w
これはすごいですよ。巷で言われている通り、中高音の鳴り方が普通じゃない。解像力が高いという表現が本当にぴったり。わたくしの場合は椎名へきる専用と言って良い特殊な限定された用途なんですが、その椎名さんの声がなんというか、エッジが立ってくっきりと聴こえる。お酒に例えて言うならすごく辛口のスパークリングワインみたいな。

あ、西の友人&氏向きにわかりやすく言うとFOVEONのDPとベイヤーの違いに匹敵するとでも言いますか。もちろんFOVEON=ER-4Sですよ。FOVEONのDPのようにどこまでもくっきりスッキリ、質感の表現もバッチリ。
椎名さんの声、というか人間の歌声がのっぺりと繋がって聴こえるのではなく、すごく細かく震えているのがわかる。これがいわゆる粒立ちの良いという奴ですね。その代表例として人に説明するのに最適とすら思いますよ、これ。

これに比べるとXBA-40などは音の輪郭が甘すぎると感じます。ER-4SがあればXBA-40は要らないかな、残念ながら。

歌の方からのインプレはというと。
ウチにある全ての椎名へきるの楽曲を最初からこれで全部聴き直したい。いや実際聴き直したんですけどね。w
そのぐらいすごい。どの歌を聴いても感動する。
「風が吹く丘」とか「抱きしめて」とか、もう数百回は聴いているわけですよ。それが改めてER-4Sで聴くと頭の後ろのあたりの毛が逆立って背中に鳥肌が立ちますからね。それも聴いている間中ずっと。あと感動して泣く。歌詞や声、それに加えてその声の表現の良さのダブルパンチで泣く。w
歌声だけでなくギターも素晴らしい。こんなに格好良くギターの音を聴かせるイヤホンは初めてですよ。

あとライブのDVDもやばい。臨場感が半端ない。CDの音源に比べて野趣があるというか、そのままに近い音のせいか、楽器や声の聴こえ方がすごくリアル。

良く言われる低音が弱いというのは嘘ですね。w
低音はちゃんとあるんですよ。ただ鮮烈な中高音が目立つのと、低音も引き締まったダンピングの効いた感じのなので目立たないだけです。

というわけで、現状では椎名へきるを聴くのに最も適したイヤホンという評価であります。>ER-4S
極めて特殊な用途における評価ですが、これが生き甲斐ですからね。w

そういえば前にも書きましたが「歌唱力」って奴。椎名さんの場合はなにかというと「歌唱力が~」という根拠の怪しい誹謗中傷の類が付いて回るんですが、このER-4Sで聴いてみて改めて思いました。椎名へきるに歌唱力がないという奴はやっぱり耳か頭がおかしいんじゃないかと。いや普通に歌うまいですって。

確かに昔の歌は技術としては未熟な部分が感じられるんですが、それを補ってあまりあるメッセージを伝えようとする強い意志がある。若々しい声との組み合わせはとても魅力的。
最近の歌はそういう鬼気迫る必死な感じは薄れましたが、このER-4Sのような細かいところまで良く聴こえるデバイスを使ってみると、なんていうか感情を声にのせるという表現は昔より間違いなく上手になってます。この変化はさりげないので聞き流しちゃって、最近の歌は華やかだけどワンパターンでつまらん、となりがちですが、トータルで何かを伝えようとする力は変わらないかもしくは強くなっていると感じます。

で、じっくり聴いてみると昔も今も「そりゃ無理ありますよ。」と突っ込みたくなるほど難しい歌い方をしているのが散見されます。さっと思いつく最近のものではアルバム「for you」に入っている「君と見る景色」とか。思い入れのある歌だそうですが、すごく難しいでしょう、これ。
椎名さんは新しい歌を歌う時に持っている技術(発声とか声域とか)で安全に歌える限界の目一杯か一歩先まで行っちゃうように感じますね。極端にいうと手慣れて安心して聴けるということがない。w
これが前に書いたハラハラドキドキの原因なんじゃないだろうかと。悪く言うとちゃんと歌える歌を歌え、もしくは歌えるようになってから歌え、ということになりますが、これはこういうもんだと思えばそういうもんなんですよ。w
ライブになるとちゃんと歌えているんだから、それで良いじゃんという考え方もありますしね。
いや、そうは言っても基本的にはちゃんと歌えていると思うんですが、ところどころバランス崩れるギリギリな箇所があるのも事実。
とにかくチャレンジし続けるという姿勢の現れとも言えます。たぶん余裕のある範囲で表現するというより、限界に突撃する姿勢でなにかを表現するというやり方なんでしょうなぁ。

ボウコウ氏に「俺様best」のダイジェスト版を聴いてもらいましたが、その反応が上に書いたことに近くてちょっと面白かったですね。「こんな歌を歌わせる奴、もしくは作曲した奴が悪い。」ですって。
いやまあ、たぶん自分で曲選んでると思うので椎名さん自身が悪いということになりますね。w

話がそれ過ぎました。(汗
結論として、このER-4Sという超絶性能のイヤホンは椎名さんの魅力をより高く深いレベルまで引き出すことが出来るということですな。これで32,800円は安いですよ。倍でも買いです。
なんてたって、何度も繰り返してきましたがわたくし的にあまり好きでない唯一のアルバム、例の「PRECIOUS GARDEN」が、例えようもなく魅力的に聴こえる。これだもの、他のお気に入りのアルバムがどんなだかは言わずもがな。w
by namatee_namatee | 2013-10-22 21:19 | audio | Comments(4)